So-net無料ブログ作成

落葉松 [合唱]

d45m_3448.jpg


こんにちは。


15日は昼どき合唱団の定期練習日だった。
山田先生から、先日のジョイントとコン
トの感想を聞いた。お話のなかで一番印象に
残ったのは弱いパートがあったら、みんなで
カバーするという配慮がまだまだだなという
こと。自分のパートが褒められるはうれしい
がやはり全体が良いことが前提だと思う。



アンサンブルだから、みんなが聞きあってバ
ランスを保つことがとても重要だ。
自分の主張が強すぎてもよくないのだ。指揮
を見るだけにかまけているうちは良い演奏は
できないと思う。



さて、本日は11月の定期演奏会に演奏する
落葉松を練習した。確か、3,4年前、演奏
会で歌ったことがある。合唱団に入った最初
の年。



覚えていると思ったが、いやとてもとても、歌
ったことがある歌とは思えないほど難しかっ
た。とにかく、あの時は最初の演奏会で余裕
もなかったが。楽譜は書き込みと、カラーペ
ンでまるで見えない。鉛筆で書きこむなんて
いう才覚もまるでなかったのだ。



もちろん3連符が多いのは承知の上、一度歌
った経験は生きていて、大丈夫だった。
でもこの曲は、リズムをしっかり、音程を正
確に取れただけでは、半分もいかない。



なんとなくスッキリしない。何が原因なのだ
ろう。指定には、8分音符と3連符を正確に
区別しろとある。これはほぼ出来る。
音程も1部分不安があるが、歌いこめば大丈
夫と思う。



繊細さが抜けているのだろうか。
例えば、スタートの「から まつの」をどう
歌うか、「ま」にアクセントが来やすい。
これはだめ。ゴツゴツしてしまうのだ。滑ら
かに歌わねば。
「らまつ」のラララの音程は絶対に下げない
などの注意があった。



それと、小節の各所に<>マークが出てく
る。クレシェンドしっぱなしという無神経さ
は当然ダメ。
要は気を使いながら歌い切らなければならな
いのだ。それは全パートの共同作業だから
ね。とにかくなんて疲れる歌なんだろう。



大分治ってきたが、我が団は昔はフォルテの
合唱団と酷評された。
ピアノ、ピアニシモの表現力がまだまだなの
だ。発声練習でフォルテからピアノ、ピアニ
シモで歌う、またはその逆を何度も練習し
た。クレシェンドしてデクレシェンドする、
これを全員が「揃えて」歌うのは本当に難
しいと思う。



そして、テヌート、最後のフェルマータ群の
凄さ。とにかく一筋縄ではいかない曲。
指揮を見なければバラバラになる。暗譜が必
要なのはいうまでもない。



繊細さに関しては、フォーレを思い出す。
フォーレもピアノ、ピアニシモ、ピアニシシ
モが重要でフォルテからいきなりピアノなど
気を遣うからね。



取りあえず通して歌ったが、これから先生を
イライラさせる予感が凄くする練習だった。



定期演奏会は11月、5か月あると思いがち
だがとんでもない。演奏曲は20曲にわた
る。今歌えるのは4、5曲がいいところ。



この落葉松を含めて、10数曲をこれから練
習するのだ。1曲あたりにするとあまり時間
がない、のんびりやっていられない気持ちに
なる。
まあ、焦ってもどうにもならないので、着実
に仕上げてゆくことしかないのだが。



17時30分から遅い時間の練習の終わりは
20時、正直お腹がすいた。先生を交えて食
事をした。
私は胃を壊していたので、飲む付き合いは全
部断りしていたが、今日からはそれも解禁。



やはり、練習の後の食事は、食べられる喜び
を心から感じるひと時だった。
もちろん、アルコールは食前酒程度というこ
とは守る。家ではもちろん禁酒。もう食べる
のに徹していましたよ。



落葉松の音源で、面白い動画を見つけまし
た。私がテノールなのでテノールの音源です
が、ご覧の程を。歌い方まで指導してます。
親切ですね。フフフ可愛い指揮者だね。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ
































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント