So-net無料ブログ作成
検索選択

1月31日、ソロレッスン「秋の女よ」 [音楽]

hqdefault.jpg

こんにちは。

歌のつばさのnaoka19です。

山田先生のお宅にお邪魔して月1回のレッスンを受けた。

レッスンの半分は発声練習。

母音唱、スタッカート、レガート唱・・・

いつも同じ注意を受ける、情けないな~。

私の場合は、舌の奥が盛り上がる、顎が動く。

マイク向きの発声と言われる。

カラオケに行きすぎをさりげなく注意された!?)

マイクなしで遠くに届けるのは

口内を後3センチ開ける感覚が必要なのだが。

自分でもいろいろ努力しているが、

一向に指摘は減らない。

一番厄介なのは舌の位置、

直すには時間がかかると言われる。

歌に興味ない人が見たら、アホかと言われそう。

それでも、懲りずに頑張る。

それから、いよいよ歌唱指導の時間。

今回は、私にとり新曲、

大中恩の「秋の女よ」を練習する。

ピアノ伴奏がとて綺麗なのが好きで選んだが、

わ~、この歌超難しい。

4分3と4分4が交互に出てくる。

アンダンテ、モデラート、リタルランドの演続。

テンポの変化が激しい。

歌いだしが肝心、歌い手がしっかりしなければ。

合唱曲としては、有名だが、

独唱曲としては2014年に発表された曲。

どちらかというと、ソプラノの山田先生向き。

最高音はGだが、連続する部分がきれいに歌えない。

しかも、テンポが目まぐるしく変化するので、

表現力が問われる。苦労しそうな予感。

レッスンはあと7回。

しかも、合唱ステージは2,4,5,6月とほぼ毎月。

いずれもおろそかにできない。

でも、自ら選んだ道、頑張らなきゃ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: