So-net無料ブログ作成
検索選択

「今日はソロのレッスン日」 [音楽]

 バックツリー.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

さて今日(26日)は、久しぶりに山田先生のソロの
レッスンを受けた。
8月の発表会に歌う準備としてはまだ日があるが。

合唱のレッスンは、集団で受けるので
ある意味気が楽だ、できなければパート全体の責任だから。
でも、個人レッスンは違う。1:1で逃げ道はない。

今日は発声練習と課題曲1曲だった。
課題曲はシューベルトの「セレナード」。
ドイツ語で歌う。

4分の3拍子、苦手なリズム、
ドイツ語は学生時代はドイツ法学を学んだので、
必須の外国語だった。

イタリヤ語よりも馴染みがあるのと
歌い出しの前の前奏部がとても素晴らしいので
選んだが、一筋縄ではいかない曲だ。
先生も難しいと認めるほど。

ドイツ語はイタリヤ語のようなローマ字読みが通じない。
発音も表記では表現できない子音ばかり。
練習は今日で2回目、1番をようやく浚い(それも次回課題満載で)
とにかく、日本語に似ていても非なる子音に悩まされた。

予習してきても、発音は楽譜を見るだけでは難しい。
先生が模範の発音をしてくれるが、なかなか再現出来ない、
きっと不詳の弟子とおもっているだろうな・・・

今日は2番の数小節まででタイムアウト。
牛の歩みだ、いやカメさんだな。
山田先生は、急がずものにしていこうと言われる。

曲に没頭すると、姿勢、舌の動きが疎かになる。
しかも今日はGが出ない!落ち込んでしまった。
そして出ないとすぐ裏声で歌う悪い癖が出てくる。

先生は地声で歌うようにいわれるが、
裏返りをおそれて裏声になる、地声で出すと裏返る。
体の力み、舌の位置に問題があることがわかっていても
治せない。
さてさてつぎはどうなることやら。

さて、レッスンで良いことは発声練習を入念にやって頂ける
ことだ。
母音発声による音階の移動、スタッカート、
30分はみっちりと鍛えられた。
でも歌うとなると、高音域が裏返るクセが抜けない。

まあ、高音域はある程度は強化するとしても
今はGまで歌えれば良い。
最大の課題は舌、平らにならない、とくに奥が丸まる。
高音発声には障害になるのはいうまでもない。

そして高音になるとアゴがあがり、姿勢も崩れるのを
指摘される。
力みまくりということか。
腰を落とし目にして、安定させて歌ってみようかなと思う。

私は合唱ではテノールだが、
声質は「ハイ・バリトン」のようだ。
自分でも、中音域になると響きが良いような気がする。
ソロで歌う曲はハイ・バリトンに合った曲を選ぶのがいいのかな。
良く考えよう。

悪癖を治すのは容易でないが、
8月までには何とかしたいもの。

歌っているとき、先生はピアノを弾きながら
口の中だけは本当に穴のあくほど見ている。

細かい指示が出るので、体で覚えるしかないが
そこはシニア、物覚えの悪さと物忘れのテンコ盛り。
歌は本当に認知症の予防にはいいかもね。

自分でわかるミスは別として
自分でもわからないミスをすると、先生は「ニコリ」する。
これ怖いんですけどね。
先生が「ニコリ」としたら、要注意、
そのあと、必ず指導が待っている!!

ただ、うまくいかなくても、
ピンポイントアドバイスをしてくれる。
困っていると、具体策を示して理解するように導いてくれる、
これ抜群に凄いんです、がらりと変わりますよ。

合唱では、いろいろな先生に教えてもらっているが、
お手本は示してくれるが具体策がわからず、
結局身につかないことが多いように思うので・・・

個人レッスンは対面だから、
厳しいし妥協は許されないと思う。
われわれは趣味の域を出ないが、
それでも、”歌道”(あえていいます)の厳しさの一部を
体現しているのだ。

大変なものだなと思いながら帰路についた。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


「本番では目を使おう」(みなとみらい昼どき合唱団) [合唱]

2015concert_leaflet.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


昨日は昼どきの練習日。
尾花先生、山田先生もそろい、臨戦モード。


細かい指導事項は楽譜にチェックして、復習すれば良いが
気になったのは、楽譜の読み方の問題だ。


昼どきは完全暗譜ではない。楽譜を持って歌う。
今日は、先生は楽譜にかじりつくなと何度も何度も注意される。


自分はかじりついてはいないと思っていても
先生からは全部見えてしまう。


さて、楽譜にかじりつくのはなぜ問題か。


★顔が下を向く
★指揮を見ない。
★体が猫背になる。
★意識が楽譜に集中し顔面が硬直し、お客さんを意識できない。


とまあ数えあげれがきりがない。


どれも、歌うマナーとしては自分が中心であり、
お客さんを忘れた姿勢。
声も揃わない、後席には声も届かない。
いいことは一つもない。


ただ楽譜を掲げた姿勢は疲れる、
歌っているうちに下がって来て、自然猫背に。
全曲まとめ持ちは重い、ステージごとにまとめよう。


楽譜をも持つとつい見てしまう。
これはなかなか治せない。
ではどうしたら良いか。


それには目を使う。


目は180度でものを見ることが出来る。
まず、顔をお客さんにむけキリっと立つ。
猫背は厳禁!!


指揮者は必ず視野にいれる。
楽譜を確認したければ、顔を前に向けたまま
「目」で楽譜を見る。
顔を下に向けて見ないこと。


ただ、今歌っている箇所をみてもダメですよ!遅れる。
前へ前へと追いかけて行く。
譜面の位置は自分が見やすいところを見つけよう。


要は、忙しく動くのは「眼球だけ」ということ。
そして、スタート、途中のパートのスタート、
終わりは必ず指揮を見よう、


フェルマータ、終わり方は指揮者の領域
歌い手はコントロールできないのだから。


それに、真剣に楽譜を見ていると顔の表情が硬くなる。
しかめ面になるのだ。
見ているお客さんまで固まってしまうよ。


以上、昨日の練習で感じたこと。
もう新たに覚えることはない、
今まで指導されてきたことをチェックするのみ。


曲の殆どは覚えているはず。
ただ記憶任せでは、雑になることがある。
完全暗譜で歌う時の最大の欠点はそこだとおもう。


せっかく楽譜を見れるのだから、
繊細な表現の必要な箇所は楽譜にチェックを入れておこう。


以上、自分を含めての反省事項、
団員の皆さん、ブログ読んで頂いているなら参考にして下さいね。


わすれないでね、目ですよ、目!!

さて、おまけです。
楽譜を見て歌ったら、どんな状態になるか動画を見てね。
格好いいかな?(歌はクラッシックではありません)





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


「期待と不安・演奏会もうすぐ」(譜面持ちの効用) [合唱]

 みらい3.png

歌のつばさのnaoka19です。

いよいよ、演奏会まであと20日、
20日?、まだあるじゃないかと思ってない?

でも、通常の練習は今月のみ、あと2回。
12月の2回の練習はアンサンブルチームと
オケ合わせが入ってくる。

そしてソリスト(山田先生です)との音合わせ。
何回か、代役での疑似体験はしているが、
緊迫感がどんどん増してくる。

今回不味かったら、次の練習で治せばは通用しない。
一回一回が真剣勝負なんだから。

さて、わが昼どきは完全暗譜でなく、譜面を持って歌う。
いろいろな意見があるが、譜面を利用して良く声の
出る方法がある。

それは、譜面を両手で持ちながら、胸の中央部分に構えること。
これで、まず背筋の通った姿勢が確保できる。

ただ下半身で支えることを意識すること。
要はキリッとした姿勢。
肩甲骨の張りも意識すれば、肋骨(胸)を高く維持できるので、
高音発声にはぜひ必要だね。

この姿勢は、屈まずに譜面が見れる。
そして、指揮者も上目遣いに見れるわけ。

自信のあるフレーズを歌う時はしっかり前を向こう。
指揮者は目の片隅にいれるだけでよい。
危ない箇所は、楽譜を見ながら上目使いで指揮をチラ見する。

楽譜を腰の近くまで下げると、姿勢も悪くなるし
上を見たり、下を見たり忙しくなる。
動画に良くでてくるけど格好悪くて見ていられないよ。

注意するのは歌い出し、終わり、
途中のパート別の出だしこれは暗譜必至だ。
指揮を見なければ揃わない、飛び出し、遅れは禁止!!

この姿勢だと、顎は引きつけられて上がらない。
聴いている人には、歌い手が前を向いて歌っているように見える。
笑顔を浮かべればもう最高!?。

歌い手は演技者なんですよ。
しかめ面は厳禁、厳禁!!

そうそう、楽譜はステージごとに小分けして持つこと。
全曲まとめると意外に重い。
歌っている間にどうしても楽譜の位置が下る。

こうなると、顔も下を向いて猫背に。
一転して悪い姿勢の典型になってしまう。注意!注意!

とまあ、これは自戒の言葉、
皆さんの参考にして下さい。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


緊急!「パリ銃撃事件」現地安全情報 [日記]

 パリ.jpg(パリ)

こんにちは。naoka19です。



世界中が震撼している、パリ銃撃事件。
無差別で、今後も安全の予想がつきません。

パリ在住の人はもちろん、これから渡航を予定しているひとは
大変不安だと思います。

いや、パリだけでなく、世界中で日常的に起こっていること、
人の命が、特定宗教の過激派とはいえ無差別に奪われてしまうのは
特定の宗教を持たない私にはとても理解できません。

戦後の教育で命の大切さを教え込まれてきた大半の日本人は
混乱するばかりというのが、今の正直な気持ちではないでしょうか。

もっとも、最近の日本もどんどん人の気持ちが荒んでいるように思います。
日本は無宗教者が多いだけ、精神的な柱が弱い気持ちもします。

宗教では、自殺(自爆)は最悪の罪と教えていると思いますが、
自分に都合のよいように解釈すれば何ともなるということですね。
結局、紛争が絶えないのは都合の良い解釈がまかりとおっているのかも。

さて、パリでの安全情報が少しでも拡散するように、
「パリ生活関連」のブログを紹介します。

パリで生活されている方、パリに旅行を予定しているかた、ぜひ参考にして
下さいね。

「30代理系ポスドクのゼロからのフランス語勉強法とパリのお得情報、
  テロ後の治安」

  (パリのテロ等の緊急情報を手に入れる方法・パリ銃撃事件)


http://ameblo.jp/pariscsn/entry-12095570090.html




>にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





 

「まるで恋人のように」(みなとみらい昼どき合唱団・練習日記) [合唱]

a0960_006576_m.jpg

こんにちは。naoka19です。[るんるん]

昨日は11月2週目の練習日だった、
演奏会は刻一刻と迫ってくる。

練習参加人員は、少な目、
15時スタートだからか。
尾花先生によると、今日は音程が良いそうだ。

日によって良い悪いがあるようで、
体調、気温、他環境とか、
気分などで左右されるのかも知れない。

尾花先生は今日は器楽者の顔、厳しい?!。
スタート、滑舌、音程、リズムなど絶対に妥協しない。[ふらふら]

部外の人が見たら、厳し過ぎると思うかも知れない。
でも、楽譜にかじりつく、不揃いスタート、
遅れる、伸ばし過ぎるなど、

楽譜どうりなかなか出来ないのだから、
反論のしようがない。

本番の発表曲は、殆どが、
聴きに来て下さる人が知っている曲。
いい加減に聞こえたらその時点でアウトだ。

全曲のスタート、基本中の基本を繰り返し練習する。
いわれたら、”わかっているよ”では通用しない、
わかっていても、
歌えなければわかっていないと同じなんです!!

そして、今日のアンサンブルでは出来ても、
次回忘れていたら意味がない。
指導された事項、次は出来ていなければね・・・

年齢的にも、繰り返さなければ、忘れるのは当たり前。
復習しましょう。プロでも、本番前はミスがないように入念&入念に
練習するそうだ。

ましてや、アマはもっと努力が必要なんです。
練習不足で上手く歌おうなんて
歌の女神ミューズは絶対お許しになりませんよ。[ハートたち(複数ハート)]

個人個人での練習が必要なんです。
もはや定期練習は、基本を確認するだけでいいのです。

それに毎回全曲を浚うなんて時間もないし、
練習回数も残り少ない。

演奏会は1か月先、そのままでは忘れてしまうので、
自宅では暗譜に時間を割きましょう。

楽譜にしがみついていたら歌えない曲、
指揮をみていなければ表現できない曲。
暗譜の必要な曲は沢山ありますよね。

要は演奏曲とは一日に一回は触れあっていましよう。
そう、まるで恋人のように?![黒ハート]


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


「練習の練度を高めよう」(みなとみらい昼どき合唱団) [合唱]

 2みなとみらい.jpg

こんにちは。naoka19です。

訳の分からない、題名?と思うでしょう。
いえいえ、演奏会を一カ月後に控えた今のホットな心境です。

99%の歌は何回か練習した、ほぼ覚えた。
でもどうしても、覚えにくい曲、上手く歌えない曲がある。

11月は練習密度が高いが、全曲を浚うだけで
練度が高まるだろうか。

同じレベルの練習になると、不得意は不得意のまま
持ち越してしまうのではないか、不安がある。

まあ、いつものことではあるが、
自己努力が必要なことはわかっているが、
アンサンブルでない自主練習には限度がある。
ハーモニー、リズムを合わせたとき、他のパートに釣られるのだ。

尾花先生は、オケ出身なのでしっかりと指示をしてくれる。
でも当日はオケが加わる。指揮者は大変だ。
見過ごし、指示漏れも考えられる。

これから、我々のなすべきこと、それは「暗譜」だ。
楽譜にかじりつくと、指揮者を見ない。指示を見逃す。
指揮者の目指す音楽を表現出来ないとなる。

ラシーヌ賛歌やハレルヤコーラスの暗譜は大変だと思う。
全部できないにしても、「歌い始め」、「小節の終わり」、
「他のパートと違うスタート部分」は譜面を見ないで歌おう。

もう基礎部分の構築は終わった、これからはパート別でなく
アンサンブルの練習で歌い込むことになる。
ハレルヤを初めて歌う人には厳しいかも知れないが、
メロディーから遅れて出る小節は暗譜してしまおう。

とくに、一拍半休みでスタートするところが問題だ。
2~3か所と数は多くないが遅れたり、早すぎたりすると
とても目立つ。もう覚えるしかない。

前の小節が終わったら、「自分で拍を数えて」準備する。
準備しないで、歌う時に指揮を見たり、ブレスしてももう遅い、
確実に遅れる。

譜面持ちのメリットはいつでも確認出来る、
不得意部分をカンニングできることなどだが、
「部分暗譜」は絶対必要だ。

そして、いつも指揮を見るように言われる部分、
ここは「完全暗譜」しよう。
それだけで、満足できる歌唱ができるもの。

団員の皆さん、「本番に強い合唱団」は自慢になりません。
それには、練習も集中して歌うことです。
今年は昨年より大幅に進歩したことをステージ上で証明しましょう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ