So-net無料ブログ作成

「最終練習と忘年会」(みなとみらい昼どき合唱団) [合唱]

a1580_000013_m.jpg

こんにちは、
歌のつばさのnaoka19です。

18日は本年最後の練習日。
14日の本番の余韻がまだ冷めやらぬ感じ。

今日は山田先生はご自身の演奏会があるのでお休み。
尾花先生より、一曲一曲の講評を聞く。
我々合唱団の得意不得意が良くわかる。

ラシーヌ賛歌とかハレルヤは自分でももう少し積極的に
歌わないといけないと思っていた。
やはり、課題残しだと思う。

今日練習した「ラクリモサ」もそうだが、
こういう曲は何回も歌い込んでいく曲だと先生もいわれる。
第九のようにね。

今回はかなり冒険だったのかな。
ラシーヌは最初からかなり歌い込んだが、
ハレルヤは急仕上げだったと思う。
もちろん、ベストは尽くしたが・・・

演奏会での歌い始め、東海道沿線歌の第一声、今も思い出す。
「あれ今回は違うな」と感じ。
みなとみらい小ホールは響きの良いホールだ、それかなと思った。
違う違う、みんなの声が活きている。

日頃の練習の効果が表れてきている、きっとそうだ。
もちろん、プロの目から見れば、まだまだ、
もっともっとだと思うが・・・

山田先生は今回ももちろん直前指導をしていただいたが、
プレイヤーとしての出番も多く大変だったと思う。
先生の視点での感想、ブログもぜひご覧になって下さい。
   ↓
    http://eko-voice.blog.so-net.ne.jp/

自宅に帰ってから、急に思い立って昨年のCDを聴いて見た。
響き、パートのバランスも良くハーモニーも綺麗だ、
言葉が少しあいまいだが・・・

あらら、意外にいい出来じゃん、
じぁや今年はもっと?
CDが出来るのが本当に楽しみだ。

でも、本番は過ぎ去った、すでに過去の産物
1月から新たな出発だ。

合唱団であるからには、ハーモニー、音程、リズム、
そして発声重視は当然だ。
それにうちの合唱団は言葉も重視する。

2016年はそれにもうひと味加えたい。
なんだろう、お客さんを引き付ける何か・・・
それは?この休みのあいだに考えることとしよう。

今日は、4月のゴールデンウエーブの演奏曲の
タイム計測(7分内の制限がある)と
モツレクの「ラクリモサ」を練習して終了。

宗教曲はあまり歌わないので、
ラクリモサはもっと歌い込んでいかなければね。
鎮魂歌はやはり宗教曲でないと、
ぜひ一曲は身につけたいもの。

終了後は反省会、
要は忘年会という無礼講?!

何んだか、向こうですごくテンションの高い女性陣!!
それだけ,みんな気張っていたんだね・・・
普段の練習もハイテンションでやりましょう。
それこそあっという間にうまくなるかもよ。

遅れて、演奏会を終えた山田先生、登場!!
自分の本番直近まで、熱心なご指導をしていただいた。
本当に頭が下がる。ありがとうございました。

みんなの興奮が頂点に達したところで、終了。
最後はみなとみらい賛歌、あ~あ音程下がってる~!
よいよい、今回はとくに許してつかわす。

一次会が終わって、途中のキッチンでおしゃべり2次会。
こういう時はわが団もやはり女性が主役。
コーヒーが上手かった。パフェも何十年ぶりに食べた。
こういうのもいいね!

1年間は長い、色々なことが起こった。
残念ながら、亡くなられた団員もいる、
病気で離脱した団員も多かった。

でも演奏会成功の喜びはみんな共有です。
一緒にブラボーしましょう!!。

昼どきのみんな、山田、尾花先生、ピアニストの先生方
今年は大変お疲れ様でした。
来年、また元気よくスタートしましょう。



>にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0