So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ブラームスのロマンス!?(ドイツレクイエム練習中) [合唱]

000364_li.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


12月14日(水)、文京シビック大ホー
ルでブラームスの「ドイツレクイエム」を
歌う。
今年の演奏活動はこれで終わり。


あと2週間、全然仕上がりが遅い、
さすがに焦りが募る。
アンサンブル練習は3回のみ。
頑張らねば。


ところで、ブラームスは生涯独身だった。
浮いた噂はないだろうか?
いやいや、そうでもないのだ。

シューマン夫妻とブラームスは親しい関係
だったのはよく知られている。シューマン
はブラームスの師匠でもあった。


そしてシューマンが36歳で夭折したあとも
ブラームスとクララシューマンの交流は続い
たという。


ブラームスの生涯を語るときは、クララシュ
ーマンを外しては考えられない。
後世、ロマンスの噂が絶えないが今となって
は謎だ。


クララはピアノの名手で、作曲もした才女だ。
当時は女性の演奏家は認められていなかった
がクララは初めての「女性の伴奏ピアニスト
として有名になった。


ブラームスとクララシューマンとの交流に
ついては下記記事を参照して下さい。

  ⇒  http://gaku-nao.blog.so-net.ne.jp/2015-01-07


14354922_323672578014558_8799504430492700600_n.jpg


さて、ブラームスのドイツレクイエムは
定番のラテン語でなくドイツ語である。


「Ein Deutsches Requiem」
(ある一つのドイツレクイエム)

ドイツ語のレクイエムはブラームスだけでは
ないが、「ドイツレクイエム」といえば普通
はブラームスを指す。


レクイエムは死者のための鎮魂曲であるが、
ドツレクはむしろ現世の人の救済に目をむけ
た曲といわれる。


ブラームスはプロテスタント、プロテスタ
ントのコラールを自由に引用している。


マルティン・ルターの新約・旧約聖書の
ドイツ語約から、ブラームスが自分の意志
で選び出したもの。初演の時は批判もあっ
たように聞く。
 

カトリック教会で正式のレクイエムとして
演奏される曲ではなく、演奏会用の音楽
であるのだ。


7楽章からなる1時間を超えるボリュームた
っぷりの大曲である。練習も大変,
1曲を通して歌うだけでも根気がいるのね
これが。


いや、そんなことは言っていられない。
黙々と歌う歌う。
終わって飲むビールが楽しみだ。



 


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年最後のステージ「コールメロディオン定期演奏会」もうすぐ [合唱]

 14354922_323672578014558_8799504430492700600_n.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

目白の日本女子大に行く
コルメロの練習に参加するためだ。ニコニコ

12月14日(水)、
於;文京シビック大ホール、19時開演
「慶応義塾大学・日本女子大学コールメロディ
オンの第55週年記念定期演奏会」
が近づいてきた。

現役と卒業生の合同ステージがある。おねがい
曲目はブラームスの「ドイツ・レクイエム」
とヘンデルの「ハレルヤコーラス」

卒業生の参加は40数名、うち経験者は
8割頼もしいね。現役と合わせ100名規模
の合唱団になる。


ちなみにドツレクは私は初めて歌う!!(^_^;)
無謀も無謀、聞いた人は全部が全部あきれた
表情を浮かべるものだ。

自宅でパート練習、音取りしているが、
難しい。私は合同練習は今日で2回目。


歌う機会は今回を逃してはもうないかも
しれない。そういう思いから、今回無謀
でもチャレンジすることにしたのだ。ムキー

コールメロディオン、愛称コルメロは
慶応と女子大が提携したのが昭和37年春、
団員はわずか20名前後で発足した。

4月の新学期の募集でようやく団員を確保
したばかりなのに、4か月後の12月には
演奏会を開催を目指した。
もともと無謀だった。ガーン

当時の指揮者の草野先生には、お世話に
なった。本当に感謝の言葉しか浮かばない。
相当な負担だったと思う。

以後、営々と年を重ねて、半世紀、
いまでは大学合唱団のなかでも
抜けだした存在と聞く。口笛

私も創設当時メンバーとして、団の運営
参加していたので愛着がある。

第一回の演奏会で歌ったメインの曲が
ヘンデルのメサイアから
「ハレルヤコーラス」、今回も歌う。

55年もたったのに、
不思議な事に殆どを暗譜している。口笛

まさか、55年後にまた参加できるとは
、とても感慨深い。

孫のように年齢の離れた現役と歌う。
でも人に年齢差はあっても、歌に年齢は
関係ないものね。歌が共通の話題だ。

つくづく歌は素晴らしいコミュニケーション
の手段だと思う。

今日は指揮を担当される常任指揮者の
坂本先生の指導があった。

パート練習のあと、坂本先生の指揮で最後
の1時間で全7曲を全パートで合わせた。

通常の合唱練習のハードさなど比較にならな
い。とにかくきつかった。でも本番も同じ
だからね、慣れること。

ドイツレクイエムの最高音はBフラット
高い!?
裏声を使うしかないか。
初めての私にとっては一筋縄ではいかない。

あと2週間、間に合うか不安がよぎる。
合同練習は12月3、10、13日の3回のみガーン

ただ13日はオケ合わせだから、
10日までには歌えるようになっていたい。

時間は限られている、努力あるのみ、
とにかくやるっきゃないか。

演奏会終了後の打ち上げで、うまい酒を
飲めるか、この2週間にかかっている。ウインク


にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ソロレッスン、EKOコンサート目指して。 [音楽]

 scores-1695041__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

今日22日は、山田先生宅にお邪魔して
声楽のレッスンを受けた。
秋の終わり、穏やかで暖かい日だった。

今年も昼どき合唱団の演奏会が終わり、
もうすぐ2017年が始まる。

来年は忙しい。
昼どきのコンサートが来年11月27日に決まった。
5月には洋光台混声合唱団のコンサート。
さらに6月には「山田英津子&エレガントノーツ」と
ジョイントコンサートが決まっている。
ソロのEKOコンサートは8月だ。

もちろん合唱団員として、
本分はあくまで合唱だ。
ただ合唱には仲間がいて、助け会えるのが
安心だね。暗譜がし易い。

声楽は独り、誰も助けてはくれない。
最後まで暗譜が不安だ。

ステージで忘れたら?!
でもこの壁を乗り越えなければ先はない。

失敗を恐れると、
聴き手は敏感に感じとる。スリリングだ。

山田先生はとにかく、熱心な方だ、
現役の一流ソロ歌手ながら我々への指導は
ご自身がステージに立っているときと同じ、
まったく変わらない。

厳しいけれど、レッスン日が楽しみになる。
基礎も十分でないアマチュア相手でも、
手は絶対抜かないしとにかく妥協しない先生。

できるまで丁寧に指導してくれる、
本当にありがとうございます。

合唱と独唱は当然歌い方が異なる。
2つの合唱団とソロレッスンのおかげで
われ乍ら発声はずいぶんと進歩したと思う。
(甘い!甘い!)

今回のレッスンでは、先生から合唱練習の時と
レッスンでの歌い方の違いを指摘された。
「合唱では抑えて歌うくせ」があるという。

独りでは主張できない合唱、
グループ単位での音色を合わせることが要求される。
2つの合唱団、当然、指導方法、団の特徴に
違いがある中で抑えているのかもしれない。

いま合唱は宗教曲を2つ練習中。
12月に「ドイツレクイエム」、
来年5月に「シューベルトのミサ曲」を歌う。

片やドイツ語、一方はラテン語、いまだ課題が多い。
ちょつと無茶かな!?。

レクイエムはAやAフラットが随所に出てくるので
現状ではファルセットを多用することになる。

やはりファルセットが妨げているかな。
G、Aを実声で出したら裏返るのでどうしても
安易に裏声に頼ってしまう。抑制気味となる。

テノールが内声のときは
実声だとバランスが崩れるので高声は
裏声を使うことも多い。

私には舌が丸まってしまう欠点がある。
高声が裏返ってしまう原因だと指摘される。

しかも、高声(G,A)を実声で出すときは
どうしても構える、力んでしまう。

ああきれいな高声を歌いたいな~。
まだまだ、日暮れて道遠しだ。

p、ppはきれいな裏声でもいいが
f、ffの場面は前に飛ばないし無残なことになるしね。

来年の課題は、舌の位置。
なんとしても、ものにしたいものだ。

さて、レッスンでの練習曲を紹介しよう。
「アルディラ」
これはよく知られたイタリアのカンツォーネ。
原語か日本訳か、ただいま考え中。

テノールには低音で始まり厳しいが
私はハイバリトン系ともいわれており、
案外中低音が出るらしい。

カラオケチックに歌わない、
カンツォーネらしく歌うこと。

2曲目は大中恩の「秋の女よ」。
これは、合唱曲としては有名だが、
独唱曲は今年歌曲化されたらしい。

まだ入手してないがソプラノ系かな。
でも、テノールで表現するのも面白いと思うよ。

今年のEKOコンサートは
語学でハンデの少ない日本歌曲をメインに
チャレンジするつもり。

一度はオペラを歌いたい気持ちはあるが、
現状では敷居が高い。

コルメロの記念定演まで、あと20日ほど
ブラームスのドイツレクイエムの練習に
専念しよう。


>にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年はもうすぐ.体を解放して歌おう!! [合唱]

テーマ:

000808_li.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

演奏会終了後、11月11日は最初の練習日だった。
来年の演奏会は11月27日、みなとみらい小ホールで行う
ことが決まった。(^∇^)

その前に、6月3日に「山田英津子&エレガントノーツ・コンサート」
に賛助出演する。
11日はそのコンサートの演奏曲の音取練習を行った。おねがい

今年の演奏会の評判は上々だったと思うが
2017年はさらなる向上が求められる。

来年6月のコンサートは、プロとのコラボレーション
昨年に続き2回目。
賛助出演といえども甘えは許されない。
昨年6月の初演は力みすぎたと思う。プンプン

今回はさすがと言われる演奏をしたいものだな~。
それそれ、それが力みというもの。

このコンサートは会場とのコミュニケーションが大事だ、
ただ上手いだけではダメなんだもんな。

ただ歌うだけでは、プロに敵うはずがない。
どう歌うか、よく考えて自分なりの答えを見出したいものだ。

6月のコンサートが成功すれば、
定期演奏会はきっと上手くゆく。

そんなことを思いながら、
新たな気持ちでスタートした練習日だった。ニコニコ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「山田英津子&エレガントノーツ・ジョイントコンサート」ご案内

日時;2017年6月3日(土)
会場;横浜みなとみらい小ホール
開演;13:30
出演; ソプラノ 山田英津子、男声カルテット エレガントノーツ
賛助出演;みなとみらい昼どき合唱団、E&Eクワイア

ファミリーなコンサートです。
ぜひご来場お待ちしています。(チケットは2月13日から発売)


合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドイツレクイエムを歌う(コールメロディオン第55回定期演奏会) [合唱]

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

定期演奏会が終わり、ホットする間もなく
後輩の学生合唱団の演奏会に参加することになった。
55回目の記念演奏会。

私にとって、大曲を歌う数少ないチャンスだ。
私は12日から練習開始、でも1か月しかない。
ドイツ語は問題ないが、7曲309ページ、とてもハードだ。

ドイツレクイエムは初めて、無謀な挑戦だと思う。
OB,OGが45名参加するが、ほとんどが経験者。
でも、考えない、考えない。
だれでも最初から始まる。

私は合唱団の第2期生。近い世代はもう一人の4期生とただ2人。
大部分は10年以下も下の世代。

でも55年前の第一回の演奏会を考えると感慨深い、
隔世の感があるね。

コルメロは、今は大学の合唱団としては
押しも押されぬ存在になった。

孫のように世代の離れた学生たちと
一緒に歌えるのは大変楽しみだ。

やはり声が清らかだ。逆立ちしても追いつかないし
声を張るとすぐ声が枯れてきてきてしまう。

不安が先立つ。しまった、でも、
もう遅い頑張るしかない。

音取リ、歌詞覚え、毎日練習で頑張るぞ!!。
12月14日が楽しみだ。

会場は文京シビックホール、
ドイツレクイエムに興味のある方はどうかご来場ください。
100名の大合唱は壮観ですよ。
1000円で大曲を楽しめる、大変お得!!

14354922_323672578014558_8799504430492700600_n.jpg

よろしくお願いしますね。


にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

演奏会終了!! [合唱]

 2016_11_7hirudoki-4ece1.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

熱気にあふれた演奏会だった。
満員の会場。爆  笑

いつもの雰囲気からスタート。
楽しい演奏会にしようという思いで
ステージに立った。

「東海道沿線歌」、「ふるさとの四季」と続く。
ふるさとの四季は、源田俊一郎さんのヒット作。
全12曲、演奏時間16分にも及ぶメドレーの名曲だ。
いたるところで、演奏されている。

原曲はピアノ伴奏曲だが、
昼どき合唱団は指導者の尾花先生が編曲し
オーケストラ、合唱団と山田英津子先生
とのコラボレーションで演奏した。

ソプラノソロとのコラボ、オケ、混声、女声、男声合唱
自在、普通の演奏会ではまずお目にかかれない構成。おねがい

同じ曲をプロとアマが一緒に歌うのだ、
山田先生に恥をかかすことはできない。
しかしテノールは高声が続く、懸命だった。プンプン

打ち上げでの山田先生の言葉
ご自身、後ろから合唱団の圧力が感じられて
真剣になったそうだ。
いつも辛口の先生からお褒めの言葉が、、、
嬉しいね。ニコニコ

山田先生のソロステージは熱唱だった。
傍から見ても、気合いが入りまくっていた。おねがい

お客さんの期待が伝わって来る。
オケのメンバーから、
涙を流しているお客さんがいたと聞いた。
うれしい、感激だ!(^∇^)

ただ、こんな演奏は毎度できるわけではない。
本番に強いだけではダメで、
いつでも力を発揮出来る合唱団になりたい。

指揮中の尾花先生の表情も穏やかで
成功を確信した!

アンコール曲の「トリッチ、トラッチポルカ」、
歌っていて実に楽しかった。

とにかく速い、滑舌と暗譜に苦労したが上手く歌えた、
やったぞ!!口笛

お見送りは「故郷」を歌った。
ご来場されたお客様、
来年もよろしくお願いしますね。ウインク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いよいよ演奏会!? [合唱]

2016_11_7hirudoki-4ece1.jpg 

こんにちは。

歌のつばさのnaoka19です。 

演奏会は11月7日、
今日は最終練習だった。
全曲(21曲)のスタートを確認した。

演奏時間は休憩を入れて2時間強。
ただ我々は機械でないので
すべてベストな状態で演奏することはできない。

自分なりに最大パホーマンスをどこにするか
考えて歌いたいものだ。

決して手を抜くということではない。
どの曲も全力で歌うことには変わりがないが、
自分として思い入れの高い曲を選びたい。

今回はやはり山田先生、尾花先生とコラボする
曲を重点にしたい。
「ふるさとの四季」(メドレー)、「出船」

プロとコラボするからには生半可に歌っていては
話にならない。負けないぞ!









にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

みなとみらいで歌う、ステージでは笑顔で!? [合唱]

 013048_li.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

いよいよ本番まで1週間。
今日31日も練習だった。

今となるといろいろ
やっておくべきことがあったなと悔やまれる。
でも後悔先に立たず、
今できることは限られているので
出来ていない部分を重点的にこなしていくしかない。

とにかく、全曲さらった。
もっとも今更劇的に上達するほど甘くはない。
音程が下がると、厳しい指摘。
家に帰って繰り返しの復習あるのみだ。

11月3日にはもうオケ合わせ。
今年はメドレーが2ステージ、本邦初演曲も。
お馴染みの曲も多い。

2016_11_7hirudoki-4ece1.jpg

いつものオケとの合同演奏と
尾花&山田先生のソロ演奏。
そしてソプラノソロとのコラボ、バイオリンとのコラボ。

大曲はないが、その分盛りだくさんの企画で
きっと楽しんでもらえると思う。

お客さんに笑顔で帰って頂くためには
努力は惜しまないつもり、
山田先生の言われるとうりくれぐれも不機嫌な顔で
歌わないよう気を付けよう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

演奏会カウントダウン [合唱]

 piano-1655558__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

みなとみらい昼どき合唱団の本番の11月7日は
もう目の前。練習はあと3回。
オケとのアンサンブル練習、ゲネプロを入れても5回。

練習で全曲さらうには時間がない。
個人練習が大事だ。いままで指摘された箇所を
見直し、体に覚えさせることが重要である。

昼どき合唱団は譜面持ちだが、暗譜するよう
かなり厳しく指導されるようになってきた。
譜面持ちでも、指揮と譜面を両方見れる人なら
よいが、これが意外と難しい。どうしても楽譜
にかじりつく。

譜面を見すぎると姿勢も猫背になり、声が届かないし、
スタート、ラストが揃わないなど、良いことは一つ
もない。お客さんの評価も得られない。

だから、暗譜が基本の合唱団が多いのだ。
でも、昼どき合唱団の演奏曲は大曲は少なく、
1曲あたりの時間は短いがなにせ曲数が多い。
全曲覚えるのはシニアの団員には並大抵ではない。

楽譜は持つが基本は暗譜に励むべきだと思う。
短い時日であるが、くりかえし何度練習しよう。
曲は覚えるし、なにより姿勢が良くなる。

10月28日は団の練習練習日だった。
超スピードで全曲をさらったがもう先生は鬼の表情!?
音程、言葉、歌い方など次から次へとダメ出しがでる。

ダメ出しの部分は至らない部分、
演奏会まで重点的に復習しよう。
それをあと数回のアンサンブル練習で
自分なりに確認するのだ。そうすれば必ず身につく。


あと少し、みんな頑張ろう。
美味しい酒が待っているよ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

再スタート、ブログ更新 [音楽]

の名月中秋.jpg 

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


2か月ぶりの更新。
8月にパソコンが壊れ、修理から戻って
きたと安心したら、またパンク・・・。


この不意打ちでデータのほとんどはパー、
あーあ。


メールもアウトルックのデータはパー。
アドレス帳もアウトルックだからアウト。
なぜバックアップがうまくゆかなかったのだろう。


ヤフーメールとGメールは助かった
ので不幸中の幸いだが。


まあ落ち込んでいてもしょうがない、
新規まき直しだ。
そうこうしているうちに、
11月7日の定期演奏会がすぐ目前に迫ってきた。


今年は定期演奏会が終わってもホットできない。
12月14日に後輩の記念演奏会で、OBとして、
ドイツレクイエムを歌うので息継ぐ暇もない。
目先の課題をかたずけてゆこう。


忙しいなかでも、山田先生のソロレッスン
だけは欠かせない。10月18日に行われた。
来年の課題曲は、「アルディラ」と
大中恩の「秋の女よ」(歌曲用)にするつもり。
ソロは合唱とは同じではないが、
来年8月のEKOコンサートが目標だ。


やりがいがあり、楽しみでもある。
効用もある、
最近高音部が伸びてきているようかな?。
少なくともGAなど高音がだせるようになった
気がする。


当面の目標は地声でAが出せること。
今年こそと意気込んでいる。


なんちゃって入れ込みすぎだね。
しばらく、ブログ更新も前に戻るのは
大変だがとにかく頑張りたいと思う。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -