So-net無料ブログ作成

新曲練習中 [合唱]

m_294e77249babdc1ba1d2f3990fe4ce28.jpg
みなとみらいの夜景



こんにちは



先週21日は昼どき合唱団の練習日だった。
ビリーブ、タンホイザー行進曲を練習した。
11月の本番まで、5か月、練習した曲は
ステージで歌った3曲とあわせてこの2曲
で5曲目。



まだまだ、半分の工程だ。
2曲はまだ音取り、リズム合わせの段階。
いつも思うが、自宅で楽譜を読んで準備
してくるのが、あまり役に立たないことだ。
先生によっては、予習を嫌う人がいる。



初見で歌う歌は指揮者のテンポ不明だし、
ピアノなし電子楽器での音取りだから、
いざアンサンブルになるとまるで違う。



それでも、私は読みにくい箇所は移動ド
で記入して行く。
これがあるとないとでは、練習の時に習
得するスピードがまるでちがう。



とくに半音移行、跳躍の音取りには役
に立つ。
半面、音に気をとられ過ぎててリズムが
疎かになる欠点はあるが。



初見ができなくてもピアノが音階を弾い
て助けてくれる。
パート練習は音取りが苦手な人にとっ
て音を覚える重要な工程だ。本当はこ
この過程で音は覚えておきたい。



そういう意味では、本当は練習の後の
復習が重要なのだと思う。
ただ、音は消えてしまう。耳で聞いた音
は1週間もすれば覚えていない。



私は電子楽器しかない。だから録音を
併用する。録音には先生の注意、でき
ない箇所を何回も練習する場面が録
音されている。



まだ5か月ある、でもまだ歌ってない
曲が半分残っている。
どうせ間近になって、強化練習が増え
るだろう思うが。
録音記録は重要な音源でもある。



帰り際に、先生に呼び止められた。
一言「今日はいい声だったよ」と。
え~?!滅多に評価は口に出さない
先生が・・・



一番前だから声はモロバレだ。毎回
査定されているということ。
ほめられてうれしいが、いつでも練習
は手を抜けば見られていることを自覚
しないといけないね。



23日には、もう一つの合唱団、洋
光台混声合唱団の本番があった。
これからは、10月、11月と合唱
の本番まで間が空く。



その間ソロコンサートが間を埋める。
結局、ほぼ毎月歌っていることにな
るのだが。



やはり、大きな演奏会が2つ終わった
ことで気分的には解放されている。
後は自分の声を磨くのみ、それだけ
に今日の先生の”よかったよ~”はう
れしかった。



しばらく地道な努力が続く、そして11
月の定期演奏会を成功させたいのは団員
の誰もが同じ。



じつは昨日22日、深夜起きてしまい
横になっていたが眠れなかった。
5時起床。



出発は8時20分。それまで楽譜を見
て最後のあがき。昨日のアンサンブ
ル練習で何とか暗譜で歌えるところま
でこぎつけたが、細かいところがね。
不安はつきない。



実は23日また一つ年を取ってしまった。
〇〇才、もう少しで大台に近づく。
こればかりは歓迎できないけれど、仕方
ないものね。



まあ、誕生日と本番が重なることなど
めったにない偶然だから、喜ぶことに
しよう。



もうすぐ、ご出陣です。それでは楽しく

歌ってまいります。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ

















































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

終わった!神奈川県音楽祭 [合唱]

音楽祭県.jpg
神奈川県音楽祭プログラム



こんにちは。



23日神奈川県音楽祭最終日、Aブロック。
冒頭MCから説明があった。
参加団体174団体。参加者4000人あまり
だそうだ。



会場は改修なった県立音楽堂である。
6月8日、6月9日、6月22日、6月23日
4日間にわたり繰り広げられた超特大の音
楽祭だった。




制限時間7分内。2曲または短い曲3曲が
が限界だ。それでも流れるように運営しな
いと時間が押してきてしまう。
ボランテアの人もさぞ大変だろうなと思う。



さて県立音楽堂は大々的な改修工事が終
えたばかり。60年以上経過している施設
だから。
公共施設としては日本最古だというから驚
きだ。



今回は音響も改善されたという。木材を多
用している設計で音の良さがストレートに
伝わるので、以前から評価の高いホール
だ。



さてさてどんな改善がなされたか。出演者
は指定された席で出番を待つ。これは以
前と変わらない。



演奏が開始されて気が付いた。しっかり歌
わないと声がまるで届かないことに。
しかも客席の前席後方で聞いているのに。



少人数の合唱だとしっかり歌えないと厳し
いかもしれない。
音楽堂は1100席規模の大ホールだから。



楽屋裏などインフラの狭さは変えようがな
い。階移動も合唱団の参加が多いと大変
だ。改修前と変わらない。
ホワイエは広いのだが。
建て直しでないから仕方ないよね。



音楽祭の開催時は大量のボランテアの助
けを借りて分刻みで運営するしかない。



会場は音響が良いから音が拡散しやすい。
これはみなとみらい大ホールも同じ。歌い
方を変えなければならない。



音を会場の隅々に明瞭に届けるためには
日本詞の歌はとくに気を付けなければなら
ない場合がある。



子音が消えてしまう。例えば「遠く遠く」と歌
うとしよう。普通に歌うと「オークオーク」に
なってしまう。



「遠く遠く」に聞こえないのだ。
「とぉくとぉく」と歌わなければならない。いわ
ゆる子音と母音の区切りをはっきりさせる歌
い方が理想だ。



大団体ならまだしも小団体はポップスの歌
い方がいいかもしれない。
ポップスは歌詞を強調するから。



例えば中島みゆきの糸を例にとる。
「なぜ めぐりあうのかを わたしたちは 
いつも しーらない」という歌詞がある。普
通に歌ってみよう。文字で伝わっても、歌
になると感動が伝わらない。



「なぁぜ めぇぐりあう のぅかを わぁた
したぁちは・・・」と歌う歌手がいる。
少し極端だがこの方が伝わりやすいの
だ。



普通会話では違和感があるが歌はそう
ではない。
音が拡散したら、言葉は不明瞭になる。



「とうく」が「・おく」に
「わたしたち」は「・あたしたち」
「しらない」は」「・いらない」となりやすい。
子音と母音を分けて歌う感じが必要かと。



さてプログラムはすすみ、2曲通しのリ
ハをすませ、そのまま舞台裏に進み出
番となった。洋混は12番目、今回は24名
での歌唱だ。



危惧したのは言葉が明確に歌えるかど
うかだった。
まだ完全に覚えていないし丸暗記みた
いなもので危なっかしい。



スラスラと出てこない。考えていたら遅
れる。そうしたら”クチパク”しかなくな
る。



私自身でいえば何か所かあった。その
ときは覚えている人に乗る。だがこの
場合、後追いで歌うから明確な発声が
できない。



ムニャムニャと歌い響きだけ合わせる。
音のほうが意外に早く覚えているもの。



講評をくれる先生方は客席後方だ。経
歴はいつもと違うお三方だった。
声楽家2、作曲家1名。
さてどんな講評がいただけるかな。



男声の声が届いていたという講評が。
本当はどのパートもバランスよく届く
のが必要で手放しでは喜べない。



演奏曲:


★遠く遠く(槙原敬之曲)
★群青(小田美樹曲)



1曲目の歌いだし声が硬かったこと。
ポップスのリズムに不慣れと指摘され
た。



クラシックと違うビートだから慣れるま
で難しいと思う。自分としては半音移
行が十分でなかったと思う。やはり音
を作ってから暗譜すべきかな。でもあ
れもこれもは無理だったと思う。



2曲目はリラックスというより相性が抜
群で、普通5分もの長い曲を歌いきっ
たのだから自慢したい気持ちだ。



だって4,5回の練習で暗譜したのだ
から。
もう少し仕上げればどこでも歌える。



以前は男声が良かったといわれれば
単純にヤッタ!と喜んだものだが。
実のところ他のパートはライバルでは
ない。聴きあってハーモニーを作るべ
きだと思う。
何回も歌えば自然にできる。



ただ今回は仕方ないと思っている。カ
ゼその他でベストメンバーでなかった
こともあったし、準備期間が短かった
こと、これらは克服できる。



男声を褒めていただいたことは素直に
喜びたいと思うし、2曲目は盛り上がる
箇所はバランス良く歌えていたと思う。



13時半近くにAブロックが終演した。館
外にでて講評を聴く。かならずそうする。
少し複雑な気持ちで講評を聴いてから
打ち上げに向かった。



今回は不安感があっただけに終わった
感が強くてホット息を継ぐ。
打ち上げも少しほろ苦いビールの味だ
ったかも。
でもこれもステップアップのために通ら
ねばならない道。次は頑張る。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ
















































































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

6月23日、神奈川県音楽祭 [合唱]

651851.jpg


こんにちは。




6月23日は神奈川県音楽祭の最終日。
洋光台混声合唱団の一員として出場する。
会場は県立音楽堂。音響のとても良いホ
ールである。



音楽堂は1年ぶりに歌うので楽しみだ。も
っとも暗譜という壁に苦しめられているが。
5月11日の定期演奏会後歌い始めたか
らまだ3回しか歌ってない。圧倒的に時間
が少ない。



指揮者は覚えきれなければ譜面をみて良
いというが、可能な限り暗譜で歌いたいの
で最後まで努力しようと思う。



帰りの電車の中でそらんじてみた。大部分
は覚えているのだが・・・さすがにまだ無理
だ。あと3日足らずで覚えなければならない
のが不安だ。





歌う曲は槙原敬之の「遠く遠く」と小田美
樹の「群青」。
ただし遠く遠くは演奏時間の制約から1番
のみ。群青はフルバージョンで歌う。



両方ともポップスの位置づけだが、卒業式
でよく歌われる卒業ソングだ。
「群青」はただの卒業ソングではない。



2011年の大震災の被害と原発事故で散
りじりになった当時の福島県相馬市立小高
中学校一年生が、2年後の2013年の卒
業式で歌った曲である。
信長高富先生が合唱曲を3バージョン編曲し
た。今回は混声3部で歌う。



歌詞は生徒たちの日記などからまとめら
れたという。作曲は同校の音楽教師の小
田美樹先生。



とても深い思いのこもった歌だ。中学生の
心境を何世代か上のシニアが歌う難しさ。
表現力が問われる。



先週の練習は川上先生の特別指導を受
けた。先生からはシニアらしく響きのある
声で歌うことを要求された。
思い切り心を込めて歌うのは最後のフレー
ズのみにした方が良いとも。



先生はまた日本詞は普通に歌ったら伝わ
りにくいといわれる。
例えば”遠く遠く”の冒頭だが、とうくとうくと
聞こえてしまう。
”とぉくとぉく”というように歌うこと。



”僕”は「おく」と聞こえかねない。”ぼぉく”
など母音強調は極端と思えるくらいにし
てちょうどよい。
などなど・・・



もちろん文節の流れは無視はしないこと。
強調してはいけない言葉は控え目に発音
するのは当然だが。



この2曲は言葉をはっきりと伝えたい。
あいまいさはNGということだ。
歌詞を疎かにしないということを叩き込
まれた練習だった。



土曜22日が最終練習で23日は本番となる。
暗譜、音取りの不安箇所はそれまでに解
消しておかなければ。
予習は不要で復習は必要ということ。



いずれにしろ、本番前日の22日はアンサ
ンブル練習しかできないと思う。
この曲は2年後の定期演奏会でも歌う。
しっかり覚えておきたいものだ。一度暗譜
した歌は忘れないものだからね。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソロコンサート目指して [音楽]

erez.jpg



こんにちは。



12日のジョイントコンサートは盛会裡に終
了した。ご来場いただいた沢山のお客様あ
りがとうございました。



実はジョイントコンサート、今年はこれで終
りではないのだ。10月30日、今度は戸塚
の「さくらプラザホール」で2回目が開催さ
れる。



プロの演奏に加え会場のお客様も楽しん
でいただける企画となっている。詳細は別
記事でご紹介します。



さて、私は7月11日、8月11日とソロ
コンサートを控えている。
10月には洋光台の音楽の集い、11月は

昼どき合唱団の定期演奏会が予定されてい
るので年末まで気が抜けない。



7月は上田市でミニコンサート。カンツォーネ
カプアの「I' te vurria vasa」(あなたに口づけを)
8月のサマーコンサートではシューベルト
の「セレナーデ」と「 I' te vurria・・・」を歌
う。



ドイツ語とイタリア語であるが暗譜と音取
りは済んでいて、本来は仕上げの段階の
はずなのだが。



カンツオーネの後半の高音続きの部分の
仕上げで悩んでいる。



ラスト数小節を繰り返し歌って、最後はF
のi母音で歌いあげる。これが曲者、クリア
ーな高音を出したいのだがi母音のため詰
まり声になってしまう。
イタリア人歌手ですら裏声が大半。でも私
の裏声は迫力がない。



私は地声で歌いたい。口の開きを最大限に
して、あいまい母音で歌いあげる練習をし
ているのだが。
はっきり歌うとのどを詰める声になるか悲
鳴に近い声になりかねないから。



先生は口内が狭いといわれる。口の開き
が甘いのと、それと舌根が盛り上がる問
題が解決していないから。



自分で工夫しながら練習を重ねていたが
積年の悩みでもあり、課題だった。



1、音程が高くなるに従い口の開きがだん
だん狭くなる(我慢できない?)
2、ラララで歌うと下顎が動く。
3、舌根が盛り上がる。
4、油断すると舌が後退しがち。



随分とたくさんあるようだがほとんど連動
しているはずだと思う。
一つ直せば改善できるはずなのだが、でも
これがなかなか難物なのである。
一つに注意を向けると、他が疎かになって
しまうのだ。



最近ブログを拝見していてら目から鱗の記
事を発見した。できている人には何でもな
いことでもできないで悩んでいる人は藁を
も掴みたいもの。



それは、バリトン歌手でオペラでも活躍さ
れている古沢先生のブログだった。
ブログ内容はアゴの開き方だが、具体的で
実戦的なヒントがちりばめられていた。



すくなくともこの記事は私の役にたつと確
信した。
コメントで悩みを相談したら上に挙げた課
題のいくつかについて、具体的な改善策ま
で指導していただいた。



後はやる気のみ、今年いっぱいかけてレッ
スンの山田先生のご指導と合わせ改善に
取り組みたいと思う。
古沢先生ありがとうございます。



自分の欠点はなかなか気が付かないし直そ
うとしても簡単にはできないもの。声楽に
は自己流は厳禁だ。



自己流ではいつまでたっても上手くならな
い。やはりトレーナーの力を借りてゆくこ
とが上達の早道と思う。


「あごの開き方」の記事のブログです。
https://ameblo.jp/licht-f/image-12479299697-14461857869.html





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

演奏会事件簿 [合唱]

20160220021221.jpg



こんにちは。



今年の重要な本番の1つが終わった。
洋光台混声合唱団の2年に一度のコンサー
トだった。
完璧とは言えないが、今まで以上にお客さ
んに喜んでいただけたと思う。



技術的には必ず問題あるもの。第一、本番
前を思い起こしてみればいい。完璧に準備
できたことなどほとんどないだろう。次の本
番で解決していけたらいいのだ。



さてこれから話すのは舞台裏のお話です。
前の記事とダブるかもしれません。そのと
きは読み飛ばしてください。



演奏会に必要なのは白ワイシャツである。
これは男性にとって欠かせぬアイテムだ。
さて私は必ず2着もってゆくことにしている。
1着は着用して行く。



白でもデザインが違うしどちらか迷うこと
がある。男の場合は衣装にさほど多様性
はないのだけれど。そして万一忘れた時
の予備になる。



小物は蝶ネクタイと団指定の緑ネクタイ。
ソロの時は飾りハンカチ。
たとえば蝶ネクタイを忘れたら困ったこと
になる。



私は東松山で蝶ネクタイ紛失事件を起こ
しているから、前夜と当日に念入りに確
認するようになった。



それでも無くすときは無くすのだけれどね。
東松山のときは電車内で確認のつもりで
取り出して落とした。
それこそ「余計なことをしたから」



大勢いれば本番では必ず予想もしない事
件がおきる。
今回もしかり。



控室で衣装を着替えている最中だった。
○○さんが悲鳴を上げた。
「あ~ワイシャツ忘れた!?」



ありゃ、大変だ。
ホールの周辺には100円ショップはない。
洋服店はそうだ洋服の青山があったはず。
(あとで思いだしたが)。



でもホールから出て買いに行く手間は結構
大変なのです。本番までのスケジュールは
分刻みで組まれているから、欠席しなけれ
ばならない。



彼と私には体格差がある。でも上着と違い
シャツは大体オーダーでない筈。私のサイ
ズはM。サイズはかなり幅があるはず。
ダメ元で提案してみた。この際好みは無視
である。



着てみる。おお、ピッタリ!!だった。
心配した袖の長さも大丈夫。
良かった。買いに出たら焦るし、何より精神
的にも良くない。



丁重にお礼を言われたがこれこそ相見互い。
私としても役に立って嬉しかった。
後で「九死に一生を得た思い」だったといわ
れたがそうかもしれない。



でもトラブルはほかにもあった、楽屋に置い
た人の楽譜が忽然と消えた。結局出てこな
かった。ミステリーだ。
歌う方は暗譜だったから問題なかった。た
だ指揮者は楽譜がなければ大変だと思う。



第一ステージ、白ブレザーに緑ネクタイ
第二ステージ、白ワイシャツにキラキラ蝶ネ
クタイ
第三ステージ、黒ブレザーに黒蝶ネクタイ



男声でもこれだけ変化するのだ。
後で聞いたが間違えて黒ブレザーを忘れ
た人がいたそうだ。
きっと本番中針のむしろだったに違いない。



私は、ステージでブレザーのボタンをかけ
忘れて、聞きに来た知り合いに後日指摘
されたことがある。
お客さんは演奏だけを聴きにくるのではな
いのだ。



でも洋服は体形の変化で困ったことになる。
洋混に入団した当時はかなり痩せてしまっ
ていた時期だ。
ブレザーを購入するときピッタリのサイズを
選んだのだが・・・



今は体重も増えて前ボタンをかけると、お
腹が圧迫されて歌いにくい。
困っている。



新調すればいいのだが、多分オーダーで
ないと無理だろう。悩んでいる最中である。
オーダーだと舞台衣装だからかなり高額だ
と思うから。



18日は休団して25日に定期練習があった。
のんびりしている暇はない。
6月23日の神奈川県音楽祭のための練習
が始まった。



曲は「遠く遠く」、「群青」。たった2曲だが暗
譜という。練習は後3回しかないえらいこと
だ。
それでも、音取りは25日で終了、これから
は仕上げに全力をかける。



2年後に歌う曲はもう決まっている。


★ヴィバルデイの「グローリア」
★日本歌曲「母の手」(組曲)
★卒業ソング集(ポップス6曲)



私は神奈川県音楽祭の当日が79回目の
誕生日だ。
あ~あ、来年の6月は傘寿じゃないか。
年を重ねるのはうれしくない。



でも誕生日と重なるなんで、ついているの
かな。
元気で歌えることに感謝しながら歌おう。
前向きにね。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ









































































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽