So-net無料ブログ作成

雑感(多忙な日程の隙間にて) [音楽]

20140321-Vl.jpg


こんにちは。



多忙な日程の合間、日曜から木曜までの五日
間スケジュールは何もない。
22日から30日の怒濤のウイークの前の静
けさ。ただすることは沢山ありすぎる。でも
楽譜を前にするとつい雑念がよぎる。



皆さんは新しい曲を歌う時、いわゆる初見の
時どうやって音を取るのだろうか。アカペラ
だと想定した場合。最初の音は楽器に助けを
借りるとしてそれからは?



楽譜を見たら、音が頭に浮かぶ人これは素晴
らしい。もっとも、絶対音感のある人は楽器
の助けを借りずに歌える。凄いとしか言いよ
うがない。



楽譜を見て頭に浮かぶ音を歌おうとする。で
もそれは、正確だろうか。ハ長調、イ短調な
ら簡単にとれる。でも調が変わり、♯や♭が
3つ以上付くと難しい。
まあ、沢山の曲を歌いこなしてきた人なら、
対応できると思うが。



私の場合昔の教育のせいで、移動ド読みを使
う癖がついている。
今は、ピアノなしの合唱団は殆どないと思う
のでピアノの音に合わせて、歌詞から入ると
いう合唱団が多いと思う。



この場合は読譜力を鍛えるという観点からは
あまり好ましくないと思うが、効率を考えた
ら、また初心者も歌えるというキャッチフレ
ーズの合唱団だったら、しょうがないかな。



昔は移動ド唱法が指導要領の根幹だったとい
う。現在は固定唱法での指導も行われている
ようだ。音大などは固定ド唱法と聞く。



もちろんどちらでもよいわけだが、ポップス
分野ではギターなど楽器を弾く際には、移動
ド型が主流になっている。私も学生時代はギ
ターを弾いてたから、移動ド型が身に沁みつ
いている。最近の歌曲でもポップス系が多く
なってきたから移動ド読みが見直されるかも
知れない。



さて私の、過去の楽譜は大変に汚い。ドレミ
で汚染されている。前は、何とボールペンで
書きこんでいた。鉛筆では薄いという理由で。



でも音を覚えたらもはや無用の長物なのだか
ら当然消したい、ところがもう消せない。
今は移動ドの書き込みは4Bの鉛筆で対応し
ている。(2Bはダメ)



♭♯2つまでは固定ドで歌い、3つ以上は移
動ドで歌う。全部固定でもいいのではと思う
のだが年もあり音が中々浮かばないことが
多いのだ。



蛍光ペンでポイントをマークするこれは効果
があるだろうか。昔歌った楽譜を今回歌うの
で引っ張りだしてみた。
色とりどりで見にくい、もはや使い物になら
ない楽譜になっていた。



書き込みはやはり鉛筆、百歩譲って赤の色鉛
筆までをお勧めする。後で消せるからだ。
プロの先生方は殆どそうしているのでは無い
だろうか。楽譜は大切だからね。
私の先生のレッスン室の譜面台に置いてある
のも鉛筆だ。



最近モツレクを歌いだしてから、不思議と音
が浮かぶようになってきた。だから移動ド読
みの変換作業は大分減った。



ただ、アカペラ曲を歌うとなったら、ピアノ
の助けはないので、移動ド読みが生きてくる
と思う。
長年歌ってきた効果は相対音感を磨いていて
くれたようだ。



最近は、自分の歌っている音程は別として、
ほかのパートの音程の音の下がり具合が良く
分かる。私は特に高音とか同じ音が続く小節
は高め高めに歌うことにしている。
4部音符の連続、2部音符、全音符は伸ばし
ている時に下がりやすい。



まあ、先生がすかさず指摘するから、手を上
げて指摘するような不粋なことはしないね。
自分のパートが下がった時は、低い!と叫ぶ
だけ。みんなは私が下がったと思うかも。で
も、自分の音程も見直してくれると思う。
でも先生の絶対音感は凄い。初見で歌うなど
朝飯前だから。



最近、歌を歌い始めた人にとっては、移動ド
読みは面倒くさいし、先生も階名読みから始
める人は少なくなってきた。



それでも、新しい歌を歌う時は階名唱とか母
音唱で歌って、歌詞をいきなり歌わないで音
程の流れを確認する時間があっても良いかな
と思う。



それと、歌う前に歌詞読みはやってもらいた
いもの。歌のリズムに合わせてやるのも良
い。みんなで歌詞を共有したいから。



原語で歌う時は、必ずやるのにね、日本語は
読めばわかるからだろうけれど。
私は歌う前に、その歌の経緯を調べることに
している。この作業は楽しいものだ。



曲ができた経緯がわかれば最高だ。先生もそ
の辺は調べてきていただいたらありがたい
ね。もちろん全曲とは言いません。歌に対す
る愛情が倍化するというものです。



さて練習、練習!30日まで歌う歌一覧。
フォーレ6曲、モーツアルト10曲、ワクワ
ク、O dei mio dolce ardor、彼女に告げて
よ、落葉松 etc・・・
うわ!もうお腹一杯です。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジョイントコンサート終了終了!(アハハ、オホホ、エヘヘ) [音楽]

photo-small (1).jpg

会場のみなとみらい小ホール



こんにちは。


ジョイントコンサートは大盛会のうちに終了
した。私たちはステージでも歌ったが、プロ
のコンサートをまるまる聴くという幸運にも
恵まれた。このような機会を与えてくれた、
人の絆に感謝したい。


当日のプログラム

DSC_0057[1].jpg


多彩な演奏内容だった。

DSC_0055[1].jpg



今回で初めて感じたこと、それはみなとみら
い小ホールが意外に狭いなと感じたこと。そ
れはリハーサルの時だった。最後部の扉がす
ぐそこに感じたのだ。今までは遠くに飛ばそ
う飛ばそうと苦労してたのに。



そうしたらやはり、声が(全員の)で出過ぎ
てた?もう少し繊細に歌うように指示が指揮
者からでた。



本番では、そのような感覚はなかったが、で
も歌うことは気にならなくなって、客席に向
かいしっかりと声が出せたと思う。



また聞きであるが、昼どきの指導者である尾
花先生が聞いていてくれて、テノールは良か
ったとの言葉があったらしい。何よりうれし
い言葉だ。



私は、打ち上げに出れなかったので、どのよ
うな評価が、山田先生かエレガントノーツの
先生方からされたのかはわからないが、少な
くとも気持ちよく歌えたのは事実だ。



それと客席との交流も凄い反応があった。
「元気に笑え」の後半部を一緒に歌ってもら
ったのだが、皆さん精一杯の声で歌ってくだ
さった。本当に会場が割れんばかりだった。



ステージから一方的に演奏を伝えるのが通常
ではあるが、こういう交流を持つ演奏会も増
えている、いいことだなと思う。もっとも、
演奏会の性格にもよるが。



それと勉強になったのはプロの方々のお客さ
んを目いっぱい喜ばせる姿勢だ。
私たちは、自分の歌をよく聴かせようとして
疎かになりがちだ。



たとえば、第1部の最後に山田先生とエレガ
ントノーツでカルメン組曲を歌った時だ、な
んと山田先生がフラメンコを華麗に踊ったの
だ。私も初めて見たのだが、会場からは大声
援で盛り上がった。



いつも、みなとみらいホールで、活動されて
いると同じで、本当に活き活きと!
もはや歌手を超えてるね。万雷の拍手がおき
たのは当然だと思う。



このコンサートでも主役は山田先生。今回は
沖縄民謡が主題、民族楽器での弾き語りまで
被露して大活躍。ステージごとの衣装にも会
場からため息がもれる。



エレガントの皆さんは時にコミカルに軽妙に
男性合唱の重厚な響きで会場を魅了した。
2時間はアッという間、最後は、再び「元気
に笑え」で〆(笑)



さてさて、6月の最初のコンサートは終わっ
た。後は6月後半24日、30日と連続す
る。当分練習漬けの毎日だ。多忙は変わらな
い。相変わらず、体調は不調であるが、練習
は様子をみながら続けてゆく。



もちろん体あってのもの、無理をするつもり
もない。お医者さんは大丈夫というが、気持
ちが良くないのが困る。早く良くならないか
な。



元気に笑えの動画です、子供の歌ですが大人
が歌っても違和感がありません。
「アハハ」「オホホ」「エへへ」歌って見ま
せんか楽しくなりますよ。
滑舌もよくなること請け合いです。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

明日本番「山田英津子&エレガントノーツジョイントコンサート」 [音楽]

IMG_20171130_0001.jpg



こんにちは。



「山田英津子&エレガントノーツ・ジョイン
トコンサート」は明日13,30分開演で
す。会場は横浜みなとみらいホール(小ホー
ル)



待ちに待った、そして緊張する一日。
10,45分楽屋口集合なので、10時ぐら
いに自宅を出ます。
自宅からは、ホールまで徒歩で行けます、だ
から、みなとみらいホールでの本番は自分の
庭みたいなもの。


photo-small (1).jpg



まあ、歩いて40分かかりますが。演奏の前
でとても良い有酸素運動になるかな。歩いて
いる間鼻声の発声練習もできたりして(笑)。



準備万端とはとてもいきませんが、やること
はやったつもりです。だから、前日の今日は
とてもゆったりした気分です。
あとは、お客さんといかに対話するか。一番
気になるところですが。



ステージに立つと、スポットライトに照らさ
れます。やはり緊張します。そうすると、急
に心配になるのです。
大丈夫だろうか、遅れないだろうかとか、あ
の箇所は失敗しやすいから気を付けないとと
か・・・



でもそんなことは頭の隅に押しやって、明日
はレギュラーメンバーの引き立て役、いかに
お客さんをのせるかが役目。
もちろん、ステージでの演奏が、演奏会の評
価を決めるので、一番重要なことは当然です
が、それだけでは足りないのです。



一方、明日は会場の一員でもあります。当然
チケット購入してますよ。ステージ登場、会
場からです。そして、最後の最後はサプライ
ズで会を盛り上げる。とてもとても重要な役
目なんです。



まあ、私たち自身プロのステージをすぐ近く
で見て、聴くことができるのも最大の魅力。
歌う、聴くこんなコンサートなかなかありま
せん。お客さんにとって本当に楽しくなるよ
うなパフォーマンスをしようと思います。 



明日は体調の問題で残念ながら打ち上げ
は欠席しますが、気持ちよいフィナーレを
迎えるよう頑張ります。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



















































































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

幕間(ジョイントコンサート2日前) [音楽]

photo-small (1).jpg
みなとみらい小ホール



こんにちは。



5日の本番が近づいてきた。
もちろん、譜面とにらめっこしているが一日
中というわけではない。



それに、今更新しいことにチャレンジしても
混乱するだけ。
先生方の注意事項、指揮される渡部先生の注
意事項、楽譜の見直しに時間を費やしてい
る。



慌てても後の祭り、怠けた分は確実に影響し
てくる。今は、穏やかな気持ち、どうやった
らお客さんを満足させることができるか考え
ている。



今私が注意するとしたら、立ち方、表情、パ
フォーマンスだ。どの曲もそれぞれ曲想があ
る。こればかりは指揮だけでは表現できな
い。個人個人の動きがとても重要だ。



★本格的な春5月のワクワクする気持ち、
★「この気持ちは何だろう」青年の揺れ動く

★元気な子供の躍動感「元気に笑え」



これみんなシニアにはないもの。(言い過
ぎかな)
もう、歌詞は身についていると思う。楽譜
は頭の中に入れ、目の前の楽譜は確認用。
楽譜にしがみつけば、パフォーマンスはでき
ない。



もはや不安はあったとしても、絶対表に出さ
ないことだ。完璧な演技者の気持ち、それく
らいの強い気持ちで歌おう。
ステージは歌い慣れたみなとみらいホール。
響きは最高、気持ちよく歌いたい。



プロの皆さんに対抗しようなんておこがまし
いが。でも、プロの歌とはまた一味違う姿を
見せたいな。それは響き、なにせ60名から
の大規模な合唱、めったに味わえないのだか
ら。



昼どき合唱団とE&Eクワイアが合同した。
これだけの人数が揃うのは単独の混声合唱団
としては横浜でも珍しい。



プロの合唱団は別として、プロとは一味違う
合唱の響き。お客さんには、ぜひ合唱の楽し
さを味わってほしい。
11月の昼どき合唱団演奏会のPRをする絶
好のチャンス、な~んて一人で力んでどうす
る(笑)




IMG_20171130_0001.jpg
みなとみらいホールチケット売り場で発売中



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カンツォーネ「彼女に告げてよ」、移調を決断 [音楽]

erez.jpg



こんにちは。



いよいよ梅雨シーズンに入った。
でも昔ほど季節を意識することはないと感じ
る。雨が降り続けばうっとうしいのは変わり
はないが。



8月のサマーコンサートが近づいてきた。
8月11日、横浜美術「レクチャーホール」
開催に決まった。その名のとうり多目的、
音楽専用ホールではない。ソロを歌うには
工夫がいる。



テノール失格というわけではないが、響きを
見てみたくて、1曲目のカンツォーネ「彼女
に告げてよ」をイ短調に移調して歌うことに
した。従来のハ短調からはかなり下がる。



移調することで、障害があるとしたら移調譜
の入手であるが、シニア用が発売されイ短調
の市販譜があるので大丈夫。



スタート音はA(ラ)、最高音はE、前はGだ
から、音域的には楽だ。これでバリトンとし
ての響きがでればこのステージには最適。
テノールで苦しくだすよりよほど声量がで
る。



原調?は、後半4小節がドミソファと始ま
り、ド以上の高音を維持、それが2回続く。
後半部を日本語とイタリア語で歌うため都合
4回あるということ。いわゆる、息も継がせ
ず高音が続くということ。



そしてフィニッシュはドミソと上がり、ソ音
を伸ばす、最大の聞かせ所だ。
このソ音のフェルマータが声が疲れて裏返る
か金切り声になってしまう。



声帯を引っ張る力が不十分、高声になると口
内が狭くなる欠点があるらしいのだが。今か
ら修正するには時間がない、急きょの変更に
なった。



声の調子が良ければ、いい声ではないが出
る。でも、本番では発声練習も十分にできな
いはず。でる保証がない。ましてやいい声な
ど。本番は80%と見立てなければ。



ただし、もう1曲のグルックのアリア
「O del mio dolce ardor」
は従来どうり調は変えずにヘ短調で歌う。G
は跳躍で出てくるだけなので、苦しくなく出
せるからだ。



やはり曲の選曲は重要。自分に合う音域を無
視してただ歌いたいだけの選曲ではダメだ
ね。聴くお客さんの気持ちを忘れていた。苦
しそうに歌われてもね。心地よく聴きたいも
のね。



私の場合はソプラノの高音のアリアと違い、
聴き手を癒す声でありたいなと思う。
だから、テノールで歌いあげるのもいいが
バリトンも好きだ。



もちろん女声のアリアの高声に癒される人も
大勢いる。男声のバスの重い響きも素晴らし
いものだし。バリトンの響きのある軽やかな
声も人気が高い。この会場はバリトンには
最適と思う。



それに比べると、テノールは少し違う。男声
の高音の喚声点は、EからAといわれる。
女声は自然に裏声にと移っていくが、男声は
裏声の使い方は難しい。



高音は訓練ででるというが、喚声点を超えた
声に響きを加えるのは大層難しい。音程はで
ても聴きやすい声となるだろうか。この会場
では意外に響かないと思う。



日本ではベルカント唱法が人気がある。体力
のあるドイツ人のドイツ唱法にくらべ小さい
体のイタリア人だから編み出された唱法。日
本人はイタリア人よりさらに小さいからベル
カントとなる。



でもイタリア人のテノール歌手の高音部の
艶、響き、やはり敵わないなと感じる。日本
人の高音はかなり無理してると感じるのは私
だけだろうか。高音で響きのある声が出せる
かな。聴いていてキンキンする歌い方は好き
ではない。テノールで綺麗に歌えれば最高だ
が私には叶わぬ夢かもしれない。



しっかりと声楽を学んだプロにくらべるとア
マはどうしても力技になってしまうから。高
い音域で綺麗、クリアーな声を出すのは難し
い。まさかミックスボイスで歌うわけにいか
ないし。



テノールであまり成果が期待できないと感じ
るこの頃、良いといわれる中音域を活かす方
策を探ってみようと思う。すなわちバリトン
へのチャレンジということ。
もちろんテノールも諦めない。音域の広い歌
手を目指そうとも思う。



8月のコンサートで歌えば、もう翌年の課題
曲を決めなければならない。
次回から、先生に選んでもらうおうかな。



のんびりは今日まで。明日からはハードな
六月、体調面の不安があるが、何とか無事に
乗り切りたいものだ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

悩み [音楽]

thV6X6LPRW.jpg


こんにちは



今の年齢で選択肢があまりない状態で、無駄
なことはできないなと思うようになった。



専門家に聴いてもらった、声質はハイバリト
ンだそうだ。バリトンより高くて、テノール
より低い音域。
中音域が良いので、それを活かした方がよい
とのアドバイスをもらった。



でも、私の中では、歌を始めてからテノール
でやってきたのでもっと高音を出したいとい
う欲求が抑えきれない。ただ、年齢とともに
低音化しているのが現実。



今一緒に歌っている、レクイエムでも平成生
まれの人たちのきれいな高音を聞くと、ああ
敵わないな感じる。
高音が出たとしても、高い音が連続するとす
ぐ疲れてしまうし。



今は、かなり無理をしてだしている。歌とし
ては聴くに堪えない声かもしれない。諦めて
はいないが、限界を感じるようになった。



最近は合唱でもバリトン声域で起用されるこ
とが多くなった。
バスではないので、混声ではテノールのグル
ープであるがパートが2声に分かれるときは
低いほうを指定される。
別にこだわりはないのだが・・・



いざバリトンに徹するとなると、不安を感じ
る。バリトンは確かに、響きが素晴らしけれ
ば一番聞きやすい声域だと思う。でも響きが
なければ、平凡な声になってしまう。



歌う会で出会うバリトン歌手の方たちはみな
素晴らしい声量をもっている。公民館など響
きがいまいちなホールではバリトンが一番心
に響くのだ。憧れはある。



自分はどうだろうか、未知の世界に踏み込ん
だ気がするのだ。ただ自分の声は、耳に入っ
てくるのは平凡な響き。
でも先生は中音域が一番いいという。



声楽を学んで、3年そろそろ決めるべき時か
もしれない。今回、ソロコンサートに歌う曲
は、はじめえらんだハ短調からイ短調に下げ
ることにした。
どうなるかな、不安はあるが楽しみだ。



テノールに対するあこがれは変わらないがキ
ンキン声だと聞き苦しい。私の声は苦しそう
だともいわれる。
ならば、中音域を鍛えて、響きのある声を目
指すのがいいかなと思う。



そう簡単なことではないが、こればかりはそ
の人の声の質に起因するので、個々に決める
しかない。そういうわけで、今悩みの中にあ
る。今回のコンサートの結果で決めようと思
うのだが。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

落ち込む(ソロレッスン) [音楽]

Joseph_Siffred_Duplessis_-_Christoph_Willibald_Gluck_-_Google_Art_Project.jpg

グルック



こんにちは。



今日、20日はソロレッスン日。
EKOコンサートが8月11日(土)に決まっ
た。ピアノ合わせは8月8日。レッスンは
6月と7月と2回しかない。



今日は私にとり最悪の日だった。
仲間は順調な仕上がりと思える。
その中で、私はといえば、音は外す、リズム
はダメ、そして何より、途中で上手く歌えず
前に進めない。先生もイライラしていたと思
う。



まず、「Odel mio dolce ardor」(グルック
曲)。どうしてこんなことになるのか。練習
は十分とは言えないが、合唱活動の合間を見
てやってきたはず。



でも先生の前に立つと、過去に指摘されたイ
タリア語の発音を間違える。楽譜に書かいて
あるのに、暗譜を意識して見ないから、間違
えて覚えていると出てきてしまうのだ。とに
かくパニックになっていたと思う。やはり自
信がないからだ。



初のイタリア語、初のアリアはやはり手ごわ
かった。始めと終わりはなんでもない歌いだ
しだが途中でガラリと変わるところでオタオ
タしてしまう。



ピアノが休止してアカペラで歌うところも上
手くゆかない。結局ピアノ頼りの過保護体
質。ピアノについていっているだけか、本当
に情けない。



この曲、ピアノはリズムを刻むだけ。シュー
ベルトのセレナーデがそうだった。
自分だけで歌うとリズムを外す。入るところ
を間違える。



先生からユーチューブで歌手の歌をよく聴く
ようにとアドバイスを受けた。
アリアの歌い方を指導したくても、時間が無
いということだろうね。



もう1曲のカンツォーネ「Dicitenceo vuie(彼
女に告げてよ)」は、4分2拍子、歌い手の
自由に歌える歌だが、小節のなかに収まらな
ければならないのにはみ出す。
リズムがダメとにかく悪い。カンツォーネは
歌詞に気を取られがちだが、実はリズムが
大事。



楽譜をよく見ると、ピアノもメロディーを弾
いているのでこのままでは、合わない。
だから自由に歌う場合はピアノの伴奏は頭だ
け弾くとか変えなければならない。それは今
の実力ではとんでもないこと。



ピアノとの合奏で行くことになった。でもこ
の場合は自分だけ気分良く歌うわけにはいか
ない。声を張り上げるとピアノが聞こえな
い。大人しいカンツォーネになるけれども。



問題は高音部、G音が続き最後は疲れてスタ
ミナ切れ。キーを下げることにした。でも
いまから楽譜を準備しなければならないのは
厳しい。
ピアニストへの提出期限は6月20日。もう
6月に全部集中してしまった。
もっとも練習は音を下げれば練習はできる。



先生に2回の練習では間に合わないねと言わ
れた。でも、ステージで失敗して困るのは私
だけではない,先生に迷惑をかける。
間に合わせるしかないのだ。
私は不器用だから、身についていないとすぐ
ミスる。



とにかく足取り重くご帰還でした。
イタリア語をちゃんと歌えてアリアを余裕で
歌える日は来るだろうかと思ったりして。



落ち込みは一日で終わり。
本番で上手く歌えれば良いのだからね。後
2か月半で新曲2曲を覚えれば良いのだと
思うことにした。
不安を解消するには練習、歌いこみが良薬
だからね。



21日ヤマハ横浜店で移調譜を見つけた。
イ短調、最高音はE、凄く楽に歌える。
先生の指定されたキーだ、これは幸先が良い。
これで安心してチャレンジできるぞ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

迷える子羊に救いを(ソロレッスン余話) [音楽]

img_07.jpg

伊豆湯ヶ島、「天城越え」道の駅



こんにちは。



最近、高音のG(そ)を出すのが苦しい日が
続いた。
無理に出そうとすると、キイキイ声になるか
後の声が裏返ってしまう。
声が裏返ると、すかさず指導が飛んでくる
(泣)
最近では、中音部でも油断すると裏返る。



歌い方が悪いのだと、ネットの情報を見る。
またこれが頼りにならない。
最後は専門家の指導を受けろだと。
受けているっちゅうねん(笑)



下あごを下げてはいけないという説がある。
もう一方では上あごは顎関節の構造から上げ
れないという。どちらが正しいのよ。
確かに上あごは少ししか上げられないよね。



下あごは真下に下げよというわけ。まあ、あ
くびの要領だね。ここまではだれでも知って
いる。



でもあくびでは歌えないものね。それはもの
のたとえ。教える方は何か言わなければなら
ないからね。
会話のないネットでは限界がある。



もはや、ネットで新しい情報を得られそうも
ないと気づいた。
そりゃそうだ、何のためにレッスンを受けて
いるのだ。



だから先生の教えをよく考えて見る。その中
にきっと回答がある。
この1週間、連休はそのことばかり。



まず、口の開け方に不自然さがある。特に
ア、イ、ウ母音。
舌はまっすぐになったが、舌根が盛り上が
る。
口の中の開け方が狭い。
あごが動きすぎる。
体が硬い。
力み過ぎetc

わぁ~!多すぎる。悪い点は沢山ある。
必要なのは方法論どうしたら直せるかであ
る。
迷える子羊よ、何から手をつけたら良いの
だ。
ここら辺でネットに頼れるかもしれない。



例えば高音を出そうとすると力む。無理して
出そうとする。喉が閉まる。
また、瞬間はでたとしても続かないで失速、
最後は裏返る。



まずは力みの排除だ。かえって、合唱の時の
ほうが力まないで歌えているようだ。
私の声は細いといわれる。声が遠くに届かな
いというわけだ。ソロレッスンを受け初めて
3年。やはり先輩には歌い方では敵わない。
無理するとたちどころに声に響くから。



ただ、人の評価を気にすると、道を間違う。
やはり体に合った歌い方なのだよね。でも悲
しいかなアマチュアだ。力む。



いつもの姿勢を考えて見た。足の開きは自然
に。できれば聴き足を軸にしてもういっ一方
を少し前に出す。これが安定姿勢。



重心が後ろにありすぎは良くない。呼吸は当
然腹式だが、ここでは習得済みとの前提とす
る。



頭は少し、後ろに置く。顔はまっすぐ。
目は少し伏し目。
どうしても高音を出すとき顎が上がりやすい
から伏し目がちがちょうどよい。



そして下あごの使い方。あごを動かさないと
いう言葉はどういう意味か。
歌い始めは下あごを下げる。それでなけれ
ば、口は開かない。



下あごをまっすぐしっかりと下す。そこでほ
ぼ固定、あまり上下に動かさない。
問題は上あごの動き、視線で制御する。口唇
は縦開きを意識する。
舌は歌詞により動くが、基本位置は下あごの
前歯の後ろに舌先をつける。
凹舌は敬遠すること。



さて、問題は舌根だ、力めば力むほど盛り上
がる。もちろんそんな悩みのない人もいるだ
ろう。本当に羨ましい。



私の最大課題だ。3年も悩んでいる。力まな
いようにすることだが。まだ答えは見つかっ
ていない。



従って、口の中が狭くなるのも未解決。これ
セットだから。声がこもる感覚がするのも同
じ原因かも。高音を出すための障害でもあ
る。



下あごをまっすぐ下せば、口は自然に指二本
分は開く。
上目使いにすれば口角は上に上がる。そし
て、口は縦の形に開く。



ということは「視線」が重要だということ。
だって、歌っているときにいちいち口角を意
識していたら歌えない。



その場合の上の歯は露出するか。極端な人も
いるが、日本人の場合は無理に露出しようと
するとよくないそうだ。歯をむき出して歌う
のはどうかなということ。



口の形は様々だから、歯が出る人もあまり出
ない人もいるだろうね。
こういう意味では、人気歌手の真似はいい面
と悪い面があると思う。同じ顔の形をしてい
ればいいけれど。
何事も自己流は限界があるのだ。



視線を伏し目気味にして下あごを下げる。
口が開く。
視線を上目使いに上げる。
目付きは少し悪くなるかな。睨みつけるみた
いだもの。ここで笑顔?はて。



口角が上がり、口はさらに開く。唇は縦の形
を保つ。
そういえば、シューベルトのセレナーデのテ
ノール歌手(独、ペーター・シユライアー)
が見事それに当てはまる姿勢だ。参考にな
る。(動画参照)



もちろん母音により舌は上下するが、これが
一番口を開いた状態。力まない歌いかたでも
あるかな。
以上、言葉では簡単だが、力まず実践するの
は大変だ。



それでも、高音Gが出せるようになってきたよ
うに思える。(あくまで感覚だが・・・)
以前は精一杯の絶叫型だったが今は少し余
裕が出てきたかも・・・
課題を一つ一つ解決してゆく。それしかない。



今日はこれくらいにして、暗譜の練習練習!



見事な上目使いですね。アゴも安定してるようだ。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ











































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

久しぶりのシャンソン(戸塚童謡の会) [音楽]

116012_02-01ichigao.jpg


こんにちは。



8日、歌う会「戸塚童謡の会」の例会にでた。
会場は戸塚公会堂。
雨模様、寒い、夜は風雨が強くなる予想。そ
んな悪条件でもなんのその。
会場はほぼ満席、いつもながら歌の魅力は凄
い!と思う瞬間だ。いや大部分は女性パワー
だけど。



今月は、決算報告があり、新役員の紹介があ
った。いつもながら思う、こういう律義さが
この会の人気を支えていると思う。



金額にしたら、月1000の会費は最低クラ
スであり、気にしないで楽しめる範囲と思う。
歌の会で、決算報告する会はあまりないと思
う。考えて見たら、会費を運用しているので
当たり前のこどだが。



さて、今日のテーマはお母さんとシャンソ
ン。はて、シャンソン?先生の好みかな。
私も、若いころはシャンソンが大好きで、い
まは無くなってしまったが、銀座のシャンソ
ン喫茶「銀パリ」に入り浸っていた。懐かし
い。



当時は学生運動が凄かった時代、軟弱な学生
だったということね。
昭和30年代、シャンソンは全盛時代だっ
た。越路吹雪さん、駆け出しの岸洋子さんが
銀パリで歌っていた時代。



私は当時ギターを弾いていた(つま弾く程
度)弾き語りには、シャンソンがとても合い
好きだった。



いつの間にか、ギターと決別し、シャンソン
も歌うことがなくなっているが、心のオアシ
スであることには変わらない。



だから、懐かしかった。「サントワマミー」
「恋心」「ろくでなし」3曲。どれも難しい
曲、でも会場の皆さんは生き生きと歌ってい
た。



さて、シャンソンはフランスの演歌と呼ばれ
る。フランス語でシャンソンを歌いこなすの
はまずできない。で日本に入って来る時は訳
詞になる。



意訳では日本人の心を捉えるのは難しい(と
思ったどうか)、ほとんどが原詩の意味と異
なる訳詞となった。



特に、岩谷時子さん、越路吹雪さんのライン
は強力で、我々はこれこそシャンソンと思わ
されていたと思う。



例えば、表題のサントワマミー、日本詞では
女の失恋を描いているが、アダモの原詩は女
々しい男の失恋を描いているという。
そりゃそうだ、男の失恋を女が歌ってもね、
受けないだろうね。



越路吹雪のイメージに合わせた、岩谷さんの
歌詞はもはや作詞といえる。
シャンソンは日本では日本人が作詞していた
お陰で流行ったのかもしれない。



かの有名は「愛の賛歌」だって、原詩は大歌
手ピアフが妻子ある恋人との仲に終止符を打
つもりで書いたものらしい。



私も、よく結婚式で祝福のつもりで歌ってい
た歌だが、まさか真逆の縁切りの歌とはね
(汗)



日本歌曲では歌う時は原曲の意味を良く調べ
て歌うべきだろうね。
例えば、別れの時に歌う「蛍の光」は、スコ
ットランド民謡だが、原詩は旧友との再会で
思い出話をしながら酒を酌み交わすという
歌。
別れと再会では真逆でも再会の思いにはさほ
ど違いはないからまあいいか。



でも、シャンソン、カンツォーネ、日本の演
歌は失恋、別れ、後悔、男心女心を描き見事
に共感できる。ドイツ、英語圏とは少し異な
るような世界観と思う。



寒い一日だったが、心は暖かい気持ちに満た
されて帰宅しました。



さて、わたしのヒーリングミュージックの一
つです。とても癒されますよ。
「パリの空の下、セーヌは流れる」







にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「山田英津子&エレガントノーツ・ジョイントコンサート」開催 [音楽]

IMG_20171130_0001.jpg



こんにちは



いよいよ近づいてきました。
「山田英津子&エレガントノーツ」ジョイン
トコンサート。6月5日横浜みなとみらい
ホールで開催します。



以前本ブログでもご案内しておりますが近づ
いてきたので再度のご案内です。



みなとみらいホールは、大小ホールともとて
も音響の良いホールです。
透明感あふれるソプラノの美声と男声合唱の
重量感溢れるハーモニーがとても映えます。



合唱は春のワクワク感(少し初夏になります
)を軽快なテンポで歌います。これも楽しめ
ると思いますよ。魅惑のミラクルコラボレー
ションをお楽しみを。



「出演者]


☆山田英津子(ソプラノソロ)
リリコ・レッジェーロの透明感あふれる美声
と豊かな表現力は聴く人の心を捉えて離さ
ない。みなとみらいホールで「0才からのオ
ルガンコンサート」で長年の歌のお姉さん
つとめ、今や美しい声で楽しいメロディー
を歌う子供たちの人気者。

(演奏曲) さくら横ちょう・沖縄民謡より
。「アヴェマリア etc...


☆エレガントノーツ(男声カルテット結成し
て3年。みなとみらいホールでもおなじみ
となりました。男声カルテットのアンサンブ
ルと重厚なハーモニーを心ゆくまでお楽し
みいただけます。

(演奏曲) 最上川舟唄・島唄・宇宙戦艦ヤ
マト etc...  


☆ピアノ
前田勝利

多彩な演奏活動のかたわら、このコンサー
トは皆勤。サプライズを期待したいですね。


☆合唱団(賛助出演)

皆山田先生に声楽指導を受けている、い
わば教え子。
みなとみらい昼どき合唱団とE&Eクワイ
アのジョイントです。


50人を超える合唱団、特色は男声がバラ
ンスがいいんです、ボリュウームとハーモ
ニーと春のワクワク感をお楽しみを。


(演奏曲)

わたしとあなたと花と(小林秀雄作曲)
春に(木下牧子作曲)
元気で笑え(メラー作曲)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日時:6月5日
開場:13,00
開演:13.30
会場:みなおみらいホール、小ホール
料金:3000円(全席自由席)
発売。みなとみらいホールチケットセンター窓口
お問合せ:昼どき合唱団事務局(曽根)
     tel,:042-772-7417/080-492-0900


ご来場お待ちしています。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ
























nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽