So-net無料ブログ作成

胃の違和感ようやく解消 [日記]

PPP_shittoriajisai_TP_V.jpg

こんにちは。



11日になってここ2週間の長さに渡った胃
の違和感、気持ちの悪さが解消していた。痛
いわけでもなく、重いわけでもなく、胸やけ
でもない。ただ気持ちが悪いだけ。



食事が思うようにとれない。うどんとか、半
ごはんそれ以上が食べられない。でも、腹が
減ると胃が重くなって来る。これは良くない
と自分ながら思った。



ついに胃カメラを飲んだ。痛くて大変だと聞
いていた。でも今は麻酔がある。気が付い
たら済んでいたという手軽さ。



12日に病院に行き胃カメラの検査結果を聴
いた。胃は僅かにびらんがあるが、急性胃炎
の初期との見たて。薬で治る範囲で特に問
題ないという。ホット一安心。



胃のためには、細かく小分けしてでも、3食
以上取ることを勧められた。胃酸過多になる
と、いろいろ病気の原因になると聞いた。
食べすぎも、食べなさすぎも問題ということ
だ。私はここ10何年2食だったから。



発熱時に今回と同じ症状になると1週間は続
くときがある。それが今回は発熱がないのに
同じ症状が長くづづいた。心配だった。
胃が弱いのかな。個人差はあるだろうが、病
気上がりの病人みたいな感じだ。まずおかゆ
から始めるよね。



とにかく胃に深刻な問題がないことがわかっ
ただけでも安心した。やはり、食生活を見直
す必要があると思う。この先どんどん老化し
てゆくわけだから、個人でできるのは食生活
の管理に配慮することぐらい。
異変を感じたらすぐ検査だよね。



食べなければ、からだは弱る、そんな当たり
前なことを疎かにした咎めが来ているのだと
思う。



2013年、震災の直後、体重が激減した。
高血圧、めまいで仕事をやめた。
体重66から49キロ、ウエスト90から
79センチに減った。主治医が心配して胃の
CT精密検査を勧められた。でもその時は体
重がすぐに戻ったので、受けなかった。胃カ
メラも飲まなかった。今にしたら受けとけば
良かったと思う。



下手な一句で締めます。

胃検診 胃カメラ飲むかで ひと騒動。
胃検診 結果を聞いたら 食欲出る
辛い日々 目の前のごちそう 指咥え



お粗末さまでした。



参考:胃腸薬の落とし穴

https://kenka2.com/articles/990


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ












































nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レクイエム最終練習{目的地乗り違え事件) [合唱]

無題.png

こんにちは。
(当記事は、11日の投稿記事の表題を変更
し、内容を加筆修正して再編集しました)


10日は30日に行われる、レクイエムの4声合
わせの最後のアンサンブル練習だった。
後は、23日のとしまユングオーケストラとの
オケ合わせを残すのみ。ただオケ合わせは本
番仕様だから、練習というよりリハーサル。



余裕を見て、8時出発しようとして、突然胃
の調子が悪化した。嫌気がして動く気力が出
ない。30分遅れでようやく出発。



東横線特急で1本で行けたのに何を勘違いし
たか、渋谷で別の路線に乗り換えてしまっ
た。本当に思いこみ。当然ながら、目的地と
は離れてゆく。気が付いたのは40分も乗っ
た後だった。東京だから縦横に張り巡らされ
ているから助かった。でも約20キロある。
新宿区が目的地、なんと台東区に行ったので
す。



さらにトラブルが起きる。乗り換え駅を確認
したのに、急に考え事。駅についているの
にボウとして、気付いて降りようとしたら目
前でドアが閉まる。しまった乗り越した、次
の駅と往復する羽目に。



とにかく漫画みたいな行動を繰り返し、50
分も遅れてしまった。
本番の日だったら危なかった。なんて日だ、
自分に腹が立つ。そもそも、ゆく前に目的地
が違っているに確認しないのが悪い。
思い込みの激しさは本当に困る。



さて、今回が練習としては最後、でもみんな
落ち着いたもの、たいしたものだと感心す
る。レクイエムはみんな先輩だ。大部分がレ
クイエムのステージ経験者だからね。



今日は10時から17時まで、昼休憩をはさんだ
長丁場だった。個別練習をして、最後は殆ど
立放しの本番と同じ通し練習をした。



今回は体調に不安があり、かなり危惧した
が、何とか乗り切れた。
若い人にはなんでもないことでも、私にはき
ついのが長時間立ち続けることだ。



フォーレは7曲だからまだしも、モツレクは
12曲の大曲。それに後半のステージはアン
コールもある。50分は立っている覚悟が必要
だ。体力だけは温存しておかねばならない。



体調だけは万全にしておかなければと思って
いたが、今回の体の異変で本当に反省した。
後20日、長いようで短い。スケジュールも立
て混んでいるので気をつけようと思う。



私は、レクイエム全曲を歌ったことがない。
ましてやフォーレは初めて。レクイエムでは
ステージに立っていないから、練習を後何回
やろうとも不安は消えない。
でも歌わなければ、いつまでたっても歌えな
い。厳しいがここで歌えば、持ち歌にできる
かも知れないのだ。



2年前、ドイツレクイエムもステージ未経験
だったが現役に混じって歌わせて貰った。
まあOBだからね誰も文句は言わない。でも
オーデーションがあったらとても合格しない
だろうね。



坂本先生は今回のレクイエムは志半ばで亡く

なった多くの卒団生たちに捧げるつもりだと
いわれる。私もその思いは同感だ。単に宗教
音楽として歌うより心を込めて歌える。



ソプラノが40名近くと大勢力、ほかのパート
は各20名でほぼ同数。バランスは良いと思
う。ソプラノは外声で主役だから大変だね。
バスは支えアルトとテノールは内声でハーモ
ニーを作り出す。ソプラノを活かすことが上
手く歌えるコツかな。



暗譜はとても無理だ、ただ譜面の文字は実に
小さいので目で追っていたら間に合わない。
先見して指揮を見るいい勉強になる。



でも、顔を上げるとやっぱり歌詞があいまい
になる。音は殆ど覚えたので、この二十日間
で歌詞のとフーガの読み込みを徹底しようと
思う。



まあ、このステージ経験は私の宝物となるだ
ろう。もし、5年後ステージにたてたらもう
一度歌いたい。今度は経験者として歌える。
さすが確率は???だと思うが。



コールメロディオンは私の子供、いや孫同然
だ。56年前のたった4年間の関わりだけなの
に。今、合唱ができているのもコルメロのお
蔭、運営の大変さも学んだお蔭で、合唱が続
けられるのだから。



もう実務面で協力できることは何もないが、
せめて創立当時の人間ができること、昔のこ
とを語り継ぐこと、語り部になろう。そのた
めには元気でいることだと思う。



まあ必ず別離の時は来るわけだけども、私も
学生たちに元気をもらって、長く歌い続けた
いのだ。OB総会で新入部の1年生たちに会っ
た。とても初々しいね。将来があるってこと
はとても羨ましい。



18時大雨の中を帰宅、今日は本当に疲れた日
だったなぁ~。どうやらまともに食べれるよ
うになったのがとても嬉しい。
良く考えて見ると、私は風邪になると微熱が
でたらアウト、必ず胃をやられる、今回は微
熱がなかった。でも胃がやられた。自分の体
だがわからないことが多い。



12日の結果は不安だが、原因がわかるのでは
ないかという期待感もある。
ただ食生活がダメだね。絶対見直そうと思
う。そんなとりとめもないことを思いながら
眠りについた。



やはりフォーレの旋律は美しい。歌っていて
とても心地が良い。ピアニシモ、ピアニシシ
モの美しさが際立つ。これはモツレクにはな
い繊細さだ。動画を載せました。
「Agnus Dei」です、テノールが活躍しま
す。お楽しみください。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

胃がいかれた、食べたくても食べれない。 [日記]

PPP_shittoriajisai_TP_V.jpg


ブルーな紫陽花、露に濡れて


こんにちは。


もう2週間ほど前になる。
喉がおかしい、風邪かなと思っていた。私は
風邪にかかると、まず喉にくる。でもそんな
なまやしいものではなかった。


次に胃がいかれた。食べるとすぐ嫌になるだ
から食べない。当然腹は減る、でも食欲がお
きないのだ。


さすがに我慢できずに医院へいった。酷く痛
くはないから胃けいれんとも違う。鈍痛でも
ない。微妙な違和感だけ。
その場では、胃炎かなという診断胃カメラを
飲むことにした。
今は、麻酔で痛くないのだね。胃カメラに対
する偏見はあっさりなくなった。
胃に微細な炎症、ただれがあるがという。
だが大事ではないようだ。しばらくすれば、
良くなるとも。薬をもらって引き揚げた。


酒は禁止、刺激物もダメ、その他食べていけ
ないものなど指示をうけた。
その間練習も本番もあって、飲む機会が多か
ったがすべてお断りした。


一番困ったのは、お腹はすくのに、食べ始め
るとすぐ嫌になること。仕方ないから、うど
んに刺激的でない消化のよい惣菜をのせて掛
けうどんにして食べている。
当然スタミナがなくなり、すぐ疲れるのだ。
もう本当に勘弁してほしいと思う。
12日に精密診断結果がでる。早く解放された
いものだ。


でも、スケジュールは容赦ない。10日は、レ
クイエムの集中練習ほぼ1日だから心配だ。
それを超えると21日までは平常運転。その間
は金,土の合唱団の練習のみ。この間に休も
うと思う。


さて6月の後半が恐ろしい。22日から30日ま
でほぼ毎日歌うことになる。

★22日合唱団練習
★23日 13-17時オケ合わせ。移動して19
時から本番前練習。見事にガッチンコ。奇跡
的に時間がずれてくれて両方に参加できる。

★24日 音楽祭本番
★25日 ソロレッスン
★26日27日ーーー
★28日 ジョイントコンサート練習(10月本
番の練習)
★29日 合唱団練習
★30日 レクイエム本番


26,27日が空くだけ、一どきに押しよせる。
まあこんなことは2度とないと思うから頑張
ろうと思う。
やはり心配はレクイエム。10日が最後のアン
サンブル練習。自宅練習が十分できるかな。


12日良い検査結果でありますように(祈)
それとなにより早く食欲が戻ってもらいた
い。実際、お腹周りが減ってきたものね。
ダイエットになっているかも(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

懐かしの歌(コールメロディオン愛唱曲集から) [合唱]

愛唱歌.jpg
コルメロ愛唱曲集(2008年版)



こんにちは。



1962年、わずか20人程でリスタートした
混声合唱団コールメロディオン。愛称コル
メロ。
以来66年、大勢の団員が卒業し卒団生の世
代差は親子を超えた。当然世代間の人的交
流は難しくなった。



そこで、現役も含め、世代間の架け橋となっ
ているのが歌である。ポップスは世代格差は
あるがクラシックではあまりないと思う。
そしてコルメロには「愛唱曲集」がある。こ
れは、まさに世代をつなぐチエーンだ。



毎年のOB会総会は現役も参加して、愛唱曲
集を歌う。指揮は各世代の学生指揮者。全
14曲の殆どを歌う。お互いに知らなくても、
歌なら共通語だものね。



さて、この曲はご存知だろうか。


「子供と笛」

作曲、磯部俶、作詞、片山俊彦。
磯部さんは、かの名曲「はるかな友へ」
の作曲者です。


子供と笛.jpg


原曲はアカペラ、混声4部合唱。
混声でのアカペラは殆ど歌われないので、こ
の歌もレアの部類に入っているかも。
子供らしい軽快さと、途中のハーモニーの美
しさは素晴らしいと思うのだが。



創部当時この曲は団の定番曲だった。私は、
学生指揮者をひと時やっていたので大学祭で
振ったことのある懐かしの曲だ。
少しイメージが違うが、ネットで演奏動画を
見つけたので、アップした。



あのころから66年もたった。コルメロは今
や学生合唱団では安定的な地位を確保して
いる。OBとしては誇らしい限りだ。



でもこれからは、学生合唱団にとっては、少
子化で厳しい時代が来るかもしれない。
その中でさらなる発展をしてもらいたいと願
うばかり。難しさは承知しているが、現役諸
君にはぜひ頑張ってほしい。



さて、今年はOBOGにとっても画期的な年
になった。初めての大規模なOBOG合唱団
を編成して演奏会を開く。



現役にとっては先輩のありし姿を知るチャン
スぜひぜひご来場を。
演奏曲はフォーレ、モーツアルトのレクイエ
ム。コルメロではもはや「愛唱曲」のモツレ
ク。4年のうちには一度は歌うだろうから。



コルメロ関係者だけではなく、沢山の人に聴
きに来て頂きたいと思います。


(ご案内)

「坂本和彦
指揮者生活40周年記念演奏会」

2018年6月30日(土)ティアラこうと
う大ホール

開演13.30(開場13.30)

入場無料ですが、整理券が必要です。
当日会場配布もあります。下記にお
問合せ下さい。  

実行委員会事務局
080-5204-9580
sakamoto40thanniversary@gmail.com



演奏曲

★フォーレ・レクイエム
★モーツアルト・レクイエム


ソプラノ:安達さおり
アルト :古澤真紀子
テノール:岸野裕貴
バス  :三浦克次

オーケストラ
としまユングフェスタ・オーケストラ




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大ショック「歩く姿が老人歩きになっていた」 [合唱]

00791010113.jpg

みなとみらいの夕暮れ



こんにちは。



我ながら変な表題と思います。でも私には深
刻な問題なんです。



最近、友人、いや先輩に言われてしまった。
「足の間隔が狭まって、お年寄り歩きになっ
ているよ」と。
え~、一番警戒していた恰好ではないか。
じゃア、この間のステージでも・・・?
”そだね”だってさ(笑)



ショックだ。ステージは颯爽と歩きたい。い
やそれは無理としても、堂々と歩きたい。客
席からは丸見えだから。よたよただけはご堪
弁。



でも私はめまい症。いきなり立ったり、長い
間立ってたりしたあと歩き出すとフラつく。
2013年大震災の直後突然発症し、座り込んで
歩けなくなり病院行き。



以後、ひどいめまいはなくなったが常時めま
いがある。治療を受けているが治らない。
もっともそれがもとで、合唱界にまた足を踏
み入れることになったのだから感謝すべきか
な。



でもよたよた歩きだけはご免だ。しかも私は
背が低い。歌う時はほぼ確実に1列目。今は
女の人も背が高いので、並ぶと貧弱だし。
だから余計に歩き方はキリリと歩きたいのだ
が。



この間、後輩と写真を取ろうとして後ろに立
ったら、埋没してしまった。周囲をみたらす
べて女の子だった、アララ(笑)。
後輩(女性です)が気が付いて、すぐ救出し
てくれたが。



昔、靴のかかとにパッドを入れて背を高く見
せることが流行った。でもそれでは、靴を脱
いだらすぐばれる。かえって目立ってしまい
みじめだったもんな~。



いまはダンスパーティやらないからいいけど
、大学時代はいつも壁の花だった。
小さく生んでくれた親を怨もうにも、もうこ
の世にはいない。自分もその年齢に近いし。
背筋を伸ばせば少しは高くなるなどしてみて
も所詮は悪あがき。
その上ファッション感覚も最悪ときて。こり
ゃモテるわきゃないわな。



ひとしきり背の高さに不満をぶつけてもどう
にもならない。だからせめて、歩き方だけは
なんとかしたいのだ。
それでもメリットもある。ほぼ確実に前で歌
えることはうれしい。でもピアノの陰はアウ
ト。前の席から見えないからね(笑)。



歌は当然声に関心が行くが、姿勢だって歌の
内、見た目は大事。男だから服装はそんなに
差はないが着こなしがピッタリこないのが悩
み。



5年前、合唱を始めた時は体重が大幅に減り
やせ細った。団のジャケットでSサイズを購
入したら、今はお腹が出て、ボタンが閉まら
ない!
舞台衣装は新しく買うと凄く高い。6月24日
の本番で着るが心配だ。それまでに少しでも
ダイエットしないと。



唯一の救いは20数年前の略礼服が今も着れ
ることかな。なぜって、一度太って、しぼん
で今度はお腹がでたから。



背の高さ、こればかりは諦めるとして、せめ
て人前ではスッキリと立って颯爽と歩きたい
と、切実に思うこの頃です。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジョイントコンサート終了終了!(アハハ、オホホ、エヘヘ) [音楽]

photo-small (1).jpg

会場のみなとみらい小ホール



こんにちは。


ジョイントコンサートは大盛会のうちに終了
した。私たちはステージでも歌ったが、プロ
のコンサートをまるまる聴くという幸運にも
恵まれた。このような機会を与えてくれた、
人の絆に感謝したい。


当日のプログラム

DSC_0057[1].jpg


多彩な演奏内容だった。

DSC_0055[1].jpg



今回で初めて感じたこと、それはみなとみら
い小ホールが意外に狭いなと感じたこと。そ
れはリハーサルの時だった。最後部の扉がす
ぐそこに感じたのだ。今までは遠くに飛ばそ
う飛ばそうと苦労してたのに。



そうしたらやはり、声が(全員の)で出過ぎ
てた?もう少し繊細に歌うように指示が指揮
者からでた。



本番では、そのような感覚はなかったが、で
も歌うことは気にならなくなって、客席に向
かいしっかりと声が出せたと思う。



また聞きであるが、昼どきの指導者である尾
花先生が聞いていてくれて、テノールは良か
ったとの言葉があったらしい。何よりうれし
い言葉だ。



私は、打ち上げに出れなかったので、どのよ
うな評価が、山田先生かエレガントノーツの
先生方からされたのかはわからないが、少な
くとも気持ちよく歌えたのは事実だ。



それと客席との交流も凄い反応があった。
「元気に笑え」の後半部を一緒に歌ってもら
ったのだが、皆さん精一杯の声で歌ってくだ
さった。本当に会場が割れんばかりだった。



ステージから一方的に演奏を伝えるのが通常
ではあるが、こういう交流を持つ演奏会も増
えている、いいことだなと思う。もっとも、
演奏会の性格にもよるが。



それと勉強になったのはプロの方々のお客さ
んを目いっぱい喜ばせる姿勢だ。
私たちは、自分の歌をよく聴かせようとして
疎かになりがちだ。



たとえば、第1部の最後に山田先生とエレガ
ントノーツでカルメン組曲を歌った時だ、な
んと山田先生がフラメンコを華麗に踊ったの
だ。私も初めて見たのだが、会場からは大声
援で盛り上がった。



いつも、みなとみらいホールで、活動されて
いると同じで、本当に活き活きと!
もはや歌手を超えてるね。万雷の拍手がおき
たのは当然だと思う。



このコンサートでも主役は山田先生。今回は
沖縄民謡が主題、民族楽器での弾き語りまで
被露して大活躍。ステージごとの衣装にも会
場からため息がもれる。



エレガントの皆さんは時にコミカルに軽妙に
男性合唱の重厚な響きで会場を魅了した。
2時間はアッという間、最後は、再び「元気
に笑え」で〆(笑)



さてさて、6月の最初のコンサートは終わっ
た。後は6月後半24日、30日と連続す
る。当分練習漬けの毎日だ。多忙は変わらな
い。相変わらず、体調は不調であるが、練習
は様子をみながら続けてゆく。



もちろん体あってのもの、無理をするつもり
もない。お医者さんは大丈夫というが、気持
ちが良くないのが困る。早く良くならないか
な。



元気に笑えの動画です、子供の歌ですが大人
が歌っても違和感がありません。
「アハハ」「オホホ」「エへへ」歌って見ま
せんか楽しくなりますよ。
滑舌もよくなること請け合いです。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

明日本番「山田英津子&エレガントノーツジョイントコンサート」 [音楽]

IMG_20171130_0001.jpg



こんにちは。



「山田英津子&エレガントノーツ・ジョイン
トコンサート」は明日13,30分開演で
す。会場は横浜みなとみらいホール(小ホー
ル)



待ちに待った、そして緊張する一日。
10,45分楽屋口集合なので、10時ぐら
いに自宅を出ます。
自宅からは、ホールまで徒歩で行けます、だ
から、みなとみらいホールでの本番は自分の
庭みたいなもの。


photo-small (1).jpg



まあ、歩いて40分かかりますが。演奏の前
でとても良い有酸素運動になるかな。歩いて
いる間鼻声の発声練習もできたりして(笑)。



準備万端とはとてもいきませんが、やること
はやったつもりです。だから、前日の今日は
とてもゆったりした気分です。
あとは、お客さんといかに対話するか。一番
気になるところですが。



ステージに立つと、スポットライトに照らさ
れます。やはり緊張します。そうすると、急
に心配になるのです。
大丈夫だろうか、遅れないだろうかとか、あ
の箇所は失敗しやすいから気を付けないとと
か・・・



でもそんなことは頭の隅に押しやって、明日
はレギュラーメンバーの引き立て役、いかに
お客さんをのせるかが役目。
もちろん、ステージでの演奏が、演奏会の評
価を決めるので、一番重要なことは当然です
が、それだけでは足りないのです。



一方、明日は会場の一員でもあります。当然
チケット購入してますよ。ステージ登場、会
場からです。そして、最後の最後はサプライ
ズで会を盛り上げる。とてもとても重要な役
目なんです。



まあ、私たち自身プロのステージをすぐ近く
で見て、聴くことができるのも最大の魅力。
歌う、聴くこんなコンサートなかなかありま
せん。お客さんにとって本当に楽しくなるよ
うなパフォーマンスをしようと思います。 



明日は体調の問題で残念ながら打ち上げ
は欠席しますが、気持ちよいフィナーレを
迎えるよう頑張ります。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



















































































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

幕間(ジョイントコンサート2日前) [音楽]

photo-small (1).jpg
みなとみらい小ホール



こんにちは。



5日の本番が近づいてきた。
もちろん、譜面とにらめっこしているが一日
中というわけではない。



それに、今更新しいことにチャレンジしても
混乱するだけ。
先生方の注意事項、指揮される渡部先生の注
意事項、楽譜の見直しに時間を費やしてい
る。



慌てても後の祭り、怠けた分は確実に影響し
てくる。今は、穏やかな気持ち、どうやった
らお客さんを満足させることができるか考え
ている。



今私が注意するとしたら、立ち方、表情、パ
フォーマンスだ。どの曲もそれぞれ曲想があ
る。こればかりは指揮だけでは表現できな
い。個人個人の動きがとても重要だ。



★本格的な春5月のワクワクする気持ち、
★「この気持ちは何だろう」青年の揺れ動く

★元気な子供の躍動感「元気に笑え」



これみんなシニアにはないもの。(言い過
ぎかな)
もう、歌詞は身についていると思う。楽譜
は頭の中に入れ、目の前の楽譜は確認用。
楽譜にしがみつけば、パフォーマンスはでき
ない。



もはや不安はあったとしても、絶対表に出さ
ないことだ。完璧な演技者の気持ち、それく
らいの強い気持ちで歌おう。
ステージは歌い慣れたみなとみらいホール。
響きは最高、気持ちよく歌いたい。



プロの皆さんに対抗しようなんておこがまし
いが。でも、プロの歌とはまた一味違う姿を
見せたいな。それは響き、なにせ60名から
の大規模な合唱、めったに味わえないのだか
ら。



昼どき合唱団とE&Eクワイアが合同した。
これだけの人数が揃うのは単独の混声合唱団
としては横浜でも珍しい。



プロの合唱団は別として、プロとは一味違う
合唱の響き。お客さんには、ぜひ合唱の楽し
さを味わってほしい。
11月の昼どき合唱団演奏会のPRをする絶
好のチャンス、な~んて一人で力んでどうす
る(笑)




IMG_20171130_0001.jpg
みなとみらいホールチケット売り場で発売中



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カンツォーネ「彼女に告げてよ」、移調を決断 [音楽]

erez.jpg



こんにちは。



いよいよ梅雨シーズンに入った。
でも昔ほど季節を意識することはないと感じ
る。雨が降り続けばうっとうしいのは変わり
はないが。



8月のサマーコンサートが近づいてきた。
8月11日、横浜美術「レクチャーホール」
開催に決まった。その名のとうり多目的、
音楽専用ホールではない。ソロを歌うには
工夫がいる。



テノール失格というわけではないが、響きを
見てみたくて、1曲目のカンツォーネ「彼女
に告げてよ」をイ短調に移調して歌うことに
した。従来のハ短調からはかなり下がる。



移調することで、障害があるとしたら移調譜
の入手であるが、シニア用が発売されイ短調
の市販譜があるので大丈夫。



スタート音はA(ラ)、最高音はE、前はGだ
から、音域的には楽だ。これでバリトンとし
ての響きがでればこのステージには最適。
テノールで苦しくだすよりよほど声量がで
る。



原調?は、後半4小節がドミソファと始ま
り、ド以上の高音を維持、それが2回続く。
後半部を日本語とイタリア語で歌うため都合
4回あるということ。いわゆる、息も継がせ
ず高音が続くということ。



そしてフィニッシュはドミソと上がり、ソ音
を伸ばす、最大の聞かせ所だ。
このソ音のフェルマータが声が疲れて裏返る
か金切り声になってしまう。



声帯を引っ張る力が不十分、高声になると口
内が狭くなる欠点があるらしいのだが。今か
ら修正するには時間がない、急きょの変更に
なった。



声の調子が良ければ、いい声ではないが出
る。でも、本番では発声練習も十分にできな
いはず。でる保証がない。ましてやいい声な
ど。本番は80%と見立てなければ。



ただし、もう1曲のグルックのアリア
「O del mio dolce ardor」
は従来どうり調は変えずにヘ短調で歌う。G
は跳躍で出てくるだけなので、苦しくなく出
せるからだ。



やはり曲の選曲は重要。自分に合う音域を無
視してただ歌いたいだけの選曲ではダメだ
ね。聴くお客さんの気持ちを忘れていた。苦
しそうに歌われてもね。心地よく聴きたいも
のね。



私の場合はソプラノの高音のアリアと違い、
聴き手を癒す声でありたいなと思う。
だから、テノールで歌いあげるのもいいが
バリトンも好きだ。



もちろん女声のアリアの高声に癒される人も
大勢いる。男声のバスの重い響きも素晴らし
いものだし。バリトンの響きのある軽やかな
声も人気が高い。この会場はバリトンには
最適と思う。



それに比べると、テノールは少し違う。男声
の高音の喚声点は、EからAといわれる。
女声は自然に裏声にと移っていくが、男声は
裏声の使い方は難しい。



高音は訓練ででるというが、喚声点を超えた
声に響きを加えるのは大層難しい。音程はで
ても聴きやすい声となるだろうか。この会場
では意外に響かないと思う。



日本ではベルカント唱法が人気がある。体力
のあるドイツ人のドイツ唱法にくらべ小さい
体のイタリア人だから編み出された唱法。日
本人はイタリア人よりさらに小さいからベル
カントとなる。



でもイタリア人のテノール歌手の高音部の
艶、響き、やはり敵わないなと感じる。日本
人の高音はかなり無理してると感じるのは私
だけだろうか。高音で響きのある声が出せる
かな。聴いていてキンキンする歌い方は好き
ではない。テノールで綺麗に歌えれば最高だ
が私には叶わぬ夢かもしれない。



しっかりと声楽を学んだプロにくらべるとア
マはどうしても力技になってしまうから。高
い音域で綺麗、クリアーな声を出すのは難し
い。まさかミックスボイスで歌うわけにいか
ないし。



テノールであまり成果が期待できないと感じ
るこの頃、良いといわれる中音域を活かす方
策を探ってみようと思う。すなわちバリトン
へのチャレンジということ。
もちろんテノールも諦めない。音域の広い歌
手を目指そうとも思う。



8月のコンサートで歌えば、もう翌年の課題
曲を決めなければならない。
次回から、先生に選んでもらうおうかな。



のんびりは今日まで。明日からはハードな
六月、体調面の不安があるが、何とか無事に
乗り切りたいものだ。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

いよいよ6月、超多忙月はじまる。 [合唱]

PPP_shittoriajisai_TP_V.jpg

こんにちは。



いよいよ6月1日。
超多忙月が始まる予感。
今月なんと合唱の本番が3回ある。



6月5日   ジョイントコンサート
6月24日   神奈川県音楽祭(「ワクワク」を
歌う)
6月30日  坂本先生記念演奏会本番(2つの
レクイエムを歌う)



これに対する、準備、練習日はそんなに多くない。

6月2日    ワクワク練習 
6月10日   レクイエム練習
6月23日   レクイエムオケ合わせ
        ワクワク練習(2時間移動?)

ただ、日常活動が多忙なため、日程がダブリ
調整に苦労している。


6月7日    治療
6月8日    昼どき定期練習
6月9日    洋混定期練習
6月12日   治療(童謡の会)
6月15日   昼どき練習
6月22日   昼どき練習
6月23日   洋混定期練習(本番1日前)
6月25日   ソロレッスン
6月28日   ジュネーブ合唱団ジョイント練習
6月29日   昼どき練習


お互いのスケジュールがダブることが多く、
欠席、または移動が多くなる。本番スケジュ
ールを優先するので、そこかしこに不義理を
している。
申し訳ないと思うがこちらはつじつま合わせ
に必死である。



そして、体の中に異変が・・・最近胃が痛い
と思っていた。調べたら小規模だがびらんが
あるという。胃潰瘍の前兆かな?
検査結果は6日以降にでる。厳しい宣告が出
ませんように。



酒禁止、刺激物禁止、付き合い自粛。まった
く楽しくない。
当然、付き合いはすべて断った。5日本番の
打ち上げも欠席。治療優先。食事がまずく力
が出ない。とにかく節制して乗り切りたい。



今は、6日のジョイントコンサートが優先だ
が間に、24日と30日の本番対策、25日
のソロレッスン対策は欠かせない。



5日を超えれば、30日の本番対策が優先と
なる。ワクワクは、定期練習で対処できそう
だ。



練習不足は確実に本番に響く。どの本番が優
先ということではないもちろんどれも重要で
はある。



私個人のスケジュールなど他の人は関係ない
が、あえて公開したのは自分の気持ちを鼓舞
するため。



本番をミスってのいいわけは、みっともない
し悔しいことだからね。
体調に注意してたが異変は起きた。疲れがで
ているのかも知れない。
幸い、主治医の先生はもう5年もの付き合い
相談して、対処したいと思う。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ



























































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽