So-net無料ブログ作成

「アンデイムジークコンサート」ゲネプロ [合唱]

 woman-1503387_960_720.png

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


4月最後の日曜日、ゴールデンウィークの最中
磯子公会堂ホールでの本番さながらの練習。


9時から3時間、発声練習後
通し練習、
14時過ぎから、17時までゲネプロ。


疲れたなんてものではない。
家に帰って、もうぐったり。
疲れ果てて復習などできる状態ではなかった。
でも団は若手も多いのでしっかりと復習した
人もいるようだ。


こんな有様で次の2年後の演奏会、
同じ団で歌っていられるだろうか心配になる、


ステージに立つと足を動かさないのが辛い。
指揮の先生も言っておられた、指揮をしている
時は動いているので疲れないが
立ったままは辛い、皆よくたっていられるなと。


ワンステージ30分、楽な姿勢を見つけ出したい
ものだ。


今日は洋混の元指導者吉田先生が
参観されている。
演奏曲には先生の編曲、作曲が8曲もある。


練習ではなく真剣勝負の気分。
だから余計疲れたのかも。


もう歌えない曲はない、
だが暗譜となるともう一息な曲がある。
でも楽譜を見ながら歌うのはかえって難しい
のはご存知だろうか。


指揮、客席、楽譜を均等に見て歌うなど
神業に近い。どれかが疎かになってしまう。
暗譜していないと楽譜にかじりつくことに
なるのは避けられないのだ。


音楽堂は1000名も入る響きの良さでは
横浜市屈指の名ホール。
楽譜ばかりを見て歌っていたら、
音は届かない、拡散するなど無残な結果が
目に見えている。


これからは繰り返し練習が必要だ。
アンサンブルでなくてもよい。
定時練習は後3回、とても間に合わない
自宅練習で納得するまで歌う。

5月21日、後2週間少し、頑張るしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 



 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 



 



 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽