So-net無料ブログ作成
検索選択

「ジョイントコンサート・最終練習」 [音楽]





こんにちは。


昨日は、みなとみらいホールの練習室で
「山田英津子&エレガントノーツ」ジョイントコンサート
最終練習が行われた。
残すは、31日の全員参加のリハーサルのみ。


我々昼どき合唱団は、E&Eクワイアの皆さんと
第3ステージに賛助出演する。


曲目は 「I will sing with the spirit」(作曲:John Rutter)
「ホームソングメドレー・イギリス編」(編曲:源田俊一郎)

    場内のお客さんと一緒に楽しく歌う
      「気球に乗ってどこまでも」


今日も尾花先生の指導、リズム、音程を中心に置き
ポイント箇所を何度も繰り返し練習し、
体に覚えさせる。
直前練習にはとても効果的と思う。


仕上げは山田先生の具体的な歌唱指導で。
いつもながらの全身を使っての熱血ぶり。
山田先生が指導を始めるとまるで魔法使いのように
歌い方が変わるのだ。


第一曲<I will sing・・・>
ソプラノの高音のラからソファミ(a le ru ya)と
降りてくる部分の素晴さ、ゾクゾクする、合唱の醍醐味だ。
ソプラノの皆さん、大丈夫!!
本番も出せるよ、保証する。
(文末の動画見てくださいね)


いずれせよ、メイン2曲ともソプラノがきれいなら
全体のアンサンブルも活きてくるというもの。


山田先生の注文
 「目を見開いて、表情豊かに歌う」、
 「楽しく歌う」

もちろんしっかりした、リズムと音程の裏付けが
あってのことだけどね。


でも、楽譜にしがみついていては、
表情も音楽的表現も何もない。
あと一週間、歌いこんで
本番は前を向いて、爽やかな笑顔で
お客さんの前に立つ。
楽しく歌おう。



★ ジョン・ラターの賛美歌をお楽しみください。
 <I will sing with the spirit>





a href="http://classic.blogmura.com/chorus/ranking_out.html" target="_blank">にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「本番終了、休む間もなく」 [合唱]

piano-1731467__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


5月21日。アンデイムジークコンサートが
無事終了した。


お客さんの評価はどうだったろうか。
会場の反応も良く感じた。
聞きに来てくれた知人、友人も一様に
ほめてくれたが。


自分なりには、歌っていて感じた反応から
少なくとも、2年前の前回よりは楽しんでくれた
と思う。



今回は客席を意識して歌えたと思う。
自分なりの表現が少しできたかな。



ただ細かいミスはたくさんあった。
暗譜が不十分だったとも思う。
2年もかけているのにとも思うが、
ある程度完全なリズム、発音、音程、歌詞
身におぼえこませないと安心して歌えない。



結局ほかのメンバーに頼ってしまう。
20曲もあると、得意不得意も出てきてしまう。
団員は皆慣れているが、私は未だ暗譜が苦手だ。



間違えずに歌う、先生の棒を頼りに歌うだけではだめ、
楽譜どうり歌えるだけても不合格、
自分だけはうまく歌えていると思い込んでいるのも不合格。
まだまだと思う謙虚さも必要だからね。



自分はもちろん歌えて、
さらに他のメンバーにも配慮できる
+そのうえでの音楽性、
これ合唱の基本だが・・・



ここは歌える人でも間違えている人が
いると思うよ。
いや歌える人ほど他人への配慮に欠ける人も。
粗さがし、批判しすぎはNGだ。
合唱はアンサンブル、この言葉をよく考え
学習してゆきたい。



次回は2年後、2つ年を取っている、
実のところ不安ばかり。
2年後、しっかり歌えているだろうか。
逆に歌が生きがいになることを望みたい。



次回の課題曲はもう決まっている。
しっかりと歌えるよう体力面を含め
頑張りたいと強く思った。



まあ、とにかく終わった。
反省は必要だが、前を向くことも大事。
6月3日にはまた本番がある。



4月ゴールデンウエーブのあと本格練習を始めた。
年配者の多い合唱団、対応がスムーズ
とは言えない。



とはいえ、今回は団の声楽指導者山田先生の
コンサートへの賛助出演、
いい加減な演奏は許されない。
うまく演奏できて当たり前、それ以上を要求される。



だから、団の指揮者、尾花先生も必死だ。
団員のミスに対し叱声が飛ぶ。
先生はバイオリニスト、絶対音感の持ち主だ。
リズム、音程の幅に対しことのほか厳しい時がある。



今回はご自身は指揮をしない、団員の演奏を見守る
しかできないわけで、団員の武者修行みたい
なものだからね。



26日が最終練習。
30日が全員リハーサル
3日が本番。



今回の合唱は、山田先生、エレガントノーツの
コンサートメンバーに加え
E&Eクワイア、昼どき合唱団と合計60名超の
ボリウーム満点の編成。



とにかく仕上げてよい演奏をしたい。
このコンサートは2回目、好評なら
来年も、再来年も企画されるだろう。



そのときはぜひ参加させてもらいたい、
そのためには、今年が重要、
よい演奏ができるようあと10日あまり
短いが万全の準備をして行きたい。



m_2017_06_03joit120(724x1024)-492b6.jpg


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

歌いはじめ [合唱]

piano-1731467__180.jpg


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。



昨日、昼どき合唱団の練習だった。
6月3日、「山田英津子&エレガントノーツ」
ジョイントコンサートに賛助出演する。



私は、5月21日に洋混の
「アンデイムジークコンサート」
にも出るが、こちらは2年もかけて練習してきたので
静かに本番を待つ心境だ。
19日にフアイナルの練習で本番となる。



3日のコンサートは、まだまだ歌いこみ不足。
今日も、指揮の尾花先生の叱咤が飛ぶ
波乱含みの展開となった。



今回のコンサートでは尾花先生は出ない。
指揮はエレガントノーツの先生がするのだ。
先生にとっては心配で仕様がなかったと思う。



心配は本当に良く分かる。
ただ泣いても笑っても、3週間足らずで本番がくる。
練習は後3回、プロのように自分で調整できない
われわれ。だから、少ない練習で覚えこむ集中心
が必要なんだけどなあ~



でもいつもの練習風景と同じ、
緊張感あまりみられず、のどかな雰囲気だ。
これは何事にもおおらかな我が団の
良い点だが、今回だけはまずいと思う。



山田先生も練習に来られていたが、
今回はご本人も出演者、
聴いていて気が気でなかったろうと思う。



役員はその点を危惧して、
練習を週一回から二回に倍増したのだが
「親の心、子知らず」かな。



これからこういうケースが増えることに
対応できるよう、団員も変わらなければ
いけないと思う。



昨年もジョイントを経験しているのに
本当に学習能力に疑問を感じる。
シニア合唱団の悪い癖だと思う。
ま、叱る者は先生以外いないわけだからね。



で、歌いこみは本人に任せるしかないとして
心配なのは歌い始めだ。
合唱の歌い始めにピタリと声を合わせるのは
メンバーが多くなるほど大変だ。
今回はE&Eクワイアの皆さんが加わるので
60名を超える。



合わないと言葉がクリアーにならず、
極端にいえば、「空」と発音したいのに、
ソソラララなどバラケテしまう。
そこまでいかなくても、あいまい発声に
なってしまうのだ。



とくにみなとみらいホールなど響きの
良いホールでは何を歌っているか
全くわからないことになってしまう。



何年合唱をやっているかあまり関係なく
スタートの不注意な人は案外多いと思う。
十分なブレスをせず、
閉じた口で歌い始める。その結果は最悪だ。



そして聴いている方は最初から
その合唱団に失望するだろう。
まして今回はジョイント、
山田先生とエレガントノーツの方にも
迷惑をかけてしまう。



曲のスタートの不揃い
それはブレスが揃わない、
バラバラなことに起因する。



遥か半世紀前、合唱を始めた時
指揮者が手を振り上げたら、
息を吸い始めて
最下点で発声するように指導されたものだ。
当時、学生指揮者も体験した私には
いまだ頭の片隅にこびりついている。



今の先生は、オケ出身。
指揮はときにギクシャクと思うほど明確に振る。
そして右手のが一番下に降りたところで
発声するように指導される。



だだ、指導者も千差万別、
慣れていないときは違う指揮者が棒を
振ったときに戸惑うこともあると思う。



たとえば流れるように振る人もいる。
それと3拍子系も難しい、
そして、今回は初めてに近い指揮者。
この場合、下点がはっきりせず戸惑う人は多いと思う。



指揮者に頼りすぎず、自分でもリズムをはっきり
と意識する。
これは自分に対する念押しだ。



とにかく第一声を発声する前に、
前奏からブレスのための事前準備をする。
最も、アカペラだけは指揮棒だよりだが・・・



全パートがお互いを意識することも必要だと思う。
そのためには、前奏と歌いだしは必ず暗譜する。
たとえ、譜面持ちOKでも譜面は見ない、
前奏から覚えるのだ。



ブレス、息を吸う行為。これを疎かにすると
遅れたり、息が持たなかったり、
バラバラに発声したりしてしまう。



息を吸う準備をする、
これがスタート時の一番重要なこと。
それから指揮者の棒か表情の動きから
スタートするわけだから。



とにかく、歌いだしのリズムと発声の責任は
自分にある。
集中力を高めて、頑張ろう。

m_2017_06_03joit120(724x1024)-492b6.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

本番続きの日々 [合唱]

m_2017_06_03joit120(724x1024)-492b6.jpg



こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


5月21日のアンデイムジークコンサートは
もうすぐ。練習は後2回。でもこれは私だけ。
仕上げに専念している。


そして、6月3日には
みなとみらい小ホール
で、「山田英津子&エレガントノーツ」コンサート
に賛助出演する。


さらに6月は11日に神奈川県音楽祭で歌う。
ソロコンサート「エココンサート」は
8月25日に決まった。
練習に忙しい月日が続く。


オペラを見たい、コンサートも聴きたいのだが
なかなか実現できない。
ただ6月25日のミニオペラ「トスカ」は
聴くことに決めている。
会場は埼玉芸術劇場、ヨコハマから遠いのがね
でも楽しみだ。


さて、9日の練習は、昼どき合唱団、
山田先生のコンサートの練習だった。


さすがに、ひと月を切り、
いい加減な仕上がりでは済まされない。
だって、山田先生のコンサートだから、
指導される合唱団がしっかりしなければならない。


言い訳になるが、5月のゴールデンウエーブの出演は
意外に負担だった。新曲だったしね。
団員はプロではないので、自分で調整し、アンサンブルでは
歌うだけで仕上げるなんて離れ業はできない。


尾花先生は調整不足が気に食わないらしい。
厳しい練習になった。
音が低い、低いの連呼、リズムが合わない不満。
ア~ア、でも自己責任だからね。


メドレーの一部「グリーンスリーブス」は
8分の6拍子
日本人には3拍子系の歌は苦手だという。
まあ、それにしても、教え方が過激かも。


なにくそと思う。要は本番で見返せばよいのだ。
歌うのは自分だからね、
いわれとうりに歌ってはつまらない、
もちろん制約はあるが、その中で自分の色をだす。


先生も団員も危機感にあふれた練習だった。
でも演奏会の前はこんなもの、
員にも危機意識は伝わったと思う。


12日は指揮をされるエレガントノーツの先生も参加される。
私は本番当日はぜひ暗譜で歌いたい。
山田先生からも、楽譜にしがみつき禁止令が出た。


次回12日は,共に歌うE&Eクワイアの人たちとの
合同練習だ。


歌う曲は「ホームソングメドレー」(イギリス編)
山田先生のソロも入る、ソロの時とソリストの
バックアップの時の歌い方は簡単ではない。


山田先生、クワイアの人たちに失望されないよう
頑張りたいものだ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「アンデイムジークコンサート」ゲネプロ [合唱]

 woman-1503387_960_720.png

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


4月最後の日曜日、ゴールデンウィークの最中
磯子公会堂ホールでの本番さながらの練習。


9時から3時間、発声練習後
通し練習、
14時過ぎから、17時までゲネプロ。


疲れたなんてものではない。
家に帰って、もうぐったり。
疲れ果てて復習などできる状態ではなかった。
でも団は若手も多いのでしっかりと復習した
人もいるようだ。


こんな有様で次の2年後の演奏会、
同じ団で歌っていられるだろうか心配になる、


ステージに立つと足を動かさないのが辛い。
指揮の先生も言っておられた、指揮をしている
時は動いているので疲れないが
立ったままは辛い、皆よくたっていられるなと。


ワンステージ30分、楽な姿勢を見つけ出したい
ものだ。


今日は洋混の元指導者吉田先生が
参観されている。
演奏曲には先生の編曲、作曲が8曲もある。


練習ではなく真剣勝負の気分。
だから余計疲れたのかも。


もう歌えない曲はない、
だが暗譜となるともう一息な曲がある。
でも楽譜を見ながら歌うのはかえって難しい
のはご存知だろうか。


指揮、客席、楽譜を均等に見て歌うなど
神業に近い。どれかが疎かになってしまう。
暗譜していないと楽譜にかじりつくことに
なるのは避けられないのだ。


音楽堂は1000名も入る響きの良さでは
横浜市屈指の名ホール。
楽譜ばかりを見て歌っていたら、
音は届かない、拡散するなど無残な結果が
目に見えている。


これからは繰り返し練習が必要だ。
アンサンブルでなくてもよい。
定時練習は後3回、とても間に合わない
自宅練習で納得するまで歌う。

5月21日、後2週間少し、頑張るしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 



 



 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽