So-net無料ブログ作成

6月23日、神奈川県音楽祭 [合唱]

651851.jpg


こんにちは。




6月23日は神奈川県音楽祭の最終日。
洋光台混声合唱団の一員として出場する。
会場は県立音楽堂。音響のとても良いホ
ールである。



音楽堂は1年ぶりに歌うので楽しみだ。も
っとも暗譜という壁に苦しめられているが。
5月11日の定期演奏会後歌い始めたか
らまだ3回しか歌ってない。圧倒的に時間
が少ない。



指揮者は覚えきれなければ譜面をみて良
いというが、可能な限り暗譜で歌いたいの
で最後まで努力しようと思う。



帰りの電車の中でそらんじてみた。大部分
は覚えているのだが・・・さすがにまだ無理
だ。あと3日足らずで覚えなければならない
のが不安だ。





歌う曲は槙原敬之の「遠く遠く」と小田美
樹の「群青」。
ただし遠く遠くは演奏時間の制約から1番
のみ。群青はフルバージョンで歌う。



両方ともポップスの位置づけだが、卒業式
でよく歌われる卒業ソングだ。
「群青」はただの卒業ソングではない。



2011年の大震災の被害と原発事故で散
りじりになった当時の福島県相馬市立小高
中学校一年生が、2年後の2013年の卒
業式で歌った曲である。
信長高富先生が合唱曲を3バージョン編曲し
た。今回は混声3部で歌う。



歌詞は生徒たちの日記などからまとめら
れたという。作曲は同校の音楽教師の小
田美樹先生。



とても深い思いのこもった歌だ。中学生の
心境を何世代か上のシニアが歌う難しさ。
表現力が問われる。



先週の練習は川上先生の特別指導を受
けた。先生からはシニアらしく響きのある
声で歌うことを要求された。
思い切り心を込めて歌うのは最後のフレー
ズのみにした方が良いとも。



先生はまた日本詞は普通に歌ったら伝わ
りにくいといわれる。
例えば”遠く遠く”の冒頭だが、とうくとうくと
聞こえてしまう。
”とぉくとぉく”というように歌うこと。



”僕”は「おく」と聞こえかねない。”ぼぉく”
など母音強調は極端と思えるくらいにし
てちょうどよい。
などなど・・・



もちろん文節の流れは無視はしないこと。
強調してはいけない言葉は控え目に発音
するのは当然だが。



この2曲は言葉をはっきりと伝えたい。
あいまいさはNGということだ。
歌詞を疎かにしないということを叩き込
まれた練習だった。



土曜22日が最終練習で23日は本番となる。
暗譜、音取りの不安箇所はそれまでに解
消しておかなければ。
予習は不要で復習は必要ということ。



いずれにしろ、本番前日の22日はアンサ
ンブル練習しかできないと思う。
この曲は2年後の定期演奏会でも歌う。
しっかり覚えておきたいものだ。一度暗譜
した歌は忘れないものだからね。





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソロコンサート目指して [音楽]

erez.jpg



こんにちは。



12日のジョイントコンサートは盛会裡に終
了した。ご来場いただいた沢山のお客様あ
りがとうございました。



実はジョイントコンサート、今年はこれで終
りではないのだ。10月30日、今度は戸塚
の「さくらプラザホール」で2回目が開催さ
れる。



プロの演奏に加え会場のお客様も楽しん
でいただける企画となっている。詳細は別
記事でご紹介します。



さて、私は7月11日、8月11日とソロ
コンサートを控えている。
10月には洋光台の音楽の集い、11月は

昼どき合唱団の定期演奏会が予定されてい
るので年末まで気が抜けない。



7月は上田市でミニコンサート。カンツォーネ
カプアの「I' te vurria vasa」(あなたに口づけを)
8月のサマーコンサートではシューベルト
の「セレナーデ」と「 I' te vurria・・・」を歌
う。



ドイツ語とイタリア語であるが暗譜と音取
りは済んでいて、本来は仕上げの段階の
はずなのだが。



カンツオーネの後半の高音続きの部分の
仕上げで悩んでいる。



ラスト数小節を繰り返し歌って、最後はF
のi母音で歌いあげる。これが曲者、クリア
ーな高音を出したいのだがi母音のため詰
まり声になってしまう。
イタリア人歌手ですら裏声が大半。でも私
の裏声は迫力がない。



私は地声で歌いたい。口の開きを最大限に
して、あいまい母音で歌いあげる練習をし
ているのだが。
はっきり歌うとのどを詰める声になるか悲
鳴に近い声になりかねないから。



先生は口内が狭いといわれる。口の開き
が甘いのと、それと舌根が盛り上がる問
題が解決していないから。



自分で工夫しながら練習を重ねていたが
積年の悩みでもあり、課題だった。



1、音程が高くなるに従い口の開きがだん
だん狭くなる(我慢できない?)
2、ラララで歌うと下顎が動く。
3、舌根が盛り上がる。
4、油断すると舌が後退しがち。



随分とたくさんあるようだがほとんど連動
しているはずだと思う。
一つ直せば改善できるはずなのだが、でも
これがなかなか難物なのである。
一つに注意を向けると、他が疎かになって
しまうのだ。



最近ブログを拝見していてら目から鱗の記
事を発見した。できている人には何でもな
いことでもできないで悩んでいる人は藁を
も掴みたいもの。



それは、バリトン歌手でオペラでも活躍さ
れている古沢先生のブログだった。
ブログ内容はアゴの開き方だが、具体的で
実戦的なヒントがちりばめられていた。



すくなくともこの記事は私の役にたつと確
信した。
コメントで悩みを相談したら上に挙げた課
題のいくつかについて、具体的な改善策ま
で指導していただいた。



後はやる気のみ、今年いっぱいかけてレッ
スンの山田先生のご指導と合わせ改善に
取り組みたいと思う。
古沢先生ありがとうございます。



自分の欠点はなかなか気が付かないし直そ
うとしても簡単にはできないもの。声楽に
は自己流は厳禁だ。



自己流ではいつまでたっても上手くならな
い。やはりトレーナーの力を借りてゆくこ
とが上達の早道と思う。


「あごの開き方」の記事のブログです。
https://ameblo.jp/licht-f/image-12479299697-14461857869.html





にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽