So-net無料ブログ作成

ジョイントコンサート終了終了!(アハハ、オホホ、エヘヘ) [音楽]

photo-small (1).jpg

会場のみなとみらい小ホール



こんにちは。


ジョイントコンサートは大盛会のうちに終了
した。私たちはステージでも歌ったが、プロ
のコンサートをまるまる聴くという幸運にも
恵まれた。このような機会を与えてくれた、
人の絆に感謝したい。


当日のプログラム

DSC_0057[1].jpg


多彩な演奏内容だった。

DSC_0055[1].jpg



今回で初めて感じたこと、それはみなとみら
い小ホールが意外に狭いなと感じたこと。そ
れはリハーサルの時だった。最後部の扉がす
ぐそこに感じたのだ。今までは遠くに飛ばそ
う飛ばそうと苦労してたのに。



そうしたらやはり、声が(全員の)で出過ぎ
てた?もう少し繊細に歌うように指示が指揮
者からでた。



本番では、そのような感覚はなかったが、で
も歌うことは気にならなくなって、客席に向
かいしっかりと声が出せたと思う。



また聞きであるが、昼どきの指導者である尾
花先生が聞いていてくれて、テノールは良か
ったとの言葉があったらしい。何よりうれし
い言葉だ。



私は、打ち上げに出れなかったので、どのよ
うな評価が、山田先生かエレガントノーツの
先生方からされたのかはわからないが、少な
くとも気持ちよく歌えたのは事実だ。



それと客席との交流も凄い反応があった。
「元気に笑え」の後半部を一緒に歌ってもら
ったのだが、皆さん精一杯の声で歌ってくだ
さった。本当に会場が割れんばかりだった。



ステージから一方的に演奏を伝えるのが通常
ではあるが、こういう交流を持つ演奏会も増
えている、いいことだなと思う。もっとも、
演奏会の性格にもよるが。



それと勉強になったのはプロの方々のお客さ
んを目いっぱい喜ばせる姿勢だ。
私たちは、自分の歌をよく聴かせようとして
疎かになりがちだ。



たとえば、第1部の最後に山田先生とエレガ
ントノーツでカルメン組曲を歌った時だ、な
んと山田先生がフラメンコを華麗に踊ったの
だ。私も初めて見たのだが、会場からは大声
援で盛り上がった。



いつも、みなとみらいホールで、活動されて
いると同じで、本当に活き活きと!
もはや歌手を超えてるね。万雷の拍手がおき
たのは当然だと思う。



このコンサートでも主役は山田先生。今回は
沖縄民謡が主題、民族楽器での弾き語りまで
被露して大活躍。ステージごとの衣装にも会
場からため息がもれる。



エレガントの皆さんは時にコミカルに軽妙に
男性合唱の重厚な響きで会場を魅了した。
2時間はアッという間、最後は、再び「元気
に笑え」で〆(笑)



さてさて、6月の最初のコンサートは終わっ
た。後は6月後半24日、30日と連続す
る。当分練習漬けの毎日だ。多忙は変わらな
い。相変わらず、体調は不調であるが、練習
は様子をみながら続けてゆく。



もちろん体あってのもの、無理をするつもり
もない。お医者さんは大丈夫というが、気持
ちが良くないのが困る。早く良くならないか
な。



元気に笑えの動画です、子供の歌ですが大人
が歌っても違和感がありません。
「アハハ」「オホホ」「エへへ」歌って見ま
せんか楽しくなりますよ。
滑舌もよくなること請け合いです。






にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽