So-net無料ブログ作成
検索選択

「特訓・合唱練習」 [合唱]

 梅花.jpg

こんにちは、歌のつばさのnaoka19です。

昨日は、2月4日の視覚障害関係の皆さんの新年会で歌う
演奏曲のテナーパートの練習をした。

合唱団は、月一回、視覚障害の皆さんも加わって練習している。

合唱団の定期練習は28日。
そして1週間後に本番だ。私は12月から参加した。 

で、今日はテノールだけ、
昼どきの指導者の山田先生にお願いした
特訓レッスン日だった。 

アンサンブルではなくパート練習だ。
なにせ音取りも出来ていないので焦ること、このうえない。

歌う曲は「ふるさとの四季」、
よく知られた曲ばかりのメドレー方式。
最後に動画を掲載したので、ぜひ聴いてくださいね。


この合唱団は実は指揮者がいない。

え!!(汗)
いや、ピアニストが先生で指導者なんです。
そりゃ、2役は無理ですね。

どうやって歌うか、もうピアノ頼りしかない。
ピアノは、テンポを刻むメトロノームでもある。

1曲終われば、自分で音を取り、リズムを取って
出だしに備えなければならない。
アカペラを歌うようなものかな。

曲は長短あわせ12曲もある。
演奏時間16分、ワンステージ分だ。

ピアノが次の曲を演奏し始めたその時から、始まりだ。
前奏でも長短がある。1小節目から始まる曲は
メロディーでも見事に遅れたり音が取れず外れたり。

前奏の長い曲は、出だしの音に注意!!

いつも転調を意識する、慣れれば簡単だが、
2,3回の練習ではハードだ。

12月の初回は初見でメロメロだった。
歌える団員の不満が聞こえてくるようで耳が痛い。
なにせ、テナーの見せ場で上手く歌えないのだから。

で、昼どき合唱団の先生に特訓をお願いした。
集まったのは4人の有志。

山田先生の粘り強い、丁寧な指導を受け、
何とか、2時間、全曲音取りし浚うことが出来た。
ありがとうございました。本当に感謝感激です。

帰宅して、動画を探して歌ってみた。
大体女声が強いので、テナーで合わせやすく、
実に良いアンサンブル練習になる。
ただ、リズムテンポは先生次第だもんな・・・

音取りが万全でないので難しい。
テノールの譜面表記はヘ音記号で歌いにくい。

昼どき合唱団は先生がト音記号で編曲してくれるので
慣れずに時々音を見失ってしまう。

私は移動ド読みだが、転調の対応が難しい。
固定ドで読めたらな~、せいぜいシャープ2個までが限界。
ああ、絶対音感持つ人って本当に羨ましい。

音に確信を持てないと微妙なハーモニーの部分
でついつい、ソプラノに釣られてしまう。

でも、後2週間何とか仕上げなければならない。
これも貴重な経験だ、

他のパートに合わせながらリズムを取る練習、
ピアノを聞き、合わせる、
これはソロ練習などに役に立ちそうだ。

何事も前向きに、GO!!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「みなとみらい昼どき合唱団・2016スタート」 [合唱]

 bみなと.jpg

 こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。

もう1月も半ばが過ぎた。
15日は、昼どき合唱団の今年初めての練習日。

ほぼ1か月ぶり。もっとも、もうひとつの洋光台混声合唱団は
9日、既にスタートしているので、
声出しの間隔が開いているわけではない。

練習曲は、モツレクの「ラクリモサ」と
カーペンターズの「Top of  the Warld」

「ラクリモサ」を重点に、丁寧に、
初めの6小節を何度も浚った。

ソプラノが高音で大変だ。でも、以後はGが最高音、
ここを乗り切れば・・・

ラテン語はイタリア語に近くローマ字読みで良いといわれるが、
そんな安易なものではない。

語尾が子音で終わるときは日本語読みと違うので要注意だ。
 qua-re-sur-get(クゥォ レ スr ジェッt)、
r=ル、t=トではないからね。

また母音でも、「u」は日本語ではウだが、
ラテン語は口中で発声する。

とまあ、奥深いね。それがまた楽しいのだが。

「Top of・・・」はメロディーを浚ったのみ。
早い時間で終わったので、居酒屋で新年に乾杯!!。

さてことしは例年以上にイヴェントが多い。
並べてみた。

2月  視覚障害の方と混声合唱(新年交流会)
4月  シニア合唱祭「ゴールデンウエーブ」参加
6月  ジョイントコンサートに参加
    (山田英津子とエレガントノーツ+昼どき合唱団)
           神奈川県音楽祭に参加(洋光台混声合唱団)
8月  EKOコンサート。(独唱)
10月 洋光台音楽祭に参加(洋光台混声合唱団)
11月 「昼どき合唱団」定期演奏会本番
12月 「モツレク」か「第九演奏会」に参加予定
2017年 (予定) 「洋光台混声合唱団」定期演奏会本番     
          (シューベルト、ミサ曲他)

ほぼ2カ月間隔で、ステージがある。
やはり課題は体調維持だ。

体が健康でなければ、対応できない。
昨年、直前で病気で本番に出られない仲間が何人かいた。
さぞ、無念だったろうと思う。

不思議なもので、普段無茶をしても、
カゼはなかなか引かないが
気をつけていても引いてしまう。
本番前の体調管理のノウハウを習いたいものだ。

さて私個人としての今年最大の課題は発声だ。

今のままだと、第一声が飛ばないし、高音は高いF,G止まり。
ソロのCDを確認しても響きがすくないので落ち込んでいる。
他人が歌っているような違和感があるのだ。

声を出す前の準備はとても大事だと思う。
出してしまったらもはや修正は効かないのだから・・・

舌の位置の矯正、(私の場合はアゴの位置も)。
歌うための筋肉の鍛錬(声帯の周辺、口腔内、顔面周り、
横隔膜周り、背筋など)

歌う時の姿勢の悪さは、昨年ずいぶん指摘された、
少しは矯正できたと思う。
でも、腰、腹回りから背中
後頭部の位置、これらは支えの重要部分、
ことしも注意!、注意!

今年は、音域拡大と(ハイA、Bが目標)、
バリトン(これは響きが命かな)にもチャレンジしたい。
合唱では裏声で逃げる手があるが、ソロでは
実声で堂々と歌いたい。
自分の適性探しでもある。

今はドイツ語歌曲の練習をしているが、
イタリア語、フランス語(欲張りかな?)も歌って見たい。

宗教曲は敬遠してきたが、
このところ歌うチャンスが増えてきた。

洋光台混声でシューベルトのミサ曲の練習をやっているお蔭で、
ラテン語の勉強も出来ている。
何とか人前で歌えるほどにはなりたいもの。

歌う上での基本は、やはり暗譜だ。
ソロを歌うなら、暗譜は必要条件かな。
シニアには暗譜は大変だが、
歌を表現するのには避けられない関門だと思う。

不思議なことに、本番で暗譜で苦労した曲が、
数カ月たった今暗譜で歌えてしまうのは
どうしてだろう。

体が覚えた、身についたということか、
早く身につける何かいい方法がないものか模索中だ。

ステージで楽譜を見すぎるととにかく見苦しい、
お客さんからも顔がみられず、な~んだとなってしまう。
第一大切な表現力、声量が落ちてしまうよ。
飛び出し、遅れなどの失敗も出てくる。

とりとめがなくなってしまった。
要は、アマチュアだから歌は楽しく歌いたい、
でもそのためには最低必要条件があるということ。

それを身につけるためにこの1年頑張って行きたい。
今年もハッピイで終わりたいね。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年「歌い初めと今年の課題」(洋光台混声合唱団) [合唱]


梅しだれjpg.jpg

こんにちは、歌のつばさのnaoka19です。

新年早々もちつきをした。!!

え、まだ餅なんてつくの、
いやいや、あの食べられる「もち」ではない。
「尻もち」だ、それも盛大な・・・

6日、東戸塚のカラオケバーで、新年を祝っていた。
高いカウンターのイスに、足が短いクセに
ムリして半掛け状態で腰掛けていた。

そして見事につるり、尻からどす~ん、
カウンター椅子で高いだけ衝撃は半端でなかった、
まだお尻が痛いょ~。

でも骨折していたら、歩けないはずだから、
歩けるだけまだましかもね。

普段から転倒したら終わりと気をつけていても
このていたらく。

このごろどうも集中力に欠ける。
もしかして認知症の第一段階だったりして(汗)

シニア世代の皆さん、やはり、
お酒が入っているときは要注意ですよ。

何とも間抜けな新年「もちつき」大会でした。
でも一年の厄落としになったかもしれないね。
(・・・て、そんなわけないか)。

さて、合唱の歌いはじめは9日。
洋光台混声合唱団の練習から。

曲目は、谷川俊太郎詩、石若雅弥作曲、組曲「ありがとう」。
谷川俊太郎さんの詩集「子供たちの遺言」の中から抜粋し、
石若さんが曲をつけたものだ。

子供の躍動感、感情、心の痛みなどが
子供の目線であざやかに描かれている。
和音がピアニストの作曲らしく、とても個性的。

歌う側からすると、和声がいやらしいほど変化する、
リズムとハーモニー重視の曲。

シニアはこういうのは苦手、若手向きかな。
子供らしいリズム感、躍動感、いわゆる孫と同じ年代を
感動的に音楽的にどう表現するか・・・

指揮者の土居先生の要求は厳しい、
すでに、問題個所は指摘を受け、昨年来の課題となっている。

最終的なステージは再来年の中ほど、まだ1年半あるといっても、
時は正確で容赦はない、
直前になって慌てるということになりそうな予感が・・・

歌い込んではいるが、音楽的に表現するには
まだまだ足りない、足りない。

新年で心新たに取り組むべき課題を
再認識させられた一日だった。

今回の練習では、呼吸法と発声の練習と他のパートとの連携
に基点を置いた練習もたっぷり1時間した。結構きつい。

各パートがバラバラになり、2名セットで相手の声を聴きながらの発声練習、
自分を主張したり、相手を活かしたり、和音を響かせたり、スタッカートなど。

体の前を意識せず、むしろ背中を通して頭に抜くイメージ、
またはお腹からボールを山なりに放るイメージ?
とでも言ったらいいだろうか。何度も、何度も。

指揮棒に従いで一糸乱れずきれいに歌うことも重要であるが、
無個性な合唱となってしまいがち。

全体のとの融和、自分の主張するところ、
これは歌い手の自覚、音楽的に表現するのも本人の自覚。

まあ、入れ込み過ぎないよう、
余裕をもって他のパートとのバランス、
先生の指揮を見たいもの。

で、やっぱり必要になるのは、「暗譜」だね。
まずはここから。
楽譜にしがみつきはそれだけで、集中が削がれるものね。

私はテノールだから、テノールの主張部分、抑制部分、
他のパートとの和声を合わせる部分、
言葉(日本語はとかく子音の明遼性を欠きやすい)
を磨いていきたい。今年の課題だ。

2時間の練習時間は目いっぱい、
正月ムードなどかけらもないフルスロットルだった。

★実は、昨年6月「県音楽祭(於:県立音楽堂)」で一部を歌っています。
 時間が許せば、どんな歌か当時のブログをご覧のほどを。

  ⇒ http://gaku-nao.blog.so-net.ne.jp/2015-06-23


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あけましておめでとうございます [日記]


朝日.jpg(日の出)

歌のつばさのnaoka19です。
今年の歌始めは洋光台混声合唱団の練習日の9日からです。


昨年は2つの定期演奏会があり、慌ただしい年でした。
私事でも相談相手だった弟の急逝で悲しくも
人生無常を痛感した年でもありました。


今年は、どうなるか神のみぞ知るですが、充実した1年を
送れれば良いなと切に思います。


本格的な音楽活動は4月から、6,8,10,11,12月と
行事的には決まっており、慌ただしい年になる予感がします。


そして昼どき合唱団の定期演奏会は11月7日、
12月にはモツレクを歌い歳を越す予定です。


再来年になりますが、シューベルトのミサ曲(Messe in G)を歌うべく練習に
励んでいます。


4年前、50年ぶりに再度合唱を始めた時は
宗教曲を歌うなど考えもしなかった、
でも合唱をやっていれば当然の成り行きかもしれません。


これらをこなすためには、体力をつけ、健康に気をつけなければ
なりません。病気になるとせっかくの努力がむだになってしまいます。
もちろん気をつけても防げないものですが・・・
昨年、リタイヤした仲間も早く元気になって一緒に歌いたいもの
切なる願いです。


昨年わたしの拙いブログに訪れて頂いた大勢の読者様にお礼を
申し上げますとともに、今年もどうかよろしくお引き立てのほど
お願いしましす。

2016年1月2日


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽