So-net無料ブログ作成

戸塚童謡の会・10月例会報告 [音楽]

1458801236.jpg



こんにちは。


火曜日は歌の会「戸塚童謡の会」に参加
した。これでも会員なのです。
合唱活動の合間に大変だろうと思うかも
しれない。逆にオアシスでもあるのだ。
ソリストの演奏も聴けるし。


会場の戸塚公会堂、500人収容のホール
がほぼ満員になる。雨も降っているのに
会場は熱気で溢れている。
しかもこれが毎回なんだから驚く。


案内役とピアニストの先生がリードしてただ
歌うだけ、飲食のない歌声喫茶のようなもの
なのに人気がある。
コンサートでもこれほどの集客は大変なの
です。


今回の写真ではありませんがこんな雰囲気です。

c2vem.jpg


月一回、費用は1000円だけ。
歌いたい人がこんなにいるのです。最も
90%以上が女性、男性は5%もいない。
女性の元気さは半端でないですね。


戸塚童謡の会は組織がしっかりしている。
時にはプロの演奏ステージを聴くことも
出来る。
会員との繋がりが大事、単なる歌の会とは
異なる企画力があるので愛されるのだろう。


歌の会では練習の縛りは一切ないので、歌と
か付き合い好きなら気軽に参加できるのが人
気の秘密かな。
月1回は知り合に会える。コミニケーシヨン
の場を提供しているわけ。


10月の例会、MCの古澤先生のブログに曲選
びの経緯が説明されています。
https://ameblo.jp/licht-f/entry-12320392152.html

バリトンの古澤利人先生、お名前、リヒトと
読むそうです。なんかドイツ語を連想します
ね。若くて長身でイケメンで言うことはなし。
会場はそれはそれは大盛り上がりでした。


そしてピアノが桜庭緑先生。もうお馴染み。
桜庭先生の毎回変わるファッションは
大人気。今回も素敵でした。長身なので
ステージでとても見栄えがするのです。


第一部、お2人の軽快なトークで順調に
スタート。
みんな声を揃えて一心に歌う。いいね!


第2部、2人のソロ演奏から始まる。
桜庭先生ピアノソロ  ひまわり(ソフィア
ローレン主演映画のテーマ曲)
古澤先生バリトンソロ  慕情


桜庭先生はいつものとうり優雅に演奏、
ブラボー!大拍手。お客さんにとても
愛されています。
フラ沢先生のバリトンは初めて聞くが素晴
らしかった。バリトンの響き大好きです。
公会堂のホールは、響きが少ない、プロと
いえども、マイク無しは厳しいが、ものとも
しなかった、やはりプロは違うね。


みんな、ソロが楽しみで来る人も多い。
桜庭先生は文京区で懐かしの歌を歌う会
を主宰しているが、フアンの人は掛け持ち
の会員も多い。
会の終了後11月コンサートのチケットを求
める列が長蛇の列を作っていた。

コンサート、お近くの人はぜひ。

「懐かしの歌をうたう会50回記念」
コンサート
日時、11月29日(水)
会場、文京シビック小ホール
時間、13,30(13時開場)
代金、3000円(全部自由席)
出演;テノール 横山慎吾 
    バリトン 古澤利人
    ピアノ  桜庭緑
お問合せ、080-1001-6248
「桜庭」

16時、いつものテーマソングを歌って散
会。テーマソングを紹介しよう。2曲の内
の一曲。「一人の手」
震災の復興ソングとして歌われていた曲
でもある。
会合の〆のソングにもいいですよ。
     ↓↓↓

★「一人の手」本田路津子さん訳詞の歌で
す。ピート、シーカー(米)が作曲しました。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソロレッスン課題曲選曲中、カンツォーネを歌う [音楽]

erez.jpg



こんにちは。


演奏会の準備にかまけているが来年の
ソロコンサートの曲を選ばなければならない。
31日のソロレッスンに提出する課題曲だ。


日本歌曲か、イタリヤ歌曲か、ドイツリート
か悩んでいた。
私はイタリアの曲を原語で歌ったことがな
い。


だから今回はカンツォーネを第一目標に
しようと調べている間に、イタリヤオペラ
の名曲を思い出した。


今年6月に聞いたミニオペラ「トスカ」の
アリア「星が光りぬ」である。
歌いたいがオペラだからと封印した曲
残念ながら、キーが合わない、
歌曲として歌うなら、キーを下げてもいいか
ら歌える方法を探ってみようかな。


来年は無理だがきっと原調で歌ってやるぞ。
最高音は「ハイA」である。
ハイバリトンの私には荷が重い、せいぜい
「高いG」まで。


このアリアは、明日処刑される身の
カヴァラドッシが恋人トスカを思って切々と
歌い上げるテノールの名曲である。
短いアリアであるが、悲しさは半端でない。


主人公は結局処刑されてしまう。トスカ
は騙されたことを知り身を投げる、
悲しくも切ない物語。実際にステージで
オペラを見ると涙がでてくる。


でも、でもですよ、悲劇でもなんでも
イタリヤのベルカント唱法のアリアを聞くと
朗々と歌い上げるので、そんなに悲しくない
のだ。


オペラでは仕方ないかもね、だって
ソロでオケに対抗しなければならないから。
これは、蝶々夫人のアリアも同じ。
だから後味がよいのだけれどね。


★「星は光りぬ」の動画です。オペラ自体は
もっと迫力です。





結局、レッスン曲の候補はカンツォーネの中から、
「彼女に告げて」
「私は心に感じる」
「わが胸よ」
「マリアマリ」
などなどから2曲、10月30日までに
決める。
古語のイタリア語とか方言とかはとても
対応できそうもない。1曲は日本語で歌う
つもり。


イタリア語はローマ字読みで良いから簡単
だというが全然違うね。
日本語より深い「ウ」など発音自体が違う。


残念だが、31日の先生のレッスンのとき
までに準備できそうもない。
でも言い訳だ、きっと厳しい指導が待って
いるだろうな。いまから不安だ。


演奏会の練習が最優先だけど、平行して自主
練習をすることにしよう。


★カンツォーネ「彼女に告げてよ」の動画
です。ナポリターナの中でも、最も情熱的
な名曲と言われます。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初めてのステージは音楽劇「ダグー侯爵夫人のサロン」 [音楽]

201307_chirashi_m.jpg



(公演のチラシ、2013,7,23)


こんにちは。


もう4年もたってしまった。


合唱団に入団したての2013年
7月某日。指導者の尾花先生と飲みに
行った席上だった。頼み事をされ、用件
も碌にきかず気軽にOKした。


これが、あとあと大変なことになるとは思い
もしなかった。翌日渋谷で合流して新宿へ。
現場につくと劇団YPAの稽古が行われていた。


いきなり、台本を渡されてセリフを言うよう
に指示され面食らう。
ええ、聞いてない!!
役どころは通行人の貴族役にすぎないが。
でも短いがセリフがある。


しかも公演は2日後、会場を聴いて驚いた、
何とサントリーホール(ローズルーム)
だと!?。私には憧れのホールだったから。


合唱団に入って2,3か月、合唱レビューも
してない新人だし。しかも合唱団の仲間が
大勢来るというからプレッシャーこの上ない。


公演名 「ダグー伯爵夫人のサロン」
劇団YPA主宰、国連クラシックライブ協会後援


舞台は1840年代のパリ。
新進上流作家ダグー侯爵夫人のサロン、当時
の芸術家達が集まっていた。
ダグー侯爵夫人と当時名声を得ていたピアニ
スト・リストの物語である。
ショパン、リスト、ジョルジュサンド、
パガニーニ、ビクトルユゴー、ロッシ
ーニ ドラクロアなどが登場する。


尾花先生はパガニーニ役、劇の案内役。
尾花先生はこの公演の芸術監督だった。
若手ピアニストと歌手、役者が出演する。
劇とピアノソロ,バイオリンソロ、歌曲の融
合した音楽劇。華やかなステージだ。

201307_photo.jpg


★当日の演奏写真集、さすが小さくてわかり
まんね。一番下の写真のピアノの陰かな???


まさかステージ上でアンチョコをチラ見する
わけにはいかない。とにかく暗記しかない。
たかが1行されど一行、覚えたはなからすぐ
忘れる、結局、不安のまま当日がきた。


出演者は中世の華やかな衣装だが、私は急
なことで黒のスーツだけ。演奏者用の腹巻を
借りてスタンバイ。これが結構様になってい
るのだね。


19時開演、
頭の中はセリフ、セリフ、セリフでパニック状態。
そしてついに出番が来た、尾花先生が目の前
に来る、何か喋れという。ア~ア、指定され
たセリフが出てこない。お客さんの視線が痛い。


切羽詰まって思い切る。
アドリブで大声でしゃべった。お客さんは
大笑い。あ~あ、よかったぁ!!
小ホールだから、客席との距離は限りなく近
く反応を肌で感じた。


最後はラクリモーサを全員で合唱した。
初めてのバスパートだったが何とかしのい
でカーテンコール。
沢山の拍手、何とも気分いいものだ。
終わりよければすべて良し、達成感は抜群
だった。
お蔭で、舞台度胸がつき、初めての演奏会
も緊張しないで済ませた。


もう二度と経験しないであろうステージ。
今となっては楽しい思い出である。


この公演で今まであまり関心がなかったピア
ニストの凄さを体験した。
その一人若手ピアニストと留学する直前飲み
に行った。素直なイケメンの好青年だった。
今は帰国して有望若手ピアニストとして活躍
している。


この4年間で知り合った、ピアニスト、ソリ
スト、演奏家は20人を超える。
音楽の世界の一端にのめりこんでいる。


合唱だけでは、ただ歌うだけだったかもしれ
ない。
尾花先生という器楽者がすべての起点にな
っている。何という幸運なんだろう。
良い経験になった。


2013年当時から4年たった今、所属合唱
団が2つに増え、まさかのソロレッスンまで
受けるようになった。歌のグループに3つも
参加し、生活は一気に歌中心になってゆく
のである。


★動画はサントリーホールでの当日演奏中の
一幕、指揮は尾花先生です。





注)マリー・ダグー(伯爵夫人)は作家・
ジャーナリストだった。フランツ・リスト
の愛人だった時期(4年間)があり2人の
間にコジマ・リスト(ワーグナーの妻)が
生まれている。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

みなとみらいホールでボランテア [音楽]


2017.9.60saiorg120(566x800)-28db3.jpg

こんにちは。


今日はみなとみらい大ホールで、
「0歳からのオルガン・コンサート」があった。
11時と14時の2回公演。


「出演者」
   浅尾直子(パイプオルガン)
   山田英津子(ソプラノ)
   ぱぱーパ山だ(打楽器)
   みなトラ(ホールキャラクター)


普通のコンサートは小さなお子様は、お断り
だが、、このコンサートだけはは小さなお客
様が主役。


お子さまにもパイプオルガンの音を聴いても
らいたいという想いから生まれたコンサート
だそうだ。
このパイプオルガンの愛称は”ルーシー”
(光を意味する)


お客様は0歳児から、勿論お母さんが付き
添い。第二部のパンフレット配りのお手伝
い。随分と沢山のお客さんが見えた。こうい
うコンサートは少ないからね。


さてさて、小さいお子さんだから泣いたり、
騒いだり、とにかく演奏しにくいと思いがち。
それが違うんです。


もちろんそうこともあるが、本当に楽しそう
に山田お姉さんの動きに合わせ客席でスイ
ングいや踊っている。集中している。
山田英津子さんが扮する歌のお姉さんと
みなトラ君は人気者なんだからね。


きっと目はキラキラ輝いていると思う。
0歳児では音楽はさすがにわからないと思う
が、小さいころから音楽を聴いていれば、将
来は音楽を愛する人も増えるかな。


3歳くらいになると、もうりっぱなお姉ちゃん。
入り口をとうり抜ける時のお澄ましの顔がと
ても可愛い。


子供たちとお母さん(お父さん)に混じって、
お年寄りのカップルの姿もちらほら、いい
ですね~。


何と、知り合いのピアニストの先生もお嬢さ
んと来場。そうか、今日はオルガン演奏だか
らね。めったに聞けないから。


昼どき合唱団は以前みなとみらいホール専
属合唱団だった関係で、人手の必要な時は
ボランティアでお手伝いしている。
開演となり3階尾の席で拝見させてもらえる
ことに。3階から見るとテージは遠いなあ。


山田英津子さんあのきりっとしたいつものソ
プラノ歌手の面影はどこへやら、今日はすっ
かり歌のお姉さんになり切っている。もちろ
んオペラも歌うからには演技は必要条件だ
からね。でもさすがプロ。


そんな先生から指導を受けているのに、我
が合唱団は表情が乏しい、しかめ面で歌っ
ているそうだ。
顔面神経をうまく動かす方法でもあれば教
えてほしい。


山田英津子さんはもう何年も前からなとみら
いホールの歌のお姉さんをやっている。
本来はソプラノ歌手、その高音部の透明な声
は、聴いた人を虜にする。
でも今日は歌のお姉さんと進行役。
「みなとら君」との掛け合いも息があっている。
小さいお子さんたち本当に楽しそうだね。


今日はオルガンコンサート。
オルガン奏者は浅尾直子さん、今日の主役だ。
「みなとみらいホール・オルガニスト・インター
ンシップ・プログラム」4期生、その活躍は幅
広い。


みなとみらいホールの大オルガンは62種類
の音色4600本以上のパイプから出る音は
迫力がある。


今日は短い時間だが、堪能した。
”ルーシー”写真を載せました。下部に小さく
見えるのが演奏席。


おっと、打楽器「ぱぱーだ山だ」さんのパーカッ
ションも素晴らしい、尊敬する。
リズム感の乏しい私にとっては憧れの存在だ。
2種類のミュージックベルを使いこなす、凄い!
「ミュージカル落語」をサポートしているそうだ
一度聞いてみたいなぁ。


みなとみらいホールのキヤラクター、みなとら君
は小さいお客さんにとって、今日はスターだね。
でもトラだからね、横浜ベイスターズよりタイガー
スフアンが喜びそう?!


photo-pipe03.jpg
(みなとみらい大ホールのオルガン ”ルーシー” )


バギーの整理があるのでお客さんが帰るま
では帰れない。ゆっくりする間もなく、1階ロ
ビーに移動。


終演、さあ最後の一仕事だ、
退場するお客さんのバギーの移動のお手伝
い。小さいお客さん、が手を振ってくれてい
る、バイバイ、気を付けてね!


音楽に関心を持ってくれることを祈りつつホ
ールを後にした。


さあ、8日、9日は練習だ。今週はまだまだ忙
しい。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

魂のピアノ曲「憾(うらみ)」・滝廉太郎 [音楽]





こんにちは。


滝廉太郎といえば、花・荒城の月
などをはじめとする歌曲だが、ピ
アノ曲も作曲していることも、ご
存知だろうか。


ここに掲載したピアノ曲は最晩年
(1903年)の曲。
曲名は 「憾(うらみ)」
何とも凄絶な曲名だが・・・


だれかの曲に似ている。
そう、ショパンの「ポロネーズ作品
26の2」 に似ているのだ。
ショパンのいくつかのエチュードの
和声進行や響きも似ているといわれ
る。


ネットでは、ショパンのパクリでない
かという見方もあるが、後世の人間が
安易に決めつけるのはどうか。
似ているが、同じではないからだ。


「当時のことは本人しか知る由もなし」
ドイツに留学していたのだから ショパ
ンに傾倒してたのかもしれないし、影
響もけたことだろう。


滝廉太郎は生涯に2曲のピアノ曲を作
曲している。
「メヌエット」とこの「憾」。


留学中に結核病にかかり、一年で帰国、
23歳の若さでこの世を去った。
夭折しても、歌曲では名曲を残した。
本当の天才だ。


荒城の月・花など歌曲はよく知られて
いるが、ピアノ曲を書いていたことは
あまり知られていない。


少なくとも、ピアノ曲に関しては習作
のを出なかったようだ。
でも、歌曲以外も勉強しようとした意
欲は見えると思う。


歌曲も、器楽曲もこれからという時の不
治の病さぞ無念だったに違いない。
タラレバは禁物だが、もう少し長く生き
ていたら、器楽でも名曲を世に残してい
たに違いないと思うと残念だ。


器楽で名声を残せれば日本を超えた世界
の作曲家になっていたかも・・・
運命には逆らえない。


しかし、ネットは詮索好きが多いね。
今となっては、誰もわかる人はいないし
あまり意味がないのにね。


この曲の自筆譜の余白に
「Doctor!Doctor!」と走り書きがあっ
たそうだ。
死を控えた無念さを感じる。


「憾」という曲名も心残りや未練、無念と
いった気持ちを現したとものと思う。
動画を載せました、滝廉太郎の心情をおも
んばかって聴いてください。





★この記事は以前、so-netブログ(歌の
 つばさ)に掲載した記事を再編集したも
 のです)


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

本番終了と反省(GroupEKO 「Summer Consert 2017」 [音楽]

656136.jpg

こんにちは。

山田先生の主宰する、ソロコンサート
Group  EKO、
「Summer Conncert 2017」
が昨日開催された。

プライベートコンサートなので、満席と
は行かなかったが、それでも半分は
埋まっていた。
客席は240席ほど、だから照明を暗
くしても客さんが見えてしまうのです。

プレッシャーがないかというと、それが
多いにある。休憩の合間は、ロビーで
お客さんと交流する。
すぐ、先ほど歌った曲の評価が返って
くる、上手くいってたら、楽しみだけれ
ど、ミスったら針のむしろ。

厳しい評価をする人もある。それが的
確だから怖い、怖い。
毎年同じことを言われたらさすがにま
ずい。良くなったと言われたい。

今年もなるほどと唸るほどの評価をい
われた。それが今私自身の課題と全く
同じ。声がこもる、自由にならない舌
的確、ドンピシャ。
もう先生になってよ・・・。

でも今年初めて出来た課題もある。
それは、音を吸収してしまう、この会
場。それに負けずに声を通すこと。
昨年までは、細い届かない声で歌っ
ていたと思う。

マイク時代の現代ではおそらくプロで
も例外でない課題、意識して歌った。
かなり効果あったかな。

それに対するお客さんの評価
「堂々と歌っていた(実は間違えたり
して…汗)」、
ピアノの丹沢先生
「リハーサルと全く違っていて驚いた
(ごめんなさい、飛び出してしまいま
した)」

自分はその気がないのに、
「風のように飄々して歌っていた」
む~??
これ何んでしょうね、教えて。

これ、みんな言ってくれるんです、
家庭的で好きだなあ。

女声合唱団、クワイアMの「ひばり」
で幕を開けた、このコンサート、
お待ちかねの山田先生のソプラノソ
ロ、で盛り上がり、
最後は再びクワイアMの演奏の後
「Beautfulu dreamer」を
全員斉唱してお別れ、
実は一作年、本番で歌った曲、
懐かしい!

ロビーに出てお見送りして終了。

そして、打ち上げでは、女性上位の
グループの一言一言、いちいちごも
っとも、なにせソロでは先輩の皆さ
ん。こういう会も一年に一度はいい
なあという感じ。

先生からは個別評価は別の時にと
しっかり釘を刺されてしまった、10
月31日のレッスンが怖いね~

緊張のの中でも、ほんのりとした一
日でした。
暑い中、聴きに来てくれたお客さま
そして今日一日スタッフを務めて頂
いた先生のお母さま、
そして大活躍の長尾先生汗びっし
ょり!?、ありがとうございました。

ピアニストの丹沢先生、20数名の
個性的?な歌い手のお相手、孤軍
奮闘!
本当に本当にお礼申し上げます。

疲れたぁ、帰宅したらもうばったり
目が覚めたら朝だった。
ミスもあったけれど、楽しさ満載,
実りのある本番だった。

さてさて、来年はどんな曲を歌おう
かな。そして、聴かせることのでき
るソロ歌手になるよう頑張りたいも
のだ。

現実は、今日洋混の練習、明日は
昼カラで気力をため、あさっては
昼どきの練習、忙しい日常に戻り
ます。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「EKOコンサート・2017」心静かに [音楽]

656136.jpg

こんにちは。


ソロコンサートが間近に迫ってきた。
今週の25日金曜日。14時から。


当日は合唱団の定期練習は休み。
仲間たちがとにかく大勢聴きにくる。
指揮者の尾花先生までからも、期待し
ているといわれる。
期待しているといわれると期待を裏切
ったらという不安がかすめる。力む。


中には声楽レッスンを受けている人も
いてもはや殆ど専門家に近い人たち
だ。毎年批評を受けている人も来る。


私の1曲目「アルディラ」は2番目の出
番。ま、前回も前の方だったので、とく
に緊張はしないと思うが怪しいね。


実は日曜日焦る気持ちがあり、自宅練
習していたら、高音Gが悲鳴になり、E
以上が出なくなる始末、さすがに喉を
休めることにした。


今日22日は先生にお願いして、最終
レッスンをしてもらうことになった。
直前なので、逆効果になる恐れもある
が、8月9日のリハーサルがどうにも納
得いかなかったのだ。


23日は昼どきの練習,
24日はボランテァと予定が入っていて
歌いこむ時間がない。


レッスンでは、いろいろ指摘もされた。
が先生、いいところを褒めてくださる。
指摘されたところを何がなんでも仕上
げようという気になって、前向きな気
持ちで帰ってきた。


不安はあるが、今日のレッスンで随分
と前向きになれた。
先生ありがとうございました。


嬉しいこともあった、今日の発声練習
でどうやら1度上が出たようだ。どうや
っても悲鳴だったり、裏返っていたの
が楽に上がれた。


どうやら声帯を引っ張るという感覚を
掴みみかけている気がする?、イメー
ジが意識に変わってきたのかな。


しかも苦手なスタッカートの高音部が
上がれた?!最高にうれしい。
普段はもスタミナ切れで上がれない
で苦労するのに、なんなくできたのだ。
やったぞ?!


まだまだ、舌とか口の開け方など課題
は多いが、進歩が目に見えるとやる気
になる。
スタッカートで高音が切れれば、高い
音程が出せるはずだもの。


目標の「実声A」も見えてきた?なん~
て(笑)
でも歌になると上手くゆかないのが、
もどかしいのです(泣)


次回レッスンは9月お休み、10月に
なる。来年の課題曲を考えよう。
高音域の追及もいいが、中音域で良い
曲を探してみようかな。


さて今回のコンサートの問題は暗譜。
合唱の暗譜と全然違うわけだから。
ソロだから忘れたら、誰かがカバー
してくれることはないからね。


私はソリストでないから、歌っていて
忘れるのが怖いのです。
今更だが結局歌いこんでいないという
ことだと思う。


十分練習したと思ったのに、本番直前
になるとリズムが崩れる。
次の小節の言葉が出てこない、忘れる、
または覚えているのと違う言葉が、口
に出てしまう。


いっそ楽譜を傍らにおいて、歌うか。
プライベートな発表会だから別に無理
する必要はないと思うのだが。
でもね譜面にしがみつくのは厳禁ね。


本番当日は事前に集まって自主的
な声出し、リハと進んで12時に全員
合唱の「夢路より」の練習。


開演14時、前半は2番手だから、楽
屋裏で待機、後半は第2ステージで
26番手かな。はて、空白時間はどう
する?楽屋で他の人の演奏を聴くし
かないね。


先生は楽屋裏に座って、全員の歌唱
を聴いている。いや見守っている。
先生の方がよほど心配しているかも
知れない。


今回は会場に負けないよう歌いたい。
まだまだボリューム不足の声をいかに
響かせるかに専念する!!
「前向きに」そして「心静かに」だね


当日は打ち上げがある、
やっぱり美味しい酒が飲みたいなぁ
よし頑張るぞ!!


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ







 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソロコンサート・リハーサル(気分はブルー) [音楽]




こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


9日EKOコンサートと同じ会場の横
浜美術館レクチャーホールでピアニス
トも参加してのリハーサルがあった。
収容240名の小ホールだ。


暗譜を視野に入れて、歌詞カードだけ
ファイルに入れていった。
これが失敗だった。
かなり歌いこんだと思いきや落とし穴
が待っていた。


簡単なはずのアルディラのテンポが合
わない。
練習開始から、上手くゆかない曲だっ
たが、もう鬼門だね。


一番大事な終わりが、遅れた。ピアノ
に合わせられないのだ。
ピアノは8分音符を正確に奏でている
ので聴こうとしても混乱してしまう。
ステージでは、簡単なことが頭が回ら
なくなってしまうこともある。


先生によるとブレスが遅すぎるそうだ。
リハには必ず楽譜を持ってくるよう注
意されてしまった。


先生の伴奏でもいつも上手くゆかなか
った箇所も案の定失敗した。
もうトラウマになりそう。
あ~あ情けない。
この2週間でしっかり修正しなければ。


25日まで時間はあるが、ピアノ合
わせは当日のリハのみ。
全く何年歌をやっているのだ、自分
が嫌になる。


どうも私はリズム感が悪いとおもう。
身に沁みついている悪癖なので始末
が悪い。


もう少しメリハリ、強弱をはっきりさ
せて歌いたかったがステージにたつと、
声を出そうと気張って余裕がなくなっ
てしまった。


でも本番はもっと制約があるかもしれ
ない。なにせお客さんと対面になるか
らね。


本番では何と2番目の出番。「アルデ
ィラ」を歌うことに決まった。
「秋のおみなよ」は第2ステージ。
出番が早いと緊張する。


当日はアルディラの最高音Fは大丈夫
かな。調子よければ大丈夫なんだが今
日はアップアップだった。


通常バージョンのラストの音はDだが
3度上のFに編曲した。「F」を7拍
続ける。もちろん音程は保ちノンブレ
スだからきつい。


もう1曲「秋のおみなよ」の最高音は
G、綺麗に情感的に歌いたいものだ。
だって本名曲なんだから。


自宅練習ではユーチューブで練習して
いるとピアニストのTさんに言ったら、
え~と驚いていた。そうだよね、ピア
ニストの皆さんには考えられないよね。


だって、手元のおもちゃみたいな電子
機器では音取りがせいぜい。伴奏なん
てできない。
ピアノの弾ける人が本当に羨ましいと
思う。


本番当日気になるのは、発声練習がま
まならないこと。
10時15分から最終リハーサル。
合唱に慣れると、発声練習をしないと
上手く声が出せないなんてことも。


昨年はホールの横で発声練習をしたっ
け。今年も仲間としようと話しあって
る。人目があるが気にしてはいられな
い。


アルディラはカンツォーネ明るく歌い
たいもの。
下の動画が私の伴奏替わり。
今練習している曲に一番近いバージョ
ン。


決して難しいと思えないのに・・・
なぜなんだろ。でもできる限り頑張り
たい。
今や、合唱だけではないのだから。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

EKOコンサート、自信が・・・ [音楽]

153250cd83b6d395d5d0080670a5a540.jpg


こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


あと1か月、とうとう来てしまった。


8月25日のソロコンサートのパンフレット
も出来上がり、8月9日のピアニストとの
音合わせリハーサルの順番も決まった、


7月26日、山田先生のお宅で最終レッ
スンがあった。
レッスンはいつもと変わらず、やはり課題
が..。同問題点を指摘される。
それに今回は表現について指導を受けた。
コンサート対策だ。


まあ、コンサートは経過点だから。
今の内に直されるほうが良いのは当然だ。
でもね、やはり少し気が滅入る。なんたっ
て、後1か月だから。


しかも、聴衆は、合唱団仲間、音楽関係の知
人たちだ。要は専門家の端くれ!毎年聴いて
くれて批評してくれる、手強い相手。励みと
プレッシャー。殺されるわけではないけれどね。


さて、最初は「アルディラ」を歌うことにした。
カンツォーネにしては珍しく、声を張り高ら
かに歌う曲ではない。
ドラマチックな声の張り上げによる派手さは
ないだけに表現が難しいのなんの。


私が大学2年の時の「サンレモ音楽祭」の優
勝曲で、当時大ヒットした曲だが、当時はシ
ャンソンに嵌っていて、カンツォーネはスル
ーしていたので、あまり記憶がない。


歌詞の意味はヒロインの名前などではなく
「世界の果てまで君を愛している」という意
味だという。
でも映画ではヒロインは最後は失恋するこ
とになる悲恋物語なのだが・・・
映画はイタリア、アルプスの美しい風景が
たっぷり詰まった素晴らしい映画だったそ
うだ。一度見てみたいものだ。


イタリアの歌ってすぐわかる、悲しい曲でも
明るさがある。それを日本語で歌うのだが、
どうしても日本の歌みたいになってしまう。
イタリアを長調とすれば日本は短調かな。


アルディラを日本歌詞で歌ってみるとわかる
が、低めで後半部以外起伏がすくない。
語る必要があるのだが、日本詩が高尚すぎ
るのかも。情熱的というよりも美しい詩とい
う感じかな。


どの歌の日本語の訳詞は言葉は美しいが多分
にが抑制的だ。
例外はシャンソンだった、だから嵌った。
当時の日本の恋愛文化自体がオープンでな
かったからかな。


イタリアンやシャンソン原語では情熱的だものね。
ドイツリートは抑制的か?
アルデラはカンツォーネの雰囲気は持ってい
るがとても優しい調べの曲、意外に歌うのが
難しい。歌い方に工夫を要す。


後半は難しい大中恩の「秋のおみなよ」にした。
最初で失敗したら「立ち直れないもの・・・

メロディはソプラノ向き、何といっても詩が
幻想的テノール向きでないような気がして
きた。でも不思議な魅力があるので、
魅かれたのだ。


これ,自由奔放に歌えればと思う。
それにはピアニストを味方につけることが
絶対条件だよね。


今までのコンサートはピアニストのテンポ
に合わせて歌ってきた、でも今回は自分
で決めなければならない箇所が多い。


失敗なく歌うのは当然だが、今回はピアニ
ストとの連携に特に気を遣うことが成功のカ
ギとなる。いわば、私も楽器でピアノと合奏
する感覚でいったらいいのかな。
伴奏ピアニストとはもう3年のお付き合い、
理解力が早い人だから信用している。


でも上手く歌うためには、それでは不足だ。
いつもと同じでは平凡な歌になってしまう。
それこそ音楽的表現はどうすれば良いの
か教えてくれる曲と思う。
この曲を克服すれば、先が開けるかなと思う。



一年前選曲した時、先生は難しい曲ですね
といわれた。
レッスンで自分の実力以上の曲だということ
をい知らされているところ。
あ~あ選曲を間違えたかな~。
今回のチャレンジは蛮勇かも知れない。


でも責任は自分、上手くもまずくも自己
責任。頑張ってみよう。失敗しても得る
ことは必ずあるはずだ。
本番まで悶々としそうだが、この1か月
今年の後半戦の最初のヤマ、
最後の頑張りで乗り越えたいものだ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「東洋の奇跡」と呼ばれた、悲運のピアニスト [音楽]





こんにちは。


18歳の時上京した。
ただ芸術などに接する機会には程遠く、
演奏を聴く機会はラジオのみだった。
そのラジオで聴いたのが田中希代子さ
んのピアノだった。大変癒された。


大学受験に失敗してから原宿(当時は
大いなる田舎だった)のしもた屋に下
宿して、代々木の予備校に通っていた
時代で楽しみはラジオだけ。
当然ながら勉強漬け、ピアノは勉強の
妨げにならない。


首尾よく大学生となったが、当時は学
園闘争の真っただ中、男が音楽をやる
ことが軟弱だと思われた時代だった。


それでも歌をやることになったのは、
ピアノに魅せられたかも知れない。
ただ自分で引くのは無理で歌になった
わけ。学生時代はギターを弾いていた。


ところで、田中希代子さん知っていま
すか。活躍期間が短く、今ではあまり
話題にならないピアニストですよね。



でも、当時の日本が誇る天才ピアニス
トだったんです。
1950年パリ国立高等音楽院に留学
したが結核にかかり療養しながらなん
と2年間で卒業試験に首席で合格とい
う才媛ぶり。


ジュネーブ国際コンクールで日本人初
の最高位賞受賞(1位無し2位2人の
内の一人)。国際ピアノコンクールで
の日本人初の入賞という快挙を遂げた。


ショパンコンクールで日本人として初
の10位入賞(この年は大混戦で2位
以下10位まで差のないレベルだった
そうだ)を果たして凱旋帰国した。


国内より海外で活躍し、明るい未来が
待っていたが膠原病という難病にかか
りわずか12年で引退した。
以後は教育者として生きることでピア
ノ界に貢献した世界的ピアニスト。


今でも海外では「東洋の奇跡」と呼ば
れるそうだ。
日本は主戦場でなく、活躍期間も12
年と短いためあまり話題にならないの
かも。


でも戦後史を飾る世界的天才ピアニスト
であることは間違いない。
音楽史にうずもれた存在なのが残念で
ならない。


晩年の演奏は膠原病の痛みでままなら
なかったという事情もあるだろうが。
それよりも、海外で受け入れられ、日
本ではさほど有名にならなかったのは
演奏スタイルの問題かもしれない。
私はピアノの専門家ではないのでわか
らないが・・・


演奏活動は積極的にこなしたが録音が
少なかったという事情もある。CD2
枚半分といわれる、少ない。
その大部分が演奏会や放送用音源だそ
うだ。


音源を聴いた限りでは中村紘子さんの
個性的な演奏スタイルにくらべ一見地
味だが、表現力においては数段優って
いるように思えるのだが。
素晴らしいピアニストなのは間違いな
い。


最近見直されてきて、復刻版が出てき
ているのはとても喜ばしいことだ。
当時の演奏をユーチューブで聴くこと
出来る。


動画でもわかるとうり、本当に柔らか
なタッチで大好きだ。
残念ながら、当時の録音技術では生の
演奏の再現は難しいが・・・


この天才ピアニストが忘れ去られるの
なくのちの世にも語り継がれることを
望みたい。



★演奏動画
  サン=サーンス. ピアノ協奏曲 
  第5番 エジプト風 第1楽章


 



★関連記事
  記事はかなり長くなります、
  ご興味のある方のみどうぞご覧を。


www.yo.rim.or.jp



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽