So-net無料ブログ作成

歌でお見送り、惜別の「石楠花」(みなとみらい昼どき合唱団) [日記]

 白菊.jpg

こんにちは。naoka19です。

昨日は、ある葬儀で合唱でお見送りするという、
私の人生でも初めての経験をしました。

故人は病に倒れる前は、
我々昼どき合唱団の仲間として、
今まで一緒に歌っていました。
突然の訃報、残念でなりません。

今年は実の弟の突然死にも遭遇し、
今度は周りにいる仲間が突然いなくなるという、
悲しみに出会いました。

「永遠に旅立つ人を見送る」ということ、
故人をお見送りするには色々の形がもちろんあります。
キリスト教(カトリック)では、聖歌を歌いますね。 

でも我が国には、聖歌(鎮魂曲)というものがありません。
故人の旅立ちはお祈りでお見送りですね。
歌って見送るという習慣は仏式、神式ともありません。
(もちろん、キリスト教は例外です)

だから、最後のお別れに、故人とご遺族の前で歌う、
これほど、心震える事はありません。

歌った「石楠花」は鎮魂の歌ではありません。
昼どき合唱団の愛唱歌ですが、とても心温まる曲です。
故人もお元気なときは一緒に歌っていた歌。

上手く歌えなかったかも知れない、
間違えたかも知れない
今まで、何気なく歌っていた曲が難しい。

ただただ、心安らかに旅立っていただきたいという
一心で歌いました。
2~3分がとても長く感じられました。

故人とご遺族にお別れの気持ちが伝わっただろうか、
考えるとキリがありません。

ですが、つくづく歌のパワーは凄いと思います、
言葉で語るより、惜別の気持ちを伝えられるのです。

どうか、心安らかに天国へと旅立ってください。
そして、天上から私たちを見守って下さい。


★「石楠花」の一節を紹介します。

初夏の あこがれ
仄かに香る石楠花の
うるわしい 朝のひと時

初夏の あこがれ
しおりに揺れる思い出の
星の光 深いしじま

遠い日の旅よ つかの間の 花の出会い
振り返る 君の笑顔
夢のように 流れた 青春の輝き






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

Viagra cialis levitra

沒有醫生的處方
cialis 5 mg buy http://cialisyoues.com/ Generic for cialis
by Viagra cialis levitra (2018-04-14 09:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0