So-net無料ブログ作成
検索選択

シューベルトミサ曲・第2番ト長調を歌う [合唱]

 アゲハ蝶.jpg

洋光台混声合唱団の2年に一回の演奏会が来年にくる。
シューベルトのミサ曲第2番ト長調を歌う。

今年は練習に専念しているが、今年の6月の神奈川県音楽祭に、
一部を歌うことになった。


「キリエ」と「グローリア」になるらしい。
練習の成果をためすいい機会になる。
キリエは歌詞の繰り返しが多く暗譜しやすいが、難物はグローリアだ。
とにかく速い(2分の2拍子、Allegro maestoso)


自宅でユーチューブであわせたが、とにかく口が回らない。
滑舌の練習を怠っている咎めというところか。


ご存知の方も多いとおもうが、動画を貼って見た。
最初の2曲が、キリエとグローリアで、ご注目のほどを。


組曲は全六曲と多いので、後の選択はご自由に。
ソロと合唱のバランスが絶妙でどの曲も荘厳で美しいと思う。


もっとも、ラテン語(キリエはギリシャ語)で歌うのでどこまで
曲想を表現できるか、正直不安でもある。


宗教曲らしく主役はソプラとバスのソロ、合唱はソプラノが主役だが、
テノールは内声でも高い音程が多く、他のパートとのバランスに注意して、
出過ぎないよう歌わなければならない。


グローリアはあっという間に終わってしまう。
リズムが取れない、歌詞がスムースに出ない。
遅れたらアウト、取り返せない、本当に厄介だ。
だから今はリズムと滑舌の練習に時間を割いている。


昨日27日の練習は、上記2曲を繰り返し歌った。
並び順も変わる。女声は前、男声は後ろ。


譜面を見たら、歌えない。暗譜になると思う。
4か月あるが、4,6月に他にステージが2つある。
8月のEKOコンサートのソロの練習など、考えると混乱の極み。


まあ何とかなるだろう。色々な歌が歌えるのだ、
楽しまなければつまらない。

  ★Kyrie-Gloria-Credo-Sanctus-Benedictus-Agnes Dei





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「昼カラ」でHappy Birthday!! [趣味]

 B梅花.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は日曜だったが、近郊の昼カラオケに行ってきた。
Nさんの☆☆回目の誕生日と快気祝いを何人かの合唱団仲間で祝った。

この年になると、自分の誕生日は来てもうれしくないし辛い。
でも人の誕生日は心から祝ってあげたいと思う。

もちろんケーキも用意し、Nさん一気にローソクを吹き消す。
オメデトウ!!Nさん

カラオケの上でだが
最近、(自分にとり)新しい曲にチャレンジしている。
一つは布施明の「恋」
これはもうカラオケで歌える。
結構自分と相性がいいし、好きな歌だ。

もう一つは菅原洋一の「風の盆」。
これは越中(富山)八尾の夜祭を歌った歌。
小説「風の盆恋唄」が題材となっている。

歌詞には「愛・恋」は出てこないが、
かえって切ない雰囲気が伝わってきて、名曲と思う。
寂しく、哀しい感じだ。ワルツでとてもセンスのいい歌だ。

下に、動画を貼ったのでぜひ聴いてほしい。

持ち歌としても良いと思い昼カラで歌って見たが
練習を始めて1週間、まだまだダメだね、
人前では歌えたものでない。

どう歌うか。歌い方が難しい。
★悲しく歌う・・・自己満足に陥る。
★淡々と歌う・・・物足りない
本当は内に悲しみを秘めて、表面はクールに歌うのが
良いようだがプロではないからね。
さすが菅原洋一の歌唱力は素晴らしい。
マネはできても超えることは困難だ。

菅原洋一の歌はかなり知っているが今まで知らなかった。
まだまだ、いい曲が隠れているものだね。
菅原洋一は好きだし、何より相性が良い。

でも3拍子系はテンポが難しい。
ワルツはブレスが問題、早すぎたり遅れすぎたり苦手だ。

伴奏に合わせるのに苦労した。今回はテスト。
だんだん歌い込んで行こう。

でも、カラオケを真剣に歌いたいとは思わない。
プロなみに上手くてもかえって周りがしらけると思う。
だから、カラオケボックスでガチに歌うのは好きではない。

まして酒が入るとだれもまともには聴いてくれない。
それでも、「おっ」と思わせたいもの、微妙だね。

先生からは、マイクなしの声楽に
マイク持ちのカラオケのクセを持ち込まないよう、
いわれている。のめり込むことは注意、注意!

でも、カラオケは凄い発明だね。もはや世界的だし。
老若男女あまり関係なく付き合える。
まあ、歌の世代差はあるけれどね。

今やアフターの誘いは「一杯やるか」ではなく、
「カラオケやろう」かな。

そうすると、やっぱり、レパートリーの増加と繰り返し練習は
やっとかないとね。
今はユーチューブで殆どカバーできる。楽器がなくても
練習が楽にできる。便利になったもんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼カラは日曜日の午後でもほぼ一杯。
女性客が大部分だった。しかも殆ど常連さん。
話しが弾む。

次から次に歌、歌、、、
遠慮する人はいない。しかもみんな上手だ。
演歌歌手のPR来店もあった。

一度歌い、次に回って来るまで時間を要する。
まあ、庶民的な社交場だね。
満足して、5時には
「今日の日はさようなら」(再会!!)

今週は歌の関係で4日も外出する、
歌に興味がない人は呆れるだろうね。
まあ、フレッシュな気持ちで今週も頑張ろう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

焦る日々・合唱は山登り?! [合唱]

 花紫の.jpg

こんにちは。歌のつばさのnaoka19です。


来年が本番になるので、まだ真に迫って来ないが、
㋊の昼どき合唱団の演奏会が終わり、年を越えると
追い立てられるようにもう一つの合唱団の演奏会が迫って来る。

演奏貴は谷川俊太郎詩、石若雅也作曲の組曲「ありがとう」と
シューベルトのミサ曲「Meese in G 」を歌う。

「ありがとう」は谷川俊太郎の持ち味をふんだんにいかした
石若さんのユニークで、しかもリズミックでとてもロマンチックな曲だ。

そしてシューベルトのミサ曲は、シューベルト作品の中では、
小振りといわれているが、
私にとっては、そしておそらく合唱団にとっても
大曲であるのは間違いない。

合唱団は技術的には他の合唱団と比較しても、
遅れを取らないと思うが、
総勢40名前後で惜しむらくは男声が12名とバランスに問題がある。
シューベルトミサ曲は正直しんどい。

募集をかける努力がしているが、どこの合唱団も抱える問題で
飛躍的な団員増加は期待できそうもない。

最近の練習では先生も男声にたいする懸念の言葉が多い。
全員が同じレベルなら、少人数でも問題ないだろうが
ことは簡単ではない。

全員が同じレベルなどプロ級でなければ無理だし、
メンバーは大半が無理が効かないシニア世代だ。
入るときにオーディション制のある合唱団ならいざ知らず
意識、練習量、技術力、差があって当たり前。

団員のなかでも、引っ張っていける人とどうしても
ついて行くクセの抜けない人がいるのは、
どこの合唱団も同じ。

ついて行くのは楽だからね。
でも、自分のレベルはいつまでも向上しないと思うよ。

合唱団は2人の先生が指揮をされる。
両方の先生の懸念が男声であることは言葉の端々からわかる。

特に、シューベルトは2つ3つの合唱団がコラボを組んで
歌うような大曲だ。
それだけに1合唱団で歌うのなら格別の練度が必要となる。

個人個人にレベルアップが求められているのだ。
自分のパートについては自己責任だ。
自分がレベルアップするしかないわけだ。

合唱はアンサンブルだ、
でも私は、ソロ歌手の気持ちで歌いたいと思う。
自分の声を会場の隅々まで届ける意識が大事、
合唱は仲間がフォローしてくれるが、ソロは自己責任
だから集中力が違う。

自分のパートを自信を持って歌えるようになりたい。
まずは自分を仕上げる、それからアンサンブルだ。

もちろん先生は歌唱を指導するが、
一面ではアドバイザーでしかない。
本番では歌うのは自分だからね。

個人個人が意識して歌えば、声はもっとでると誰でも思う。
でも、全員合唱体制など、プロでない限り絵に描いた餅だ。

歌に対する意識、姿勢は人それぞれ。
生活環境も歌だけに集中出来ない人だっている。

だからこそ週1の合唱練習での集中と、復習を大事にしたい。
何度も同じ指摘を受けるのは避けたいもの。

年内は2か月ごとにステージがあり、
とにかく余裕がないが、
でも今が大切、直前になって焦りまくらないように・・・

まずは一歩一歩、自分のレベルアップに努力し
当日は山の頂上に立った気持ちで歌うようにしよう。
まさに山登りとおなじだね。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「少しは進歩?う~ん!!」ソロレッスン [音楽]

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

15日、月一回のレッスン日。

12日の転倒騒ぎでわき腹を痛め、出来るかなと心配だったが、
せっかくの継続練習が途切れるのが嫌で、
先生のお宅にお邪魔した。

一緒に同行した仲間はすでに2曲目にとりかかっている。
私はシユーべルトの「セレナーデ」が順調とは言い難いので
2曲目は保留。未だシューベルト
先生からは、この曲は難しいので焦らないようにといわれている。

セレナーデ、超有名曲、ネットではドイツ歌曲の初心者向けとの
紹介も。ところが、この曲本当に難しい。

元々ドイツ語で歌うので、発音の難しさは覚悟の上、
昔ドイツ語の履修歴があるといっても、
歌にしたドイツ語の歌い方の難しさは半端ではない。

まあ、英語フランス語も、しゃべり言葉と歌詞の違いは慣れないと
難しいものだが。

しかも、セレナーデ=恋の歌だが外国人が歌うときは
バリトン歌手があっているね、
原調はテノール用とのことだが、テノールでは高音が目立ち過ぎる。
歌手によってはなんか、吠えてるみたいで、怖い。
ソプラノならとてもきれいだが。

と、そんなことは言っていられない。
私はテノール、高音のGを綺麗に出さなければならない。

ところが、このところGを出すのに苦労していて、裏返る。
怖いから、裏声でしのぐ。
先生にフォルテは地声で歌うよう釘をさされる。
まあ、裏声では声は通らない。

舌の位置が悪い、高音で顎が上がる、姿勢が崩れる、
これは毎回の指摘事項、今回も・・・
本当に懲りない奴だな。

高音を出すために、声帯の引っ張り上げを指導される。
不思議なことにそういわれて歌うと出来るのだが、
再現性がまだまだ。

日頃の練習の仕方がソロを歌う体制になっていないのも問題。
合唱ではG以上はソプラノと一緒になることが多いので
声のバランスが崩れるのを恐れて、ついつい裏声を使ってしまう。

高音を出す場面になると、もう裏声の体制になっている。
思い切って、口内を拡げて、頭の上に引っ張り上げるイメージで
歌うのだが・・・

今回は、裏声を封印して地声で歌う。裏返る、裏返る。
先生の指導で、引っ張り上げる練習。
いい声ではないが地声が出る。この感覚を忘れないようにしよう。

なにせ、発声練習ではAまでは行くのだから。
口の形、舌の位置、口内の拡げ方、体が覚えるまでは継続練習
しかない。

先生はできていなくても何にも言わないが妥協しない。
何度でも同じ指導を受けることになり前に進めない。

もう一つの課題は、リズムだ、
セレナーデは4分の3拍子。私は3拍子がどうも苦手だ。
8分の6、8分の9も同様。

昨年、「夢路より」(8分の9拍子)で苦労したことを思い出す。
だったら選ばなければとも思うが、曲の魅力というものだろうね。

次回は3月14日、やはり、復習がポイントだ。
動画をたくさん見て予習していっても、
先生の前ではつけ焼刃は全く役に立たない。
それよりも言われた課題の徹底的マスターが大事と思った次第。

”STEP BY STEP”で行こう。
 


>にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「横断歩道にダイブ、イタタタ?!」 [日記]

 a0960_001612_m.jpg

歌のつばさ、naoka19です。

金曜日、危うく怪我をするところだった。
合唱団の練習が終わり、1次回で止めておけばよいものを
先生に誘われて、もう一軒。

それは器楽愛好家が集まる店、大変楽しかったのだが。
12時閉店、慌てて帰り支度して帰路に。

天候は雨、横断歩道で青を待つ。
段差もなく濡れて滑ったわけでもない、
足が止まった?
ううーん細かい記憶がない。

とにかく体ごと前に倒れた。
少し小走りだったことで、衝撃は結構あった。
右手と、左ひざと左わき腹を痛めてしまった。
わき腹は咳、のみこむ時が痛むが肋骨には異常はないようだ。

危ない、危ない、
4,5年前坂道を駆け上がっていて足がとまり
舗装と顔面キッスをして何針も縫うケガをした前科がある。

骨折でもしたら、4,6月のステージがアウトになり皆にも
迷惑がかかる。
くわばら、くわばら・・・

この間介護士の甥っ子から歩き方が頼りないと杖を薦められた。
まだまだと返事したが、そろそろ考えなければ。


特に一番危ないのは階段、
あると思った段がなくて2段飛び降りしたり、
転落した経験はないですか。

集中力が切れたときが一番危ないようです。
錯覚、考え事、スマホいじりみな危ないよ~
骨折、ヒビ、捻挫、どれも辛いからね。

土曜日の練習はさすがに休み、
今日、月曜日は月いちのソロレッスン日で休みたくない。

やれるところまでやって見よう。
というわけで、今日のレッスンのレポートはまた後日。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「悲しい歌の歌い方」(みなとみらい昼どき合唱団・練習日記) [合唱]

 cみなと.jpg

こんにちは。
歌のつばさnaoka19です。

2月5日、2月最初の定期練習日だった。
13時から選曲委員会の後、15時から練習開始。

今日は暖かい。
ソプラノの音程が良いと、尾花先生。
歌っている我々は気づきにくいが、
絶対音感の持ち主の先生には好不調がすぐわかってしまう。

ソプラノの音程が悪いと、合唱全体を左右する。
いつも音程を安定させるにはどうしたら良いのだろうか。
私は、音程の悪さを指摘されたときには、「上目、上目に取る」
ようにしているが。

練習曲1曲目は4月4日のシニア合唱祭に歌う、
「忘れない」
これは、指揮者で作曲家の尾花先生のオリジナル作品。

日本の歌曲としては珍しい鎮魂歌といっていい。
感傷的(悲しげ)に歌いすぎないよう指導される。

表面は明るくふるまい、心の中に悲しみを
秘めるということかな。
歌い手が感情を込めすぎると聴き手がしらけてしまう。

これは、簡単ではない。
作曲者の想いを伝えるには
歌い手個人が歌い方をよく考えで歌うことかな。

さて、練習開始、
しまった?!
「忘れない」の譜面の一部が欠落している、
思い切って譜面なしで歌って見た。

一昨年の演奏会の演奏曲だから記憶はある。
しかも、案外しっかりと覚えている。

記憶とは不思議なものだ。
思い出そうとして口に出来なくても、
歌いだすと自然にメロディーが口をついて出てくる。

おかげで、テノールに音程の悪いところなど
指摘事項を確認し、悪いクセに気を配る余裕がでた。
早い仕上がりが期待できる。

もう1曲はカーペンターズの「Top of the World
これは、まだ歌い始めたばかり、音取りの段階で終わり。
独特のリズム、慣れるまで大変かも。

2か月が猶予期間、楽ではないが、
でもここで仕上げれば、演奏会用の曲が2曲
仕上がることになる。
    
最終目標の11月の定期演奏会まであと9カ月。
まだ日があると考えるか、時間がないと考えるか?

私は時間が足りないと思う。
演奏曲を15曲として、月4回練習X一回2時間
で1曲あたり数時間程度。

直前は通して歌う仕上げ練習も必要となる。
演奏曲が多いと、大曲1曲を歌うより仕上げが大変かも。
のんびりしている暇はない。

今年は4,6月にもステージがあるので
相当あたふたしそうな予感がある。

まあ、今考えてもしようがないか。
まずは、目先に集中!、集中!

★カーペンターズ ”Top of The World"の演奏動画です。
 本番ではどんな合唱になるかお楽しみに。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ふるさとの四季」本番終了! [合唱]

 a1400_000489_m.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

2月4日、鎌倉点訳赤十字奉仕団の新年会で
歌った。(会場:鎌倉市福祉センター)
年に一度の視覚障碍の方との交流の場と聞いた。

目の不自由な方はどうやって歌を覚えるだろうか。
耳から思っていたが、会食の席で赤十字団の方とお話していて
点訳の楽譜があるのを知った。
考えて見たら当たり前の話。

日本語だけでなく外国語訳もある。
健常者と何ら変わらない。
違うとしたら、指揮が見えないことから、
ピアノ頼りということ・・・

でもアカペラはどうだろう。ピアノは頼れない。
ハードルが高そうだ。
今回は最後の「故郷」は一番がアカペラ。

9時半からの練習で調整が行われた。
ピアノ伴奏からはじまるが、1小節の空白を置いて、
アカペラで歌う。
スタートで4声を揃えるのが容易でない。

本来なら、指揮者が必要な場面だが、
視覚障碍の方も一緒に歌うのでいない。

結局、始まりの4小節をソプラのソロにして、
合唱に入ることに。

ピアノの音、リズムをしっかり聞き、一小節おいて
歌い始める。ソリストは責任重大だが、格好が良い。

12時、開会のあいさつの後
われわれ合唱がトップバッターである。

会議室と聞いたが、広い。お客さんは100人超え?
歌い甲斐があるというもの。

合唱団の男声は全員が「昼どき合唱団」のボランティア。
今回は仕上がりに不安があり、昼どきの指揮者の尾花先生の
応援も得て、団員として一緒に歌って頂いた。

先生は絶対音感の持ち主、しかも元読売日響のコンサートマスター、
音程、リズムにおいて、強力な援軍だ。

何とか大きなミスもなく歌い切ることができ、
盛大な、暖かい拍手をいただいた。


問題の男声(特にテノール)も好評だったと後から聞いて安堵。
今回はミスなく歌うことに懸命で、4声のバランスまで気を
配れなかったのが残念だが。

会は尾花先生のバイオリンソロのサプライズプレゼント、
落語、ビンゴゲームで大層盛り上がった。
暖かい楽しい新年会だった。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ふるさとの四季」、本番前日 [合唱]

 a0960_006322_m.jpg

本番は2月4日、
鎌倉市役所の特設ルームで行われる
視覚障碍関係の新年会で歌う。

今回は、私には本年初のステージ
視覚障碍の方と一緒に合唱(混声です)するのは初めて、
指揮無しも初めて。
とにかく初めて尽くし。

私は12月終わりに初めてこの会に入り、
2回の集合練習を経て、本番だ。

「ふるさとの四季」は合唱コンクール、他の合唱団、
混声、女声、男声問わず良く演奏されている曲だが、
メロディーは別として、テノールの編曲は私にとって初見に近い。

とにかく高音が続き結構大変だ。気をつけるのは、
音取り・音程以外にリズムかな。
指揮者がいないので、ピアノが頼り。
自分でリズムを取り、ピアノを聞き漏らさないこと、でないと出遅れる。

12月の練習では変わるリズムについていけず、ミスの連発した。
他のパートに心配される始末。
まあ、28日の練習では何とかまとめたが、まだまだ。

とくに、テノールソロのところでの出遅れは最悪。
それに、曲の終わりは四声のハーモニー
キレイにそろえたいもの。

全12曲、16分を歌い切るスタミナも必要とされる、
メドレー方式なので、1曲ごとに変わる曲想にも気
をつけねば、などなど・・・

まあ、今となっては全部できるわけではない、
まずは聴いていただく方に喜んでもらうことが第一。

終わりの「ふるさと」はテノールの高音が聞かせどころ。
テノールは内声だからと控え目など許されない編曲だ。
それだけテノールにとり歌い甲斐のある曲なんです。

今日3日は、昼どき合唱団の先生のお宅にお邪魔して、
テノールパートのみの指導を受けた。

ステージは明日、今更新たな吸収は間に合わない。
発声練習の後繰り返し歌い込む。
音取りも十分でないので時間ばかりかかる。

それでも、12曲歌い終わりまで、何とかこぎつけて練習終了。
安心感と気力が充実したところで、お宅を後にした。

昼どき合唱団の演奏会でも、そうだが本番前に
先生の指導を受けると集中力が増す。
強力なおまじない効果?があるようだ。


きっと明日は、気分よく歌えるぞ!!


 にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽