So-net無料ブログ作成

「雨にぬれても」(一昨日の練習) [趣味]


m_294e77249babdc1ba1d2f3990fe4ce28.jpg

(みなとみらい夜景)


こんにちは。

1昨日は昼どき合唱団の練習日。
尾花先生の指導だった。

雨にぬれても
秋のピエロ、ピエロの嘆き。
を練習した。

「雨にぬれても」は我々シニアには
天敵に近いリズミックな曲。
タイの連続、上手く歌えない。
そもそも4分の4とか、4分の3とか
拍を数えても歌えないのだから。

そもそも先生の指揮に合わせたら
ダメなんて、マニュアル人間には
とても厳しいのだ。

大体、東海林太郎みたいな姿勢で歌
っていたらスイングしない。
ステージでスイングしている合唱団を
みると本当に羨ましい。

今日は月光とピエロ2曲とこの1曲で終
わり。

本当に自分に情けない日だった。
先生に同情されても悔しいだけ、絶対に
ものにしてやると思う。

先生に指導されている時はいつも真剣
勝負と思っている。いいたいことをいわ
れたら、次は見返してやろうと思う。

大抵は自分のミスだけれどもね。
大体素直ではないのだ。
だから、事前練習をしてくるわけだけれど。

月光とピエロは、強弱とハーモニーに気を
付ければOKと思う。
それぐらいの自信はある。

ただ、アカペラは音が下がる恐怖がある。
だから高め高めに歌うようにしている。
案外みんなわかっていないね。
伸ばしている間に音は下がりやすいのだ。

これは、アカペラをいつも歌っている合唱
団はなんでもないことかも知れないが
アカペラが初めての合唱団にとっては結
構深刻なのです。

さて、「雨にぬれても」は本当に難しい。
きっと演奏会の間近まで後を引くかも。
合唱だから個人が歌えても、全体が揃わ
なければだめだからね。

団の実力を考えて、選曲していると思うが
レベルに達していない団員もいるからね。
全員が同じレベルなんてプロの合唱団く
らいだろうね。つくづく指導者は大変と思
う。

難しいのは14.5小節なんだけれどね。
からだで覚える、それに尽きる。
それに譜面を見ていたら、確実に遅れる
のだから、覚えるしかない。
早く歌を楽しめるようになりたいものだ。

速い曲は第九の一部もそうだけれど苦手
だな~。シューベルトミサもそうだった。
いつかは得意にしたいな~。

終われば、いつもの飲み会。
男同士だけのひと時。
終わりは先生の行きつけのバーで一杯。

いいたいことを言っていた酔っ払い、
水曜日はソロコンサートなのに、不摂生を
してしまった。
先生、酒の席の繰り言忘れてくださいね。

さて、今日はソロコンサートのリハーサル
気持ちが落ち着かない。
単にピアノ合わせと考えれば、なんでもな
いことなのに、とにかく歌うのみだ。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 

「昼カラ」でHappy Birthday!! [趣味]

 B梅花.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は日曜だったが、近郊の昼カラオケに行ってきた。
Nさんの☆☆回目の誕生日と快気祝いを何人かの合唱団仲間で祝った。

この年になると、自分の誕生日は来てもうれしくないし辛い。
でも人の誕生日は心から祝ってあげたいと思う。

もちろんケーキも用意し、Nさん一気にローソクを吹き消す。
オメデトウ!!Nさん

カラオケの上でだが
最近、(自分にとり)新しい曲にチャレンジしている。
一つは布施明の「恋」
これはもうカラオケで歌える。
結構自分と相性がいいし、好きな歌だ。

もう一つは菅原洋一の「風の盆」。
これは越中(富山)八尾の夜祭を歌った歌。
小説「風の盆恋唄」が題材となっている。

歌詞には「愛・恋」は出てこないが、
かえって切ない雰囲気が伝わってきて、名曲と思う。
寂しく、哀しい感じだ。ワルツでとてもセンスのいい歌だ。

下に、動画を貼ったのでぜひ聴いてほしい。

持ち歌としても良いと思い昼カラで歌って見たが
練習を始めて1週間、まだまだダメだね、
人前では歌えたものでない。

どう歌うか。歌い方が難しい。
★悲しく歌う・・・自己満足に陥る。
★淡々と歌う・・・物足りない
本当は内に悲しみを秘めて、表面はクールに歌うのが
良いようだがプロではないからね。
さすが菅原洋一の歌唱力は素晴らしい。
マネはできても超えることは困難だ。

菅原洋一の歌はかなり知っているが今まで知らなかった。
まだまだ、いい曲が隠れているものだね。
菅原洋一は好きだし、何より相性が良い。

でも3拍子系はテンポが難しい。
ワルツはブレスが問題、早すぎたり遅れすぎたり苦手だ。

伴奏に合わせるのに苦労した。今回はテスト。
だんだん歌い込んで行こう。

でも、カラオケを真剣に歌いたいとは思わない。
プロなみに上手くてもかえって周りがしらけると思う。
だから、カラオケボックスでガチに歌うのは好きではない。

まして酒が入るとだれもまともには聴いてくれない。
それでも、「おっ」と思わせたいもの、微妙だね。

先生からは、マイクなしの声楽に
マイク持ちのカラオケのクセを持ち込まないよう、
いわれている。のめり込むことは注意、注意!

でも、カラオケは凄い発明だね。もはや世界的だし。
老若男女あまり関係なく付き合える。
まあ、歌の世代差はあるけれどね。

今やアフターの誘いは「一杯やるか」ではなく、
「カラオケやろう」かな。

そうすると、やっぱり、レパートリーの増加と繰り返し練習は
やっとかないとね。
今はユーチューブで殆どカバーできる。楽器がなくても
練習が楽にできる。便利になったもんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼カラは日曜日の午後でもほぼ一杯。
女性客が大部分だった。しかも殆ど常連さん。
話しが弾む。

次から次に歌、歌、、、
遠慮する人はいない。しかもみんな上手だ。
演歌歌手のPR来店もあった。

一度歌い、次に回って来るまで時間を要する。
まあ、庶民的な社交場だね。
満足して、5時には
「今日の日はさようなら」(再会!!)

今週は歌の関係で4日も外出する、
歌に興味がない人は呆れるだろうね。
まあ、フレッシュな気持ちで今週も頑張ろう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ