So-net無料ブログ作成

サマーコンサートはもうすぐ [音楽]

800px-Amagi-tunnel-Izucity-side.jpg800px-Amagi-tunnel-Izucity-side.jpg

老朽化した天城トンネル。でも私にはかけがえのない故郷だ。




こんにちは。



ソロコンサートは8月11日に終わる。今年
の選曲はあまりうまくなかったなという思い
がある。
でも、イタリア語にチャレンジができるよう
になったし、失敗でもない。



オペラのアリアなど、考えもしなかったジャ
ンルにも少し、ほんの少し、踏み入れたか
なと思う。
別に、アリアを専門に歌おうとも思ってはい
ないが。



ソロコンサートに関していえば、やはり女性
が中心だと思う。オペラのアリアが花盛りだ
ものね。その中で自分を出してゆくとしたら、
中高音域かな。高音を追及するのもあきら
めたわけでははないが、バリトンの豊かな
響きにも魅力を感じるようになっている。



最近歌の会などで、お会いする歌手がバ
リトン系が多いという全く単純な理由から
だが。皆さんの中高音の魅力が素晴らし
いから。それに、テノール歌手とのお付き
合いもあるけれど、とてもじゃないが追い
いつけないと感じているからだと思う。



以前はテノールが2声に分かれたら、高
音部を当然のように選んでいたが、いま
ではその気もない。
だから今年の選曲は適当に高音が混ざ
る曲を選び高音一辺倒をやめることに
した。
本当は原調で歌いたいのはやまやまな
のだが(未練たらたら)



今のところ、1曲はイタリア系、もう1曲
はドイツ系歌曲にしようかと思っている。
アンデイムジーク、セレナーデなど既に
歌った歌とか、菩提樹なども候補かな。
イタリア系はマリア・マリなどのカンツォー
ネまたは、系のアリアなどから選びた
い。



来年のことをそんなになぜ急ぐ。コンサー
トが終わると1か月お休み、10月から
レッスン開始となる。
それまでに、自分なりの歌詞読み、リズム
読みだけは済ませておきたい。



真っ白な状態でレッスンを受けることは
避けたいのだ。
自習は誤って覚えるなどデメリットもあ
るが自分が納得できる歌い方を目指した
いものだ。
それに来年も8月のコンサートでは月1
回のレッスンでは勘の鈍い人だから
間に合わないと思う。



もちろん、8月11日への努力は怠って
いない。それにそんな余裕はない。
だって2つの合唱団の仲間とか、いつ
も歌っている仲間とか、団の先生とか
聞きにくる。
みな顔見知りだ。これは結構なプレッ
シャーになる。



今は暗譜に懸命な段階。せめて、本番
は暗譜で歌いたいがどうかな。
8月11日は楽しく歌いたいと思ってい
る。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント