So-net無料ブログ作成
検索選択

「武蔵野合唱団60周年記念コンサートを聴く」 [合唱]

4c834e30112671557be5acf53abdbf55-211x300.png

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

 7月11日に、久しぶりにコンサートを聴きました。
少し時間が経ちましたが、感想を記事にして見ました。

合唱もただ歌っているだけでは、一人よがりになる。
良い合唱団の演奏を聴くことが何よりの勉強になります。

今回は、共感できる部分があり、ずいぶんと刺激にも
なりました。

しばらく、お付き合いください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「MUSASHINO MUSIC FESTIVAL」 -60年の感謝をこめて-

日時:平成27年7月11日(土) 13:30開場 14:00開演
会場:東京芸術劇場 コンサートホール

1st stage 宗 左近 詩/荻久保和明 作曲

混声合唱組曲 縄文(1980年委嘱作品)
指 揮:山田和樹
ピアノ:前田勝則

2nd stage ソリストによるガラコンサート

ソプラノ:秋吉邦子
     山田英津子
テノール:松原 友
バリトン:青戸 知
ピアノ :小林亜矢乃

※佐野成宏さんは体調不良のため出演されないことになりました。

3rd stage 合唱団60年の歴史から

富澤 裕/AGNUS DEI(1999年委嘱作品)より
・枯れ草の中で
・Aguns Dei
指 揮:佐藤洋人
ピアノ:高橋美佐

ブルックナー/ミサ曲第3番より
・グローリア
指 揮:松井慶太
ピアノ:雲野茉里、前田勝則

ハイドン/天地創造より
・もろもろの天は神の栄光を現し
・すべての声よ、主に向かいて歌え
指 揮:松岡 究
ピアノ:吉澤京子                         
                

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は記念コンサートなので、過去に出演した、
ソリストがソロで歌う特別ステージが組まれています。

私の所属する、みなとみらい昼どき合唱団の指導者である、
山田英津子先生がソプラノソロで出演します。
今日の期待の一つです。

さて武蔵野合唱団は初めて聴きます。
経歴を調べてみました。

はじまりは1955年、自治会のサークルからだそうです。
「常に次代を育て時代を創る」という夢を持ち続けて
現在団員は200名、すごいですね。

普通の市民合唱団では50名を超えることは難しい時代です。
団員には若い人も多い。どんなマジックがあるのでしょうか?

才能ある若い音楽家との交流や支援にも積極的と聞きます。
今回指揮をする、今や世界のマエストロ山田和樹氏とは
1999年,東京芸大一年生の時からだそうです。

合唱団の活動としては、アマチュア合唱団の域をこえています。
 ・ハンガリーへの演奏旅行数回。
 ・昨年の定期演奏会にスイス・ロマンド管弦楽団を招く。
 ・積極的に国際交流を進める傍ら、日本での活動も顕著。

今回、歌う混声合唱組曲「縄文」は、
1980年にハンガリー演奏旅行のために、
荻久保氏に作曲を委嘱したもの。

創立25周年記念演奏会で小林研一郎氏の指揮で初演され、
1999年の定期演奏会で、山田和樹氏が初めての合唱演奏を
指揮した時の曲だそうです。

山田和樹氏の指揮を見ることが出来たのは幸運でした。
蛇足ですが、記念公演の翌日7月12日には下田で
東京混声合唱団を指揮したそうです。多忙な方ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

14時、開演です。
 
さすが記念演奏会、前売りチケットは完売と聞きました。
広い東京芸術劇場のホール、見渡すと3回席に少し空席が
見られるものの満員状態。

[第一部]

合唱組曲「縄文」です。初めて聴きます。
ネットで調べても、凄い曲だとしかわかりません。

演奏が始まりました。
160名の大合唱の迫力はやはり凄く、響きが良い。
強烈なインパクトを受けました。
男女のバランスは女声が7割だが、声のバランスも良い。

男声パートは体を一杯に使って歌う、
意気込みが伝わってきました。
まあ、大人しく歌っていたら、
歌にも、女声にも負けてしまうのかも知れませんね。

「縄文」はそういう迫力が必要な歌だと思いました。
歌い方からして、腹の底から絞り出すような声です。

目立つのは、荒々しく歌いながらも、
ピアニシモで歌うときの繊細さ、
ピアニシモの状態でキレイに伸びるんです。

カンニングブレスを使っているかも知れませんが、
ピアニシモを遠くに届けるのは、難しいテクニックです、
ぜひ学びたいもの。

芸術劇場は天井も高く、響きが良く、
歌いやすいと聞きました。
でもそれだけではない、実力ですよこれは。
羨ましく思います。

初めて聴く曲なので、自分としては
歌詞の理解が今一つだったのは残念です。

ただこのような歌い方、大合唱団だから出来るのでは?
という疑問が少なからずあります。

今回は合唱が主体でない、記念演奏会。
一度、合唱団として本気の演奏を聴きたいもの。

一時間もの長いステージを暗譜で歌つていました。
暗譜は大変ですが、この曲には不可欠なことと思います。
譜面を持ったら、この迫力は出せない。

暗譜は、曲を身につけ、しっかりとこなしてこそ出来るもの。
合唱を歌う者としてずいぶんと刺激を受けました。

暗譜か譜面持ちかという議論がありますね。
譜面持ちでも、しっかり仕上げることは変わりません。
「曲を自分のものにする=覚える」ことはどちらも同じ。

本番で楽譜にかじりつくなど、論外です。
ただ、譜面を持つことは、いざという時、
チラ見ができる安心感がずいぶんと大きいですよね。

暗譜を恐れて、歌いたくなくなる、
歌うのをやめてしまうとなると本末転倒な気がします。

[第2部]

過去に出演したソリスト、ピアニストのステージ。
これは楽しみです。

通常の合唱団のコンサートでは、
ソリストのソロ演奏はまず聴けませんもの。
のびのびと演奏していて、皆さん好演でした。

みなとみらい昼どき合唱団員の私にとっては、
山田英津子先生の演奏が大いに気になります。

一番バッターで「マスカーニのアヴェマリア」を歌いました。
まだ場内がざわついているとき、歌いにくかったと思いますが
さすが見事な演奏でした。

「マスカーニのアベマリア」は3大アベマリアと
比べても、ひけを取らない美しい曲と思います。
とくに高音域の繊細な表現、
なんというか、とにかくしびれました。

[第3部]

合唱団単独の演奏曲は、リラックスして歌っていて、
良い演奏でした。

  1、富澤裕作曲(やはり委託作品)
      AGNUS DEI(「枯草の中」「Abuunus Dei」)

  2、ブルックナー作曲のミサ曲第三番 Gloria(ピアノ連弾編曲)  

私としては、フィナーレのハイドンのオラトリオ「天地創造」
からの2曲が印象に残りました。

合唱とソリストのコラボレーションです。
合唱団の迫力とソリストがよくマッチングしてました。

オケがないのが、かえって良かったのかも知れません。
その分ソリストの声が活きていました。

ブラボー!、
演奏時間、実に3時間。
楽しかったし、何より刺激になりました。

われわれ「みなとみらい昼どき合唱団」も、
12月14日に定期演奏会があります。

良い演奏をしてお客様に満足して貰う、
これしかありませんね。
練習に専念することを誓い東京芸術劇場を後に・・・

なんて、のんびりしている暇はありませんでした。
大慌てのとんぼ返りで洋光台まで、
「洋混」の練習に向かいましたが、結局遅刻。

読みが甘かった!



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

 サンフランシスコ人

山田和樹は、来年、シアトル響楽団に客演.....

http://www.seattlesymphony.org/concerttickets/calendar/2017-2018/symphony/sub22

Program

Camille Saint-Saëns: Danse macabre
Frédéric Chopin: Piano Concerto No. 2
Camille Saint-Saëns: Symphony No. 3, “Organ”
by サンフランシスコ人 (2017-07-04 07:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0