So-net無料ブログ作成
検索選択

4月初日、桜満開未だ。寒くて忙しい一日 [音楽]

 sak_008.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

真冬のような寒さの雨模様の一日だった。
桜の名所の大岡川の桜、桜まつりが始まっている
のに一分咲き?
開花が遅れているのだ。


14時から、山田先生宅にお邪魔してソロレッスン
夕方からは洋混の定期練習だった。



ソロの練習は、発声練習30分。
歌唱練習30分、合計1時間。

発声練習では口内の動き、特に舌の動きを
先生がピアノを弾きながら
厳しくチェックする。


毎回、同じ指摘が出る。さすが落ち込むし情けない。
舌の動き、口内の狭さ、声を遠くへ運ぶ発声、
声帯を引っ張り上げる動き、いずれも改善に時間が
かかっている。


歌唱指導の時間は8月の発表会で歌う曲2曲の練習。
「アルディラ(日本語)」

「秋の女よ」(日本歌曲、大中恩曲)
秋のおみな」はもともとは合唱の名曲。
それを、歌曲に編曲したもの。
情感のこもったとてもいい歌だ.


でも歌うのは難しい、今は痛感している。
ソプラノ向きではあるが、
メロディが気に入り歌いたいと思った。
べつにテノールが歌ってもおかしくないと思う。
仲間内の評判はあまり良くないけれどね。


3拍子と4拍子が交互に出てきて、
高音が続く、疲れる。
気がつかないうちに喉声になっているようだ。
もっと余裕をもって歌いたい。


まだ3回目だが、先生の前では、
リズムも音取りも発音もまるでダメになる。
きっと、自信がないからだ。
家でピアノを弾きながら練習できる環境にないからね。



でも自分で選んだからには8月のコンサートまでには
何としても仕上げたい。
表現力を云々する段階ではないが、
次回レッスンは5月
ミスを直し、進歩を見せられればいいなと思う。

たった2曲、30分の練習だが、
声をセーブする余裕なんてない。声の疲れを感じる。

17時過ぎ、仲間と帰路へ、
いや私はこれから洋混の練習がある。


ブルブル、外は寒いね、
というか冷たい。
途中のカフェで体を温め、喉を労わり18時半練習会場へ。
声の疲れは少し回復した。


今日は5月のアンデイムジークコンサートで演奏する、
シューベルトミサ曲(第2番、ト長調)に特化して練習する。
キリエ、グローリア、クレド、までだった。


先生から譜を見ないで歌うことを要求される。
メリハリをつけて歌う練習、
楽譜にしがみついていてはダメで、
先生の手元と一体化することが必要だ。

ハーモニー、メリハリ、そしてアクセント。
ラテン語の発音の再確認。



とにかく、メンバーは40名を切る。
音楽堂は1000規模の大ホール。
「響き」だけでは印象付けることは難しい。
やはり、メリハリがハーモニーだね。

パートのバランスは女声7:男声3の比率は
これは今更変えられない。この体制で
バランスの取れたハーモニーをいかに作りだす
かがポイントになる。


5月21日に最高の仕上がりになるよう
持っていく。
残った1か月半の練習時間を効率的に
使っていこう。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大中恩「秋の女よ(あきのおみなよ)」ソロ・レッスン [音楽]




ha_082_s.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


3月2日は月1回のソロレッスン日だった。
山田先生のお宅にお邪魔した。


前半は発声練習から。
いつもの口の中の狭さと舌の動きを指摘される。
問題点はわかっているのだが、
改善に時間がかかっている。


母音唱、スタカート唱、レガート唱、
30分ばかり。
スタッカートがやばい。高音で早々と声が裏返る。
その度にレガートから、そのフィーリングで
スタッカート唱に移行。


それでも、音域は確実に上がっているのだが。
今年は実声でAを出したい。


テノールなのに、低音域の方が良いと言われている。
テノールというよりもハイバリトンの音域らしい。
でも、私はやはり最初の目的、
第九でAが出せるまではテノールは続けたい。
発声練習ではなく実戦で安定的に出せるまで。


まだ目標の段階だからなあ。
月一回のレッスンだから
8月のコンサートまでアッという間と思う。


Gでも連続して出てくるともう危ない。
今日の練習曲はその小節がある、不安が募る。


いよいよ、課題曲の練習開始。
「秋の女よ」
大中恩氏作曲、佐藤春夫作詞。


美しい曲。
だが歌う側にとってはトラップ満載。
4分の3と4分4が交互に出てくるし。
それにリタルランドでの音楽的表現が重要。
自分でカウントすることを忘れると
ピアノと合わないなどなど。


アンダンテからでて、モデラート、アンダンテ
さらにリタルランドでテンポがクルクル変わる。
とにかくピアノとの相性が良くないと話にならない。


最高音はGだが演続で出てくる小節がある。
前回は歌えていたのに、今日は裏返る。
不安が的中、途中からEから上の声が出なくなり、
思わず弱弱しいハルセットで歌ってしまう。
これ本番で出たらアウト、ギブアップ。
きっと喉声になってしまっていたのだろうか。


私のハルセットは高音部で強いトーンが出ない。
どうも、カラオケの悪弊のようだ。悪い癖が出た。
ア~ア。


ポップスのように実声とハルセットが
混じりあうミックスヴォイスが出したいものと思っていた。
でも、ネットで出てくる指南動画は悪声に近い高音ばかり。
しかも喉声が多く参考にならない。
どうもマイクあっての歌唱テクニックだな。


実声を強化するしかないと思う。
リズム感も最悪。今日は悪いところばかり。
おおいに反省した一日だった。


音取は難しくないのに、
先生のピアノと合わせるとボロボロ、
先生も初見同然なのに堂々の演奏でさすがだ。


ア~ア(ため息)情けない。(^_^;)
なにせまだ2回目だからね。
練習でのミスは次で取り返す。


先生はこういうときは冷静で冷徹。
絶対に妥協しない人。
ミスは見逃さないし、
直さない限り前に進まないし
1:1だから逃げることは不可能だ。


最も、見逃して貰っても次回の課題が増えるだけ。
降り始めた雨に少しブルーになりながら、
先生のお宅を後にした。


秋の女よの演奏動画をのせた。合唱ばかりで、
独唱はすくない。元は合唱の名曲であったのだが、
歌曲は近年発表されたもの。
ピアノ伴奏が好きだ。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1月31日、ソロレッスン「秋の女よ」 [音楽]

hqdefault.jpg

こんにちは。

歌のつばさのnaoka19です。

山田先生のお宅にお邪魔して月1回のレッスンを受けた。

レッスンの半分は発声練習。

母音唱、スタッカート、レガート唱・・・

いつも同じ注意を受ける、情けないな~。

私の場合は、舌の奥が盛り上がる、顎が動く。

マイク向きの発声と言われる。

カラオケに行きすぎをさりげなく注意された!?)

マイクなしで遠くに届けるのは

口内を後3センチ開ける感覚が必要なのだが。

自分でもいろいろ努力しているが、

一向に指摘は減らない。

一番厄介なのは舌の位置、

直すには時間がかかると言われる。

歌に興味ない人が見たら、アホかと言われそう。

それでも、懲りずに頑張る。

それから、いよいよ歌唱指導の時間。

今回は、私にとり新曲、

大中恩の「秋の女よ」を練習する。

ピアノ伴奏がとて綺麗なのが好きで選んだが、

わ~、この歌超難しい。

4分3と4分4が交互に出てくる。

アンダンテ、モデラート、リタルランドの演続。

テンポの変化が激しい。

歌いだしが肝心、歌い手がしっかりしなければ。

合唱曲としては、有名だが、

独唱曲としては2014年に発表された曲。

どちらかというと、ソプラノの山田先生向き。

最高音はGだが、連続する部分がきれいに歌えない。

しかも、テンポが目まぐるしく変化するので、

表現力が問われる。苦労しそうな予感。

レッスンはあと7回。

しかも、合唱ステージは2,4,5,6月とほぼ毎月。

いずれもおろそかにできない。

でも、自ら選んだ道、頑張らなきゃ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マーラが与えた人生と100万本のバラ、共通のテーマは愛 [音楽]

 120436198_66694afe1a.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。  

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。 

2017年初ブログ、音楽散歩と行きましょう。

突然ですが「ラトビア共和国の国民的な歌」ご存知ですか。
こう聞かれたら答えるられる人は多くないでしょう。
でもこの歌、たぶんほとんどの人が知っています。


この歌の名は「マーラに与えた人生」。
まだわかりませんよね。

それでは、「100万本のバラ」は知っていますね。
この歌は100万本のバラの原曲なんです。

「百万本のバラ」は、ロシアの歌謡曲です。
日本では1987年に加藤登紀子さんが歌い大ヒットしました。
今でも歌のサークルで良く歌われる曲です。

女優に恋をした画家、家も財産も売り払いバラの花を買いました。
 女優の泊まる宿の窓の下に敷き詰め、 名乗り出ることもなくその姿
を遠くから眺めているだけ。
女優は金持ちの遊びと思い、気にもかけず立ち去っていきました」

「百万本の赤いバラ」は、
放浪の画家がモデルだそうです。

ヴォズネンスキーがラトビアの歌にロマンチックな詩をつけ、
ロシアの大スター、アーラ・プガチョワが歌って
ロシアで大ヒットしました。

その原曲となった曲は
ラトビアの作詞家レオン・ブリディスが作詞し、
作曲はラトビア出身の作曲家ライモンド・パウルス。
「マーラが与えた人生」として発表されました。

「マーラが与えた人生」は、旧ソ連の弾圧下の
ラトビア共和国で誕生した国民的なヒ­ット曲なのです。
1981年に、ラトビア語でアイヤ・ククレが歌って世に出ます。 

私は、この歌詞が大好きです。
(小田陽子さんが日本語で歌っている動画です)

https://www.youtube.com/watch?v=Isn2Trf5JNI 


内容はラトビアの当時の状況そのもの、
メロディと詩が見事にマッチングした歌です。


母マーラが娘ラトビアに歌って聴かせているかのように、
悲しみと慈愛が伝わってきます。
優しい語り口から伝わる深い”悲しみ”
とくに曲の最後のフレーズが印象的です・・・

たった一つ忘れた、幸せをあげるのを忘れた

マーラはラトビア地方の聖母だそうです。
聖母マーラはラトビアという娘を産んだが
幸せは与えられなかったということでしょうか。

どうにもならない現実を踏まえた愛・・・
メロディーも素晴らしいが、
歌詞の持つ力が強いのです。

この歌が出来たときのラトビア共和国は
スウェーデンに、ポーランドに、ロシアに翻弄、蹂躙
されていた先の見えない時代でした。

「これはお前の運命(さだめ)なんだよ」とマーラを
通して諦めにも似たラトビアの悲しみが込められて
いる気がします。

今はラトビアは独立して、EUの一員です。
政治の世界は別として、
両方とも心に響く良い歌だと思います。

「百万本のバラ」のロマンチックで物悲しく、
報われない恋も、
「マーラが与えた人生」の、悲しみの中での
娘への慈しみも、

どちらも愛を感じ、共感してしまいます。

歌のルーツを探るのも楽しいものですね。

(以前ブログに掲載した記事を再編集しました。
既にご覧頂いた方、ごめんなさい)


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さらば2016年、今年最後のソロレッスン [音楽]

 piano-1679847__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は月一のソロレッスン日だった。
3週間前に引いたカゼと、14日のドイツレクィエム
を歌った影響で喉はあまり調子は???

発声練習、毎回指摘される舌の動きを今回も指摘された。
レッスンを開始して、もう2年近くになるがいまだ舌
の奥が盛り上がるクセが改善できない。何とかした
いものだ。

だから、高音域になると声が裏返る、怖くて思いきり
出せないのだ。裏声で逃げてるわけ。
合唱ではテノールは内声が中心だからピアノ、ピアノ
シモならきれいな裏声で対応できるがソロだとマイク
無しで歌うので歌う曲が限られてしまう。

例えば、ブラームスのドイツレクイエムの最高音はB♭。
ベートーベンの第九のラストはAの連続しかもフォルテ
フォルシモで歌わなければならない。

喉声では一瞬は出せてもアッというまに潰れてしまうし
裏声では貧弱な声しか出ない。

先生によると私の音域はテノールでなくハイバリトンらしい。
オクターブ下のCまで出る。バスへの応援も可能のようだ。


今の最高音はGかな、レッスンを始めてから確実に
一音か一音半は上がった。
だが発声練習ではAが出せても、歌での実声はGまで
が限界。Aは苦しいね。

テノールを名乗る以上、Aはいつでも出せなければ
いけないと言われる。実声で最高音AかB♭は出した
いもの。残念だが1音半ほど足りない。


もう少し、舌を何とか改善したいのだが、本当に
もどかしい。8月のEKOコンサートまでには何
とかしたいものだ。

今は、現状の音域の範囲で選曲しているので音域が
拡大すれば選曲の範囲が楽になるんだがなあ~。
まあ、2017年の課題としよう。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年総括 [音楽]

 clarinet-1708715__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

14日に後輩のコールメロディオン記念演奏会で歌った
余韻の残る中、私の今年の音楽活動はまだまだ続く。

16日 昼どき合唱団年内最後の練習(I wil sing with the sprit)
17日 洋光台混声合唱団練習(カッチーニのアベマリア,5月発表会)
19日 山田先生ソロレッスン(アルディラ、8月発表会)

22日 ベルフラワーとの合同練習(混声合唱、2月2日発表会)
24日 洋光台混声合唱団最後の練習(石若雅弥作曲、ありがとう、     
    5月発表会)

ま、このように書けば大変と思うかもしれない。
すべてもう流れの中に組み込まれているのでそんなに
大変なことではない。

やはり、記念演奏会のドイツレクィエムが一番大変だった。
峠は越えた、まあ来年のことをいうと鬼が笑うので
今年の総括をしておきたい。

今年は、

6月の「山田英津子&エレガントノーツとのジョイントコンサート
11月の「昼どき合唱団の定期演奏会」、
最後の12月に「コールメロディオン第55回記念演奏会」があリ、
11月、12月、特に12月が大変だった。

記念演奏会のブラームスの「ドイツレクィエム」は練習時間が
少なくて苦闘の連続。しかも、風邪をひいてしまい、自己管理の
甘さに歯ぎしりする始末。

でも自分ながら、ドツレクはよく歌えたと思う。
これも、8月のソロのために、山田先生に鍛えられたおかげ。
シューベルトの「セレナーデ」を懸命に覚えたおかげで
ドイツ語の発音に苦労しなっかったのが大きい。
山田先生ありがとうございました。

イタリア歌曲の方が歌いやすいといわれたが、
ドイツ語が歌いたくて、しっかり練習した成果が表れたと思う。

といっても、ドツレク後半の5,6楽章はアップアップ、
7楽章は重要なので、気力を絞って歌い切った。
演奏時間70分、14年、15年と歌ったベートーベンの第九と
比べ物にならないボリューム感だった。
完璧に歌えたわけでないが、今回はこれで良しとしたい。

来年8月のソロは、「アルディラ」と
大中恩の「秋の女よ」を歌う。ソロでは殆ど歌われない曲だ。
でも日本歌曲のほうが難しいかもしれない。心しよう。

来年は、2、4、5、6,8、11月と続けざま、
今年より大変だと思う。
体力をつけてステージに立ちたい。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ソロレッスン、EKOコンサート目指して。 [音楽]

 scores-1695041__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

今日22日は、山田先生宅にお邪魔して
声楽のレッスンを受けた。
秋の終わり、穏やかで暖かい日だった。

今年も昼どき合唱団の演奏会が終わり、
もうすぐ2017年が始まる。

来年は忙しい。
昼どきのコンサートが来年11月27日に決まった。
5月には洋光台混声合唱団のコンサート。
さらに6月には「山田英津子&エレガントノーツ」と
ジョイントコンサートが決まっている。
ソロのEKOコンサートは8月だ。

もちろん合唱団員として、
本分はあくまで合唱だ。
ただ合唱には仲間がいて、助け会えるのが
安心だね。暗譜がし易い。

声楽は独り、誰も助けてはくれない。
最後まで暗譜が不安だ。

ステージで忘れたら?!
でもこの壁を乗り越えなければ先はない。

失敗を恐れると、
聴き手は敏感に感じとる。スリリングだ。

山田先生はとにかく、熱心な方だ、
現役の一流ソロ歌手ながら我々への指導は
ご自身がステージに立っているときと同じ、
まったく変わらない。

厳しいけれど、レッスン日が楽しみになる。
基礎も十分でないアマチュア相手でも、
手は絶対抜かないしとにかく妥協しない先生。

できるまで丁寧に指導してくれる、
本当にありがとうございます。

合唱と独唱は当然歌い方が異なる。
2つの合唱団とソロレッスンのおかげで
われ乍ら発声はずいぶんと進歩したと思う。
(甘い!甘い!)

今回のレッスンでは、先生から合唱練習の時と
レッスンでの歌い方の違いを指摘された。
「合唱では抑えて歌うくせ」があるという。

独りでは主張できない合唱、
グループ単位での音色を合わせることが要求される。
2つの合唱団、当然、指導方法、団の特徴に
違いがある中で抑えているのかもしれない。

いま合唱は宗教曲を2つ練習中。
12月に「ドイツレクイエム」、
来年5月に「シューベルトのミサ曲」を歌う。

片やドイツ語、一方はラテン語、いまだ課題が多い。
ちょつと無茶かな!?。

レクイエムはAやAフラットが随所に出てくるので
現状ではファルセットを多用することになる。

やはりファルセットが妨げているかな。
G、Aを実声で出したら裏返るのでどうしても
安易に裏声に頼ってしまう。抑制気味となる。

テノールが内声のときは
実声だとバランスが崩れるので高声は
裏声を使うことも多い。

私には舌が丸まってしまう欠点がある。
高声が裏返ってしまう原因だと指摘される。

しかも、高声(G,A)を実声で出すときは
どうしても構える、力んでしまう。

ああきれいな高声を歌いたいな~。
まだまだ、日暮れて道遠しだ。

p、ppはきれいな裏声でもいいが
f、ffの場面は前に飛ばないし無残なことになるしね。

来年の課題は、舌の位置。
なんとしても、ものにしたいものだ。

さて、レッスンでの練習曲を紹介しよう。
「アルディラ」
これはよく知られたイタリアのカンツォーネ。
原語か日本訳か、ただいま考え中。

テノールには低音で始まり厳しいが
私はハイバリトン系ともいわれており、
案外中低音が出るらしい。

カラオケチックに歌わない、
カンツォーネらしく歌うこと。

2曲目は大中恩の「秋の女よ」。
これは、合唱曲としては有名だが、
独唱曲は今年歌曲化されたらしい。

まだ入手してないがソプラノ系かな。
でも、テノールで表現するのも面白いと思うよ。

今年のEKOコンサートは
語学でハンデの少ない日本歌曲をメインに
チャレンジするつもり。

一度はオペラを歌いたい気持ちはあるが、
現状では敷居が高い。

コルメロの記念定演まで、あと20日ほど
ブラームスのドイツレクイエムの練習に
専念しよう。


>にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

再スタート、ブログ更新 [音楽]

の名月中秋.jpg 

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


2か月ぶりの更新。
8月にパソコンが壊れ、修理から戻って
きたと安心したら、またパンク・・・。


この不意打ちでデータのほとんどはパー、
あーあ。


メールもアウトルックのデータはパー。
アドレス帳もアウトルックだからアウト。
なぜバックアップがうまくゆかなかったのだろう。


ヤフーメールとGメールは助かった
ので不幸中の幸いだが。


まあ落ち込んでいてもしょうがない、
新規まき直しだ。
そうこうしているうちに、
11月7日の定期演奏会がすぐ目前に迫ってきた。


今年は定期演奏会が終わってもホットできない。
12月14日に後輩の記念演奏会で、OBとして、
ドイツレクイエムを歌うので息継ぐ暇もない。
目先の課題をかたずけてゆこう。


忙しいなかでも、山田先生のソロレッスン
だけは欠かせない。10月18日に行われた。
来年の課題曲は、「アルディラ」と
大中恩の「秋の女よ」(歌曲用)にするつもり。
ソロは合唱とは同じではないが、
来年8月のEKOコンサートが目標だ。


やりがいがあり、楽しみでもある。
効用もある、
最近高音部が伸びてきているようかな?。
少なくともGAなど高音がだせるようになった
気がする。


当面の目標は地声でAが出せること。
今年こそと意気込んでいる。


なんちゃって入れ込みすぎだね。
しばらく、ブログ更新も前に戻るのは
大変だがとにかく頑張りたいと思う。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ソロレッスン,EKOコンサ―トに向け奮闘中 [音楽]

 .jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

20日、月一回のレッスン日。
先生のお宅にお邪魔した。

まずは、発声練習から。
課題は声帯を引っ張ることと舌を平らにする
こと。
高音部で声が裏返る欠点を改善したい。

舌のコントロールは時間がかかるそうだ。
レッスン初めてほぼ1年未だ効果は微々たる
もの。

それでも声帯を引っ張ることは効果が表れつ
つあるようだ。

声域が少し上がり高音をだすのが楽になって
いる。
裏返りも、少なくなった?
いやいや、ときどきでも裏返るのは困る。
も少し頑張らなければ。

練習曲1曲目、「私の心はバイオリン」
セレナーデに時間をかけすぎた。
間に合うかな?

あのビングクロスビーが歌ったシャンソン
の名曲。

先生の前に立つと、いつも緊張する。
この曲は指導2回目なのにボロばかり・・・
自主練習してきて音取りはOKのはずが取れ
ない。なんで~!?

自分の声の記録を取るよう指摘された。
音取りで散々迷惑を掛けて前に進めなかった
こと、反省している。

家に帰って浚ったがミスだらけ、身について
いなかったということ。

音取りでこんな苦労するとは。
まあ、シャンソンは独特だからね。
自分が選んだのだから、文句も言えない。

次回は1か月後、コンサート直前、自主訓練し
かないね。

いつも新曲では苦労するし、なにより、レッ
スンは時間制だからミスはもったいない。
 
やはり事前の準備予習方法に問題がある。
今回は怠ったということ。
とにかく頑張るしかないもんね。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

EKOコンサート近づく [音楽]


a1580_000013_m.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

「EKOコンサート」の日程が確定した。
8月13日、横浜市絵画館ホール。
ピアノ合わせは希望者のみ8月3日とのこと。

時間はあるようで、2か月だから意外とちかい。
山田先生のレッスンは6月、7月のあと2回のみ。

さてさて、今までの緩い練習では本番が思いやられる。
気を引き締めて、時間を有効に使いたいものだ。

メインの「シューベルトのセレナーデ」は暗譜で歌いたい。
手元に昨年のコンサートの写真がある。
楽譜にくぎ付けだ、格好の悪いこと。
これでは客席の印象がかなり落ちているに違いない。


まだ80%程度の仕上がり
ドイツ語の発音で苦労しているのが情けない。


もう1曲はシャンソンで「私の心はバイオリン
かの、ビングクロスビーが歌った名曲。
これから練習に入る。
5月16日にレッスンを受けたが、心許ないこと。

シャンソンの歌い方ってあると思うし。
日本語なのでシャンソンの雰囲気をどう表現するか
あれこれ考えて不安になって来る。

ただ、発声練習でハイAがでた!
素直にうれしい。
歌でだせたら、選曲の範囲が広がるし
やる気も出ようというもの。
何とか頑張りたい。

次回レッスンは6月20日。
課題の独語の発音と高音Gを安定してだせるよう
にしておきたい。


ただ、課題曲のもう一曲、まったく手づかずだ。
今度のレッスン、波乱の予感がする。
良く練習しておこう。


にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽