So-net無料ブログ作成

8月18日、昼どき合唱団練習(ジッパ・ディ・ドウー・ダー) [合唱]


(みなとみらい夜景)



こんにちは。

8月18日は、昼どき合唱団の定期練
習日だった。

11月の本番に向かって、新曲の編曲
が出来上がった。
ただ、3曲の中の1曲だが。


軽く音取りをした。
曲は「五木の子守歌」
残りは江戸の子守歌、竹田の子守歌で
ある。
この曲はソプラノソロ+オーケストラ+
合唱で歌うのでオケ譜はまだ、合唱部
ができたのみ。


オケにしろ、ソロにしろ仕上げは演奏者
が仕上げてくるので、音合わせは演奏
会直の1,2回のみ。
合唱部分だけは、しっかり仕上げなけ
ればいけない。


プロは本当に凄い、1,2回の音合わせ
で仕上げてしまう。もちろん自主練習は
人に見せないわけだが。
毎年のことなので、我々は合唱だけしっ
かり仕上げれば良い。
まあ人のことを心配する余裕はないもの
ね。最近は、オケとのアンサンブルに慣
れ、歌いにくいこともない。


今日のメインの練習曲は「ジッパ・ディ
・ドウ・ダー」だった。
ディズニーの映画「南部の唄」の挿入
歌。合唱曲としてはあまり知られてな
いが、1947年アカデミー歌曲賞受賞
曲である。


映画は実写とアニメが合体したディズ
ニーで初めての映画だそうだ。
黒人のおじさんと白人の少年の交流の
物語。


ディズニーの曲らしい、リズミカルな
歌。アニメの世界に引き込まれる
感じ。いかに、スイングして歌うかに
かかる。うちの唱団とは相性が良くな
いかな。シンコペーションなどが苦手
だものね。


今年は、我々の実力レベルより少し上
か歌ったことないジャンルの歌が多い
ようだ。
そう言えば、今年は選曲会議なるもの
がなかったような。


団員が歌いたい曲を選ぶというのも諸
刃の剣だ。曲が偏る、易しい曲を選び
がちなど選曲は本当に難しい。
団の実力を正確に把握しているのは誰
か、それは指導者でやはり指導者に選
んで頂いた方が良いと思う。


勿論、団員の希望を少しでも取り入れ
て貰うのは必要だが。


昼どきの演奏会は冠が付く。
「尾花輝代充とみなとみらい昼どき合
唱団」の演奏会なのだ、
合唱団だけが主役ではない。


尾花先生、山田先生のソロを楽しみにし
ているお客さんも大勢いる。
勿論オーケストラ派も。
そしてもっと合唱を聴きたいといってく
れるお客さんも多い。
欲張りだが、全部に答えたい。


6回目の演奏会を迎えて、合唱団として
の実力がさらに問われるようになったと
思う。
それは団員の努力は勿論、両先生の指導
の賜物だ。


自己満足の「井の中の蛙合唱団」にだけ
はなりたくない。今年はそのための飛躍
の年、とにかく、努力、積み重ねが重要。


素晴らしい指導者がついてくれているの
だから、楽しい演奏会を目指して頑張ろ
うと思う。



★ジッパ・ディー・ドウー・ダーの歌詞
 動画を掲載しました。 この歌詞で合
 唱します。
 情景が生き生きと蘇る、ほのぼのとした
 歌詞です。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント