So-net無料ブログ作成

みなとみらい昼どき合唱団、第4回定期演奏会 [合唱]

昼どき合唱団員、naoka19です、

第4回みなとみらい昼どき合唱団の演奏会について、
感想文にしてみました。

MM-1.jpg


10月14日、みなとみらい小ホールで、19時開演。
大型台風の影響が心配されましたが、
ありがたいことに、前回同様満席状態となりました。

わが団の特色は、何といっても、
小編成ではあるがオケとの共演、
今回は読売日響のクラリネット奏者藤井洋子さん、
同フルート奏者の一戸敦さんをゲストにお迎えしました。

お二人とも一流のアーチスト、本当に緊張しました。
オーケストラの皆さんありがとうございました。


演奏曲は、良く知られた曲、でも
合唱およびオケの編曲は全て指揮者の尾花先生のオリジナル。
各パート平等にメロディが出てきて、油断がならない。
それがまた楽しみなのですが。


合唱の名曲である「水のいのち(雨、海よ)」は
唯一のピアノ伴奏曲でした。
ただ、自分的には、曲想の解釈など反省の余地多く、
ピアニシモでも会場の隅々まで届く発声のしかたなど、
まだまだ道半ばと痛感します。


クライマックスはわが団のプリマドンナ、
山田英津子先生とのコラボ曲「ムーンリバー」。
合唱部分は難解で、何とか歌いきれて本当に良かった!


尾花先生の作詞作曲または作曲の、いわば当合唱団でしか
歌うことのないオリジナル曲も歌いました。
「忘れない」「すすき」「みなとみらい賛歌」など。
これは他の合唱団ではなかなか得られないこと、
大切にして行きたいと思います。


演奏会では、毎回素晴らしい二つのサプライズがあります。

一つは山田英津子先生のソプラノ、ソロです。
美しく、透明な声と表現できます。
山田先生のCDがリリースされています、
ぜひ聴いてみることをお薦めします。
(ソプラノ歌手、山田英津子で検索出来ます。)

今回は日本の歌、振り袖姿でステージに・・・
あでやかな姿、我々は舞台裏で待機のため、
モニターTVでしか見れなかった、残念!


もう一つは指揮の尾花先生のバイオリン、ソロ、
あざやかです。バイオリンが「語り」ます。
演奏会に来ていただいた人には
納得して頂けると思います。


アンコール曲が終り、「今日の日はさようなら」を歌い
送り出しました。
席を立とうとしないお客さんがいます。
よく見ると幸せそうな顔で一緒に歌っておられる。感激!

3番が終わりハミング、舞台から降りてロビーへ急ぐ、
知り合い、友人からの祝福が待っていました。
小ホールは来場して頂いた方と交歓出来るのがうれ
しい。


終了後は遅い時間まで、馴染みのカラオケバーで
歌いまくりました。呆れた合唱バカですね (笑)。




当日お出で下さった皆様、本当にありがとうございました。
来年はもっと成長した姿をお見せ出来ると思います。
次回のご来場お待ちしております。


昼どき合唱団は男女のバランスも良く、気の置けない仲間たち
の集まりです。ぜひ一緒に歌いませんか。
団員になりたい方、興味のある方、下記公式ホームページを
ご覧ください。

コチラ⇒http://nkitaweb.web.fc2.com/MMchor/index.htm



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村





合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

Calis

沒有醫生的處方
can i take cialis and ecstasy http://kawanboni.com/ Discount cialis
by Calis (2018-04-14 19:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0