So-net無料ブログ作成

反省 [合唱]

p20965x.jpg(みなとみらいホール夜景)


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


17日に練習があった。
練習前に役員会がありゴールデンウエーブの
反省会を行った。


ゴールデンウエーブのCDを聴く。
歌っていた時には気が付かない
細かい欠点が目立つ。


特に、曲の歌いだし、
先走るを恐れるからか、パッと(あ~)と出ない。
「ぁ~」か、「ぁあ~」になる。


これは全員が一緒に歌いださなければだめだ。
一人でも出れない人がいれば音がバラバラに分散する。


暗譜が不得意、または不安な人は
せめて歌いだしでも覚えることが肝心だ。



★歌いだし[→]



  譜面から顔を離し、指揮を見る。
  そして指揮棒の最下点で発声する。
  これが我が団の約束事。


これは発声前のブレスをそろえるには不可欠なこと。
しっかりした、ブレスができなければ
歌いだしはバラバラになるし、
弱い発声になつてしまう。


響きは良かったと思うが、
言葉がクリアーでなかったと思う。
これはテールに責任がある。



アルトの声はクリアー度が増してずいぶんと
良くなっていた。
バスの響きもOKだった、
テノールはボケていて問題がありそうだ。


後の練習でも、テノールには先生からの苦言が。
せっかく大所帯(バスの2倍)なのに声が出ていないと。
テノールとしての「頑張りどころ」で声が出て
いないのは本番でも感じていたが。


考えてみれば夜明けは、バス、アルト、ソプラノには
あっていると思う。
テノールはそのまま歌えば、
響きはバス、高音はソプラノに
敵わないのは当たり前。



だからもっと、響きを意識し高音をクリアーに
歌わなければならなかったんだ。
ここら辺ただがむしゃらに歌うのでは無神経すぎる。
そして自分の持ち分はしっかり責任を果たす、
その意識が足りないと痛感した。


ボカリーズ(無言歌}の「夜明け」は
そのチャレンジ意欲は講評の先生方からは
認めてもらったようだが、それは
作曲者と器楽の腕が認められたもの
合唱を含めての完成型となるととてもとても。


「講評の1部紹介」


 (夜明け)    Vn,Vc,入りいいですねえ。
          たくましい夜明けの光景を見るような思いがしました。


 (翼をください) 元気で力強い合唱でした。
          明るい表情もいいですね。


 ありがとうございます。


弱い発声は楽器に負けてしまうし
歌としてもつまらなくなってしまう。
夜明けは11月の定期演奏会でも歌う。
できるだけ完成形に近づけたいものだ。


必ず暗譜の合唱団ではなんでもないことだろうが
暗譜をしないでもOKである我が団では暗譜は
難しい課題だ。


暗譜恐怖症に近い人もいる。
暗譜は難しいと思いハードルを上げている人もいる。
実際は練習次第で大丈夫なのに・・・
歌いこめば大抵は身につく。
歌いこむ方法を工夫すれば良いわけだからね。


我が団はオケとの合奏が基本的な売り。
お客さんもそれを期待して聴きに来てくれる。


だから合唱譜とオケ譜を編曲する
尾花先生の負担は大変なもの。
直前まで未完成のアンサンブルと
直前変更があったりする。


だからといって、やはり基本は暗譜、
暗譜ができればさらに桁違いの演奏ができると思う。





合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ゴールデンウエーブ終了」そして前進 [合唱]

9gwomote091.jpg 

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


ゴールデンウエーブは無事終了した。
グループトップの演奏だったが、緊張することも
なく、気持ちよく歌い切った。


でも、こっそりいうと細かいミスも・・・、
全部を完璧になど理想にすぎないのかな~。


尾花先生は音程よし、リズム良し、全員が一つの声に近く
120%の出来だったという、素直に喜びたい。


山田先生は、一番厳しい条件、
2階席の後方に聞いておられたという。
確かにかに声は届いていた。
それでも不足遠くへ飛ばすイメージを
もっと持つように言われる。

みなとみらい大ホールで歌うのは大変な勉強に
なる。


これは大ホールで歌っている時にしかできないこと
常に心にとめて、本番では失敗を恐れず
チャレンジするようにしたいもの。
でもけっして悪い意味ではなく、ほめられたと思っている。
手前みそかな!


評価の先生方にも、
「夜明け」(ボカリーゼ)の歌い方、
弦楽器とのコラボなど難しいテーマに
チャレンジしたことを評価していただいたと思う。


山田、尾花両先生、
チェロの中垣先生、バイオリンの山田先生、
そしてピアノの三枝先生お疲れさまでした。


なにより、案内役のボランティアの皆さん
大変お世話になりました、お礼を申し上げます。
 

多忙な中、わざわざご来場いただいた
みなさまお礼申し上げます。


ゴールデンウエーブは大ホールで歌える唯一のチャンス。
これからも参加することになると思う。


18時フレンチ店を借り切って打ち上げ、両先生も
参加されて楽しく盛り上がった。

さあ、私は5月21日の洋混の「アンデイムジークコンサート」、
昼どき合唱団は6月3日の「山田英津子&エレガントノーツ」
賛助出演が控えている。ゆっくりする暇はない
体のケアに心がけて頑張ろう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゴールデンウエーブ」本番、最終練習 [合唱]

9gwomote091.jpg 

こんにちは。


10日、ゲネプロを兼ねた特別練習を行った。
17時から。
山田先生、尾花先生ご出席。


通し練習と不安箇所を何回も練習する。
尾花先生はバイオリンのプロだが、演奏日の前は
一日一曲50曲反復練習したという。

わたしなら、10曲も浚ったら力が尽きる。
凄い集中力と思う。
もっともそのまえに喉が持たないね。


練習でも集中力はとても大事。
ダラダラ練習しても身につかないのは事実。
暗譜条件でなくても、暗譜するという気持ちはとても
重要と思う。


今回はバイオリンとチェロとピアノと合奏することで
歌詞がない母音唱の歌「夜明け」は楽譜持ち、
「翼をください」はピアノ伴奏つきで暗譜ということに
なっていた。


ところが、演奏時間の関係で2曲ともバイオリンと
チェロも伴奏することになり
尾花先生が大急ぎで編曲し7日の音合わせで
合同演奏を行った。

でも、器楽者ってすごいね二人とも初見、
しかも、演奏しながら編曲していく荒業。
3人ともプロは凄い!びっくり


バイオリンもチェロも音は合唱より繊細で細いが
音は前に飛ぶ。ホールの端まで届く。
合唱は下を向いたまま、
ただ指揮者を見るだけではステージでは歌っている
つもりでも後席には届かない。

しかも歌詞があるので実は厄介だ。
発音(子音)をしっかりしないと隅には届かない。
とくに、響きの良いホールでは拡散してしまい
何を歌っているかさっぱりわからないことになる。


しかも、ピアノ以外の楽器は2台だけなので
尾花先生が遠慮なく音を出すように注文をつけている。


特にパートのソロ部分、
昼どき合唱団の歌は尾花先生の編曲でソプラノ以外
のパートでもソロが出てくる。
団員には評判がいいがそこが弱点にもなるわけ。


ソロパートの音量が足りなくなれば、悲惨なことになる。
他のパートはソロをいかすため、内声となる。
ボリュームを落とさなければならない。
支えあいの気持ちだね!


昼どきの演奏はグループの一番手。
山田先生も多忙なソロ活動の合間に
当日の発声練習に付き合ってくださる。
(でも本番は与えられた発声練習時間から
なんと3時間後? なんてこった)ガーン


先生は本番はみなとみらい大ホールの後席で
しっかり聴くそうだ
本番後の評価が怖いな~。
とにかく甘い先生ではないからね。


10日の練習で山田先生の指導事項、
テノールへの注意事項しっかり頭にいれておこう。


輪になって歌えば良く分かるパートのバランス、
ソロ部分の歌い方、わかってはいても、
いざ本番でしかもみなとみらい大ホールのステージで
横に並ぶとほかのパートの声が聞こえにくいので
気を使えるかな、でも意識だけはもって、
自己中心だけは避けたいもの。


「指揮者の先生の動きを視野にいれながら、
ホールの2階部分を見て歌え」と良く言われる。


でも暗譜していなかったらこれは無理だね
  ★遅れないため 「先生を見る」、
  ★声を遠くに飛ばすため 「2階を見る」、
  ★不安な箇所があるため 「楽譜を見る」

それを均等に見るなんて器用なこと出来るかな?
自信がなければ、確実に楽譜にしがみつく
表現の50%もできないなと思う。
まあ響きが重要なバスなら少し別だが。


話は横にそれるがオケの演奏動画を見ていたら
楽譜を親の仇みたいに睨んで演奏している動画が
目に入った。必死度が半端でない感じ。

ちょっと不思議に思った。
しっかりとリズム、音程が身についていて
指揮者と一体だとばかり思っていた。

でも器楽者は独立した音楽家、
合唱団員とはちがう、一人ひとりがワンパート
ということに思いが至った。

ということは、同じ楽器のグループでもライバルだ。
歌でいえばソリストの領域かな。
少しでも体力が落ちたらと思うと・・・

合唱みたいにアンサンブル練習を何度も
重ねてということはなく、音取り、リズム練習は
自己責任だから厳しいね。

知り合いのビオラ奏者に聞いたが、
高年齢で楽譜が見るのが大変になり
長らく在籍した交響楽団からの引退を
決意したそうだ。

器楽奏者は本当に大変だと思う。
合唱は80過ぎても元気なら歌えるからね。
最も、耳が遠くなり、目は老眼が進みでは
とても器楽なんてできないね。

合唱はアンサンブルが生命、だから一人ではない。
でも調整不足は誰かがカバーしてくれる
と思った心得違いだ。ニヤリ

30人の合唱団で調整不足が20%いたら24人と同じ
になってしまう。

一人ひとりが目立ちすぎてはいけないのも事実
言葉は、何人いても一人の言葉で揃えるのも事実
音色はそろえるのが理想的

でもねそれでは無味乾燥で人間味がなくなる。
単に歌が上手いだけなら、プロには敵わない。
やっぱりシニア・アマは人間性で勝負だね。
人生経験の豊富なシニア合唱団の生きる道かな。ウインク

どう考えても、若い声は戻らないし、
リズム感も衰えているのも事実
若い先生の言うことになかなか対応できない。
自分ながら嫌になることもあるけど
それはそれで年の功、感動を与える歌い方はあるはず。

合唱団はプロではない限り、絶対音感がある人も
器楽者のようなリズム感がある人も少ないと思う。

ただ合唱は器楽では表現できない
「音と言葉の融合」の世界がある。
もちろん、オーケストラとのジョイントもOK
合唱しかできないアカペラも歌えるもいいね。口笛

なんか脱線気味のブログになってしまった。
本番間際でアドレナリン全開なんです。

ゴールデンウエーブは音楽祭、
沢山の合唱団が演奏するため、課題曲は少ない。
わずか2曲、されど2曲、
不安もあるが、楽しみだ。

 



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

田谷の洞窟とお花見 [健康生活]

 taya02.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

今日は暖かくて、快晴。ついている。
少し風が強いが・・・
だが桜の開花はまったく期待できない。

大船駅ルミネ前で待ち合わせ。
団員の七割が参加した。

今回は山田先生ご夫妻も参加された。
尾花先生も参加されたのでこれは
昼どき合唱団にとっては一大イベントだね。

洞窟のある定泉寺はバスで移動。
歩けば30分はかかるようだ。

定泉寺は、正式名は「真言宗大覚寺派 田谷山 定泉寺」
ご本尊は阿弥陀如来・不動明王・弘法大師。
ご利益は厄除け、招福。

鎌倉時代初期開創、元鶴ケ丘、二十五坊の修験道場
であるそうな。洞窟は総延長1キロで、
実際には廻れるのは200メートだけだが・・・

地質は粘板岩の巨大な一枚岩で幾度かの大地震にも
耐えてきた。
無数のノミ跡から当時の土木技術の一端がうかがわれる。

taya06.jpg

手燭台にローソクをつけて洞内を巡拝した。
ローソクの火は頼りない。実際すぐ消える。
仲間から貰い火しながら、進む。
暗い洞窟なので200メーターが
一キロも歩いた気がした。

記念撮影をして徒歩で「愉快壮快・ちがさき」に移動する。

 taya1.jpg


昼食を取るためと足湯がしたい団員のため。
食事と足湯を楽しみ、楽しい時間となった。 

食事後は柏尾川沿いの桜を楽しむ予定だったが
殆どつぼみ、残念。
東京は満開なのにね。

金井公園まで歩いて現地解散。
このあたりは半世紀前の私の会社の工場の跡地、
今はないが懐かしさがこみ上げる。
不便なバスで工場に通ったことを思い出す。

私は仲間と柏尾川沿いを戸塚駅まで時間を
かけて歩いた。

戸塚駅で万歩計をみたらなんと13000歩
やったー!、ブラボー!

戸塚駅のカフェでお茶、今度こそ解散。
疲れたけれど、楽しい一日だった。

最後に 下手くそな 川柳を一句

お花見も 意地悪桜に 嘆き節


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキング


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゴールデンウエーブ、音合わせ [合唱]

 9gwomote091.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

ゴールデンウエーブ出演は12日、
ゴールデンウこんにちはエーブまであと9日。


3日は15時からバイオリン、チェロ、ピアノ
と合唱との音合わせだった。


「夜明け」は歌詞のない曲。
「翼をください」


つばさは当初ピアノ伴奏のみだつたが
器楽者の先生方の退出時間がとれず伴奏に加えることに。


だからバイオリニストとチェリストは初見、
先生は編曲は器楽者と相談しながら
編曲をまとめていく。
暗号のようなやり取りに合唱団員唖然。


普通こんなこと難しいもんね。
でも器楽者の先生方は凄い、尾花先生とやり取り
しながら即反応していくのだから。


初見でもすぐ演奏できるようになる。
5,6回の練習でOK、先生も満足そう。


合唱は「つばさは・・・」かなり歌いこんでいるので、
暗譜している。
夜明けはさすがに難しいが・・・


歌詞がないのが暗譜するのに障害となるなんて。
それと、器楽との合奏、今回ハワレワレも楽器として
歌う。だから、譜面が必要なんだなあ~んちゃって。
勝手な理屈だね。


一時間ほどで終了、後は6月3日のコンサートに歌う曲を
練習して17時30分終了。


で、私とKさんは女子会に潜入、でも女性陣の旺盛な食欲。
敵わないな。


明日4日は、合唱団のハイキング、大船の田谷の洞窟探索。
早めに帰る。


明日は6時起き、携帯のアラームの音量を最大限にして
寝た。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4月初日、桜満開未だ。寒くて忙しい一日 [音楽]

 sak_008.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

真冬のような寒さの雨模様の一日だった。
桜の名所の大岡川の桜、桜まつりが始まっている
のに一分咲き?
開花が遅れているのだ。


14時から、山田先生宅にお邪魔してソロレッスン。
夕方からは洋混の定期練習だった。



ソロの練習は、発声練習30分。
歌唱練習30分、合計1時間。

発声練習では口内の動き、特に舌の動きを
先生がピアノを弾きながら
厳しくチェックする。


毎回、同じ指摘が出る。さすが落ち込むし情けない。
舌の動き、口内の狭さ、声を遠くへ運ぶ発声、
声帯を引っ張り上げる動き、いずれも改善に時間が
かかっている。


歌唱指導の時間は8月の発表会で歌う曲2曲の練習。
「アルディラ(日本語)」

「秋の女よ」(日本歌曲、大中恩曲)
秋のおみな」はもともとは合唱の名曲。
それを、歌曲に編曲したもの。
情感のこもったとてもいい歌だ.


でも歌うのは難しい、今は痛感している。
ソプラノ向きではあるが、
メロディが気に入り歌いたいと思った。
べつにテノールが歌ってもおかしくないと思う。
仲間内の評判はあまり良くないけれどね。


3拍子と4拍子が交互に出てきて、
高音が続く、疲れる。
気がつかないうちに喉声になっているようだ。
もっと余裕をもって歌いたい。


まだ3回目だが、先生の前では、
リズムも音取りも発音もまるでダメになる。
きっと、自信がないからだ。
家でピアノを弾きながら練習できる環境にないからね。



でも自分で選んだからには8月のコンサートまでには
何としても仕上げたい。
表現力を云々する段階ではないが、
次回レッスンは5月
ミスを直し、進歩を見せられればいいなと思う。

たった2曲、30分の練習だが、
声をセーブする余裕なんてない。声の疲れを感じる。

17時過ぎ、仲間と帰路へ、
いや私はこれから洋混の練習がある。


ブルブル、外は寒いね、
というか冷たい。
途中のカフェで体を温め、喉を労わり18時半練習会場へ。
声の疲れは少し回復した。


今日は5月のアンデイムジークコンサートで演奏する、
シューベルトミサ曲(第2番、ト長調)に特化して練習する。
キリエ、グローリア、クレド、までだった。


先生から譜を見ないで歌うことを要求される。
メリハリをつけて歌う練習、
楽譜にしがみついていてはダメで、
先生の手元と一体化することが必要だ。

ハーモニー、メリハリ、そしてアクセント。
ラテン語の発音の再確認。



とにかく、メンバーは40名を切る。
音楽堂は1000規模の大ホール。
「響き」だけでは印象付けることは難しい。
やはり、メリハリがハーモニーだね。

パートのバランスは女声7:男声3の比率は
これは今更変えられない。この体制で
バランスの取れたハーモニーをいかに作りだす
かがポイントになる。


5月21日に最高の仕上がりになるよう
持っていく。
残った1か月半の練習時間を効率的に
使っていこう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽