So-net無料ブログ作成
検索選択

「音楽散歩」第九の日 知っていますか? [合唱]

 Beethoven_Ninth_Symphony.png(ベートーベン直筆譜)

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

第九は年末の12月に演奏されるものと
思ってないだろうか。
でも最近では夏でも歌われるようになっていて
プロアマ関係なく歌われる。



クラシックでこんなに愛されている
交響曲は日本のみという。
本場ドイツでも日本ほどではないという。


アマチュアでも演奏できる合唱(声楽)つき交響曲
は少なく他にメンデルスゾーンかマーラー(復活など)
ぐらいか。
オケ伴奏つきはレクイエムなど沢山あるが・・・

実は私も2014年と2015年に横浜
東松山で歌った。
ただレクイエムと違い、第九の合唱は第4
楽章のみ。
123楽章は通路待機となり立ち放しが長く
大変だった。
第3と第4の間を時間を取らない場合もあるので、
300名を超える合唱団の入場は大変だ。


昨年はドイツレクイエムを歌ったので
さすがに第九を歌うのはスルーし聴き手に回った。
今年1月、斎藤純一郎氏の指揮で
池袋東京芸術劇場で第九を聴いた。

響きの素晴らしい会場で良い演奏だった。
第一楽章から合唱まで聞いたのは初めてだ。
今年はどうしようかな、まだ決めかねている。


さて第九の日というのがある。
6月1日、第九が日本で初演された記念日だ。

 \200px-Beethoven_6.jpg_


第九の日本初演に関する記事はこちらをどうぞ。
http://kcpo.jp/legacy/33rd/B-Sym9/perform2.html



第一次大戦時、日本に収容されたドイツ軍の捕虜が
主役だ。1918年、舞台は徳島の鳴戸市。
詳しくは上記記事に掲載されている。


女声がいないので、男声に編曲して歌ったそうな。
でもソプラノの担当の男声は大変だったろうね。
テノールの最高音ハイAは手に負えないもの。

あ~あ、実音で出したら気分いいのになあ~。
ソロレッスンを始めたのも、ハイAが出したく
てだがいまだ実現していない。


合唱は4楽章のみなのに、
なんでこんなに日本人を魅了するのかな。
お客全員が歌い手の演奏会もあるよ。
でも、五千人一万人になるとさすが引いちゃうな~


ところで、交響曲、管弦楽は客を集めるのが
アマでは本当に大変な時代だそうだ。
器楽者はまだしも、合唱の場合
はボランティアだね。

でも第九オタクは会費を出しても歌う。
もっとも200人が限界かな、
それ以上は音が拡散してしまうかもね。


管弦楽は音とリズムだから正確だろうけど
歌は言葉がある。
ドイツ語は英語に近い読みがあるから
クラッシックの読みと現代語読みが入り交る。

まずは言葉合わせをしっかり統一しないとね。
私はクラシック読みをお勧めする。

そしてフーガ部は速いので下手をすると
うなりににしか聞こえない。
暗譜でなければ歌えないから、
正確に歌えない人もいて、聞こえるは響きのみ
という合唱団も多いかな。


ストレス発散にはなるだろうね。
歌い終わった時の達成感、満足感は抜群だもの。


いいね!


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「アンデイムジークコンサート」」練習中 [合唱]

 scores-1695041__180.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

アンデイムジークコンサートが迫っている。
本番まで2か月を切った。


25日は、土居先生の順番だった。
念入りな発声練習のあと、出来ても出来なくても
ほぼ全曲を暗譜で歌う。


★組曲:「ありがとう」から4曲(石若雅弥曲、谷川俊太郎詞)
★こんにちは!僕らのふるさと
横浜は バラの街


後ろの2曲は、洋混を長年指導された、
吉田孝古磨先生の作曲の曲。


2月のコーラルフェストで暗譜で歌ったので
慣れている。
でも「横浜は・・・」はワルツのテンポ、
軽快に歌えとあるが、ワルツは意外に難しい。
雑になりやすいので注意!注意!。


だが難物は組曲のほう。
子供の誕生から大人に成長するまで
の苦悩や葛藤を感動的に表現するとあるが、
さてさて、年代が大幅に違う我々がどこまで表現
できるか、今はテンポについて行くのが精一杯。


「一人きり」はアレグロテンポ。
「幸せ」はモデラート
「走る」はアレグロ
「ありがとう」はモデラート


速い曲はスタミナがいる。
殆どの曲は、アカペラスタートできるよう作曲されて
おり、前奏がない。
だから、前の曲の終わりの音が重要だ。



息が継ぐ間もない。
音程が下がってはならないということ。


躍動感、嬉しさ、悲しさ、心の痛みを表現してほしい
という作曲者の願いを実現するよう頑張りたいものだ。


和音はシンプルとあるがどうしてどうして・・・
最近の若い作曲者は手の込んだ和音の編曲が多いなあ~。
まあ、歌い手はまずは作曲者の手の内で踊れてこそ
自分を主張できる訳だからね。


でも考えてみれば、一番大変なのは、指揮の土居先生。
いろいろな声が聞こえてきて、まとめるのは大変だろうな。
とにかく、本番まであと20日少し。


まだ、シューベルトミサ曲もあるからね、とにかく頑張ろう。


////にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「厳しい練習、自己反省しきり」 [合唱]

nordhausen-1726452__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

2年も練習しているのになにをしている、
怒りを抑えられない先生。
矛先はテノールと感じる。

公式練習に先立ち、行われた
男声だけの強化練習で上手く歌えなかったからか。

歌える人を外しその他の人間で歌わせる。
先生は不安だとそういう方法をとる。
もろに嵌る、ピアノ伴奏についていけない。

我々の実力は素人に毛が生えた程度。
努力が足りないのは認めるが、
何より楽しくないもんね。

自信がないから、余計ミスをするしね。
みないい大人だ、もう少し良い方法がないものか
・・・

まあ、でも勉強不足は認める。
やはり、言われることは嫌だ、そのためには
この2か月でしっかりと仕上げること。


先生が仕上げてくれるわけではない、
指摘するだけだから。自分の努力が必要なんだ。
努力が足りないことを反省しよう。


やはり、不得意な部分の練習が足りないのが問題。
先生の厳しさには感謝しよう。


すべては勉強、勉強!!
頑張れば、得をするのは自分。
とまあ肝に銘じながらも少しブルーな気分の練習だった。

少し暗くなりましたね。お口直しにどうぞ。
でも、易しいように見えてどうしてどうして、
暗譜が絶対必要な曲です。


>にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゴールデンウエーブ「音合わせ」 [合唱]

 ave-maria-oratory.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は結構忙しい一日だった。
15時に「夜明け」の音合わせ練習。
17時30分から総会。
18時過ぎから6月3日のジョイントコンサートの練習。

音合わせはピアノ+合唱にチェロ、バイオリンを合わせる。
というか、チェロの独奏にほかのパートが絡む感じ。
合唱は歌詞がなくAの母音唱のみ、
ハーモニーがポイントとなる。

しかも伴奏のない合唱のアカペラ部分もある。
要は完璧なハーモニーが必要なわけ。


いままでは、ピアノと時に尾花先生のバイオイリンで
練習してきた。

ただ尾花先生が絶対音感の持ち主なので、
音取りは心配していなかった。
チェロもバイオイリンも我々昼どき合唱団は慣れている。

とはいえ、今日は初めての音合わせ。
少し不安が・・・

速度を確認しながら、合うまで何度も何度もひたすら
合わせる。
さすが専門家、すぐ合唱に合わせてくる。


合唱団の参加団員は47名、かなりのボリュームが出る。
楽器もボリュームアップが指示された。

アカペラ部分は正確な音で歌わないとハモラナイ。
楽器の音がないので参考にできないのだから。


それでも、そんな複雑な曲でもない?のかな
キチンとハモッている!
アカペラの経験が殆どないのに、みんなやるね。
実力がアップしたねと先生。

いやいや安心はまだ早い。
それに歌詞がないと案外歌い易いのだなこれが。

でもいつも音程に厳しい先生が今日は笑顔、
首を傾げることはなかった。


音合わせはあと1回ある、しっかりと練習したい
ものだ。

歌う曲は2曲、もう一つは「翼をください」を歌う。
これは本来はピアノ伴奏曲。

でも、2曲合わせるとほぼ7分近くなる、
まづい、二人の先生の退出時間がとれなさそう。


7分をオーバーしたら、反則になってしまう。
結局、お2人の先生のご好意で「翼を・・・」も演奏
していただけることに。

やったぞ!?、
豪華伴奏つき(ピアノ+チェロ+バイオイリン)の
演奏が出来ることになった。
尾花先生の編曲の負担が増えるが、よろしくお願い
しますね。

練習はあと5回万全な仕上がりを目指して頑張ろう。


>にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シニア合唱祭「ゴールデンウエーブ」あと1か月 [合唱]

 9gwomote091.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。



3月10日は、昼どき合唱団の練習日だった。
4月12日本番のゴールデンウエーブの練習をした。
曲は「夜明け」「翼をください」

「翼をください」は昨年の定期演奏会の演奏曲、
歌いこんでいて自信がある。
暗譜も大丈夫。まず心配はないと思う。
油断は禁物だが・・・

やはり、重点は「夜明け」。
この曲は指揮者尾花先生の作詞?作曲のオリジナル曲。
このゴールデンウエーブで「初めて」演奏する。
う~ん大胆だなと思う。

言葉のない、母音唱だけの曲。
でも曲想はもちろんある。
グランドキャニオンの山すそに上る太陽を連想しよう。
日の出を見守る人たちのざわめきが母音唱で表現され、
日が上り切ったときの歓声で歌が唐突に終わる。


合唱は歌詞がなくハーモニーだけ。
合唱はチェロ、バイオリンピアノと同じ楽器の一部
みたいなもの。
合唱とのバランスが難しいが・・・


合同練習は3月17日に1回あるのみ。
プロ合唱団みたいだが。
オケと一緒に歌う合唱団の宿命だ。
だから、練習はピアノとしっかりと合わさねば。


音は難しくない、大丈夫もう取れる。
問題はパート同士のハーモニー
だから通し練習を繰り返す。


曲はパート同時にはスタートしない、
次々と別れてスタートし最後にハモル。
言葉はないがハモれば素晴らしいもんね。


でも綺麗にハモルるには簡単なようでいて、
失敗するとすぐわかる。油断禁物だ。
主役は各パート、バランス良く歌いたいものだ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「アンデイムジーク・コンサート」5月本番、練習強化 [合唱]

 245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

こんにちは。

3月4日は、15時から17時にかけ5月の本番の

「アンデイムジークコンサート」の演奏曲の

通し練習を行った。

続いて、18時半から場所を移動し

川上先生の指導を受けた。

シューベルトミサ曲全曲とアベマリア2曲をさらった。

アヴェマリアはグノーとカッチーニ。

まだまだ歌いこまねばね。明らかに練習が足りない。

最近、先生は暗譜を強く言わない。

ただ、肝心どころは指揮を見るよう

それとなく誘いこむ。

先生の指揮を見るということは

当然楽譜から目を離す、

暗譜にはとても効果的なんです。

音は取れるのであとは歌いこむのみだが、

これからは繊細な音楽的表現を要求される。

歌詞を歌うだけでなく様々な母音唱で音を覚える。

様々な母音唱は発声練習を兼ねているのだ。

ユニークな練習方法と言える。

もちろん喉声は厳禁!横隔膜を使うのは同じ。

先生は男声を強化したいようだ。

18日に男声の強化練習が予定されている。

アルト、ソプラノは順調と見ているのかな。

ミサ曲について言えば、テノールは内声だ、

内声としての役目を果たしていないということか。

特に、グローリアなどアレグロで速いテンポに

付いてゆけない傾向があることは承知している。

まだ時間がある、本番が目の前に迫り

後悔しないよう、今が苦労のしどころ。

頑張るのみ。

★シューベルトミサ曲(D167)の第1曲、キリエの
 演奏動画を載せた。この演奏のように荘厳に歌えればな~。
 ただし私たちはピアノ版で歌う。

 






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大中恩「秋の女よ(あきのおみなよ)」ソロ・レッスン [音楽]




ha_082_s.jpg

 こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


3月2日は月1回のソロレッスン日だった。
山田先生のお宅にお邪魔した。


前半は発声練習から。
いつもの口の中の狭さと舌の動きを指摘される。
問題点はわかっているのだが、
改善に時間がかかっている。


母音唱、スタカート唱、レガート唱、
30分ばかり。
スタッカートがやばい。高音で早々と声が裏返る。
その度にレガートから、そのフィーリングで
スタッカート唱に移行。


それでも、音域は確実に上がっているのだが。
今年は実声でAを出したい。


テノールなのに、低音域の方が良いと言われている。
テノールというよりもハイバリトンの音域らしい。
でも、私はやはり最初の目的、
第九でAが出せるまではテノールは続けたい。
発声練習ではなく実戦で安定的に出せるまで。


まだ目標の段階だからなあ。
月一回のレッスンだから
8月のコンサートまでアッという間と思う。


Gでも連続して出てくるともう危ない。
今日の練習曲はその小節がある、不安が募る。


いよいよ、課題曲の練習開始。
「秋の女よ」
大中恩氏作曲、佐藤春夫作詞。


美しい曲。
だが歌う側にとってはトラップ満載。
4分の3と4分4が交互に出てくるし。
それにリタルランドでの音楽的表現が重要。
自分でカウントすることを忘れると
ピアノと合わないなどなど。


アンダンテからでて、モデラート、アンダンテ
さらにリタルランドでテンポがクルクル変わる。
とにかくピアノとの相性が良くないと話にならない。


最高音はGだが演続で出てくる小節がある。
前回は歌えていたのに、今日は裏返る。
不安が的中、途中からEから上の声が出なくなり、
思わず弱弱しいハルセットで歌ってしまう。
これ本番で出たらアウト、ギブアップ。
きっと喉声になってしまっていたのだろうか。


私のハルセットは高音部で強いトーンが出ない。
どうも、カラオケの悪弊のようだ。悪い癖が出た。
ア~ア。


ポップスのように実声とハルセットが
混じりあうミックスヴォイスが出したいものと思っていた。
でも、ネットで出てくる指南動画は悪声に近い高音ばかり。
しかも喉声が多く参考にならない。
どうもマイクあっての歌唱テクニックだな。


実声を強化するしかないと思う。
リズム感も最悪。今日は悪いところばかり。
おおいに反省した一日だった。


音取は難しくないのに、
先生のピアノと合わせるとボロボロ、
先生も初見同然なのに堂々の演奏でさすがだ。


ア~ア(ため息)情けない。(^_^;)
なにせまだ2回目だからね。
練習でのミスは次で取り返す。


先生はこういうときは冷静で冷徹。
絶対に妥協しない人。
ミスは見逃さないし、
直さない限り前に進まないし
1:1だから逃げることは不可能だ。


最も、見逃して貰っても次回の課題が増えるだけ。
降り始めた雨に少しブルーになりながら、
先生のお宅を後にした。


秋の女よの演奏動画をのせた。合唱ばかりで、
独唱はすくない。元は合唱の名曲であったのだが、
歌曲は近年発表されたもの。
ピアノ伴奏が好きだ。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コーラルフェスト終了・ゴールデンウエーブを目指す [合唱]

woman-1503387_960_720.png 

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。


youtubeにヨコハマ・コーラルフェストでの
「洋光台混声合唱団」の演奏動画
アップしたので是非聞いてください。
2曲共とてもロマンチックな曲です。


上手く歌えたつもりでいたが
残念ながら動画を聴くと一部乱れたとこがある。
みなとみらい大ホールは魔物でも住んでいるの
かな。
油断すると足元を掬われる。


5月の本番前だからとは言い訳にしかならない。
本番は5月21日「県立音楽堂」での
アンデイムジークコンサート。
やはり響きが良いホールだ。
それまでに頑張って修正したいもの。


コーラルフェストでテノールが講評の先生に
褒められた、素直にうれしい。


私は2014年に洋混に入団したが、
常にテノールは少数派。悔しい思いをしてきた。
今回はテノールの歌唱が大ホールの2階席にまで
届いたのだ。


ただ動画を聴いた限りでは、
歌いだしの言葉が弱い、
女声に比べて不明瞭だった。
音楽的表現ももう一つだし本番までの課題だ。


(演奏動画:「こんにちは!僕らのふるさと」「横浜はバラの街」)





さて次は4月12日に「ゴールデンウエーブ」
がある。
これは、全国シニア合唱祭だから、
規模がもう一つ大きい。


会場はやはりみなとみらい大ホール。
演奏は「みなとみらい昼どき合唱団」の
一員として出場する。


一曲はピアノ伴奏で「翼をください」、
もう1曲はバイオイリン、チェロ、ピアノとの
合奏で「夜明け」を歌う。
夜明けは歌詞がなく母音唱のみの歌。
どんな演奏になるか予想がつかない。


24日は昼どき合唱団の練習日。
18時から開始した。


今日は尾花、山田先生が揃った。
当面の目標はシニア合唱祭
「ゴールデンウエーブ」に歌う曲の練習だ。


1曲は歌詞のない曲「夜明け」、最初は
戸惑う団員もいたようだがもうハモれるよね。
 ●夜明け(合唱+pf+Vln+チェロ)
 ●翼をください(合唱+pf)


でも、どう歌えばいいか確信を持てない人が
いまの段階では多いと思う。
そこで山田先生が作曲者本人の尾花先生の前で
鮮やかに解説してくれた。


夜明けは自然現象の夜明けを表現したのではなく、
太陽が上るのを見に来ている人たち。
太陽が上る過程での「ざわめきと感動」を描いた
ものという。太陽が上がった瞬間で歌は終わる。
最後の盛り上がりがお楽しみ。


この歌は11月の本番でも歌う。
まずは、ゴールデンウエーブでの先生方の講評
が楽しみだ。


昼どきでは尾花先生が、音取り、リズムの指導
をし山田先生が声楽的に仕上げる。


山田先生は我が団にとってマドンナ的存在だが
音楽に関しては尾花先生以上に厳しい先生だ。
現役のソリストの存在感と感性は素晴らしい。


指導を受けたら合唱団の歌唱がその場で劇的に
変わることも。
本当魔法使いみたいだ。


通常の合唱団は、当然1人の先生が音取りから
仕上げまで指導するわけだが、
この団は音取り、リズムは尾花先生が指導し
音楽的仕上げは山田先生が行うわけだ。


尾花先生は音楽監督だ、
ご自身が器楽者と作曲者のため、
作曲とオケの編曲もしなければならない。


先生は元読響のバイオイリンのコンマス。
だから我が団は小人数だがオケを抱える。
オケを指揮するには合唱指揮だけの人には
難しいようだ。


曲の音楽的表現は山田先生が指導される。
器楽者の尾花先生にとり専門外であり
声楽的指導や実戦的表現は大変だと思う。


それを声楽家の山田先生がフォロウされる。
これはお二人の信頼関係がなければできない。
他から見れば随分と贅沢なグループだと思う。


演奏曲は団員の話し合いで選曲する。
もちろん先生方の推薦曲も入るが。
皆の選曲はどうしても「歌い易い曲」
中心になりやすい。
ステージで歌う曲は短くて数が多くなる。


オケの伴奏譜も尾花先生が作るので、
当然編曲には時間がかかる。


全部を歌いこむ時間がなくなることも。
短期間での全曲暗譜はシニアにとっては
ハードルが高いのだ。


でも、暗譜の必要な曲は問答無用で
暗譜するべし。
譜面を持ったとしても確認用、
声を前に届ける姿勢が最重要だ。
本当は時間をかける大曲も歌いたい
ところだが・・・


さて、4月のゴールデンウエーブの会場の
みなとみらい大ホールは響きが良く、
一見歌いやすいホールと思われがち。


でもしっかりと歌わなければ逆効果となり、
ボケた響きになってしまう。
拡散を抑えて、ホールに負けないよう歌おう
と思う。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

横浜市音楽祭。「コーラルフェスト」出演 [合唱]

p20965x.jpg

こんにちは。

歌のつばさのnaoka19です。

9日日曜日、洋混の一員として

音楽祭「コーラルフェスト」で歌った。

コーラルフェストは横浜市で活動する合唱団の

ための音楽祭だ。

みなとみらいホールで行われた。

17,18日は小ホール、

19日は大ホールの3日間。

我が団の指揮は土居先生、

当日は磯子で事前練習、

みなとみらいに向かった。

歌う曲は2曲、

 ●こんにちは、●横浜はバラの街。

この歌は5月の本番でも歌うので、疎かには出来ない。

14時07分本番、2曲を7分内で歌う。

いずれも洋混の元指導者の吉田先生の作曲したもの

とても爽やかな、そしてロマンチックな曲だ。

吉田先生は本日はコーラルフェスタの審査員をされる。

作曲者の面前で歌う、とても緊張する。

勿論暗譜だ。9割がた覚えたが・・・

歌詞カードで不安箇所を浚う。

みなとみらい大ホールは響きがとても良い。

発声が大事、気を付けないと言葉がわからなくて拡散してしまう。

現に、出場したチームの多くは前部座席でも

言葉がわからなかった。

20人前後では後ろに声が届かないことがあり、

50人ではパートの声が拡散してしまう。

しかも、審査員席は2Fで届きにくい。

上手く歌ったつもりでも、思いが先生方に届かないのだ。

実際、声は聞こえるが言葉がわからないという講評があった。

私の声楽レッスンの先生は、合唱指導の時 

声は50メートル、100メートル先に届けるつもりで

歌詞は子音をしっかり歌えと指導される。

2階席に届けるを強くイメージするのだ。

今回は其の一点に集中して歌った。

もう、暗譜の不安なことなどどこかに飛んでいた。

いい演奏ができたぞ。

先生方の講評はおおむね良く、

特にテノールが良かったと。

正直に嬉しいな~。

私がこの合唱団に入った2013年はテノールが4名

一番評価されない少数派だったから。今は6名。

2名増えただけと思われるかもしれないが、

とんでもない全然違うのだ。

我が団が入ったグループは15チーム。

各チームから1票投票し最大得票のチームが

ブラボー賞」を獲得する。

土居先生の言われるとうり皆上手だな~。

コンクールの雰囲気だものね。

結局、私からみてもうまいな~というグループ

が受賞した。

洋混は候補に入るも残念!?

まあ、コンクールに出たわけではないからね。

洋混は、女性陣が60%と圧倒的で自信も持っている。

今回はテノールが誉められてよかったかも。

女性陣には刺激になったようだから。

いよいよ、残るは「アンデイムジーク・コンサート」本番。

5月21日(日)、於:県立音楽堂。

近隣の皆さま、どうか万障繰り合わせおいでください。


;にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「夜明け」(シニア合唱祭ゴールデンウエーブ演奏曲) [合唱]

 012023_li.jpg

こんにちは。

ボォーカリーズって知ってますか。

ウイキペデイヤによると、

「ヴォカリーズ(フランス語: vocalise、ドイツ語: Vokalise)は、

歌詞を伴わずに母音のみによって歌う歌唱法を指す。

母音唱法とも呼ばれる。主に発声練習の際に用いられるが、

ヴォカリーズによって歌うことを指定した声楽作品も存在する。」

わが、昼どき合唱団は

4月のゴールデンウエーブに歌う1曲目に、「夜明け」を歌う。

母音唱法のボォカリーズで歌うのだ。

(もう1曲は「翼をください」)

ゴールデンウエーブは音楽祭だから時間制限がある。

課題曲は2曲まで7分内。

「夜明け」は指揮者尾花先生の作曲だ。本邦初演曲。

チェロ、バイオリン、ピアノと混声4部合唱の曲。

夜明けの情景、太陽が顔を出して、

上るまでを描写したものという言語表現はなくア母音だけ。

太陽がだんだん上がって行く情景をアーのみで表現する。

チェロ、バイオリン、ピアノとの共同作業だ。

「チェロ、バイオイリン、合唱」+「ピアノ伴奏」という感じ。

もはや合唱だけではとても対応できない。

2つの楽器(チェロ、バイオイリン)との掛け合い。

同じ立場に立って歌えるかが鍵だ。

幸いにして、チェロとバイオリンとの合奏には慣れている。

各パートは殆ど一緒にでない、バラバラにでる。

みなメロデイを歌うようなもの。

他のパートは助けてくれないからね。

しっかりと歌わないと失敗は許されない。

こんな経験はあまりすることはないので緊張する。

聴いているお客さんの反応はどうか楽しみだ。

ボォカリーズの名曲を聴いて下さい。

本田美奈子さん、きれいな歌唱です。 



>にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽