So-net無料ブログ作成

年内最後「ソロ・レッスン」 [音楽]

夕陽.jpg

こんにちは。
歌のつばさのaoka19です。

暖かい日と寒い日が目まぐるしく変わる日々。
かぜを引かないのも歌のおかげかと思うほど
歌に関連する行事続きで風邪を引いている暇が
ないこの1か月だった。
(もっとも、カラオケも飲み会もしっかりとこなしたが)

14日、演奏会、21日、ランチタイムコンサートで
年内の演奏活動は終わり。

でも、まだ難関が残っていた・・・
22日はソロのレッスン日。

練習不足ではあるが言い訳にならない。
先生ご自身が我々と一緒に昼どきのスケジュールをこなし、
演奏会では、指導・出演というハードワークの上、
加えてご自分の演奏活動をこなしてきたわけだから。

さてレッスンの半分は発声練習。母音を変えて、
高音域から低音域、低音域から高音域の発声練習、
スタッカートの練習を「入念」にした。

メニューは殆ど同じだが、突然変わることもあり
気が抜けない。

合唱の発声練習と違い、先生と1:1、仲間はいない、
一人だけ、これは緊張する。
問題あれば、そこでストップ、
しっかり注意されて出来るまでやり直し。

人により指導のポイントは違う。
正対すれば、悪いところ、欠点はすぐわかるはずだ。

いつも指摘を受けるのは、高音になるとアゴが上がる、
歌っている時下あごを引き過ぎる悪いクセだ。

舌が丸まってしまい、口の中が狭くなる。
高音域では声が裏返ってしまう。
いやいやこの頃油断すると中音域でも裏返る、まずい!

頬を両手の平でおさえて歌う。
口が縦にあき舌が前に出てくる。

舌を平に保つ、舌根が丸くならない、後退させない、
舌を制御するというが、実行は簡単ではない。

無意識に出来るようになるには早くて1年、
2、3年は覚悟が必要だという。焦らず行きましょう。

声帯の引っ張り上げを意識する。いわゆる、犬の遠吠えだ。
この引っ張り上げが出来ないと高音域で音が上がらない。

この練習は、自宅ではハミングが効果的だと先生。
周りにも迷惑がかからない、早速実行しよう。
犬の遠吠えは周りを見てね。
くれぐれも人中でやらないように。

いずれも、高音域を上げるためには必要な訓練だ。

体が硬くてもいけない。
柔らかく保つ、意識すると硬くなる。
姿勢はそっくり返りも前かがみもだめ、自然に立った状態だ。

いずれも、声楽の基礎の基礎、でも30分もやっていると
本当に疲れる。

「疲れる」それがとても大事だと先生は言われる。
上辺だけの、疲れない練習など意味がないということだ。

今日は苦手なスタッカートがこなせた、気分がいい。
いつも途中でメロメロになるが今日は違った。
いままで、腹式を意識しすぎ力が入っていたかも、次に期待しよう。

年齢を経るにしたがって、話し声が低くなってきている。
息漏れかもと思っていたが、でも響きも出てきている。
先生は中音の響きが良い、声質はバリトン系かなといわれる。

ただ、人により自分はテノールをやりたいという人に
バリトンというとショックを受ける人もいる。
指導者としてはとても慎重になるらしい。

私はとくにテノールにこだわりはないが、歌う以上は
自分の限界の音を見きわめたいのが本音だ。

現実には、発声練習では出せても、歌となるとGが限界、
それも調子次第。安定している声域はFまでである。

混声合唱では大体Aが最高音だが、ソプラノもいるし
ハルセットでしのぐことが出来るので不具合はない。

さて、ソロで歌うとなると、
選曲で悩みが出てきた。
響きがだせれば、中音域がメインの曲がいいかのかなと思う。

でも自分の声をCDで聴くとまるで響きがない。
バリトン歌手の豊かな声量はね、なんだかなぁ~
悩ましいこの頃である。

記事長くなりすぎましたね。
シューベルトのレッスンの進行具合のレポートは日を
改めたいと思います。
歌のレッスンもボロボロの状況では書きたくないのが本音かな。

替りに、プロの演奏動画でお許しを。
いつの日かこのように歌いたい、いや夢のまた夢ですね。



;にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0