So-net無料ブログ作成
検索選択

「アンデイムジークコンサート」」練習中 [合唱]

 scores-1695041__180.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

アンデイムジークコンサートが迫っている。
本番まで2か月を切った。


25日は、土居先生の順番だった。
念入りな発声練習のあと、出来ても出来なくても
ほぼ全曲を暗譜で歌う。


★組曲:「ありがとう」から4曲(石若雅弥曲、谷川俊太郎詞)
★こんにちは!僕らのふるさと
横浜は バラの街


後ろの2曲は、洋混を長年指導された、
吉田孝古磨先生の作曲の曲。


2月のコーラルフェストで暗譜で歌ったので
慣れている。
でも「横浜は・・・」はワルツのテンポ、
軽快に歌えとあるが、ワルツは意外に難しい。
雑になりやすいので注意!注意!。


だが難物は組曲のほう。
子供の誕生から大人に成長するまで
の苦悩や葛藤を感動的に表現するとあるが、
さてさて、年代が大幅に違う我々がどこまで表現
できるか、今はテンポについて行くのが精一杯。


「一人きり」はアレグロテンポ。
「幸せ」はモデラート
「走る」はアレグロ
「ありがとう」はモデラート


速い曲はスタミナがいる。
殆どの曲は、アカペラスタートできるよう作曲されて
おり、前奏がない。
だから、前の曲の終わりの音が重要だ。



息が継ぐ間もない。
音程が下がってはならないということ。


躍動感、嬉しさ、悲しさ、心の痛みを表現してほしい
という作曲者の願いを実現するよう頑張りたいものだ。


和音はシンプルとあるがどうしてどうして・・・
最近の若い作曲者は手の込んだ和音の編曲が多いなあ~。
まあ、歌い手はまずは作曲者の手の内で踊れてこそ
自分を主張できる訳だからね。


でも考えてみれば、一番大変なのは、指揮の土居先生。
いろいろな声が聞こえてきて、まとめるのは大変だろうな。
とにかく、本番まであと20日少し。


まだ、シューベルトミサ曲もあるからね、とにかく頑張ろう。


////にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: