So-net無料ブログ作成
検索選択

アンデイムジークコンサート,後4か月 [合唱]

 thV6X6LPRW.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

洋混の定期演奏会、アンデイムジークコンサートがあと
4ケ月後に迫ってきた。
21日は洋混の練習日だった。

いつもより1時間早く、男声の練習を行い
それからアンサンブル練習。
男声の信頼性が足りないようで少し悲しい。

パートごとに丸く座って、同じパートメンバーの声を
聴きながら歌う。
自分の間違いに気づきやすい利点もある。
昔のパート練習を思い出す。
ただ、今はピアノという強力な助っ人がいるが・・・

時々、楽譜を離して歌ってみるが、
細かい部分で間違える。
でも土居先生からは次回は必ず暗譜との宿題が出た。

ずいぶんと歌いこんでいるが、
なぜか暗譜となると怪しくなる。
自信がないと歌い方が消極的になり、
正確な人の後追いになってしまうのがちょっとね~

今日は谷川俊太郎詞、石若雅哉曲 
組曲「ありがとう」の中の4曲と他2曲を歌った。

「ありがとう」は谷川先生の独特の世界観が
石若先生の作曲で生きている。
子供の世界から大人になってゆく過程を軽快、
繊細に描いた傑作なのだ。

でも、近来の若手作曲家の特徴である
転調の効いた難しいアンサンブルの曲。
そして、とてもリズミカル。

先生がすぐ前で聴いている、
不確かな音はすぐ指摘される、厳しいね。

良く歌いこんで、ようやく全体のイメージを捉えることが
出来た感じ。

先生には自分なりの曲想を持てと言われる。
子供の世界観、自分なりの曲想、
言葉で表すのは簡単だが、正確なリズムと自由な曲想の
バランスをとるのが難しい。どこまで仕上げられるかな。

シニアの私には遥かなる子供時代のイメージを
思い起こすのは難しいな~。

子供が大人に成長する過程での葛藤と苦悩、
躍動感、嬉しさ、悲しさ、心の痛みを、どう表現するか。

作曲者は音域も無理なく、和音もシンプルというが
どうしてどうして、リズミカルでエネルギッシュさが
要求される曲、疲れるわ~。

少し哲学的な詞だが、これに曲が加わると
生き生きとして躍動的な曲になる。

私のワードは「生き生き・リズミカル」でいこう。


最後に組曲のひとつ「走る」の動画を載せた。
独唱だが、合唱になるともっともっとリズミカルに
なりますよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シューベルトミサ曲、歌い初め [合唱]

 245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は、洋混の年初初練習日だった。
シューベルトミサ曲第2番」を全6曲通し、

残り時間で
カッチーニとグノーの「アヴェマリア」そして

シューベルトの「アンデイムジーク」を歌った。

アンデイムジークは洋光台混声合唱団の第2団歌で
洋混限定編曲の愛唱歌です。

5月の2年に一度のコンサートは冠して「アンデイムジーク」
2週間ぶり、2時間の練習時間だが、
疲れ果てているかと思いきや
逆に終盤に向かって声がよく出てきているとの先生から
お褒めのことばが。

これはうれしい。シューベルトもアヴェマリアも高音が
疲れたらアウトだから、テノールは内声だから喉声

にならないよう、繊細に歌っているつもり。
本番でも、そうありたいなと思う。


テノールはソロを生かす内声としての歌い方、
ラテン語の発音日本語的ラテン語にならぬよう
先生からは、子音の使い方歌詞の意味を理解するよう
にいつも意味の確認がある。


母音発声も平べったくなりやすい、何度も注意される、
歌い始めの軽率さは自分も含め、なかなかなおらない。
でも、人体が楽器なら、それではだめだ。

歌い始めの準備(ヴレス)できてますか。まずは歌い始めは
先生の指揮を見ましょう。完全暗譜ですよ。

自信のなさから、譜面を目の近くにもってきてしまう。
顔が下がる、声が前にでない。
だから暗譜だという理屈。

プロなら譜面と指揮を「等分」にみることができようが、
我々は前に譜面があると、見すぎてしまい、
しかも姿勢が悪くなる。

これはよほど訓練された合唱団でなけれが、同じこと。
だから暗譜が前提の合唱団が多い。


さて、12月、ドイツレクィエムを歌つたが譜面を持つて歌った。
く訓練された合唱団で、うち半分は歌唱経験ありで楽だった。
もっとも、譜面がなかったら歌えなかっただろう。
とにかく70分は長かった、でも達成感は抜群だった。


譜面持ちの合唱団も多い。
その場合は譜面は目から離して持とう。
そしてどんなときでも基本は暗譜だからね。


さて、きょうは暗譜にチャレンジしてみたが、
ほぼ出来たのは「キリエ」ぐらいで完敗。
グロウリアからの5曲はガタガタ、

まったくダメだね。
とくにアレグロ曲、フーガ、口が回らないみっとなさ。


これからさらに厳しくなる、
本番は3ステージ

   「ありがとう」、(谷川俊太郎、詞、石若雅弥、曲)

   「シューベルト」(ミサ曲第2番、ト長調)

   「バトンタッチステージ(グノー、カッチーニアヴェマリア他4曲)


1ステージ別で見ると、あと10回もない。
そう考えると焦るが、結局
一つひとつ確実にものにしていくしかないのだ。


新年歌い初めは決意新たな一日だった。

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

アンデイムジークコンサートは5月21日、

JR桜木町の「神奈川県立音楽堂」で開催します。

詳細は別途ご連絡します。

どうか、近辺の方、ご来場をお待ちしております。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽