So-net無料ブログ作成

高音の課題 [音楽]


erez.jpg

ナポリ市街憧れの街です。



こんにちは。



今練習中のソロ曲「彼女に告げてよ」の高音
対策で悩んでいる。
キーはCm、最高音がG、C音から始まる。
前半部は高目だが問題はない。



後半部は、ドミソソファファ、ファミレドレ
ミミが2回、高音が続く。
後半のフレーズは日本語とイタリア語を交互
に歌い、最後はレミファソでソを伸ばし、
ファミレドで終わる。その間33小節。
つまりドミソソを4回歌い、最後はソを伸ば
し終わる。



最後は、高らかに歌いあげ伸ばす、これが
伸びない。その前に力尽きる、声が裏返る
のだ。カンツォーネは高音が魅力。ここは
高らかに行きたいところだが。



最悪、キーを下げることも考えているが。
いまは、実声で行けることができないか試行
錯誤している。
問題は高音を続けると疲れて、高音を維持
できず、下がる危険があること。



もちろん声域を広げることは短期間でできな
い。発声練習ならソ、ラ、シまではカバー範
囲だが。でも、歌詞をつけて歌うと上手くゆ
かない。これは、テクニックの領域、だから
できるところまでは努力したい。



わたしの音質はハイバリトンといわれてい
る。どうしても、高音域は張りが不足する。
先生からも、ハイバリトンにあった歌を選ん
だほうがよいとアドバイスされた。



来年以降はそれで行くとして、今年の課題曲
の克服が課題だ。8月のコンサートまで考え
て見れば、あと3か月そぐそこだ。



レッスンも後3回程度、のんびりしている暇
はない。幸い、今週はどの団も休み、練習は
ない。良く考えたい。
このまま、続けるか、キーを下げるか決断し
なければならない。
次回レッスンは5月20日、それまでには決
めようと思う。



ステージで響かせることを考えると、私の場
合はバリトンの方が響くと思うので、キーを
下げるのが歌うのも楽で正解だと思うのだ
が。



高音に対する拘りがあるんだね。カラオケだ
と躊躇なくキーを下げるのだが、本当に困っ
たものだ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント