So-net無料ブログ作成

ソロレッスン、奮戦の記 [音楽]

erez.jpg


こんにちは。


先週26日は年明けて2度目のレッスンだった。
まず発声練習から。
毎回同じところで指摘がある。本当に進歩
がない。


X声の裏返り(低い音域でもある)
△舌の位置(かなり改善)
X舌根の盛り上がり(???)
X高音になるとでてくる「おちぉぼくち」
(女の子でないのに・・・泣)
▲スタッカートで高音が引っ張れない。
(腹筋の問題だが)


それぞれ明快に指導してくれるが直せな
い自分に腹が立つ。
高音がGで止まったままなのもそこに理由
があるのかもしれない。


要は口の中が狭いということだ。最近は口
の中を広く取れないなら、口を開けること
で補えばいいという指導に変わってきてい
る。
さらに口の開け方も問題だが声を飲み込
むクセを直さなければならない。


自分はお腹から息が背中を通り、頭の空
洞まで息をお腹で押し上げるイメージで
歌っている。


ただそのままでは、息は頭で止まってし
まい前に出ないといわれる。そのうえ引
いてしまうクセ。さらにまずい。
飲み込まずに前に出してやることが必
要だ。


あ、まてよカラオケの影響が
あるな〈笑)


カラオケはマイクがあるから実際引いて
歌っているものね。
カラオケもやめられないし、切り替えて歌
う意識が必要だ。


会話している時は誰しも口回りの筋肉は
緩んでいるが、いざ歌うときに力がはい
り硬直してしまう。


舌も同じ。歌う時に力みがでてしまう。意
識すればするほど深みにはまる。
おちょぼ口は最悪だ。それでよく高音出
せるねといわれる。


それって皮肉ですか先生(笑)


口があかない病気の人もいるらしいが、
普通に「あ」の形をとり「パカ」っと開けて
見る。ちゃんと開くではないか。
ちゃんと開ければもっと音域が上がるの
だが。


悩ましいね、
まあ、鏡を見ながら開口の訓練をし直す
しかない。なぜそうなってしまったか自覚
がないのが始末に負えないところだが。


現実に指摘を受けて発声すると、明らか
に音色が変わり高音部の音域が安定し、
もっと上の音域まで手が届く。早く治した
い、切実だ。


とまあ最後のほうは悩みというより愚痴。
どうかか聞き逃してください。


練習曲は2曲。
カンツオーネ「あなたに口づけを」
ドイツリート「シューベルトのセレナーデ」


ただし今回はカンツオーネを重点に指導
を受けた。いままでは音取り、歌詞読み
の段階だった。
歌詞を入れて歌うのは今回はじめてだ。


いきなり冒頭からNG。イタリア語のアクセ
ントになっていない!!
かなり練習してきたつもりだが抜かった。
歌詞読みのし直しをする。


イタリア語の歌曲は4曲目。ただ原語は今
回が2曲目。アクセントをつけるといかにも
イタリア歌曲らしく聞こえるということ。
ということは、私の歌はそれらしくも聞こえ
ないというわけだ。


ユーチューブを参考にして練習をしている
話になり、先生から聴くならは日本人でなく
イタリア人が歌っているものがいいよといわ
れる。ネイテイブな歌を聴けというわけだ。


この曲日本人がたくさん歌っているがやは
りイタリア人歌手が歌うイタリア語と比較す
ると違和感がある。


だからといって、自分がイタリア人歌手と同
じように歌えるわけではないが、少しでも近
づけるというもの。


帰宅してイタリア人歌手の歌を選んでみた。
歌手はフランコ・コレッリ。
イタリアの名テノール歌手。1973年来日。
超イケメン、
さすが顔はマネできそうもない(笑)






カンツオーネに時間がかかり。シューベルト
のセレナーデは通すだけ。
こちらは本番を経験しているので堂々と歌え
る。


でも、でもやはり指導が!!
随所にでてくるmichの語尾が聞こえないと。
先生との距離2メートル、それでダメなら当
然客席には届かない。
意識して歌えば聞こえる、意識しているつも
が抜けていると思う。要は不注意。


stehn、シュテーエンと歌ったつ
もり。だがシテーエンに聞こえる


どうも、sti,st,sie,st,silなどSを頭とする言葉
がいい加減に聞こえる。それだけドイツ語は
繊細に歌わなければならない。


でもこの曲はもうほとんど暗譜で歌えそうだ。
そうすれば今のミスは歌う中で修正できる。
やはり課題はカンツオーネだね。


今月も仕上がり途上、いやカンツオーネはこ
れからだ。レッスンは後5回、暗譜で歌えるよ
う努力したい。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント