So-net無料ブログ作成

さらば2016年、今年最後のソロレッスン [音楽]

 piano-1679847__180.jpg

こんにちは。
歌のつばさのnaoka19です。

昨日は月一のソロレッスン日だった。
3週間前に引いたカゼと、14日のドイツレクィエム
を歌った影響で喉はあまり調子は???

発声練習、毎回指摘される舌の動きを今回も指摘された。
レッスンを開始して、もう2年近くになるがいまだ舌
の奥が盛り上がるクセが改善できない。何とかした
いものだ。

だから、高音域になると声が裏返る、怖くて思いきり
出せないのだ。裏声で逃げてるわけ。
合唱ではテノールは内声が中心だからピアノ、ピアノ
シモならきれいな裏声で対応できるがソロだとマイク
無しで歌うので歌う曲が限られてしまう。

例えば、ブラームスのドイツレクイエムの最高音はB♭。
ベートーベンの第九のラストはAの連続しかもフォルテ、
フォルシモで歌わなければならない。

喉声では一瞬は出せてもアッというまに潰れてしまうし
裏声では貧弱な声しか出ない。

先生によると私の音域はテノールでなくハイバリトンらしい。
オクターブ下のCまで出る。バスへの応援も可能のようだ。


今の最高音はGかな、レッスンを始めてから確実に
一音か一音半は上がった。
だが発声練習ではAが出せても、歌での実声はGまで
が限界。Aは苦しいね。

テノールを名乗る以上、Aはいつでも出せなければ
いけないと言われる。実声で最高音AかB♭は出した
いもの。残念だが1音半ほど足りない。


もう少し、舌を何とか改善したいのだが、本当に
もどかしい。8月のEKOコンサートまでには何
とかしたいものだ。

今は、現状の音域の範囲で選曲しているので音域が
拡大すれば選曲の範囲が楽になるんだがなあ~。
まあ、2017年の課題としよう。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0