So-net無料ブログ作成

クラシック、秋の夜ばなし:「第九の呪い」(修正版) [音楽]

 a0940_000466_m.jpg

歌のつばさ、naoka19で
す。

さて、今回はクラシック作曲家の間で、
囁かれていた怖~いお話し。

季節外れですが、怪談、第九の呪いの
始まりぃ!、始まりぃ!・・・

10月が近づき、いよいよ第九のシーズンが始まる。
ベートーヴェンの第九だ。

2月の国技館での5千人の第九。
大阪では1万人の第九・・・

日本人はお祭り騒ぎが本当に好きだね。
まあ、声も楽器化したといわれるベートーヴェンの第九、
とにかくガンガン歌う、絶叫する、これが、こたえられない。

ストレス解消には実にいい。聴衆を楽しませるというより
自分が楽しむ、自己満足の極みだ。

さて、クラッシックで囁かれていたのは、
第九の呪い・・・
「交響曲第9番を作曲すると死ぬ」
という怖~いジンクスだ。

ベートーヴェン以後の著名な作曲家達の多くが、
何故か交響曲を9番を作曲すると、亡くなっているのだ。

★まず、マーラー。
『第九』の呪い(?)をとても気にしていたようだ。

激情家で有名でオーケストラの団員と対立したりしたが、
実際は非常に繊細でロマンチストであったようだ。

彼は、9番目の曲を九番としないで「大地の歌」と名付けた。
そして10番目の交響曲にとりかかるが
完成することなく、この世を去ってしまった。

自縄自縛になってしまったのかもしれない。
可哀そうなそうな、マーラー。

★そして、シューベルト・・・
有名な未完成交響曲は第八番。
八番で終わりと思った人、早とちりだよ。

ノン!、彼は九番を作っているのだ。
交響曲第九番「グレート」を作ってなくなっている。
むしろ、第八番は楽譜を紛失したとかのような
事故で未完成になったようなんだね。(本当は完成していた?)
やはり、九番だよ~~~。

★ブルックナー、最後の未完成の交響曲は第九番。
作品に0番とか00番とつけている、ずるいね。

★そのあとも、グラズノフやヴォーンウィリアムズも
9曲書いて亡くなってる。

まさか、ベートーヴェンの呪いということはないかも
知れないが、なにか因縁感じない?

ショスタコーヴィチは15曲書いてるし、ミャスコフスキーは26曲
書いている、そんなことはないよと反論されかも知れない。

でも、結構無視できない。19世紀の著名な作曲家は、
ハイドン、モーツァルトなどの例外を除き、
交響曲9番まで書いてみんな死んだ、これは気味が悪い。

ただ、21世紀は違う。多作の時代。200曲以上が
ゴロゴロ。ベートーヴェンも天国から
苦笑いしているかもしれない。


でも、その音楽は、今も無数の人を癒してくれている。
感謝・感謝!

Je vous remercie infiniment. 
 



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

accohino

そうですね、交響曲10番と言うのは聞きませんね。
私の町では今年も市民の合唱で第九コンサートがあります。
家族が歌うので聞きに行きます。
by accohino (2015-09-24 13:43) 

naoka19

コメントありがとうございます。

この2年ほど年末に第九を歌っています。
お客さんと同じくらいの合唱団員がステージに一杯。
楽屋裏で2時間近く待って、歌うのは40分たらず。

何が楽しいのでしょうね。アマがオケと歌えるチャンスは
第九とか復活とかですからね、魅力なのは確かです。

楽器が弾けるともっと楽しいと思います。こればかりは、
高嶺の花です。

よろしくお願いします。




by naoka19 (2015-09-24 16:53) 

コトタマ

紹介

日本語の起源・言霊百神
by コトタマ (2015-09-25 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0