So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「夜明け」(シニア合唱祭ゴールデンウエーブ演奏曲) [合唱]

 012023_li.jpg

こんにちは。

ボォーカリーズって知ってますか。

ウイキペデイヤによると、

「ヴォカリーズ(フランス語: vocalise、ドイツ語: Vokalise)は、

歌詞を伴わずに母音のみによって歌う歌唱法を指す。

母音唱法とも呼ばれる。主に発声練習の際に用いられるが、

ヴォカリーズによって歌うことを指定した声楽作品も存在する。」

わが、昼どき合唱団は

4月のゴールデンウエーブに歌う1曲目に、「夜明け」を歌う。

母音唱法のボォカリーズで歌うのだ。

(もう1曲は「翼をください」)

ゴールデンウエーブは音楽祭だから時間制限がある。

課題曲は2曲まで7分内。

「夜明け」は指揮者尾花先生の作曲だ。本邦初演曲。

チェロ、バイオリン、ピアノと混声4部合唱の曲。

夜明けの情景、太陽が顔を出して、

上るまでを描写したものという言語表現はなくア母音だけ。

太陽がだんだん上がって行く情景をアーのみで表現する。

チェロ、バイオリン、ピアノとの共同作業だ。

「チェロ、バイオイリン、合唱」+「ピアノ伴奏」という感じ。

もはや合唱だけではとても対応できない。

2つの楽器(チェロ、バイオイリン)との掛け合い。

同じ立場に立って歌えるかが鍵だ。

幸いにして、チェロとバイオリンとの合奏には慣れている。

各パートは殆ど一緒にでない、バラバラにでる。

みなメロデイを歌うようなもの。

他のパートは助けてくれないからね。

しっかりと歌わないと失敗は許されない。

こんな経験はあまりすることはないので緊張する。

聴いているお客さんの反応はどうか楽しみだ。

ボォカリーズの名曲を聴いて下さい。

本田美奈子さん、きれいな歌唱です。 



>にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1月31日、ソロレッスン「秋の女よ」 [音楽]

hqdefault.jpg

こんにちは。

歌のつばさのnaoka19です。

山田先生のお宅にお邪魔して月1回のレッスンを受けた。

レッスンの半分は発声練習。

母音唱、スタッカート、レガート唱・・・

いつも同じ注意を受ける、情けないな~。

私の場合は、舌の奥が盛り上がる、顎が動く。

マイク向きの発声と言われる。

カラオケに行きすぎをさりげなく注意された!?)

マイクなしで遠くに届けるのは

口内を後3センチ開ける感覚が必要なのだが。

自分でもいろいろ努力しているが、

一向に指摘は減らない。

一番厄介なのは舌の位置、

直すには時間がかかると言われる。

歌に興味ない人が見たら、アホかと言われそう。

それでも、懲りずに頑張る。

それから、いよいよ歌唱指導の時間。

今回は、私にとり新曲、

大中恩の「秋の女よ」を練習する。

ピアノ伴奏がとて綺麗なのが好きで選んだが、

わ~、この歌超難しい。

4分3と4分4が交互に出てくる。

アンダンテ、モデラート、リタルランドの演続。

テンポの変化が激しい。

歌いだしが肝心、歌い手がしっかりしなければ。

合唱曲としては、有名だが、

独唱曲としては2014年に発表された曲。

どちらかというと、ソプラノの山田先生向き。

最高音はGだが、連続する部分がきれいに歌えない。

しかも、テンポが目まぐるしく変化するので、

表現力が問われる。苦労しそうな予感。

レッスンはあと7回。

しかも、合唱ステージは2,4,5,6月とほぼ毎月。

いずれもおろそかにできない。

でも、自ら選んだ道、頑張らなきゃ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンデイムジークコンサート,後4か月 [合唱]

 thV6X6LPRW.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

洋混の定期演奏会、アンデイムジークコンサートがあと
4ケ月後に迫ってきた。
21日は洋混の練習日だった。

いつもより1時間早く、男声の練習を行い
それからアンサンブル練習。
男声の信頼性が足りないようで少し悲しい。

パートごとに丸く座って、同じパートメンバーの声を
聴きながら歌う。
自分の間違いに気づきやすい利点もある。
昔のパート練習を思い出す。
ただ、今はピアノという強力な助っ人がいるが・・・

時々、楽譜を離して歌ってみるが、
細かい部分で間違える。
でも土居先生からは次回は必ず暗譜との宿題が出た。

ずいぶんと歌いこんでいるが、
なぜか暗譜となると怪しくなる。
自信がないと歌い方が消極的になり、
正確な人の後追いになってしまうのがちょっとね~

今日は谷川俊太郎詞、石若雅哉曲 
組曲「ありがとう」の中の4曲と他2曲を歌った。

「ありがとう」は谷川先生の独特の世界観が
石若先生の作曲で生きている。
子供の世界から大人になってゆく過程を軽快、
繊細に描いた傑作なのだ。

でも、近来の若手作曲家の特徴である
転調の効いた難しいアンサンブルの曲。
そして、とてもリズミカル。

先生がすぐ前で聴いている、
不確かな音はすぐ指摘される、厳しいね。

良く歌いこんで、ようやく全体のイメージを捉えることが
出来た感じ。

先生には自分なりの曲想を持てと言われる。
子供の世界観、自分なりの曲想、
言葉で表すのは簡単だが、正確なリズムと自由な曲想の
バランスをとるのが難しい。どこまで仕上げられるかな。

シニアの私には遥かなる子供時代のイメージを
思い起こすのは難しいな~。

子供が大人に成長する過程での葛藤と苦悩、
躍動感、嬉しさ、悲しさ、心の痛みを、どう表現するか。

作曲者は音域も無理なく、和音もシンプルというが
どうしてどうして、リズミカルでエネルギッシュさが
要求される曲、疲れるわ~。

少し哲学的な詞だが、これに曲が加わると
生き生きとして躍動的な曲になる。

私のワードは「生き生き・リズミカル」でいこう。


最後に組曲のひとつ「走る」の動画を載せた。
独唱だが、合唱になるともっともっとリズミカルに
なりますよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シューベルトミサ曲、歌い初め [合唱]

 245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は、洋混の年初初練習日だった。
シューベルトミサ曲第2番」を全6曲通し、

残り時間で
カッチーニとグノーの「アヴェマリア」そして

シューベルトの「アンデイムジーク」を歌った。

アンデイムジークは洋光台混声合唱団の第2団歌で
洋混限定編曲の愛唱歌です。

5月の2年に一度のコンサートは冠して「アンデイムジーク」
2週間ぶり、2時間の練習時間だが、
疲れ果てているかと思いきや
逆に終盤に向かって声がよく出てきているとの先生から
お褒めのことばが。

これはうれしい。シューベルトもアヴェマリアも高音が
疲れたらアウトだから、テノールは内声だから喉声

にならないよう、繊細に歌っているつもり。
本番でも、そうありたいなと思う。


テノールはソロを生かす内声としての歌い方、
ラテン語の発音日本語的ラテン語にならぬよう
先生からは、子音の使い方歌詞の意味を理解するよう
にいつも意味の確認がある。


母音発声も平べったくなりやすい、何度も注意される、
歌い始めの軽率さは自分も含め、なかなかなおらない。
でも、人体が楽器なら、それではだめだ。

歌い始めの準備(ヴレス)できてますか。まずは歌い始めは
先生の指揮を見ましょう。完全暗譜ですよ。

自信のなさから、譜面を目の近くにもってきてしまう。
顔が下がる、声が前にでない。
だから暗譜だという理屈。

プロなら譜面と指揮を「等分」にみることができようが、
我々は前に譜面があると、見すぎてしまい、
しかも姿勢が悪くなる。

これはよほど訓練された合唱団でなけれが、同じこと。
だから暗譜が前提の合唱団が多い。


さて、12月、ドイツレクィエムを歌つたが譜面を持つて歌った。
く訓練された合唱団で、うち半分は歌唱経験ありで楽だった。
もっとも、譜面がなかったら歌えなかっただろう。
とにかく70分は長かった、でも達成感は抜群だった。


譜面持ちの合唱団も多い。
その場合は譜面は目から離して持とう。
そしてどんなときでも基本は暗譜だからね。


さて、きょうは暗譜にチャレンジしてみたが、
ほぼ出来たのは「キリエ」ぐらいで完敗。
グロウリアからの5曲はガタガタ、

まったくダメだね。
とくにアレグロ曲、フーガ、口が回らないみっとなさ。


これからさらに厳しくなる、
本番は3ステージ

   「ありがとう」、(谷川俊太郎、詞、石若雅弥、曲)

   「シューベルト」(ミサ曲第2番、ト長調)

   「バトンタッチステージ(グノー、カッチーニアヴェマリア他4曲)


1ステージ別で見ると、あと10回もない。
そう考えると焦るが、結局
一つひとつ確実にものにしていくしかないのだ。


新年歌い初めは決意新たな一日だった。

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

アンデイムジークコンサートは5月21日、

JR桜木町の「神奈川県立音楽堂」で開催します。

詳細は別途ご連絡します。

どうか、近辺の方、ご来場をお待ちしております。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マーラが与えた人生と100万本のバラ、共通のテーマは愛 [音楽]

 120436198_66694afe1a.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。  

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。 

2017年初ブログ、音楽散歩と行きましょう。

突然ですが「ラトビア共和国の国民的な歌」ご存知ですか。
こう聞かれたら答えるられる人は多くないでしょう。
でもこの歌、たぶんほとんどの人が知っています。


この歌の名は「マーラに与えた人生」。
まだわかりませんよね。

それでは、「100万本のバラ」は知っていますね。
この歌は100万本のバラの原曲なんです。

「百万本のバラ」は、ロシアの歌謡曲です。
日本では1987年に加藤登紀子さんが歌い大ヒットしました。
今でも歌のサークルで良く歌われる曲です。

女優に恋をした画家、家も財産も売り払いバラの花を買いました。
 女優の泊まる宿の窓の下に敷き詰め、 名乗り出ることもなくその姿
を遠くから眺めているだけ。
女優は金持ちの遊びと思い、気にもかけず立ち去っていきました」

「百万本の赤いバラ」は、
放浪の画家がモデルだそうです。

ヴォズネンスキーがラトビアの歌にロマンチックな詩をつけ、
ロシアの大スター、アーラ・プガチョワが歌って
ロシアで大ヒットしました。

その原曲となった曲は
ラトビアの作詞家レオン・ブリディスが作詞し、
作曲はラトビア出身の作曲家ライモンド・パウルス。
「マーラが与えた人生」として発表されました。

「マーラが与えた人生」は、旧ソ連の弾圧下の
ラトビア共和国で誕生した国民的なヒ­ット曲なのです。
1981年に、ラトビア語でアイヤ・ククレが歌って世に出ます。 

私は、この歌詞が大好きです。
(小田陽子さんが日本語で歌っている動画です)

https://www.youtube.com/watch?v=Isn2Trf5JNI 


内容はラトビアの当時の状況そのもの、
メロディと詩が見事にマッチングした歌です。


母マーラが娘ラトビアに歌って聴かせているかのように、
悲しみと慈愛が伝わってきます。
優しい語り口から伝わる深い”悲しみ”
とくに曲の最後のフレーズが印象的です・・・

たった一つ忘れた、幸せをあげるのを忘れた

マーラはラトビア地方の聖母だそうです。
聖母マーラはラトビアという娘を産んだが
幸せは与えられなかったということでしょうか。

どうにもならない現実を踏まえた愛・・・
メロディーも素晴らしいが、
歌詞の持つ力が強いのです。

この歌が出来たときのラトビア共和国は
スウェーデンに、ポーランドに、ロシアに翻弄、蹂躙
されていた先の見えない時代でした。

「これはお前の運命(さだめ)なんだよ」とマーラを
通して諦めにも似たラトビアの悲しみが込められて
いる気がします。

今はラトビアは独立して、EUの一員です。
政治の世界は別として、
両方とも心に響く良い歌だと思います。

「百万本のバラ」のロマンチックで物悲しく、
報われない恋も、
「マーラが与えた人生」の、悲しみの中での
娘への慈しみも、

どちらも愛を感じ、共感してしまいます。

歌のルーツを探るのも楽しいものですね。

(以前ブログに掲載した記事を再編集しました。
既にご覧頂いた方、ごめんなさい)


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

年末はクラシック(カッチーニのアヴェマリア) [合唱]

 200px-Wga_Pompeo_Batoni_Madonna_and_Child.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

楽譜を整理していたら、
アヴェ・マリアの合唱譜が出てきた。
2年前「アヴェマリア」2曲を混声合唱で歌ったもの。

一つは聴き慣れたシューベルト、もう一つはカッチーニ。
シューベルトはいわずもがな
私が魅了されたのはカッチーニ・・・

滑らかな美しい旋律、合唱でもきれいにハモると、
満足感に満たされ、とても癒される。

カッチーニをきれいなソプラノで聴きたいと
探し回り、あるサイトで山田英津子さんの
カッチーニに出会った。

美しい透き通った声のソプラノはまさに私には
まさに神の域。

今、その山田先生から直接レッスンを受けている
とはとても信じられない思いだ。

さて「カッチーニのアヴェ・マリア」と、
他のアヴェ・マリアはまるで違う。

インターネットで起源を調べて見た。

ジュリオ・カッチーニ(Giulio Caccini, 1551-1618)
は、16世紀、ルネサンスからバロックへの
過渡期に活躍した作曲家。

ただし、このアヴェ・マリア、実は20世紀の作曲家
ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov, 1925-1973)
というロシア人が作者不詳で発表したものらしい。
誕生したのは20世紀半ばということになる。

なぜ、このアヴェマリアがカッチーニのものとされたか、
謎に包まれたままである。

カッチーニには名曲「アマリリ麗し」があるが、
語るように歌う作風は明らかにこの歌とは違う。

ほとんどのアヴェ・マリアは決まった歌詞
(中世のグレゴリオ聖歌が起源という)
に各作曲家が曲をつけたもの、
讃美歌だと思えば当然かも知れないが、
シューベルトのアヴェ・マリアもほぼ歌詞は同じ。

ところが、カッチーニのアヴェマリアは違う。
ただアヴェ・マリア、しかでてこない。
そこがカッチーニではないということだろうか。

この曲、もし最初から20世紀の作曲とわかっていたら、
クラシックとして、認められていなかったかも知れない。
でも、今となってはそんなことはどうでも良い話。

アヴェ・マリア、ひたすらアヴェ・マリアと歌う。
神に対する、敬虔なお祈りを全身に感じる。

単純だが表現力が素晴らしい・・・、
名曲だと思う。

20世紀に作られたとしても、美しい旋律は
他のアヴェマリアに負けない、人気があるのは当然だ。

来年5月に洋混の定期演奏会でまた歌うチャンスが訪れた。
今回は、わからないまま歌った前回と違う。
曲想を大事にして歌いたい。

まあ、宗教曲はあくまで主役はソプラノ、
テノールは内声だから、出過ぎない、出過ぎない。
少年の清らかな声は無理としても繊細に歌おう。

31日はクラシックを聴いて、年越しも乙なもの。
年が明ければ、演奏会はもうすぐ。頑張ろう。

3大アヴェマリアに関する面白い記事を見つけた。
興味のある方はどうぞ。

http://utamono.blog.jp/lyrics/ave-maria.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎洋光台混声合唱団定期演奏会

 「アンデイムジークコンサート」
  日時:2017年5月21日(日)
  会場:神奈川県立「音楽堂」
  演奏曲
   「ありがとう」(曲:石若雅弥、詩:谷川俊太郎)
   「シューベルトミサ曲第2番ト長調」
    アヴェマリア2曲(カッチーニ、グノー)   
    他オリジナル曲4曲

  横浜近辺の方どうか、ご来場ください。

 



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

真珠とりの歌(ベルフラワー合唱団、年内最後の練習) [合唱]

007786_li.jpg


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


今日は大船の社会教育センター玉縄支所で練習があった。
10時開始、早い時間なので少し戸惑う。
終わりは12時、ちょうどお昼、
程よく空腹での昼食は健康に良いだろうね。


2月2日、鎌倉市点訳赤十字奉仕団の人たちの新年会で
歌う。ベルフラワーのメンバーである視覚障害の人たち
が日ごろ大変お世話になっている人たちの前で歌うのだ。


あと練習は1月26日一回のみ。
ベルフラワー合唱団は女声合唱団。
メンバーの構成は、健常者の人たちに視覚障害の人が加わ
っている。だから、指揮者はいない。
りズムと音はピアノが頼り、ピアノがなければ合唱が
できない。


今は、男声にわれわれ昼どき合唱団有志が加わり、
20数名の混声合唱団となった。
女声合唱もいいが、混声合唱はさらに評判が良いのですよ。


別にうまくなくてもよいと思う、
明るく元気よく歌いたいものだ。


演奏曲目:

 白いブランコ 
   遠くに行きたい 
   いい日旅立ち 
   ドナノービス(輪唱)  
 真珠とりの歌 
 翼をください。
 思い出のアルバム
  

良く知られている曲ばかりだが、これが結構難しく
一筋縄でいかないのだ。
聴いていただいているお客さんの前で
いい加減に歌うことはできないからね。


「真珠とりの歌」本当に懐かしい歌、動画をのせた。
まずはお聴きください。
もちろん、本番は混声4部合唱で歌う。

赤十字奉仕団の皆さん、お楽しみに。


考えてみればこれが2017年の最初の本番となる。
気持ちよく歌いたいと思う。


さらに、2月19日に洋光台混声合唱団の一員として
音楽祭「コーラルフェスタ」出演が続く。


4月もやはり音楽祭「ゴールデンウエーブ」出演。

5月が洋混の「アンディムジークコンサート」開催。

6月は山田先生と「ジョイントコンサート」出演。

8月に「EKOコンサート」でソロ演奏。

11月は「昼どき合唱団定期演奏会」開催。


怒濤のスケジュールだね。
体力を温存して、嵐に備えようと思う。


12時終了、腹が減った。
途中の「大船軒本社」で食事する。
一見食事処と思えない重厚な雰囲気。
それにしてもカレーライスうまかったなあ~。


駅の「鯵の押しずし」で名前を覚えておられる人も
いると思うが歴史の重みを感じさせる建物での食事、
よかったですよ。
店内は「レトロ」そのもの、大船軒の歴史を感じた。


壁には大船軒の歴史的な写真の数々、
サンドイッチや鯵の押し寿司などに関する歴史資料
を観ることができる。


年内の歌い納めは24日、洋混の練習で終わり、
もう少しだ頑張ろう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さらば2016年、今年最後のソロレッスン [音楽]

 piano-1679847__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は月一のソロレッスン日だった。
3週間前に引いたカゼと、14日のドイツレクィエム
を歌った影響で喉はあまり調子は???

発声練習、毎回指摘される舌の動きを今回も指摘された。
レッスンを開始して、もう2年近くになるがいまだ舌
の奥が盛り上がるクセが改善できない。何とかした
いものだ。

だから、高音域になると声が裏返る、怖くて思いきり
出せないのだ。裏声で逃げてるわけ。
合唱ではテノールは内声が中心だからピアノ、ピアノ
シモならきれいな裏声で対応できるがソロだとマイク
無しで歌うので歌う曲が限られてしまう。

例えば、ブラームスのドイツレクイエムの最高音はB♭。
ベートーベンの第九のラストはAの連続しかもフォルテ
フォルシモで歌わなければならない。

喉声では一瞬は出せてもアッというまに潰れてしまうし
裏声では貧弱な声しか出ない。

先生によると私の音域はテノールでなくハイバリトンらしい。
オクターブ下のCまで出る。バスへの応援も可能のようだ。


今の最高音はGかな、レッスンを始めてから確実に
一音か一音半は上がった。
だが発声練習ではAが出せても、歌での実声はGまで
が限界。Aは苦しいね。

テノールを名乗る以上、Aはいつでも出せなければ
いけないと言われる。実声で最高音AかB♭は出した
いもの。残念だが1音半ほど足りない。


もう少し、舌を何とか改善したいのだが、本当に
もどかしい。8月のEKOコンサートまでには何
とかしたいものだ。

今は、現状の音域の範囲で選曲しているので音域が
拡大すれば選曲の範囲が楽になるんだがなあ~。
まあ、2017年の課題としよう。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年総括 [音楽]

 clarinet-1708715__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

14日に後輩のコールメロディオン記念演奏会で歌った
余韻の残る中、私の今年の音楽活動はまだまだ続く。

16日 昼どき合唱団年内最後の練習(I wil sing with the sprit)
17日 洋光台混声合唱団練習(カッチーニのアベマリア,5月発表会)
19日 山田先生ソロレッスン(アルディラ、8月発表会)

22日 ベルフラワーとの合同練習(混声合唱、2月2日発表会)
24日 洋光台混声合唱団最後の練習(石若雅弥作曲、ありがとう、     
    5月発表会)

ま、このように書けば大変と思うかもしれない。
すべてもう流れの中に組み込まれているのでそんなに
大変なことではない。

やはり、記念演奏会のドイツレクィエムが一番大変だった。
峠は越えた、まあ来年のことをいうと鬼が笑うので
今年の総括をしておきたい。

今年は、

6月の「山田英津子&エレガントノーツとのジョイントコンサート
11月の「昼どき合唱団の定期演奏会」、
最後の12月に「コールメロディオン第55回記念演奏会」があリ、
11月、12月、特に12月が大変だった。

記念演奏会のブラームスの「ドイツレクィエム」は練習時間が
少なくて苦闘の連続。しかも、風邪をひいてしまい、自己管理の
甘さに歯ぎしりする始末。

でも自分ながら、ドツレクはよく歌えたと思う。
これも、8月のソロのために、山田先生に鍛えられたおかげ。
シューベルトの「セレナーデ」を懸命に覚えたおかげで
ドイツ語の発音に苦労しなっかったのが大きい。
山田先生ありがとうございました。

イタリア歌曲の方が歌いやすいといわれたが、
ドイツ語が歌いたくて、しっかり練習した成果が表れたと思う。

といっても、ドツレク後半の5,6楽章はアップアップ、
7楽章は重要なので、気力を絞って歌い切った。
演奏時間70分、14年、15年と歌ったベートーベンの第九と
比べ物にならないボリューム感だった。
完璧に歌えたわけでないが、今回はこれで良しとしたい。

来年8月のソロは、「アルディラ」と
大中恩の「秋の女よ」を歌う。ソロでは殆ど歌われない曲だ。
でも日本歌曲のほうが難しいかもしれない。心しよう。

来年は、2、4、5、6,8、11月と続けざま、
今年より大変だと思う。
体力をつけてステージに立ちたい。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドイツレクイエムを歌う(コルメロ記念演奏会) [合唱]

14354922_323672578014558_8799504430492700600_n.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


12月14日は文京のシビック大ホールで
開催のコルメロの55回記念定期演奏会に参加した。


コルメロの正式名称は「慶応義塾大学・
日本女子大学コールメロディオン」です。
長いですね~、でも省略するわけにいかない。


だから「コルメロ」という可愛い?愛称で
呼ばれる。
私にとっては可愛い孫たちみたいなもの
一生懸命な姿が清々しくていいね!。


最初に言うが、現役諸君、レセプシォンでの
坂本先生の講評は厳しかったが、愛のムチだ
からね、それだけ期待されれているんだよ。


なにくそという見返す気持ちが重要、56回
の定演で頑張れ、応援しているよ!
 

来場者は1100名という発表があった。
収容数1800人の会場と聞く。
7割も来場してくれた本当にうれしい。
 

今日の客演指揮者は斎藤純一郎先生。
今や指揮者界の大先生。私の後輩にな
るがもはや斎藤君とは呼べず、斎藤
先生と呼ぶことにしよう。


今日の演奏は力を使いきった。
演奏時間2時間、3ステージ、、、
な~んだ?普通じゃないかと思うなかれ。
演目が尋常ではないのだ。


第一ステージは現役だけで「心の四季」
清々しい演奏でブラボーだったと思う。


第二ステージは現役、卒業生合同で
ブラームス「ドイツレクイエム」を
70分の熱唱、いや~疲れたな~。



第三ステージは斎藤先生のダイナミック
な指揮でヘンデル「ハレルヤコーラス」
これを文字通り絶唱した!(イヤ絶叫かも)
100名超の大爆発、疲れを忘れ気持ち
よかった。



終わって、足はガクガクのどカラカラ
本当に疲れた!でも気持ち良い疲れ。
ドイツレクイエムは7曲、演奏時間70分
でその間休憩はない。聴いているお客さん
も疲れたと思うよ。
 

レクイエムは葬送曲、重く歌いがち、
そうしたら歌が重くなり音程も下がる。
だからむしろ明るく歌え。これは私の所属する
「昼どき合唱団」の指揮者の尾花先生がいつも
言われていること。
 

でもね、今回は私は初体験、現役の大半も
初体験、ドイツレクはコルメロとしては
過去の演奏会で6回も演奏していて愛唱歌
みたいなものだが。
 

学生団体としてはコルメロが1978年の
17回定演で日本で初演した聴いている。
その開拓者精神や良しだ。
 

今回OB,OGはドツレクの経験者が8割
(全体の4割)経験者だから参加したのだろう、
それだけ難しいのだ。未経験なので残念ながら
見送った人もいると思う。
 

やはり厳しい。わかっていても体が動かない。
第九のフーガと似ている、
早いよ~舌が回らない。ついてゆくだけで精一杯。


でも第九の合唱は最後の一楽章のみ。
ドツレクは7楽章全部(当然だが)比べもの
にならないボリュームだ。


ベートーベンは合唱をまるで楽器扱いにして
いるが、ブラームスは人間賛歌だものね。


ドツレクは死者を葬送する曲であるが死者を
賛美する歌でもある。


ブラームスはシューマン夫妻との交流があり
生涯独身であった。それについては、推測と
独断で記事を書いている。
ブラームスの人間性に惚れた。

  http://gaku-nao.blog.so-net.ne.jp/2015-01-07

(何度も見た方またかというクレームは無しね、スルーしてください)

曲にはそれが良く表れている、ドツレク最終(第七)楽章の
歌詞が印象深い。

 Selig sind die Toten,
 die in dem Herrn sterben,
 von nun an.

 さいわいなのは亡き人々である、
 主の身元で死ぬ、今から後


最高音は、B♭、今の私ではA♭が限界、裏
声で歌った。フォルテの時は裏声しか出せ
ないのは悔しいな!でも無理をすると、
裏返ったり、悲鳴になって悲惨だ。


今回は自身の定期演奏会(11月7日)の
すぐ後だった。しかも不注意で風邪をひき
練習が少なくて苦しかった。
でもそれは言い訳、自己管理がなっていない。


でも、ドイツ語の発音で苦しまなかったの
は去年から今年にかけ、ドイツ語を叩き込ん
んでくれた、「昼どき合唱団」の声楽指導者
の山田先生のおかげ、最高に「感謝!」です。


ハレルヤコーラスは斎藤純一郎先生の力強い
指揮ではじけた。私としてもあんなに気分良
く歌ったのは最近にないこと。
それも斎藤マエストロの魔力だね。
自信なげな現役も本番では頑張っていたもの。


ドツレクもハレルヤももはやコルメロの
愛唱歌だ。孫ほどの年齢差のあるもの
の同士が心を一つにできるこれぞ合唱だね。

オケの皆さん、ブラボーな演奏でした。
ありがとうございました。


ソリストの皆さん素敵でしたよ。

指揮者の斎藤先生、坂本先生、
学指揮の吉原君ありがとうございました。


当日の裏方、現役諸君慣れない仕事でお疲れ
様。OBOGのお世話本当にありがとうね。


お手伝い頂いた友好サークルの合唱団の
皆さま本当にありがとうございました。


そして、共に歌ったコルメロの仲間たち
お疲れ様。ブラボーだったよ!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

終わってからのレセプション、懐かしい
顔がいっぱい、いろいろな学年のOB、OG
との交流も楽しかった。
先生方とも歓談できたし昔が蘇った思い!


23時30分終了、あれ間に合わない!
池袋駅に向かいダッシュ、
東横線浜行最終に間に合った。
でも結局横浜から先は徒歩!?。


帰り着いたらなんと3時・・・
長い長い一日、そして疲れたが充実した
一日だった。


(追記)

ツイッター見ていたら、下記の文章が
目に入った。これテノールの私にとって
嬉しいね、
応援ありがとうございます。


「コルメロのドツレク良かったなあ。
テノール少なかったけど頑張ってた」


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -