So-net無料ブログ作成

憂鬱な月曜日(ソロレッスン) [音楽]

245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg


こんにちは。



昨日22日は月一回のレッスン日だった。
練習は重ねたつもりだが、どうもこれとい
う仕上がりにならない。
不安を抱え乍ら先生のお宅へ向かった。



桜木町バス停から三之谷バス停までバスで
35分。
バスのダイヤが変わり、着いてから余裕
があった。



そこで近くの公園に行き楽譜を開いた。
実はそのまえに残念なことが起こってい
たのだがそのときは知る由もない。



10分ぐらい、楽譜を見て先生宅へ。そ
して練習開始、楽譜を取り出す。でもな
い!楽譜がない。公園に落としてきたの
だ。ほんとウに軽率だ。



発声練習はいつもの悪い癖が出た。で
もバリトンの良い響きも出ているといわ
れる。素直にうれしいものだ。



やはり舌と口内の狭さが邪魔をしてい
る。歌い始めると悪い癖が顔を出すの
だ。
緊張のほうがリラックスよりも先行してい
るのだ。力を抜く方法を覚えないと。



歌唱練習に移る。
カンツォーネ「I' te vurria vaza」から始め
ようとした。
だが楽譜を落としてしまっている。
ただ歌詞カードは持ってきたので開始し
たのだが。甘かった。



先生が歌詞を読みなさいといわれる。歌
詞カードはローマ字。歌詞を完全暗譜し
ているわけではないのに無謀だった。



2,3行読んだところで単語を読みなさい
と・・・もはやギヴアップです。
単語が繋がっているところは単語がわか
らない。一つの楽譜に違う単語の子音、
母音がある場合もあるから。



歌詞カードは歌いやすいようにローマ字
で書いてあるが、原語と対照していない。
今後歌詞カードをつかうなら、原語とロー
字読みの対照表を作る方が良いとアドバ
イス(お叱り?)を受ける。



いやもう原語は読めるので原語の歌詞
カードを作っておこうと思う。
暗譜するために作るのだ。この歌、7月
の上田のミニコンサートで歌うので暗譜
は必至だ。



結局カンツォーネはあきらめ、セレナーデ
を練習した。いつもはカンツオーネに時間
がとられセレナーデの時間は少ない。
今日は、たっぷり時間がある分指導は容
赦がなかった。



暗譜している。音取り、リズムは問題ない
と思う。
やはり肝心のドイツ語の発音が拙いのだ。



durch  die  Nacht-zu  dirのdurchは
du-rch、dieと歌う。(ドゥールヒデー)



Nacht-zu(ナハッツ)はナハははっきり、ッ
は息で、zuは有声。この部分は難しい。
ッが聞こえなければならないのだが・・・



何度も出てくる、ch,michのヒ(息のみ)とも
ども
私の発音では聞こえない!!
何度やってもダメ。落ち込んで
しまった。


さらに難しいのがstillen.、
分解するとstil-len。
ローマ字はシュティーレンだがレンが曲者。
レンは舌先を上顎につけてレンと発音する。
だが私はrと lの区分が付けにくい日本人そ
のものだ。



シュテとィレンの間に間をとる気持ちでとい
われても、舌を慌てて軟口蓋につけてしま
うのでどうしてもうまく発音できない。
次回の課題となった。



結局セレナーデは発音を克服しなければ
前に進めないのだ。
歌の表現はそれからということになる。
日暮れて、道遠しであるが、前回と違い、
時間があるだけ幸いだ。



先生も、前回時間がなかった ので妥協したが、今回は歌詞 を徹底チェックしようといわれ る。自分としても、この歌は持 ち歌にしたいのでいい機会だ と思う。



少しブルーな気持ちで先生宅を辞し、公園
を訪れた。楽譜は汚れもせず落ちていた。
少し安心して、バスに乗ろうと思ったらパス
入れがない!?
あれれ!!いくら探しても見当たらない。



来るときのバスの中で落としたと思う。スイ
カはあまりチャージしてないので痛手では
少ないが、シニアパスも入っていた。こちら
が痛い。まあ、無くさないための手立ては
いくらでもあったので、自分が100%悪い
わけだが。



9月まで、パスなしということになってしま
った。まったくついていない。
両方とも年配なら高齢でなくても使えてし
まうのでたぶんでてこないだろう。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ





























































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント