So-net無料ブログ作成

ソロ・レッスン再開 [音楽]

cam-nap1_01.jpg




こんにちは。



28日は結構忙しかった。
12時に先生のお宅にお邪魔してレッスンを受
けた。



1時間で終了。一度自宅に戻り、17時から磯
子の社会教育コーナーで昼どき合唱団の練
習、終了は19時だった。



まずは、発声練習。実は不安だった。体調不
良で声が出ない時期が長かったのか、声が
引っかかるような感覚が続き、高音になると
裏返りが激しかったからだ。



でも結局は声をだすのに躊躇していて、口の
狭さ、舌の動きに問題があるという指摘を受
けた。今までと何にも変わっていないじゃない
か。体の不調を理由にして、発声の練習を怠
けていたということに他ならない



もっとも、9月から、まともな発声練習をしてい
ないわけだから。
それで、よくもレクイエムと、演奏会という本
番をこなしたものだ。



ある意味、合唱だからできたのだろうね。高
音とか、長く歌っていると口の中が狭くなるく
せは合唱でも出ているはずと指摘される。



綺麗な声ではないが、高音Gも苦労なくだせ
たし、8月の状態より高音は出るようになって
いるが何となく不安定だ。やはり喉声混じりか



歌唱指導にうつる。
シューベルトのセレナーデを再度歌いたいと
相談する。1曲は決定。
もう一曲は「マリア・マリ」か「あなたに口づけ
を」の中から。
が、両方とも8分の6拍子、いつも苦労するこ
とは先生はとうにご存知だ。



それと、両方ともテノール高声用の楽譜だ。
今年の8月のコンサート直前の苦労をご存知
なので、中声用のほうが合っているのではと
、アドバイスを受けた。セレナーデも高声用だ
からね。



でも今回は用意した高声用の曲を歌うことに
なった。高音が連続する部分がないので大丈
夫かもしれない。



シューベルトは今年も4月の上田のミニコンサ
ートで暗譜で歌ったので何とか歌えると楽観視
していた。
ハイ、先生の評価はアウトでした。ハードルが
上っていたのだ。



評価を受けたのは「しっかりと歌えるようにな
った」ということだけ。ただゴツゴツして滑らか
でないという指摘つき。



発音、リズム、子音、撥音にダメ出し。うかつ
に歌っているのだね。もう頭悪いのだから。
もっと一字一句を正確に発音しなければなら
ないし、リズムの細かい変化も表現しなけれ
ばならない。曖昧な歌い方は通用しないの
だ。



そしてドイツ語特有の撥音。声に出してはい
けない、息で歌う発音がまるでダメ。
例えば「Ach!」はアーではない。アッハに
近いか。でもッハは無声音で、しかも聞こえ
なければだめだからね。



nachtigallenは、ナヒチ・ガーレンではない。
ナッヒティ)・ガーレンかな。ヒは息のみ。
子音語尾のdich,ach,michの子音,.
durch dieの前のch発音がまるで聞こえな
い。
d,t,zはしっかりと歌えるのに・・・
子音を意識して歌うのだ。



これらができなければドイツ語には聞こえ
ないものね。私の好きなナナ・ムスクーリ
の発音は本当にきれいだ。語尾の子音も
しっかり聞こえる。当たり前か。



ナナ・ムスクーリの演奏動画です。語尾に
ご注目。





要は、みな意識して発音しなければいけ
ないし語尾もおろそかにしないこと。これか
らのレッスンのステップアップのためには
曖昧さはだめなのだ。



次回のレッスン12月25日までにはしっか
り歌えるようにして、もっと上を目指したい。
暗譜はそれからだ。来年のコンサートは暗
譜で歌うのだから。



「マリア・マリ」と「あなたに口づけ」の選択
は結局後者にした。マリア・マリは早口言葉
で高音部が不安だったから。
次回はマリアマリを選択肢に入れたいと思
う。



今回は時間がないため、音取りに終始した。
次回までの宿題は、音取りを完全にすること
と8分の6拍子のリズムの克服だ。
それができていれば、歌詞読みにはいるは
ず。



ナポリ語はイタリア語と違う部分がある。こ
れは自分で習得は困難。自分なりに調べて
見たが、イタリア語では対応できない発音が
ある。自主練習での習得はほぼ困難だと思
う。



先生からも間違えて覚えたら直すのに苦労する  
よと警告されている。
それにこの曲のネット上の情報はほとん取れ
ない。歌はユーチューブで聞くことができるが、
微妙な発音がわからない。



これからの課題は、音域の問題だ。一度でも
低い音域に移調できれば楽だが。楽譜を探
してみようと思っている。



帰宅して録音を聴いた。声はあまりクリアー
でないが、心なしか、聞きやすくなったように
感じる。少しだが響きがでてきたようだ。
聞くのも嫌だった声が、聞いていても嫌では
はなくなっている。いい傾向だと思う。









にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ























cam-nap1_01.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント