So-net無料ブログ作成

ソロコンサート・新曲の練習開始 [音楽]

img_0.jpg


こんにちは。





私は譜面の見方が下手だ。
近眼で乱視で老眼だから、譜面を見るとき目
を細める、これが最悪。ステージの照明が暗
いと見えにくいのでじっと見つめてしまう..
先生に、目を開けてる写真を探したが一枚も
なかったといわれた。



楽譜をチラ見して、前を見るという普通の人
ができることが私には苦手なのだ。
暗譜で歌えばいいのでは・・・
其のとうりだが、まともに歌えるようになる
のに若い人の倍もの時間がかかってしまう。



4月12日に信州上田で本番がある。
シューベルトのセレナーデを歌う。こちらは
暗譜済みなので気が楽だ。



2年前歌った時は前の日に記憶が突如欠落し
て譜面持ちで歌った。
でも、2年たった今は不思議なことに譜面な
しで歌える。覚えようとしても覚えられなか
ったのに・・・。
合唱でよく歌う、同じシューベルトの
Andie Musikともども、持ち歌になった。



8月のコンサートはグルックの「o del mio
 dolce ardor 」(ああ 私の優しい熱情が)
を歌う。1月15日のレッスンで初練習を
開始した。



装飾音だらけ。自ら求めて選んだから文句は
ないが、とにかくレガートに歌う曲。
タイ、スラーの連続の箇所、最初はシンコぺ
ーションと勘違いしたほどだ。でも拍は強拍
で始まるから、シンコぺーションではないと
思う。音譜を細かく分割し変化をつけている
のだ。歌いにくい!!



スラーがついているので、リズムを取りなが
ら歌ったら、アクセントが変なところにつけ
て先生からクレームがついた。



ソリストが自由に歌う箇所がある(その間は
アカペラ)、ピアノが待ってくれていると思
うと焦るし、まるで蚤の心臓だね。
まだ1回目だからね、これから学んでいくだ
けだ。



歌曲集の楽譜は最高音Aで3拍子続ける。今
の私にはリスクが大きい。
一音低い楽譜(Fマイナー)をネットで探して
いたら、無料楽譜を2種類見つけた。ネット
は本当に便利だ。



一つは全く装飾音がないもの。
もう一つは装飾音だらけの曲。10か所も
ある。調はFm..。
イタリア歌手でも、Fmで歌う人が多いので
違和感はない。



この曲は古典オペラのアリアだが、今はもっ
ぱらイタリア歌曲として歌われる。装飾音が
ないと平凡な曲。装飾音の重要性がよくわ
かる。ユーチューブで歌われているのは後
者。伴奏だけの曲もある、後の方を選んだ。



私は合唱ではテノールだが、本当はハイバリ
トンだそうだ。合う歌をまだ見つけらずにい
る。ハイバリトンは音域が広いということで
もあると先生は言う。中音域での豊かな響き
を出す自信がない。ホールの隅に届けること
できない。
だからテノールにしがみつくわけではない
が。未練があるのかな。



声の調子は微妙なものだ、出る音でも出せな
い日もある。リスクを考えて選曲しなければ
ならない。Aを安定して出すにはb(♭シ)は出
せないとね。
今はとてもじゃないが道遠しだ。



でも合唱を始めた4年前はFが限界だった。
一音は上がっている。後一度!だがそれが
壁だ。



次回のレッスンは2月26日、通して歌える
よう頑張りたい。
今週は久しぶりにのんびりできる。ソロを集
中的に練習しようと思う。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント