So-net無料ブログ作成
検索選択

歌いはじめ [合唱]

piano-1731467__180.jpg


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。



昨日、昼どき合唱団の練習だった。
6月3日、「山田英津子&エレガントノーツ」
ジョイントコンサートに賛助出演する。



私は、5月21日に洋混の
「アンデイムジークコンサート」
にも出るが、こちらは2年もかけて練習してきたので
静かに本番を待つ心境だ。
19日にフアイナルの練習で本番となる。



3日のコンサートは、まだまだ歌いこみ不足。
今日も、指揮の尾花先生の叱咤が飛ぶ
波乱含みの展開となった。



今回のコンサートでは尾花先生は出ない。
指揮はエレガントノーツの先生がするのだ。
先生にとっては心配で仕様がなかったと思う。



心配は本当に良く分かる。
ただ泣いても笑っても、3週間足らずで本番がくる。
練習は後3回、プロのように自分で調整できない
われわれ。だから、少ない練習で覚えこむ集中心
が必要なんだけどなあ~



でもいつもの練習風景と同じ、
緊張感あまりみられず、のどかな雰囲気だ。
これは何事にもおおらかな我が団の
良い点だが、今回だけはまずいと思う。



山田先生も練習に来られていたが、
今回はご本人も出演者、
聴いていて気が気でなかったろうと思う。



役員はその点を危惧して、
練習を週一回から二回に倍増したのだが
「親の心、子知らず」かな。



これからこういうケースが増えることに
対応できるよう、団員も変わらなければ
いけないと思う。



昨年もジョイントを経験しているのに
本当に学習能力に疑問を感じる。
シニア合唱団の悪い癖だと思う。
ま、叱る者は先生以外いないわけだからね。



で、歌いこみは本人に任せるしかないとして
心配なのは歌い始めだ。
合唱の歌い始めにピタリと声を合わせるのは
メンバーが多くなるほど大変だ。
今回はE&Eクワイアの皆さんが加わるので
60名を超える。



合わないと言葉がクリアーにならず、
極端にいえば、「空」と発音したいのに、
ソソラララなどバラケテしまう。
そこまでいかなくても、あいまい発声に
なってしまうのだ。



とくにみなとみらいホールなど響きの
良いホールでは何を歌っているか
全くわからないことになってしまう。



何年合唱をやっているかあまり関係なく
スタートの不注意な人は案外多いと思う。
十分なブレスをせず、
閉じた口で歌い始める。その結果は最悪だ。



そして聴いている方は最初から
その合唱団に失望するだろう。
まして今回はジョイント、
山田先生とエレガントノーツの方にも
迷惑をかけてしまう。



曲のスタートの不揃い
それはブレスが揃わない、
バラバラなことに起因する。



遥か半世紀前、合唱を始めた時
指揮者が手を振り上げたら、
息を吸い始めて
最下点で発声するように指導されたものだ。
当時、学生指揮者も体験した私には
いまだ頭の片隅にこびりついている。



今の先生は、オケ出身。
指揮はときにギクシャクと思うほど明確に振る。
そして右手のが一番下に降りたところで
発声するように指導される。



だだ、指導者も千差万別、
慣れていないときは違う指揮者が棒を
振ったときに戸惑うこともあると思う。



たとえば流れるように振る人もいる。
それと3拍子系も難しい、
そして、今回は初めてに近い指揮者。
この場合、下点がはっきりせず戸惑う人は多いと思う。



指揮者に頼りすぎず、自分でもリズムをはっきり
と意識する。
これは自分に対する念押しだ。



とにかく第一声を発声する前に、
前奏からブレスのための事前準備をする。
最も、アカペラだけは指揮棒だよりだが・・・



全パートがお互いを意識することも必要だと思う。
そのためには、前奏と歌いだしは必ず暗譜する。
たとえ、譜面持ちOKでも譜面は見ない、
前奏から覚えるのだ。



ブレス、息を吸う行為。これを疎かにすると
遅れたり、息が持たなかったり、
バラバラに発声したりしてしまう。



息を吸う準備をする、
これがスタート時の一番重要なこと。
それから指揮者の棒か表情の動きから
スタートするわけだから。



とにかく、歌いだしのリズムと発声の責任は
自分にある。
集中力を高めて、頑張ろう。

m_2017_06_03joit120(724x1024)-492b6.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0