So-net無料ブログ作成
検索選択

歌のある日常 [合唱]

 浜辺夕焼けの.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

27日、ゴールデンウイーク前の練習だった。
今日は山田先生はお休み、尾花先生の指導を受けた。

6月9日に歌う曲の練習は2回目。
音取りも完全に終わったわけでは無い。

合唱においては、人が楽器だが。
ただ、他の楽器と違う点をバイオリンを使っての説明を受けた。。

ポルタメントなどを軽々しくかけると合唱としては最悪になることも。
声帯のコントロールが重要なことの理由など。

音符を安易にのばしたり、切ったりすると曲がだらしなくなるとも。
楽譜に書いてある長さは厳格に守る。
基本中の基本であるが、歌い慣れてくると案外疎かになること。

そして何度も言われるのは、曲のスタート、
不揃いという指摘。合唱としてはこれこそ致命的だ。

歌い始めは一点のみ、指揮棒が最下点に降りたとき。
でもこれがなかなか我慢が出来ないものなのだ。

そのための準備として、ブレスから揃えておく。
合唱とは揃えることなりかな。

スタートの数節は暗譜が絶対条件だ。
曲の途中のチラ見は仕方ないとして(へばりつきはダメ!)
指揮を見てなければ、揃う筈がない。
楽譜にこだわれば、指揮は見えない理屈だ。

曲の仕上がりが不安だとしても、せめてスタート、
節の変わり目、終わりは暗譜を励行したいもの。

それに、歌いながらお客さんの顔を
見るというのも重要だ。
楽しんでいれば幸せそうな顔の筈だから。

まず、ステージに立ったら、ゆっくり周りをみる。
例外なく、客席は期待に満ちている筈です。

そして、歌ううちに幸せそうな、
楽しそうな顔になったら、やったぜ!だ。
そして終わってブラボー!を受けたらもう最高。

実際そういう顔を見たことがあるのです。
終演になったのに席を立たないで、
本当に幸せそうな顔だった。
いまだに印象に残っている。

練習は決して楽しいばかりではない、
欠点を指摘され、なんどもやり直し、
そのうちに、仏の先生が鬼(失礼!)に見えてくる。

自分としてもでも必ずどこかでミスし
完璧に歌えたことなどは演奏会直前でもないと思う。

自信を持ってステージに上がれる人は一握りの人。
大体は不安を抱えて本番をスタートする。

楽譜に先生に指摘されたことが書いてあったとしても
見る前に体が反応してしまうのだ。
練習で体に覚えさせる、これしかない。

本番は集中するから、良い結果が出ることも多いが
出来ないところ、覚えてない箇所はやっぱり失敗する。

練習の重要性を再認識した一日だった。

28日はベルフラワーの練習(赤十字点字奉仕団関連演奏会)
        &世界民謡を歌う会、
29日は本牧でライブ鑑賞
30日は田舎へ、
と結構多忙だ。
ゴールデンウイークはゆっくり休養かな。
6日からの忙しい日常に備えよう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「いつ頑張る?今でしょ!」(昼どき合唱団練習日記) [合唱]

  m_2016_6_9EKO26EN20(1)-d7162.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

今回は尾花先生はお休み、
山田先生の指導で練習した。

まずは、しっかりと発声練習。
やるとやらないとは大違い。歌が全然違ってくる。

練習曲は、「翼をください」と「ふるさとの四季メドレーから」
よく知られている曲ばかり。
だからこそ、つまらない歌い方はできないということ。

本番は6月9日。残り1か月少しかない。
まだ1か月あると逆に考える人もいるかもしれないが、
それは安易にすぎると思う。

合唱団だけで練習し、エレガントノーツとは
本番直前のゲネプロで1回合わせるだけ。
それまでに仕上げていなければならないということだ。
相手はプロだからしっかりと仕上げてくるだろう。

でも我々はと・・・。
気合が入っているのだろうか。
のんびり感がただよっている気がしてならない。

練習はゲネプロ入れて5回。
一回一回が真剣勝負と考えよう。
練習で受ける指摘は次回には必ずマスターしておきたい。
同じ注意は2度受けないぐらいの気持ちはとても重要だ。

貪欲なギラギラ感が欲しい。

心の中でわかっていても態度に表われなければ意味がないしね。
ゲネプロで仕上げ不良ではプロに申し訳ないでしょう。

そもそも今回、われわれは賛助出演の立場。
しっかり歌って、次も呼んでもらえるよう良い演奏を
したいもの。

とくに、みなとみらい小ホールは
昼どきのホームグラウンドなんだから。


いつ頑張る?今でしょ!


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「残念」な歌い方 [音楽]

a0960_006762_m.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

熊本大分地震、思いかけずの
大災害となりました。

心を痛めておりますが、今は災害が早く
収まることを祈るしかありません。

災害で亡くなられた方、心よりご冥福を
お祈り致します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

声が潰れた歌い方をしてます。
近くには聞こえるけど、それではステージ
隅には届きませんよ?!

昨日のソロレッスンの指摘事項。

10月から始めもう7回目。
ラッキーな日とはならなかった。

先生は褒めない、必ず課題を口にする。
当然、次回レッスンには治してくる。
でも、今度はその前に言われた課題が疎かになりがち。

冒頭のことばは、レッスン初日に言われた言葉と全く同じ。
7回目にして再度言われるとは、本当に情けない。

そういえば、先ほどから、
前に飛ばすよう、ゼスチュアによる指示を受けていた。
まるで余裕がないので無視して歌っていたようだ。

学習能力は子供以下だね。
指導事項は、メモにしているが、
いつも同じ言葉がならぶことに・・・(汗)

ただ、レッスン日は白紙、主導権は先生。
何を言われるか当日の先生の出方は予測不可能。

すべて出来るようにしておくことしかない。
復習してきても、別の指示が待っているし、
できないところは、治るまで指導される。
その場で、できなければ、次回の課題。

だから復習はとても大事だね。
次のステージに進むためにも。

歌曲の練習にはいる。
シューベルトのセレナーデをさらう。
かなり、歌い込んだはず!・・・だった。

あれぇ、また失敗!
Chの発声がアウト。軟口蓋と舌の奥で作る発声。
本人は懸命に発声している(つもり)、
でも先生には聞こえない。
ということは聴き手にも聞こえない。

一度克服した課題だ、また出てきた。
しかも一度はOKもらったはず。

もう忘れている、不注意の極み。
結局やり直しだもの。

課題満載で失敗だらけのレッスンだった。
ア~ア、でもめげずに頑張ろう。

終わり良ければ、すべて良しだものね、
8月のEKOコンサートはヤッタルゼ!!


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「出来ること」 [日記]

?a1380_001318_m.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


今回は歌の記事ではありません。

熊本・大分の地震、収まりません。
これでもか、これでもかと襲う余震の凄まじさ
避難人数は19万人を超えたそうです。

台風は予兆がある。当然事前避難が出来るのですが
地震は突然で予告なしですからね。
しかも、多くは津波、山崩れなど二次災害を伴います。
山間でも、海岸部
でも気をつけてください。

壊れたライフラインの一日も速い復旧の努力は
続けられていますが
復旧には大変な時間がかかってしまいます。

私たちにできるのはただ祈ることしか
出来ないのが辛い。


地震が早く鎮まることを、
そして地震で亡くなられた方
のご冥福を心からお祈りします。

★熊本・大分地震で私たちに出来ること

 →http://news.yahoo.co.jp/story/151


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


タグ:熊本 地震 祈る
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「音楽祭終了、そして新たな目標・・・」 [合唱]

m_2016_6_9EKO26EN20(1)-d7162.jpg

こんにちは。
うたの翼のnaoka19です。 

ことしの出番の最初のイベントである
「国際シニア音楽ゴールデンウエーブ」が終了した。

講評を頂いたが、今の路線を伸ばしていくように
というような、いわば当たり障りのない文字が並んでいた。
歌う方から考えるとしたら、やはりパンチ不足。

先生の指導を忠実に再現しようとしたのが、歌い方の硬さに
繋がったのだろうか。

客席で聴かれた先生の評価は硬かった。
そして4声のバランスが良くなかったなど。
例えば、わがテノールに関していえば、
いわゆる聞かせどころで失速していたそうだ。

合唱でなバスとアルトは縁の下の力持ちだが
合唱ではやはり響きがとても大事だ。
今回は合格という評価のようだ。

歌を聞かせるということで言えば、
外声であるソプラノに頑張って貰いたいものだ。
まあテノールは外声も内声のこともあるので、
聞かせどころをわきまえずいつも同じ調子で歌ったら
アウトということ。
今回は歌い込み不足ということになるのかな。

私自身、11日の夜から発熱し、
12日、13日は熱で胃を傷め13日本番はアサ、ヒル抜き、
いやあ参った。食事が出来ないのは辛い。

ステージに立ったら、客席のなんと広いこと。
自分の声が吸い込まれるような感覚に襲われた。
歌う前から負けていたということで、本当に情けない。

本番当日の体調管理の大切さを思い知らされた。

次回は6月9日、一番大事な演奏会に次ぐ大切な本番。
「山田英津子&エレガントノーツ」とのコラボ演奏、
当日の体調だけは万全にしたいもの。

どうか、横浜の近辺の方、こぞってご来場下さいね。
会場はアクセス最高!みなとみらい
「みなとみらい小ホール」です。

チケット発売は「みなとみらいホールチケットセンター窓口」
<お問い合せ 昼どき合唱団事務局(曽根)080-3492-0900>
 全席自由3000円

当日の演奏曲

第1部:日本の歌
第2部:「ふるさとの四季」より
    「翼をください」をみなさんと
第3部:世界の名曲
第2部に「みなとみらい昼どき合唱団」がコラボ出演します



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新入部員は宝物 [合唱]

006997_li.jpg

こんにちは。

歌のつばさnaoka19です。

新学期、今まさに大学の部活のオリエンテーションが花盛り。
後輩の混声合唱団「コルメロ」も新入生獲得のために、
頑張っている。
ときどき公式ツィッターを覗いているが苦労しているね。


新入部員が集まらなければ、2年後3年後が大変だ。
だから、当事者は必死だ。


コルメロのツィッターを見ていて気になる記事を見つけた。
(公式アカウント:https://twitter.com/chor_melodion )

↓↓↓

「コール・メロディオン 新歓2016 ?@ChorMelodion 3月22日
今日はNHK交響楽団創立90周年企画「N響 CRASSICS×POPS with SPECIAL ARTISTS
に合唱団として参加しました[わーい(嬉しい顔)]?

コルメロではこのような貴重な体験が出来ることもありますよ[ぴかぴか(新しい)]
#春から慶應 #春から本女 」

N響野90周年演奏会に、AKBの渡辺麻由(まゆゆ)さんのバックコーラス
を務めたそうだ。
http://www.nhkso.or.jp/about/contents/15376/
(N響のホームページ写真入り)


4月9日放映され、残念ながら私は見逃したが、
友人から連絡が入った。


写真では、「まゆゆ」の前面に写っている。
本当に立派な合唱団になったね。嬉しい限り。


昭和37年、慶應と本女が提携してスタートしたときは
勿論技術を高めるという目標はあったにしても、
今日のことは想像もできなかった。


でも、当時役員とし苦労した思い出はいまも鮮明だ。
我々は生みの苦しみ、無名の悲哀を味わった。
後の学年は両大学の信頼を得るまでが大変だったと思う。


地道でまじめな活動が実を結び、今や公認団体。
海外交流、他の大学合唱団との交流にも積極的で、
押しも押されぬ学生合唱団として活躍中である。


合唱は団体競技みたいなもの、
人的なコミニケーションが何よりも大事だ。
お互いの不信感が崩壊を呼ぶこともある。


私は50数年もたって、再び合唱に関係している。
このことは肝に銘じて、
今の合唱団で「楽しい合唱団作り」に貢献したいものだ。

現役諸君、頑張ってね!

★ コルメロ=「慶応義塾大学・日本女子大学コールメロディオン」
   の愛称です。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

昼どき合唱団、直前練習。 [合唱]

 a0001_012888_m.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

11日、昼どき合唱団の直前練習があった。
本番は明後日。

通常は休養にあてるこの期間、
役員幹部はよほど危機感を持ったようだ。

今日は、並び、楽譜の開き方、姿勢について確認。
尾花先生の指揮で指揮で歌ったあとは、
発声指導の山田先生の独り舞台。
丁寧に、それこそ入念に指導をうけた。

当日は客席で聴いておられるとのこと、
ワァー?!、プレッシャーがかかりますね。

発声、発音、遠くに飛ばし方、ppの歌い方、
一言一言が重いのです。

鎮魂の歌、ハッピイな歌、2曲は両極端の歌。
序奏の時に雰囲気を作る、表情を変えると指示される。
皆さん、これは簡単ではありませんよ。

最初の曲(忘れない)は「言葉と表情」に注意する。
大ホールに響かせる気持ちで堂々と歌おう。
この曲は暗譜もしてるし大丈夫だ、自信がある。

問題は英語曲だ(Top of the World)。
そしてこの曲はハッピイな雰囲気、
やはり表情が重要だ。
ハッピイな気持ちを押し出す。つまらなそう、無表情はダメ!!

とにかく楽しく歌う、聴き手をハッピイな気持ちにさせる
それしかないね。

暗譜をこころみるが、楽譜から目を離すと曲の
テンポが速いので遅れてしまう。
う~ん。
やっぱり、譜面を見なければダメか・・・(汗)

暗譜では、歌う箇所の文節が次々と頭に浮かぶようにならないと
ついていけないわけ。
その場になって、次は何と考えたらもうダメ。
思い出している間に遅れてしまう。

テンポに集中しすぎると、リズム、音程が疎かになる(下がる)
結局、パートの強調する箇所をしっかり前を向いて歌うことにして
、大筋は譜面に頼ることになってしまった。
下を向いて歌ったり猫背にならないよう注意しよう。

11月の演奏会で歌う曲なので、
それまでに仕上げることになる。

さあ、出番だ!!


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ゴールデンウエーブ本番まであと5日!」 [合唱]

000492_li.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

4月8日、みなとみらい昼どき合唱団の本番用の練習があった。
もはや、新しい詰め込みは出来ない、しても害あるのみ。

問題点のチエック・復習とスタートの練習を繰り返す。
第一声をモヤモヤとでたら、その曲は終わる。
この時ばかりは、「暗譜+指揮者注視」を厳守すべし。

「みなとみらいホール」は
声楽指導の山田先生のホームグラウンド。
対応する歌い方を指導された。

基本は日本語発音と声の届け方だ。
発音の仕方によっては、後席には届かない。
日本語はとくに平べったくなったり、
ぼやぼやとした発声になりやすい。

話し言葉で歌うと全く言葉が判らないことになる。
少し大げさに発音する要領かな。
子音は特に注意するべし。

みなとみらい大ホールは2000名以上収容できる大ホール。
響きが格段に良いので、音が拡散してしまいやすいこともある。

先生の言われる
50~100M先に届ける歌い方が重要となる。

これは、常日頃注意されていること。
でもステージに上がると、
指揮者しか見ないか、楽譜にしがみつくことになりやすい。

正しい姿勢で、指揮者を視野にいれながら、
客席に声を届けるイメージが必要だ。

決して大きい声で歌うということではない。
合唱のバランスは保ちながら後席まで届けるのだ。

猫背で楽譜にしがみついてはダメなのはわかる。
全員が指揮者を向いたら隅々までは届かないのは当たり前。

良く言われる「指揮者を見ろ」は決して指揮者だけを見る
ということではない。

まあ、曲のはじめ、文節のはじめ、終わりなど
確実に見る必要がある以外は視野にいれて、
顔は客席をしっかり見つめて歌うことだと思う。

さらに歌う時に、特に重要なのは表情だ。
1曲目の「忘れない」
これはまさに鎮魂歌だ。
ピアノの序章から表情を作っておくように指導が入る。

まさか笑っては歌える歌ではないが、
歌う時に慌てて表情を作っても遅い、雰囲気作りが出来ないのだ。

2曲目は、カーペンターズの「Top of the World」。
軽快で、明るい愛の歌。
前の曲から180度転換だ。表情はがらりと変えねば!

表情筋を使うには目を瞠り、口角を上げる,眉を上げる。
表情豊かに歌うのは、我々日本人の苦手なところ!!
恥ずかしいと思ったら負け。

オペラとまでははいわないまでも、
ステージでは、個々人が演技者になれということだ。

プロではないのであれもこれも出来るわけでは無い。
一つでも出来れば、だんだんと積み上がっていくもの。
あと少し頑張りたいものだ。

でもあんまり家族の前で変顔はやらない方が良いかもよ。
変なおじいさん(orおばあさん)と思われかねないからね。
風呂場などが良いかな・・・

泣いても笑っても、あと4日・・・(汗)
出来ることは限られる。
私は、暗譜することと発音をとにかく仕上げたい。
ただ、英語の暗譜は本当に難しいね、まあ努力、努力!!



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「頭痛・目まい」何とかして?! [健康生活]

 花壇.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

医者に行っても、薬を処方するだけ、
クセになったら困るし、
目まいで5年も悩んでいる。

ただ、合唱練習、ソロレッスンはふらふらしない。
集中しているからか、不思議なことだ。
ステージで歌う時、一時間歌っても大丈夫。

問題はステージに上がる時、まっすぐ歩けない、ふらつく。
だから、一歩一歩しっかり歩かざるを得ない。

体の中のことは本当にわからない。
で、気づいたこと。前の日のケア。

目まいは夜寝むれないと翌朝酷い。
くよくよ考え事をするのが一番悪い。
夜更かしはダメ。
からだをゆっくりと休め、早めに床に就く。

水分補給も重要。暖かい飲み物をゆっくりのむ。
カフェインの入った、お茶、コーヒーは逆効果ですよ。

私の場合は歌のフレーズ、リズム、をチェックして
寝るのが日課。
適当な運動にもなるし、第一気分が落ち着く。

頭痛は、偏頭痛、風邪のとき、病気がある時は別として、
肩、首が凝ったり、疲れたりすると起こるという。
血流が滞っているときに起こりやすいわけだ。

働き盛りの人、女性に多いと思う。
私も4~50のころに頭痛に悩まされた。

頭痛の緩和で、重要なのはやはり前の日のケアだそうだ。
ゆっくり、体が温まる温度のお風呂に入り、
体を温め血流を良くする。
足元は暖かくして床に就く。

そうそう、十分水分を補給して寝ることも必要だ。
この場合はコーヒー、お茶などはカフェインが含まれるので
寝付かれないこともあるので敬遠しよう。
白湯がいい。なければ水でも良い。

朝起きて頭が痛いのはその日一日憂うつになるから、
前の日のケアは重要だと思う。

でも、頭痛になってしまったら・・・
キーワードは水分補給と食べることと
そして姿勢だそうだ。

いずれも、血流を良くすると考えたら納得がゆく。
まずは水分補給は欠かせない。
人間の体に不可欠だからね。

酷い頭痛は食事をしたくなくなると思うが、
柔らかく調理して少しでも食べる。
おかゆなどがよいかも。
体内の燃焼効率を高め血流がよくなる。

良くない姿勢は血流を悪くする。
その意味で、歌とか合唱は姿勢を正して歌うので最適だ。
頭痛も少しは改善されるだろう。

どれも、直ぐ良くなるというわけではない、
緩和したり、少しずつ良くなるということだ。

ただ、急性の頭痛は医者の診断を受けた方が良い。
重篤な病気が隠れているかも知れない。
嘔吐を伴うときも同じ。

慢性的な頭痛は辛い、薬に頼りがちだ、
でも長期間の使用は薬害の恐れがあり危険だ。

少しずつ体質改善を図っていくことが、
良くなる道と思う。 

最後に癒しの音楽の動画を貼りました。



ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」
甘い感傷的な曲です、リラックスタイムに
お楽しみください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆頭痛の緩和のし方で、良い記事を発見。
ぜひ参考にして下さい。

http://tuugeki.html.xdomain.jp/naosikata.html


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「いよいよ4月、本番目前だが・・・」 [合唱]

 a0001_017710_m.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


4月1日はみなとみらい昼どき合唱団の練習日だった。

13日の本番まで、定期練習は今回をいれて2回のみ。
いよいよ近づいてきた。

発声練習は簡単にとどめ、カーペンターズの
「Top of the World」に絞り
アンサンブル練習を行った。

先生にも焦りの色が見える。
きっと、「のんびりとして集中してない」
ように思われてるだろうな~。

相当ナイーブになっている。
出来ない我々が不甲斐ないわけだが、

音程ミス(音程が跳躍する時、上がる、下がる時に
音程が狂うなど)をうるさいほど注意される。
そうなると出来るまで繰り返しだ。
まあ、罰ゲームみたいなもの。

自分としては、ミスなく歌っているつもりでも、
全体がアンバランスならやはり罰ゲームだからね。

そのうちに自分のリズムまで雑になり、
フルスロットルで歌っていると疲れてきて
やはりいいことはない。

本番の直前では良くあることだが、
今回もやはり同じ。芸がないとしか言いようがない。
慣れているようでも、焦るものだ。

それにもう少し、歌唱の練習をしたい。
もう後一回なんだもんね。

今回も、歌唱指導の時間が大幅に少なかった。
山田先生の指導も駆け足だった。

会場はみなとみらいの大ホール。
発声、発音はしっかりと練習する必要がある。

音程は常に注意していないと下がりがちだ。
ピアノ伴奏を良く聴いて高目高目に摂る、これが原則。
音程が下降して来る時はとにかく油断大敵!

棒のように突っ立って歌わないようにしよう。
この曲のリズムは、とても特徴的だ。
体が覚えてしまえば
そんなに難しくないと思うんだが・・・

この歌、恋愛ソングなんだね。
それなりの歌い方が出来なかったら
全くつまらないだろうね。

やはり、表情筋だね。
先生には目から上の表情(例えば目を瞠るなど)
を豊かにすることを常日頃指導されている。

眉間にしわを寄せて歌うなど論外だ。
譜面かじりつき人間ほどそうなりやすい。
注意、注意!(これは自戒です)

高音を出す時アゴが上がる癖が治らない。
でも、アゴを押さえて、目から上を上げる指導を受け
今まで出なかった高音が出た。
表情筋をコントロールする練習は必要だね。

上手い人について行く歌い方は薦めません。
みんなを引っ張る気持ちでどんどん声をだすべきだ。

失敗を恐れないこと。
失敗したら知らん顔、厚顔無恥で行こう。

練習はあと一回、リズムとか音程で引っかかっていては
間に合わないもんね~。

人事を尽くして天命を待つは今回も無理かなと思っていたら、
案の定、団長から臨時練習の提案が出た。

8日、11日(臨時)2回こっきり、
みんなもう少しだから頑張ろうぜ!?


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽