So-net無料ブログ作成

ソロレッスン(8月のコンサートに向けて) [音楽]

erez.jpg



こんにちは。



25日は、8月のコンサートに歌う2曲を練
習した。



まずは、発声練習から。本当はこれが本来の
目的で歌の練習は、その効果を見るのが趣旨
だった。いつの間にか、歌曲指導が中心にな
った。



だって、私は合唱団員、やはり合唱のために
始めたのだからね。
私の欠点、高音に移行していくうちにどんど
ん「おちょぼ口」になってしまうことだそう
だ。それでも高音が出るのが驚きだといわれ
しまった。それ皮肉!?
まともに歌っているつもり。自分ではわから
ない。鏡の出番か。自分の顔を見るの嫌だ
なぁ。



それとお腹が硬い、力みがある。声に細かい
震えがあるそうだ。天然のビブラートなら問
題ないんだが。要は支えを意識しすぎて、コ
チコチになっているのかな。
前傾して両手を前にブラブラの姿勢で母音
唱。こいつはきつい!!でも声は抜群に改善
あり。



仲間は選曲をする時は、先生のアドヴイスで
決めている。選曲を任せている人もいる。
でも私は、自分で選ぶ。だから、実力以上を
選んでしまう。自己責任、出来なければ先生
はそれ見たことかと思っているかもね。
実際出来ないときはとても厳しいときがある
し。あなたには無理よといわれているような
気がする。



でも後悔はしていない。今年は習作で、次に
持ち歌にしたいのだ。歌いやすい曲を選ぶの
は楽だが、自分のためにならないと思う。ソ
ロをやるからには上を目指したいからね。



今日の練習はカンツォーネから。移調して音
を下げてから歌う初めてのレッスン。落とし
穴は歌詞の発音とリズムだった。私は本当に
学習能力がないと落ち込む。



基本を疎かにした咎めがきている。後2回の
練習でどれくらい歌えるようになるか不安だ
がやるしかない。



「オーデル。ミオ、ドルチェは」未だ歌詞と
リズムが不安定との指摘を受けた。とにかく
ピアノは「ズン、チャ、チャ、チャ、チャ」
を刻むだけ。
リズムが正確に取れないと、どんどん遅れる
し歌にならない。



先生はできなければ、ピアノがメロデイを取
ることを考えるといわれるが、それだけはご
勘弁。次回は何が何でも、取れるようにしな
ければ。先生は容赦なくすぐ実行する人だか
らね、しかも優しい顔で逆らえないのだ!!
だんだん追い込まれてきた。



家に帰って考えて見た、原語の頭とピアノの
頭とは一致している。
今までは歌詞を追ってきた。それでは音符の
伸ばしミスとかブレスを忘れたりする。
同じミスの繰り返しで指摘されることも同じ。



歌の頭をピアノの頭に合わせれは遅れたり、
早くなったりすることは殆どなくなる。
なんだ今更と思うが、そんなことも気が付か
ず、歌詞の連続性にかまけていた自分が恨め
しい。まあ、ピアノの頭をメトロノーム替わ
りするということ。これならピアノとピッタリ合う。
次回レッスンはは7月28日、ピッタリ合わ
せて先生を驚かせてやるぜ。



今日の収穫はカンツォーネ、今までの曲より
数段良いといわれたこと。普段辛口の先生の
言葉は重い。ほんとう励みになります。



30日まではレクイエムに専念する。最高の
歌唱がができるよう頑張る。フォーレはテノ
ールのパートソロが多いし、モツレクは高音
の部分が多い。Aのフォルテなど大勢で歌う
から怖くないが。



それに最終曲の延延と続くフーガはとても体
力がいるし、合唱、ソロ両方の基礎力向上に
とても役立つと思う。
読譜力もかなり向上したと感じる。そして何
より実声の魅力は捨てがたい。裏声は最後の
手段だ。



★「サマーコンサート」のお知らせ

日時:8月11日(土)
会場:横浜美術館レクチャーホール
時間:13時30分(14時に変更もあり)
料金:無料


山田英津子先生の門下生の発表会です。
お近くで興味のある方はどうぞ。


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ


































nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント