So-net無料ブログ作成

横浜市音楽祭「コーラルフェスト」近づく [合唱]

photo-lhall.jpg

(会場:みなとみらい大ホール)



こんにちは。


今日の昼どきの練習は、2月18日のコーラ
ルフェストのに絞って練習した。

我々の演奏曲2曲

I will sing with the spirit
気球に乗ってどこまでも


すでにステージで歌った曲なので、気楽とい
えば気楽なのだが、でも本当は100%歌え
てるわけではないので、成長途上というかま
あ問題はいろいろあるようで、その中でも、
気球・・・は上位(歌えている)評価
I will sinng・・・は上手く歌えているが
まだまだとの先生の評価だった。



そのとうりだと思う。
まあ、この本番が終われば、メモリアル(歌
った歌入りするわけだが、持ち歌としておく
にはまだまだ早いということ。それでも、本
番は暗譜で歌う。頑張りましょう。



さて今回はコールフェストのオーラス、最終
日の最後のグループCで、最終ステージで
全員合唱曲2曲を歌うという名誉に預かっ
た。坂本九ちゃんの「心の瞳」と吉田先生の
オリジナル曲「明日の街にさようなら」をス
テージの我々と客席の全員で歌う。



まあ、客席は皆ステージで歌った出演者。
でも距離感があると、遅れがちになるよう
だ。それでも我々はしっかりした演奏を心
がけなけなければならない。



前者は編曲者の金川先生が、
後者は作曲者の吉田先生が指揮される。
我が団は音楽祭には出るが、奥手で、ほかの
先生の指揮で歌った経験がすくない。常任指
揮者の尾花先生にすれば、気になってしかた
がないのだろう。
我々も、大丈夫ですと自信を持っていえない
ところが辛いところ。



確かに、尾花先生の指揮はオケの指揮者らし
く見やすい。エンデング曲は8分の6拍子の
軽快な曲、せっかくピアノがリズムを取って
いても遅れがち。気をつけたい。



3拍子系はブレスがまづいと遅れる。苦手
だ。ましてや今回は指揮もピアニストも、ス
テージで初めて合わせる。リハーサルもない
わけ。できるだけ暗譜を心がけるしかない。
そして指揮に集中する、それしかないのだか
ら。



もちろんピアノは指揮に合わせてくるし頼れ
ない。不安はステージに上がって歌いだす
まで消えないだろう。
吉田先生の指導を受けたことのある団員は
2人、私もその一人だが、最初は戸惑うだろ
うね。尾花先生と間逆だから。
一言でいえば、レガートに滑らかに振る先生
かな。この曲にはぴったりと思う。



基本的には暗譜をしておけば間違いない。後
1週間の間で暗譜をすることだね。今日の練
習では、譜面を見ないで歌ってみた。まあま
あ殆ど歌える、
次回16日の練習で完成させたい。



本当は洋混と昼どきの最終練習、レクイエ
ムの練習と3か所でダブった。レクイエムは
まだ6月だからスキップして、奇跡的に洋混
と昼どきは同じ練習会場時間が19時と17
時と違う。ラッキーにも、両方共参加できる。



くじ運が最悪な私、よりによって同じ練習場
所とはね、こればかりは良運。神様感謝しま
す。さあ泣いても笑っても後一回の練習、頑張
るぞ。



フィナーレ、全員合唱「明日の街にさようなら」です。
見事にゆっくり!?ですね。







にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ











nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント