So-net無料ブログ作成

自主練習に思う(音取りリズム練習は工夫が大切) [合唱]

17332.jpg



こんにちは



2月3日は、コーラルフェストに歌うミサ曲
を男声だけ集まり50分ほどパート練習し
た。ピアノが弾ける団員さんの手を借り音取
り、リズム練習をした。
お手数をかけ本当に申し訳ないと思う。



ただ未だ自信がない人がいるようだ。
このままでは、本番当日まで歌えないかも知
れないと心配になる。ミサ曲だけが特別に難
しいわけでもない。
音も覚えているはず、でもなかなか歌えない
のはなぜだろう。



私は自主練習は復習する場と思っている。
歌えるよう自習してきて練習に臨むべきだと
いうことだ。予習での疑問点を確認する場で
も良い。その場へ行ってから覚えようなど、
時間が勿体無い。
ピアノが正しい音を弾いてくれているのに歌
えないということは、リズムかもしれない。
自分で反省し考え工夫することだ。



公式練習での階名読みはもう終わっている。
最初の音を取れる楽器さえあれば階名読みで
読んでゆけるはず。自宅でもできる。
ピアノだけだとその場で覚えた「つもり」に
なる。でも反芻しなければ忘れてしまう。



難しいテンポ、リズム、音を覚えるには個人
差がある。読めない人は当然置いてゆかれ
る。追いつく努力をしなければいつまでも追
いつけない。
私も暗譜で歌えといわれれば自信がないが
譜面持ちなら完全ではないにしろ歌える。な
ぜなら、殆ど毎日譜を読んでるから。



2月10日は定期練習日。
アンサンブルで合わせる。できるだけ早くア
ンサンブル練習がしたいところだが。パート
練習で音取りして覚えてもほかのパートと合
わせるとどうなるのかな心配だ。



他のパートから、前後の音から、ピアノ伴奏
からなど、音が取れる。パート練習ではでは
できにくいことが出来る。自分なりの音取り
の工夫をしよう。



ただ不協和音のハーモニーは確かに自宅で練
習するのは難しい。
アンサンブルでハモリを覚えてしまわなけれ
ばならない。
これは簡単ではない、だからアンサンブル練
習で繰り返している間に逃さず覚える気持ち
が重要だ。後で覚えようはダメだと思う。



ピアノに頼りすぎず、自分で音を取る、リズ
ムを取る工夫をしよう。こればかりは誰も教
えてはくれないもの。
音源は、ピアノであり、ほかのパートであ
り、自分でもある。あなた任せ、誰かに頼る
ことはやめて自分で工夫することがとても大
切だ。



洋混は男声が少ないので、歌えないと目立
つ、歌える人に頼るなといわれることもある。
実際頼っているところもあるから一言もない
が、これは悔しい。お荷物と思われたくな
い。頑張って認めさせる、それぐらいの気持
で歌いたい。



全員が、初見のきく人、すぐ音の取れる人で
はない。私などは不器用だからだんだん身に
つけて行くタイプ。殆どの団員は後のタイプ
だと思う。ここら辺が理解出来ないと、置い
て行かれる人が出て、合唱が苦痛そのものに
なってしまう。
演奏会が終わるたびに減少する人数に危機感
を感じているのは私だけではないと思うのだが。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて18時30分からの定期練習は、土居先
生の指導だった。今日の練習曲は「ワクワ
ク」(谷川俊太郎詞、信長貴富曲)



大変難しい曲だった。演奏時間5分超えと長
い。音取りが難しい。メロディーがあらゆる
パートに出てくる。



シンコぺーション、半音、リズム、音の跳
躍、休止部分・・・
対応しなければならない要素が多くて、考え
ていると遅れる、置いてゆかれる。あ~あ!



初見の苦手な私としては全く残念な結果だっ
た。ポップスの要素もあり、この手の曲はシ
ニアには大変だ。
よほど歌いこまなければ。
次の練習でどれだけ歌えるかが勝負だね。



さあ、練習、練習! 来年の今頃は暗譜していなければならない。 何事もチャレンジ、頑張ろうと思う。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント