So-net無料ブログ作成

日曜日、今度は男声合唱(アイビー・メンネルコール演奏会) [合唱]

公会堂.jpg

日本橋公会堂。


こんにちは。


日曜日は、洋混のメンバーだった知り合い
の所属する合唱団の演奏会だった。


メンネルコール.jpg


私は、男声合唱の経験がない。でもあの
重厚な響きとアカペラのハーモニーが好
きだ。


実は、5月12日のアンデイムジーク・コン
サートの演奏曲の中に男声合唱がある。
メンバーは9名で歌うのだが、どうにも自
信が持てないでいる。


今回男声合唱をぜひとも聞いてみたかっ
た理由でもある。
アイビーメンネルコールはメンバー13名。
4声の男声合唱団である。
10年前日本興業銀行の有志の人たちが
はじめたという。


会場は、日本橋の水天宮の近く日本橋公
会堂。小ホールであるが音響が良さそうな
ホールである。


横浜から渋谷へでて、地下鉄半蔵門線に
乗り換え水天宮前で下車。
水天宮を横に見ながら公会堂へと向かう。


自宅から1時間半、決して近くはない。で
も東京のホールは東部に集中しているか
ら時間がかかるのだ。


チケットは完売と聞いた。我々の演奏会も
そうだが、小ホールでやる場合は、リピー
トのお客さんがいるので早めに完売してし
まうことが多いと思う。


ただしまったく新しい状態でコンサートをや
ろうとしたら、500名を集めるのはハードル
が高い。いつも来ていただくお客様には本
当に感謝しなければならない。


演奏曲目はとても挑戦的なもの。ソロまで
飛び出して楽しめた。
私としては、最初の「心の四季」が気に入っ
たのだが。


★当日のプログラム


2メンネルコール.jpg


私自体、ソロを歌うので独唱のステージは
思いのほか共感できた。
小ホールといえど、隅々まで響く歌を歌う
のは容易でないことも。


第2ステージはメゾソプラノの栗林朋子さ
んのソロ。そして黒人霊歌と世界の民謡
と山形県の「最上川舟唄」で締め。
これぞ男声合唱という特有の響きとハー
モニーに魅了された。テノールのハルセ
ット良かったな。


アンコールの最後は「遥かな友に」、客席
も唱和して、客席が歌う部分と合唱団が歌
う部分が掛け合いになるよう編曲されてい
いて感心した。


終わってロビーの出てきた友人に挨拶し
て公会堂に別れを告げた。


さてさて、今週は木曜日から忙しい。さら
に来週はゲネプロ。いよいよ待ったなし。
のんびりは先週まで。


それにあと二週間で、元号が変わる歴史
的瞬間が近ずいている。
別に生活が変わるないが、ワクワクする
気持ちになるのだ。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント