So-net無料ブログ作成

「ワクワク」 [合唱]

17332.jpg


こんにちは。


今日16日は、洋光台合唱団の練習日。
24日の県音楽祭に歌う「ワクワク」の歌いこみ
を行った。


1回目は譜面を見ながら、2回目以降は完全
暗譜で。
間違えてもいいから譜面を見ないこと。ここ
がみそで、譜面をチラとも見れば譜面から離
れられなくなる。


最初はおっかなびっくり、そのうちに譜面が
なくても歌えるようになる。
この曲は組曲「ワクワク」の最終曲で演奏時
間4分以上の長い曲。


音楽祭では、時間制限があるので、この曲
1曲しか歌えない。
ただ、我々は最終グループの一番最後に歌
う。いわゆるトリだ。


全ステージが終わった時に連盟歌「朝の光
に」を会場と一緒に歌って散会することにな
っている。1番はユニゾン、2番は混声4部
で歌う。さすがに暗譜とういわけにはいかな
い出も歌える大丈夫。


23日が最終練習。24日本番。私は23日
は大忙しだ。東京の池袋の近くの雑司ヶ谷で
レクイエムのオケ合わせ。17時終了したら
駆けつける。



洋光台は大船の手前。移動時間2時間強。
洋混の練習18時半には1時間ほど遅れるが
最終練習は行っておきたい。暗譜の仕上げだ
からね。ただでさえ、少ないテノール、一人
抜けると3割減だから、心苦しいのだけれ
ど。



さて、ワクワクの速度は116と速い。独特
のリズム、シンコぺーションに対応しなけれ
ばならない。
明らかにポップス調だから、とにかくノリが
良く歌うこと。



小節数145小節、暗譜は結構大変だ。でも
やればできるもの。もう暗譜で大丈夫。練習
時間2時間はアッという間に過ぎた。後一週
間、リズムと歌詞読みは自宅でもできる。本
番では気持ちよく歌いたいものだ。



演奏動画をのせました。
ワクワクは軽快です。それに谷川俊太郎さん
の世界観、歌詞が秀逸です。
ピアノは4拍子のリズムを淡々と刻んでい
だけ。歌い方、いや指揮者次第でいかように
も変化します



この動画の演奏は少し大人しいですね。我々
はもうすこし能動的に、シンコぺーションを
いかしてダイナミックに歌います。
(歌い終わりの感想 :つ、つかれたぁ~)






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

落葉松 [合唱]

d45m_3448.jpg


こんにちは。


15日は昼どき合唱団の定期練習日だった。
山田先生から、先日のジョイントとコン
トの感想を聞いた。お話のなかで一番印象に
残ったのは弱いパートがあったら、みんなで
カバーするという配慮がまだまだだなという
こと。自分のパートが褒められるはうれしい
がやはり全体が良いことが前提だと思う。



アンサンブルだから、みんなが聞きあってバ
ランスを保つことがとても重要だ。
自分の主張が強すぎてもよくないのだ。指揮
を見るだけにかまけているうちは良い演奏は
できないと思う。



さて、本日は11月の定期演奏会に演奏する
落葉松を練習した。確か、3,4年前、演奏
会で歌ったことがある。合唱団に入った最初
の年。



覚えていると思ったが、いやとてもとても、歌
ったことがある歌とは思えないほど難しかっ
た。とにかく、あの時は最初の演奏会で余裕
もなかったが。楽譜は書き込みと、カラーペ
ンでまるで見えない。鉛筆で書きこむなんて
いう才覚もまるでなかったのだ。



もちろん3連符が多いのは承知の上、一度歌
った経験は生きていて、大丈夫だった。
でもこの曲は、リズムをしっかり、音程を正
確に取れただけでは、半分もいかない。



なんとなくスッキリしない。何が原因なのだ
ろう。指定には、8分音符と3連符を正確に
区別しろとある。これはほぼ出来る。
音程も1部分不安があるが、歌いこめば大丈
夫と思う。



繊細さが抜けているのだろうか。
例えば、スタートの「から まつの」をどう
歌うか、「ま」にアクセントが来やすい。
これはだめ。ゴツゴツしてしまうのだ。滑ら
かに歌わねば。
「らまつ」のラララの音程は絶対に下げない
などの注意があった。



それと、小節の各所に<>マークが出てく
る。クレシェンドしっぱなしという無神経さ
は当然ダメ。
要は気を使いながら歌い切らなければならな
いのだ。それは全パートの共同作業だから
ね。とにかくなんて疲れる歌なんだろう。



大分治ってきたが、我が団は昔はフォルテの
合唱団と酷評された。
ピアノ、ピアニシモの表現力がまだまだなの
だ。発声練習でフォルテからピアノ、ピアニ
シモで歌う、またはその逆を何度も練習し
た。クレシェンドしてデクレシェンドする、
これを全員が「揃えて」歌うのは本当に難
しいと思う。



そして、テヌート、最後のフェルマータ群の
凄さ。とにかく一筋縄ではいかない曲。
指揮を見なければバラバラになる。暗譜が必
要なのはいうまでもない。



繊細さに関しては、フォーレを思い出す。
フォーレもピアノ、ピアニシモ、ピアニシシ
モが重要でフォルテからいきなりピアノなど
気を遣うからね。



取りあえず通して歌ったが、これから先生を
イライラさせる予感が凄くする練習だった。



定期演奏会は11月、5か月あると思いがち
だがとんでもない。演奏曲は20曲にわた
る。今歌えるのは4、5曲がいいところ。



この落葉松を含めて、10数曲をこれから練
習するのだ。1曲あたりにするとあまり時間
がない、のんびりやっていられない気持ちに
なる。
まあ、焦ってもどうにもならないので、着実
に仕上げてゆくことしかないのだが。



17時30分から遅い時間の練習の終わりは
20時、正直お腹がすいた。先生を交えて食
事をした。
私は胃を壊していたので、飲む付き合いは全
部断りしていたが、今日からはそれも解禁。



やはり、練習の後の食事は、食べられる喜び
を心から感じるひと時だった。
もちろん、アルコールは食前酒程度というこ
とは守る。家ではもちろん禁酒。もう食べる
のに徹していましたよ。



落葉松の音源で、面白い動画を見つけまし
た。私がテノールなのでテノールの音源です
が、ご覧の程を。歌い方まで指導してます。
親切ですね。フフフ可愛い指揮者だね。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ
































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レクイエム最終練習{目的地乗り違え事件) [合唱]

無題.png

こんにちは。
(当記事は、11日の投稿記事の表題を変更
し、内容を加筆修正して再編集しました)


10日は30日に行われる、レクイエムの4声合
わせの最後のアンサンブル練習だった。
後は、23日のとしまユングオーケストラとの
オケ合わせを残すのみ。ただオケ合わせは本
番仕様だから、練習というよりリハーサル。



余裕を見て、8時出発しようとして、突然胃
の調子が悪化した。嫌気がして動く気力が出
ない。30分遅れでようやく出発。



東横線特急で1本で行けたのに何を勘違いし
たか、渋谷で別の路線に乗り換えてしまっ
た。本当に思いこみ。当然ながら、目的地と
は離れてゆく。気が付いたのは40分も乗っ
た後だった。東京だから縦横に張り巡らされ
ているから助かった。でも約20キロある。
新宿区が目的地、なんと台東区に行ったので
す。



さらにトラブルが起きる。乗り換え駅を確認
したのに、急に考え事。駅についているの
にボウとして、気付いて降りようとしたら目
前でドアが閉まる。しまった乗り越した、次
の駅と往復する羽目に。



とにかく漫画みたいな行動を繰り返し、50
分も遅れてしまった。
本番の日だったら危なかった。なんて日だ、
自分に腹が立つ。そもそも、ゆく前に目的地
が違っているに確認しないのが悪い。
思い込みの激しさは本当に困る。



さて、今回が練習としては最後、でもみんな
落ち着いたもの、たいしたものだと感心す
る。レクイエムはみんな先輩だ。大部分がレ
クイエムのステージ経験者だからね。



今日は10時から17時まで、昼休憩をはさんだ
長丁場だった。個別練習をして、最後は殆ど
立放しの本番と同じ通し練習をした。



今回は体調に不安があり、かなり危惧した
が、何とか乗り切れた。
若い人にはなんでもないことでも、私にはき
ついのが長時間立ち続けることだ。



フォーレは7曲だからまだしも、モツレクは
12曲の大曲。それに後半のステージはアン
コールもある。50分は立っている覚悟が必要
だ。体力だけは温存しておかねばならない。



体調だけは万全にしておかなければと思って
いたが、今回の体の異変で本当に反省した。
後20日、長いようで短い。スケジュールも立
て混んでいるので気をつけようと思う。



私は、レクイエム全曲を歌ったことがない。
ましてやフォーレは初めて。レクイエムでは
ステージに立っていないから、練習を後何回
やろうとも不安は消えない。
でも歌わなければ、いつまでたっても歌えな
い。厳しいがここで歌えば、持ち歌にできる
かも知れないのだ。



2年前、ドイツレクイエムもステージ未経験
だったが現役に混じって歌わせて貰った。
まあOBだからね誰も文句は言わない。でも
オーデーションがあったらとても合格しない
だろうね。



坂本先生は今回のレクイエムは志半ばで亡く

なった多くの卒団生たちに捧げるつもりだと
いわれる。私もその思いは同感だ。単に宗教
音楽として歌うより心を込めて歌える。



ソプラノが40名近くと大勢力、ほかのパート
は各20名でほぼ同数。バランスは良いと思
う。ソプラノは外声で主役だから大変だね。
バスは支えアルトとテノールは内声でハーモ
ニーを作り出す。ソプラノを活かすことが上
手く歌えるコツかな。



暗譜はとても無理だ、ただ譜面の文字は実に
小さいので目で追っていたら間に合わない。
先見して指揮を見るいい勉強になる。



でも、顔を上げるとやっぱり歌詞があいまい
になる。音は殆ど覚えたので、この二十日間
で歌詞のとフーガの読み込みを徹底しようと
思う。



まあ、このステージ経験は私の宝物となるだ
ろう。もし、5年後ステージにたてたらもう
一度歌いたい。今度は経験者として歌える。
さすが確率は???だと思うが。



コールメロディオンは私の子供、いや孫同然
だ。56年前のたった4年間の関わりだけなの
に。今、合唱ができているのもコルメロのお
蔭、運営の大変さも学んだお蔭で、合唱が続
けられるのだから。



もう実務面で協力できることは何もないが、
せめて創立当時の人間ができること、昔のこ
とを語り継ぐこと、語り部になろう。そのた
めには元気でいることだと思う。



まあ必ず別離の時は来るわけだけども、私も
学生たちに元気をもらって、長く歌い続けた
いのだ。OB総会で新入部の1年生たちに会っ
た。とても初々しいね。将来があるってこと
はとても羨ましい。



18時大雨の中を帰宅、今日は本当に疲れた日
だったなぁ~。どうやらまともに食べれるよ
うになったのがとても嬉しい。
良く考えて見ると、私は風邪になると微熱が
でたらアウト、必ず胃をやられる、今回は微
熱がなかった。でも胃がやられた。自分の体
だがわからないことが多い。



12日の結果は不安だが、原因がわかるのでは
ないかという期待感もある。
ただ食生活がダメだね。絶対見直そうと思
う。そんなとりとめもないことを思いながら
眠りについた。



やはりフォーレの旋律は美しい。歌っていて
とても心地が良い。ピアニシモ、ピアニシシ
モの美しさが際立つ。これはモツレクにはな
い繊細さだ。動画を載せました。
「Agnus Dei」です、テノールが活躍しま
す。お楽しみください。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

懐かしの歌(コールメロディオン愛唱曲集から) [合唱]

愛唱歌.jpg
コルメロ愛唱曲集(2008年版)



こんにちは。



1962年、わずか20人程でリスタートした
混声合唱団コールメロディオン。愛称コル
メロ。
以来66年、大勢の団員が卒業し卒団生の世
代差は親子を超えた。当然世代間の人的交
流は難しくなった。



そこで、現役も含め、世代間の架け橋となっ
ているのが歌である。ポップスは世代格差は
あるがクラシックではあまりないと思う。
そしてコルメロには「愛唱曲集」がある。こ
れは、まさに世代をつなぐチエーンだ。



毎年のOB会総会は現役も参加して、愛唱曲
集を歌う。指揮は各世代の学生指揮者。全
14曲の殆どを歌う。お互いに知らなくても、
歌なら共通語だものね。



さて、この曲はご存知だろうか。


「子供と笛」

作曲、磯部俶、作詞、片山俊彦。
磯部さんは、かの名曲「はるかな友へ」
の作曲者です。


子供と笛.jpg


原曲はアカペラ、混声4部合唱。
混声でのアカペラは殆ど歌われないので、こ
の歌もレアの部類に入っているかも。
子供らしい軽快さと、途中のハーモニーの美
しさは素晴らしいと思うのだが。



創部当時この曲は団の定番曲だった。私は、
学生指揮者をひと時やっていたので大学祭で
振ったことのある懐かしの曲だ。
少しイメージが違うが、ネットで演奏動画を
見つけたので、アップした。



あのころから66年もたった。コルメロは今
や学生合唱団では安定的な地位を確保して
いる。OBとしては誇らしい限りだ。



でもこれからは、学生合唱団にとっては、少
子化で厳しい時代が来るかもしれない。
その中でさらなる発展をしてもらいたいと願
うばかり。難しさは承知しているが、現役諸
君にはぜひ頑張ってほしい。



さて、今年はOBOGにとっても画期的な年
になった。初めての大規模なOBOG合唱団
を編成して演奏会を開く。



現役にとっては先輩のありし姿を知るチャン
スぜひぜひご来場を。
演奏曲はフォーレ、モーツアルトのレクイエ
ム。コルメロではもはや「愛唱曲」のモツレ
ク。4年のうちには一度は歌うだろうから。



コルメロ関係者だけではなく、沢山の人に聴
きに来て頂きたいと思います。


(ご案内)

「坂本和彦
指揮者生活40周年記念演奏会」

2018年6月30日(土)ティアラこうと
う大ホール

開演13.30(開場13.30)

入場無料ですが、整理券が必要です。
当日会場配布もあります。下記にお
問合せ下さい。  

実行委員会事務局
080-5204-9580
sakamoto40thanniversary@gmail.com



演奏曲

★フォーレ・レクイエム
★モーツアルト・レクイエム


ソプラノ:安達さおり
アルト :古澤真紀子
テノール:岸野裕貴
バス  :三浦克次

オーケストラ
としまユングフェスタ・オーケストラ




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大ショック「歩く姿が老人歩きになっていた」 [合唱]

00791010113.jpg

みなとみらいの夕暮れ



こんにちは。



我ながら変な表題と思います。でも私には深
刻な問題なんです。



最近、友人、いや先輩に言われてしまった。
「足の間隔が狭まって、お年寄り歩きになっ
ているよ」と。
え~、一番警戒していた恰好ではないか。
じゃア、この間のステージでも・・・?
”そだね”だってさ(笑)



ショックだ。ステージは颯爽と歩きたい。い
やそれは無理としても、堂々と歩きたい。客
席からは丸見えだから。よたよただけはご堪
弁。



でも私はめまい症。いきなり立ったり、長い
間立ってたりしたあと歩き出すとフラつく。
2013年大震災の直後突然発症し、座り込んで
歩けなくなり病院行き。



以後、ひどいめまいはなくなったが常時めま
いがある。治療を受けているが治らない。
もっともそれがもとで、合唱界にまた足を踏
み入れることになったのだから感謝すべきか
な。



でもよたよた歩きだけはご免だ。しかも私は
背が低い。歌う時はほぼ確実に1列目。今は
女の人も背が高いので、並ぶと貧弱だし。
だから余計に歩き方はキリリと歩きたいのだ
が。



この間、後輩と写真を取ろうとして後ろに立
ったら、埋没してしまった。周囲をみたらす
べて女の子だった、アララ(笑)。
後輩(女性です)が気が付いて、すぐ救出し
てくれたが。



昔、靴のかかとにパッドを入れて背を高く見
せることが流行った。でもそれでは、靴を脱
いだらすぐばれる。かえって目立ってしまい
みじめだったもんな~。



いまはダンスパーティやらないからいいけど
、大学時代はいつも壁の花だった。
小さく生んでくれた親を怨もうにも、もうこ
の世にはいない。自分もその年齢に近いし。
背筋を伸ばせば少しは高くなるなどしてみて
も所詮は悪あがき。
その上ファッション感覚も最悪ときて。こり
ゃモテるわきゃないわな。



ひとしきり背の高さに不満をぶつけてもどう
にもならない。だからせめて、歩き方だけは
なんとかしたいのだ。
それでもメリットもある。ほぼ確実に前で歌
えることはうれしい。でもピアノの陰はアウ
ト。前の席から見えないからね(笑)。



歌は当然声に関心が行くが、姿勢だって歌の
内、見た目は大事。男だから服装はそんなに
差はないが着こなしがピッタリこないのが悩
み。



5年前、合唱を始めた時は体重が大幅に減り
やせ細った。団のジャケットでSサイズを購
入したら、今はお腹が出て、ボタンが閉まら
ない!
舞台衣装は新しく買うと凄く高い。6月24日
の本番で着るが心配だ。それまでに少しでも
ダイエットしないと。



唯一の救いは20数年前の略礼服が今も着れ
ることかな。なぜって、一度太って、しぼん
で今度はお腹がでたから。



背の高さ、こればかりは諦めるとして、せめ
て人前ではスッキリと立って颯爽と歩きたい
と、切実に思うこの頃です。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

いよいよ6月、超多忙月はじまる。 [合唱]

PPP_shittoriajisai_TP_V.jpg

こんにちは。



いよいよ6月1日。
超多忙月が始まる予感。
今月なんと合唱の本番が3回ある。



6月5日   ジョイントコンサート
6月24日   神奈川県音楽祭(「ワクワク」を
歌う)
6月30日  坂本先生記念演奏会本番(2つの
レクイエムを歌う)



これに対する、準備、練習日はそんなに多くない。

6月2日    ワクワク練習 
6月10日   レクイエム練習
6月23日   レクイエムオケ合わせ
        ワクワク練習(2時間移動?)

ただ、日常活動が多忙なため、日程がダブリ
調整に苦労している。


6月7日    治療
6月8日    昼どき定期練習
6月9日    洋混定期練習
6月12日   治療(童謡の会)
6月15日   昼どき練習
6月22日   昼どき練習
6月23日   洋混定期練習(本番1日前)
6月25日   ソロレッスン
6月28日   ジュネーブ合唱団ジョイント練習
6月29日   昼どき練習


お互いのスケジュールがダブることが多く、
欠席、または移動が多くなる。本番スケジュ
ールを優先するので、そこかしこに不義理を
している。
申し訳ないと思うがこちらはつじつま合わせ
に必死である。



そして、体の中に異変が・・・最近胃が痛い
と思っていた。調べたら小規模だがびらんが
あるという。胃潰瘍の前兆かな?
検査結果は6日以降にでる。厳しい宣告が出
ませんように。



酒禁止、刺激物禁止、付き合い自粛。まった
く楽しくない。
当然、付き合いはすべて断った。5日本番の
打ち上げも欠席。治療優先。食事がまずく力
が出ない。とにかく節制して乗り切りたい。



今は、6日のジョイントコンサートが優先だ
が間に、24日と30日の本番対策、25日
のソロレッスン対策は欠かせない。



5日を超えれば、30日の本番対策が優先と
なる。ワクワクは、定期練習で対処できそう
だ。



練習不足は確実に本番に響く。どの本番が優
先ということではないもちろんどれも重要で
はある。



私個人のスケジュールなど他の人は関係ない
が、あえて公開したのは自分の気持ちを鼓舞
するため。



本番をミスってのいいわけは、みっともない
し悔しいことだからね。
体調に注意してたが異変は起きた。疲れがで
ているのかも知れない。
幸い、主治医の先生はもう5年もの付き合い
相談して、対処したいと思う。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



























































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジョイントコンサート,リハーサル終了 [合唱]


IMG_20171130_0001.jpg




こんにちは。



30日はジョイントコンサートのリハーサ
ル。最初で最後の全員合わせを行った。
今回はプロの方、エレガントノーツ、山田先
生とジョイントするステージはない。合唱団
としてのステージがあるのみ。



合唱団は昼どきとE&Eクワイア(女声合
唱)とのジョイント。今日が初めての合同演
奏。それだけ、信頼されていると思うことに
しよう。人数は60人超の大所帯だから、迫
力はあると思うのだが。



会場はみなとみらいホールの練習室だった。
最初はリハーサルも緊張したものだがもう慣
れた。



今日の課題はただ一つ、渡部先生の指揮と合
唱団の合わせ。指揮というのは、個性そのも
のだと思う。指揮者の指揮のあり方はそれぞ
れことなる。だから、初めてとなると気を使
う。先生とは、これが3回目、初めてではな
いがほぼ1年ぶり、初めて同然だ。



今回のことを踏まえて、私としては暗譜に気
を遣った。28日の練習では、それができた
と思う。



そうなると楽譜は邪魔なのだが、持つことが
条件なので、逆に見ないことに気を使わなけ
ればならない。見れば元の木阿弥となってし
まうから。
今日は指揮の先生の特徴をつかむことに専念
しよう。暗譜できていればすそれができるの
が強み。



歌い手の立場からすれば、指揮を見ないで歌
うということは本当は怖くて歌えないもの。
スタート、途中の入り、終わり、そして途中
の強弱表現。それを自分勝手に歌った結果を
想像するのが怖い。
だから楽譜にかじりつかないように歌わなけ
ればならないのだが、曲を覚えていなければ
無理だものね。



わかっているけれども、譜面を見て歌う人に
とって暗譜に対する恐れは大変なもの。
私としても、歌いこめば大変なことだとは思
わないが歌いこめていないとやはり恐怖なの
は変わらない。



ただ、楽譜に描いてある指示を譜面を見なが
ら表現する方が逆に大変なのだと思うように
なった。それが今回歌う、「あなたとわたし
と花たちと」。



まずリズムが軽快で早い、目で追う後追いで
は確実に遅れる、とくにメロディのソプラノ
はまだしも、ほかの3パートは遅れやすい。



リズム優先にしたらどうなるか、作曲者の期
待するきめ細かい表現を置き去りにしなけれ
ばならない。
でも覚えていて、指揮が見れたらどうだろう
か。これこそピッタリと歌えるのではないだ
ろうか。



わが団では暗譜を強いることはしない。でも
それは歌い手の負担がますことだとも思う。
歌う前に楽譜をみる、歌う途中で「事前に」
譜面をチラ見、前を向いて指揮を視野に入れ
て歌うこの動作を繰り返す。忙しい、でも必
要だ。



これ大変複雑で難しいのです。特に曲が速く
なると。
それに客席からみれば、皆が楽譜にしがみつ
いているように見える。歌い手と客席の間に
溝が出来てしまう。できるだけ、客席に視線
を向けて歌いたいもの。



もちろん、どの動画を見ても、譜面を見てい
る人は皆この動作をやっている。
とくに、宗教曲を歌うのには必要な動作でも
ある。レクイエムなどは、曲が膨大で覚える
のは大変。しかもラテン語だし。



要は、暗譜で歌わないなら、それ相応の技術
が必要で、しかも簡単ではありませんよとい
うことだが。



ついつい饒舌になってしまった。このコンサ
ートももう3回目、合唱団としてもプロのお
荷物、前座ではなく、スペシャリテイ、いわ
ば味を出さなければいけない時期と思う。



まあ、今回はサプライズがあるので、合唱団
の役目も重要である。せっかくチャンスを与
えてもらっているのだ、貪欲に行きたいなと
思う。



3曲の注意点はやはり歌いだしの言葉の表現
についての点が主だった。細かい注意点はこ
れからの一週間で修正が利く。E&Eクワイ
アとのジョイントも問題なかった。



第1曲の出来が大切、そしてそれぞれの曲は
歌いだしが大事。そうすれば成功に近づく。
渡部先生の指揮は大変わかりやすかった。
当日は気持ちよく歌えそうだ。
本番は6月5日、もうすぐだ頑張ろう。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レクイエム練習佳境に [合唱]

無題.png


こんにちは。



佳境にと書きましたが、実は焦りまくりで
す。遠いのに聴きに来てくれる人もいる。
あだ疎かにできません。



そうやって自分でプレッシャーをかける、一
番アホなパターン。でもね、後輩が大勢来る
んです。上手く歌えなかったら、もはや先輩
面はできない。



いやいや、今回は坂本先生の指揮者就任
40周年記念だ。そちらにも迷惑がかかる。
と少し引いている状態です。
フーガがダメなど言っていられない。
気力だけは盛んな高齢者です、頑張りすぎ
て、当日こけるなよ。



今日27日は大森で練習した。
坂本先生のオーラは違う。学生時代私は2周
りも前の世代で指導を受けていない。
先生の指導を4年も受けた世代は幸せだ。
40年の重みは凄いことだ。



今のコルメロの創立に関わった初期団員の私
としてはここまでコロメロを育ててくれた先
生にただただ感謝するのみ!



あの当時、今のコルメロを想像できることなど
できなかった。
もちろん団員の努力は当然あるでも先生に指
導して頂いて、最大級にその力が発揮できた
のだ。本当にありがとうございます。



いやいやのんびりしている段階ではない。も
うすぐ、もうすぐなのだ。2つのレクイエム
を歌うなんて、殆ど未経験のこと。
フォーレとモーツアルト、全く雰囲気を変え
て歌わなければならない。伝わるかな、心配
でもある。



でも平成世代は元気だね、私にはもう戻れな
い時代、せめて彼らを見て、元気を貰うとし
よう。



今日の練習?自分としてはだまだだね。練習
は6月10日、オケ合わせ23日、ついに来
てしまった。納得できる歌い方ができるよう
頑張ろうと思う。
今日は疲れた。飲むのはやめ,早々に帰宅し
た。



ただ6月は本番が続く。明日28日から多忙
な日々・・・
28,30,2、5、7、8.9,10日・・・
ア~ア息がつけない。せいぜい、悪くならな
いうちにケアしよう。まあ、睡眠をとることと
医者に行くぐらいだけれど。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




































にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ









































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワクワク(県音楽祭演奏曲) [合唱]

17332.jpg



こんにちは。



土曜日は
6月24日の音楽祭に歌う「ワクワク」、組
曲ないの「ほほえみ」を練習した。
ほほえみは、我々年代でも理解できる歌。
気持ちよく歌える。シンコペーションが課題
であるが。



でも、ワクワクは歌曲というよりもはやポッ
プスだね。あまり得意ではない。団でも、若
い年代の人はあまり抵抗感が無いだろうと思
う。



でも、そんなことを言っていられない。ワク
ワク感を出すにはどうしたら・・・
それに歌は、先生の感性だからね。やはり、
それに合わせる必要もある。



ポップス自体歌う経験がないのに自分で歌
い方を考えるなんて返ってぶち壊しになる。
まあ、指摘の指摘の嵐だったね。先生は30
センチ先まで接近してくる。圧倒され放し。
長~い、1時間半だった。



歌い方をいちいち直された。男性はシニアが
ついつい型どうりに歌ってしまう。ようは大
人しいのだ。それに完全に覚えたというと自
信がない。細かいところでリズムと音が狂う。



次回は1週間後、暗譜という宿題がでた。
いずれにせよ、あと一か月、練習は3回、自
主練習もあるが、余裕はない。



いかに、ワクワク感をもってポップスらしく
歌うか、時間との競争でもある。取りあえず
は暗譜の作業と今日注意指摘された点の復習
に時間を割こう。



さて、明日はレクイエムの練習。まあ、よほ
ど歌が好きでなければできないね。
本当自分でもあきれている。



でもできるのは今しかないからね悔いのない
ように頑張ろうと思う。
レクイエの練習も明日と6月10日の2回で
リハーサルとなる。本番は6月30日だ。



そして、28日はジョイントコンサートの最
終練習、30日はリハーサルと切れ目がな
い。体だけには注意しよう。



26日には体調が悪くて心配したが、元に
戻ったので、頑張れると思う。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




































にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ













































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

あと10日、ジョイントコンサート本番 [合唱]

IMG_20171130_0001.jpg


こんにちは



ジョイントコンサートまで、あと12日。
今回25日をいれて、28日の練習のみ。
そして30日はリハーサル。



あなたとわたしと花たちと
春に
元気で笑え





今日は、尾花先生、そして山田先生の指導。
体調がすぐれず、練習が終わってすぐ帰った。
それでも、ほぼ暗譜はできたと思う。



あなたと・・・5月のワクワク感を表現する。
春に・・・は若者の複雑な気持ちを表現する。
元気に・・・は明るく楽しく会場を巻き込もう。



ただ、楽譜を持つと、ついつい見てしまう。
下を向くのは厳禁だ。
まだ、10日ある,
頑張って、当日を迎えたいものだ。



今日は、とても疲れた、飲み会は敬遠早々に
帰宅した。
28,30,2,5,7,8,9,10日
連日の歌練習と本番、さすが体がもつかな。
睡眠を十分とり、無理をしないで乗り越え
たい。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽