So-net無料ブログ作成

銀座川柳の会と肺炎のお話 [趣味]

0 (1).jpg


こんにちは。



木曜の17日、銀座6丁目の喫茶店ルノアー
ルに集結した。もと津田ゼミの仲間たち。
歌漬けになってるので、たまにこういう会も
新鮮でホットする。



大体俳句もそうだが、川柳なるものあまり縁
がなかった。短歌は5・7・5だが川柳も
5・7・5を基本とする。
ただ川柳は季語もなく、字余りもあまり気に
しないなど短歌と比べ気軽にできるのが魅力
だ。短歌がおすましなら川柳はシニカルでも
ある。
皆一家言持っているおじいさんたちにふさわ
しいかもね。



私の句を紹介しよう。


「ソロレッスン先生の前では借りた猫」

「同窓会名前忘れて笑うだけ」

「不審メール気軽に開くな後怖い」

(上記3句が発表作)



習作です。

★免許返上本人意思は無視をされ

★歩きスマホ電柱にキスしてコブできる

★パパ好きママ好き結局どっちが好き

★電車内スマホ持つと礼儀忘れ

★身分証明昔免許証今マイナンバー


まだまだダメですね。
でも、川柳は少し考えるとできてしまう。後
から練り直すのも楽しいもの。まあ、上手く
なるのはまだ先のことですな。



さてさて、川柳だけでは時間がもたない。持
ち回りで各自が話をすることになっている。
今日はO氏が話した。
桜を主題にした話はさすがと思う深い話だっ
た。彼の作る俳句もなかなかだし、昔の歌人
の話が、次から次へと出てくる。
う~ん自分は何を話そうかな。



実はテーマは決めてある。
滝廉太郎だ。まだ題名だけだけれどね。
みんなの知らない話だから。
内容は秘密でもヒントは「荒城の月」だ。
荒城の月は、一見日本歌曲そのものに聞こえ
るがどうしてどうして、西洋音楽の神髄が詰
まっていると思っている。



それに迫るレポート、このブログでも報告し
ますね。乞うご期待!
終わってみんなは銀座ライオンでちょっと一
杯。私は歌の練習だぁ(泣)
ここで現実に戻ったのでした。



最近、外は30度近いときがあり、室内は冷
房で寒いくらい。体が慣れていないから体調
管理に気を使わなければならない。



会の最後は肺炎の話題になった。
シニアの死亡原因の1~3位にランクされ
、死亡する人の95%以上が65才以上とい
う。免疫が落ちたシニアにとり恐ろしい病気
だ。誤嚥性肺炎が有名だがそれだけではな
い。歌をやっていれば、かなり予防になると
いうが、注意が必要だ。


☆参考まで



肺炎予防サイト
www.haien-yobou.jp


予防接種の対象者は定められているが一度も
ワクチンを接種したことがない人も対象にな
るとか。わたしもそれに該当するようだ。
話がそれてしまったが恐ろしい話なので敢え
て掲載しました。



さて明日から今度は歌で忙しい。
18,19,20日、3連チャンの練習。
それから続く6月5日のジョイントコンサー
トの練習。体が資本、体調には気をつけて
頑張りたいものだ。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

























nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント